【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【1番街の奇蹟(1번가의 기적)】釜山試写会 2007.2.6

昨日、ジウォンオンニの映画【1番街の奇蹟(1번가의 기적)】のインタビューを紹介しましたが、
今日は2007年2月6日に『1番街の奇蹟』のロケ地である釜山で行われる
試写会の記事とインタビューを紹介したいと思います。🎬🥊


<インタビュー>『1番街の奇蹟』俳優ハ・ジウォンさん
<인터뷰> ‘1번가의 기적’ 배우 하지원씨
2007.2.6

「ボクシングほど大変な運動はなかった」

釜山で撮影された映画『1番街の奇蹟』(ユン・ジェギュン監督、製作ドゥサブフィルム)で女性ボクサー役を演じたハ・ジウォンさんは6日、「他の運動もたくさんしてみたが、ボクシングほど大変な運動はなかった」と撮影過程での苦労を打ち明けた。

この日の午後、1000人の釜山市民が招待された中で開催された試写会に出席するために、釜山を訪れたハ・ジウォンさんは「ボクシングは(映画でも)本当に殴られ、殴られなければならないんですが本当に痛い」とし、「殴られる練習をたくさんしたのに、スパーリング初日にとても痛くて、泣きながら後悔したりもした」と当時の心情を伝えた。

それでもハ・ジウォンさんはユン・ジェギュン監督のキャスティング提案に快く応じた理由について、「監督に対する信頼が最も大きく、監督の真正性と私の演技に対する真正性がよく通じたようだ」と伝えた後、「個人的に男性よりカリスマがあって、力がある女性像が好きだから」と言いながら、にっこり笑った。

まともなトイレも用意されていない撮影現場で暑さと闘いながら、鼻のけがをしたり、血を見る逆境も「希望へのメッセージ」を伝えることができるという期待感で耐えられたというのだ。

ハ・ジウォンさんが「この映画は希望があって良かった」とし、「特に憂鬱な方や落ち込んでいる方にこの映画を見せたい」と話しているのも同じ脈絡からだ。

映画『セックス イズ ゼロ』以来5年ぶりに呼吸を合わせた俳優イム・チャンジョンさんについて彼女は「私が何をしても受け入れることができるベテランのチャンジョンオッパは実の兄と同じくらい楽で、目を見ただけで通じるほど息が合った」とし、「『セックス イズ ゼロ』の時よりも多くの助けを受けた」と絶賛した。

彼女はまた「自分にはどんな奇跡が起きてほしいか」という質問に「以前は『韓国映画が世界を制覇してほしい』と言っていたが、今回の映画の公開日が近づいてくるので、『1番街の奇蹟』に奇跡が起きてほしい」と冗談を飛ばした。

一方、『セックス イズ ゼロ』のメガホンも取ったユン・ジェギュン監督は、イム・チャンジョンさんとハ・ジウォンさんについて、「5年前に比べて成熟し、演技面でも一層力が感じられた」と評価した。

ユン監督はまた「『1番街の奇蹟』は貧しくて大変だが夢と希望を失わない人々の面白い物語」とし、「映画の主な撮影地であるムルマンゴルは貧民街のように感じながらもきれいで童話のような所だが、人間的にもとても暖かい所」と紹介した。

元記事:こちら


<映画『1番街の奇蹟』釜山試写会>
<영화 ‘1번가의 기적’ 부산서 시사회>
2007.2.6

映画制作会社「ドゥサブフィルム」は6日夕方、釜山中区南浦洞の大映劇場で1000人の釜山市民を招待し、公開を控えているユン・ジェギュン監督の映画『1番街の奇蹟』試写会を開催した。

この日の試写会は、この映画が蓮堤区荒嶺山の麓に位置するムルマンゴルと中区南浦洞、海雲台海水浴場をはじめ、釜山全域で撮影される間、協力してくれた市民への恩返しの意味で行われた。

特に、ユン・ジェギュン監督と主演俳優ハ・ジウォンが試写会に先立って舞台に上がって、感謝の挨拶をして、観客たちの熱気を盛り上げた。

ユン監督は「映画の主なロケ地であるムルマンゴルの住民たちが助けてくれたので、無事撮影を終えることができた」とし、「ムルマンゴルの住民たちに恥ずかしくないよう最善を尽くしたので楽しく見てほしい」と挨拶した。

ハ・ジウォンは「昨夏食べて寝た釜山にまた来たら気分がとてもいい」とし、「後悔せずに希望を持って帰れる映画なので、たくさん見てほしい」と話した。

これに対しムルマンゴル住民のキム・ボクジャさん(67)は「映画を撮るのを見るのも、映画館に来るのも初めて」とし、「映画でうちの村がどのように描かれているのかすごく気になったが、試写会に招待されてとても嬉しい」と話した。

