【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【1番街の奇蹟(1번가의 기적)】記者懇談会&試写会 in 大邱 2007.2.5

昨日、2007年2月6日に釜山で開催された
映画【1番街の奇蹟(1번가의 기적)試写会の関連記事とインタビューを紹介しましたが、
今日はその前日である2007年2月5日に大邱で行われた記者懇談会と
お日さま🌞のインタビューを紹介したいと思います。💪🏻🥊


ハ・ジウォン「映画がヒットしたら 治療費をもらわないといけません」
하지원 “영화 흥행하면 치료비 받아야죠”
2007.2.9

<1番街の奇蹟>笑いながら涙が出る映画

◇去る5日、映画『1番街の奇蹟』の記者懇談会のために大邱韓日劇場を訪れたユン・ジェギュン監督と映画俳優ハ・ジウォン。

旧正月連休の劇場街の期待作として注目を集めている映画『1番街の奇蹟』のユン・ジェギュン監督と主演ハ・ジウォンが5日、試写会に参加するため大邱を訪れた。

「人を殴って血を見たのは今回の映画で初めて」と話したハ・ジウォンは「最近、インタビュー記事を目にしたファンは『苦労ジウォン』と呼んでいる」とし、「メロ映画は私の運命にはないようだ」と冗談交じりに話した。

◇ 演技に対する欲張りで学びたいことも多いという映画俳優ハ・ジウォン。

ハ・ジウォンは撮影中に大変だったことを聞く記者たちの質問に「出演する作品ごとに新しいことを学び身につけるのが大変だ。 欲張りのせいで、単純に真似するよりも上手になりたくてたくさん努力している」と話した。

◇「鼻がこんなに腫れてるんですから。 撮影していて鼻が折れる女優が何人いるでしょうか。」

また撮影途中、鼻が折れる怪我をしても作品のために撮影を強行したとし「映画がヒットすれば、監督が治療費を別に用意してくれることにしている」とし、「撮影中に鼻が折れる女優はとても珍しいだろう」と話し、笑いを誘った。

◇ 「私の鼻がどれだけ綺麗か」

ハ・ジウォンは「今回の映画は単純なコメディではなく、真正性を込めるためにたくさん努力した」と話した。 また「映画に臨むすべてのスタッフの本当の気持ちが感動として伝わり、良い反応を得てほしい」と慎重な期待感を示した。

◇映画『1番街の奇蹟』で体の不自由な父のチャンピオンベルトを見つけるために、自分の全てをかけるボクサー「ミョンラン」役を演じたハ・ジウォン。

ハ・ジウォンは今回の映画『1番街の奇蹟』でも体の不自由な父のチャンピオンベルトを探してあげることにすべての人生をかけるボクサー「ミョンラン」役を演じ、大変な変身に挑戦した。

『マイ・ボス マイ・ヒーロー』、『セックス イズ ゼロ』、『浪漫刺客』などの映画で知られるユン・ジェギュン監督は「観客の心を読めないコメディはコメディではない」と信じている。 この3年間『大胆な家族』、『私の人生で最も美しい一週間』など、制作だけに進してきたユン監督は「商業映画の美徳を生かしながら、真正性のある映画を作りたかった」と今回の映画に対する期待感と格別な愛情を表現した。

ユン監督は「主演を務めた俳優ハ・ジウォンもイム・チャンジョンも自分の役に最善を尽くす俳優たちで、心が通じる俳優たちと一緒に作業する映画なので幸せな時間だった」と感想を述べた。 また「シナリオが完成し、主人公『ミョンラン』でミリオンダラー・ベイビー の『マギー』が浮かび、ためらわずハ・ジウォンをキャスティングした」と明らかにした。

ユン監督は今回の映画『1番街の奇蹟』について、「笑いと真心という二兎を得るために努力した。 残りは観客の分け前だ。 謙遜な心で真心が伝わる映画が作られるよう最善を尽くした」と述べた。

すでに公開され、善戦している映画『あいつの声』と時期が合わさって興行に対する負担はないかという質問に対し、「映画『1番街の奇蹟』は単純なコメディではない。 見ていると笑いながら涙が出るだろう」とし、「心が通じれば確率0%の仕事も奇跡が起こることがある。 判断は観客に任せる」とユン・ジェギュン監督とハ・ジウォンは口をそろえた。

◇ 「映画に臨む全てのスタッフの真実の気持ちが感動として伝わり、良い反応を得てほしいです」

再開発交渉の重大な任務を帯びて1番街に現れたごろつき「ピルジェ(イム・チャンジョン)」と気の強い女性ボクサー「ミョンラン(ハ・ジウォン)」が繰り広げるドタバタ劇「1番街争奪と死守」、そして劇中に登場する助演たちの演技が胸にしみる感動を与える映画『1番街の奇蹟』は今月15日、全国400余りの公開館で一斉に公開される。

元記事:こちら


15年前の今日、 大邱で行われた『1番街の奇蹟』の記者懇談会の記事が公開されました。🥊
映画の公開に先立って、韓国で全国試写ツアーが行われ、
ジウォンオンニとユン・ジェギュン監督が参加しました。🌟🎬
ティーチインや試写会で映画の撮影エピソードとか聞きたいから、
もっと早くファンになっていたら、行ってみたいですね。🥺

裏話といえば、ジウォンオンニが『1番街の奇蹟』のインタビューで冗談交じりに話してたんだけど…
映画がヒットすれば、監督が治療費を別に用意してくれることにしている。
撮影中に鼻が折れる女優はとても珍しいだろう(笑)

ファンになったばかりの頃、死闘を繰り広げる場面を撮影する時、
鼻の骨が曲がる負傷の記事を初めて目にした時は仰天しました。😱😱
ユン・ジェギュン監督がインタビューでそのシーンについてこう語りました。

「ハ・ジウォンのボクシング試合場面が3分間ほど出てくるが、
ハ・ジウォンが最初から代役を使わないでおこうと提案した。
忠清北道提川で死闘を繰り広げる場面を撮影する時、
鼻の骨が曲がる負傷があり、ハ・ジウォンの所属事務所から抗議を受けた」

記事によると、当時リングで倒れたジウォンオンニは、
救急車を呼ぼうとするスタッフを引き止めて…
少しだけ休んでから撮る
と強行撮影しました。🥲🎬
撮影中に鼻が折れる女優も珍しいけど、体を惜しまず、
そこまで演技への情熱とプロ意識を持つ女優さんはジウォンオンニしかいないですね。🥺
そんなジウォンオンニ、いつだって誇りに思っています。💖
今年も早くテレビ📺や映画館🎬のスクリーンでジウォンオンニに会えたらいいなー!

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。