【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン【第8回ドーヴィル・アジア映画祭(Festival du film asiatique de Deauville)】インタビュー feat. イ・ミョンセ監督 2006.3.12

昨日、ジウォンオンニが映画『デュエリスト』でイ・ミョンセ監督と共に参加した
第8回ドーヴィル・アジア映画祭(Festival du film asiatique de Deauville)を紹介しましたが…

【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン【第8回ドーヴィル・アジア映画祭(Festival du film asiatique de Deauville)】2006.3.11-13

『第8回ドーヴィル・アジア映画祭』でドーヴィルに滞在していた間、
ジウォンオンニとイ・ミョンセ監督が現地メディアの取材をたくさん受けました。🎤
フランス語🇫🇷の記事ですが、読み応えのある内容だから、
グーグル先生の力を借りて、訳してみることに。💪🏻
原文にできるだけ忠実に意訳しますが、誤訳などが生じる可能性がありますので、
あらかじめご了承ください。念のため、フランス語の原文も貼っときます。👇🏻


LEE MYUNG-SE | HA JI-WON
2006.3.12

“Je cherche une harmonie entre des éléments carrément opposés.”
「正反対の要素間の調和を求めています」

Lee Myung-Se peut être remercié pour avoir fait découvrir le cinéma populaire coréen, avec son précédent métrage, Nowhere to hide. Après une tentative infructueuse à Hollywood, le réalisateur revient avec une adaptation d’un manwa : Duelist. Oeuvre ciselée, ce film ne laissera pas indifférent.

イ・ミョンセは前作の『NOWHERE 情け容赦無し』で韓国の大衆映画を紹介してくれたことに感謝することができる。 ハリウッドでの試みが失敗した後、監督は漫画の翻案で戻ってくる。『デュエリスト』、彫りの深い作品、それを見逃すことはできないだろう。

Sancho : La bande dessinée, dont le film est adaptée, n’est pas connue en France, pouvez-vous la présenter et nous expliquer ce qui vous a conduit à la porter sur grand écran ?
映画の原作となった漫画はフランスでは知られていないのですが、なぜそれを紹介し、映画館の大画面に蘇えらせる理由を説明していただけますか?

Lee Myung-Se : Au centre de cette BD se trouve une policière qui enquête sur une histoire de contrefaçon d’argent. Parallèlement, il existe une histoire d’amour avec un autre policier. Cette BD a d’abord été adaptée en feuilleton à la télévision, avant de l’être pour le grand écran. Ha Ji-won jouait déjà dans ce feuilleton très célèbre. Or pour faire des expérimentations personnelles, j’avais besoin d’une histoire déjà connue par le grand public.

イ・ミョンセ:この漫画の中心には、贋金事件を捜査している女性刑事です。 同時に、他の刑事との恋愛物語でもある。 この漫画は映画化される前にテレビドラマとして制作された。 ハ・ジウォンはすでにこのとても有名なメロドラマに出演していた。しかし、 個人的な実験をするためには、すでに一般に知られている物語が必要でした。

Sancho:Adapter une BD pour l’écran est un exercice particulier, j’aurais souhaité connaître vos partis pris de mise en scène ?
漫画を映画化するのは特別な練習ですが、あなたの演出上の偏見を知りたいですが。

Lee Myung-Se :J’aime beaucoup l’auteur de la bande dessinée, mais quand j’ai écrit le scénario et tourné le film, je n’ai plus pensé à son travail.

イ・ミョンセ:私は漫画の作者が大好きだが、台本を書いて映画を撮る時、彼の作品についてはもう考えませんでした。

Sancho:Vous avez une approche très graphique de la mise en scène. Où puisez-vous votre aspiration ?
あなたは演出に対して非常にグラフィックなアプローチをとっています。 どこからインスピレーションを得ていますか?

Lee Myung-Se : C’est l’accumulation de ce que j’ai vu et auquel j’ai réfléchi. Tout cela sort finalement lorsque je réalise le film.

イ・ミョンセ:それは私が見て考えたことを積み重ねることだ。 その全て私が映画を作る時に出ます。

Sancho:Plusieurs rythmes se chevauchent au cours du film. Quelle est l’importance du rythme dans votre mise en scène ?
いくつかのリズムが映画全体にわたって重なり合っています。あなたの演出におけるリズムの重要性は?

Lee Myung-Se : Le rythme est pour moi comme le souffle. On peut être essoufflé lorsque l’on ressent un sentiment d’amour. Et c’est le souffle aussi que je suis quand je monte le film. Je cherche une harmonie entre des éléments carrément opposés.

イ・ミョンセ:リズムは私にとって息のようなものだ。 私たちは愛の感情を感じると息切れすることがある。そして映画を編集する時の私自身の息づかいでもあります。私は正反対の要素の調和を求めている。

Sancho:Comment avez-vous abordé votre interprétation du rôle par rapport à celle que vous avez livrée sur la série ?
シリーズで提供した役と比較して、役割の解釈にどのようにアプローチしましたか?

Ha Ji-won : Au départ, Lee Myung-Se m’a demandé d’apprendre les chorégraphies. C’était nécessaire pour les combats, mais aussi pour mon allure. Il a insisté que le mouvement était très important dans le film. Nous avons donc énormément répété, ce qui a été assez difficile pour moi. Pour les dialogues, cela a été la même chose. Par exemple, je devais dire un long dialogue sans respirer. Par la suite, j’ai compris que cela constituait le rythme du film, mais au début c’était dur.