釜山映像委員会はこれに先立ち、先月29日から今月4日まで試写会の招待対象の中から500人を選定するためにホームページ(www.bfc.or.kr)を通じて申し込みを受け付けた結果、計1144人が切ないお話とともに電子メールを送ってくるなど、今回の映画に対する関心が非常に高かったと明らかにした。

『1番街の奇蹟』は再開発地域から出ないと意地を張るスラム街(青松村1番地)の住民を「掃いて捨てる」ために、1番街を訪れたごろつきピルジェ(イム・チャンジョン扮)と東洋チャンピオンだったが、今は大小便もできない父を持つ女子ボクサーミョンラン(ハ・ジウォン扮)が作り出す話を描いた映画で、今月15日公開される。

元記事:こちら


ご存知かと思いますが、ユン・ジェギュン監督は釜山出身なので、
『1番街の奇蹟』、『国際市場で逢いましょう』、『TSUNAMI – ツナミ -』など
釜山を舞台にした作品が多かった。😌

2007年2月6日、撮影に協力した釜山市民への恩返しという意味で開催された釜山試写会!
ジウォンオンニがユン・ジェギュン監督と共に出席しました。🎬
別の試写会の記事によると…


『1番街の奇蹟』ハ・ジウォン、釜山と大邱を熱く盛り上げる
‘1번가의 기적’ 하지원, 부산과 대구를 뜨겁게 달구다
2007.2.7

ハ・ジウォンとユン・ジェギュン監督、 釜山に対する格別な愛情表現

釜山市は映画制作に大きく貢献した釜山市民1000人を対象に試写会を開催し、ハ・ジウォンとともに登場したユン・ジェギュン監督は「また来れて嬉しい」と釜山訪問の途についた。 特に、ユン・ジェギュン監督は釜山出身だったので、その喜びはさらに大きかったはず。 『1番街の奇蹟』は2006年6月から釜山のムルマンゴルをはじめ、黄霊山、海雲台、中央洞などで43日間のオールロケーションで撮影し、釜山で多くの助けを受けたもの。 特に、映画の中の美しい村「1番街」でもある「ムルマンゴル」の住民たちが特別招待され、その場をさらに輝かせてくれた。 ハ・ジウォンとユン・ジェギュン監督も撮影を手伝ってくれた「ムルマンゴル」住民に感謝の気持ちを伝え、映画を見る前にわくわくする気持ちを隠せなかった。

さすがハ・ジウォン、釜山と大邱でも人気実感!!

2月6日午後8時、釜山南浦洞通りは1000人を超える人波で覆われ、足の踏み場もなかった。 釜山映像委員会は試写会招待対象の中から500人を選定するために先月29日から2月4日までホームページ(www.bfc.or.kr)で申し込みを受け付けた。その結果、計1,144人が切ない物語とともに電子メールを送った。 また、初日にはホームページのサーバーがダウンするなど、ハ・ジウォンに映画館で会いたいというファンの熱狂的な参加が行われた。 イベント当日、ハ・ジウォンを見るために駆けつけたファンでその一帯はパニック状態になり、劇場に入ると場内は歓声とともに一瞬麻痺状態になった。 状況は大邱も同じ。 また大邱(TCN、大邱・嶺南スポーツ、プルン新聞、毎日新聞、嶺南日報)と釜山(釜山日報、国際新聞、フォーカス、メトロ、CBSノーカット、MBC報道局、KNN報道局、YRN、聯合ニュース)にある有数のメディアが総出動し、ハ・ジウォンを競ってインタビューしようとする取材陣が盛り上がった。 取材陣だけでなく、観客もハ・ジウォンさんの姿を逃すことを恐れて携帯カメラを取り出し、場内はフラッシュ洗礼で埋め尽くされた。 ハ・ジウォンも素晴らしいポーズと満面の笑みで観客の熱い愛に応えた。 特に、映画が終わると、観客たちはボクサーとして戻ってきたハ・ジウォンのもう一つの変身に驚きを隠せず、映画『1番街の奇跡』に対する応援のメッセージも忘れなかった。

元記事:こちら


ジウォンオンニはこの日、モノトーンのバラ柄のワンピースで釜山試写会に登場しました。✨
映画が上映される前に、ジウォンオンニがユン・ジェギュン監督と共に登壇して、舞台挨拶を行いました。
来場したファンにサイン入りのポスターをプレゼントしたりして…🎁💗

試写会に先立って囲み取材も行われたようで、
ジウォンオンニがインタビューで初めてボクシング演技に挑戦する心境を語った。😌
ボクシングは(映画でも)本当に殴られ、
殴られなければならないんですが本当に痛い。
殴られる練習をたくさんしたのに、
スパーリング初日にとても痛くて、泣きながら後悔したりもした


動くお日さまが見たい!という方!🌞
Youtubeに釜山試写会とお日さまのインタビューの動画をアップしたので、
ぜひチェックしてみてください。🥊

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑【HAJIWON Archive】
영화 ‘1번가의 기적’ 부산 시사회 映画『一番街の奇蹟』釜山試写会 2007.2.6

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。