ハ・ジウォン:最初はイ・ミョンセ監督に振り付けを学んでほしいと言われました。それは戦いのためだけでなく、私のペースのために必要だった。監督は映画の中で動きが非常に重要だと主張しました。 だから私たちはたくさんリハーサルしましたが、それは私にとってかなり難しかった。対話の場合も同じだった。例えば、息もせずに長い対話をしなければならなかった。 その後、それが映画のリズムであることが分かったが、最初は難しかった。

Sancho:Lors de la présentation du film, vous avez souligné qu’il ne s’agissait ni d’un film de sabre chinois, ni d’un film de sabre japonais. Qu’est-ce qui fait le caractère coréen du film ?
映画を紹介する時、あなたは中国の剣術映画でも日本の剣術映画でもないことを強調しました。この映画の韓国の特性は何ですか。

Lee Myung-Se :Je voulais dire que les occidentaux ont tendance à assimiler les films d’époque coréens aux films chinois et japonais. Or les films coréens existent eux aussi !

イ・ミョンセ:西洋人が韓国映画を中国映画と日本映画と同一視する傾向があるという意味だ。しかし、韓国映画も存在する!

Ha Ji-won : Lee Myung-Se a toujours dit qu’il s’agissait d’une histoire d’amour racontée avec des sabres. Et c’est vrai qu’à la fin du tournage, j’avais plus l’impression d’avoir tourné un film mélodramatique que d’action. C’est peut être l’importance des sentiments qui différencie Duelist des autres films d’arts martiaux.

ハ・ジウォン:イ・ミョンセ監督は剣で語られるラブストーリーだといつも言っていました。そして撮影が終わった時、私はアクション映画よりもメロ映画を撮影したように感じたのは事実です。デュエリストを他の美術映画と区別するのは、おそらく感情の重要性です。

Sancho:Aviez-vous un objectif précis en situant Duelist à l’époque Chosun ?
朝鮮時代にデュエリストを位置づけるという具体的な目標はありましたか?

Lee Myung-Se : Mon ambition lorsque je réalise des films, c’est d’aller au-delà d’une définition spatio-temporelle. Je souhaite qu’ils plaisent aussi aux non-coréens. Ce n’est pas important que le film se déroule à l’époque Chosun. J’ai avant tout choisi une époque pendant laquelle les gens se servaient beaucoup du sabre, et où l’éclairage artificiel n’existait pas.

イ・ミョンセ:私が映画を作る時の野望は、時空の定義を超えることだ。。外国人にもアピールしてほしい。映画が朝鮮時代に設定されているかどうかは重要ではありません。私は何よりも刀をよく使う時代と人工照明がなかった時代を選んだ。

Sancho:L’histoire d’amour tient une place centrale dans votre film, mais vous travaillez également sur l’inversion des genres : la femme se comporte comme un homme et l’homme est très féminin.
ラブストーリーはあなたの映画で中心的な役割を果たしていますが、あなたは性別の逆転にも取り組んでいます。女性は男性のように振る舞い、男性はとても女性らしいです。

Lee Myung-Se : On a des idées reçues sur ce que doit être un homme et ce que doit être une femme. La lutte permanente de pouvoir entre les hommes et les femmes fait avancer même l’histoire, mais pour moi cela n’a pas beaucoup de sens. La lumière cohabite avec les ténèbres. Par exemple dans la scène de combat dans la rue sombre, on distingue à peine les personnages. C’est ce genre de point de vue que j’ai voulu exprimer.

イ・ミョンセ:私たちは、男性がどうあるべきか、女性がどうあるべきかについて先入観を持っています。男女間の絶え間ない権力闘争は歴史まで進展させているが 、私にはそれほど意味がありません。 光は闇と共存します。 たとえば、暗い通りの戦闘シーンでは、登場人物はほとんど区別できません。 私はこのような観点を表現したかったのです。

Interview réalisée le dimanche 12 mars 2006 au cours de la 8ème édition du Festival du Film Asiatique de Deauville. Remerciements à Jeong Eun-jin pour la qualité de sa traduction.

2006年3月12日日曜日、第8回ドーヴィルアジア映画祭の期間中に行われたインタビュー。 翻訳の質を高めてくれたチョン・ウンジンさんに感謝します。

– Article paru le jeudi 30 mars 2006
-2006年3月30日(木)に掲載された記事

元記事:こちら


イ・ミョンセと女優ハ・ジウォンのインタビュー
Interview de Lee Myung-Se et de l’actrice Ha Jiwon

A l’occasion du 17ème Festival International des Cinémas d’Asie (FICA) de Vesoul qui aura pour président du Jury International LEE MYUNG-SE, nous faisons un petit retour en 2006 avec notre rencontre avec Lee Myung-Se et la superbe actrice Ha Jiwon pendant le festival de Deauville Asiatique. Nous vous proposons en plus de l’interview texte, un extrait vidéo…

イ・ミョンセが国際審査委員長を務める第17回ヴズール国際アジア映画祭(FICA)の機会に、2006年のドーヴィル・アジア映画祭期間中に、イ・ミョンセと素晴らしい女優ハ・ジウォンと再会し、対談を果たした。テキストインタビューに加えて、ビデオクリップもご用意します。

Vos combats sont chorégraphiés comme une danse, comme un tableau vivant de façon à montrer la relation entre les deux héros. Etait-ce quelque chose que vous aviez décidé dès le départ ou était-ce quelque chose qui s’est mis en place au fur et à mesure du tournage ?

2人のヒーローの関係を表現するために。戦いはダンスのように生き生きとした絵のように振り付けされています。 それは最初から決めたことなのか、それとも撮影中に決まったことなのか?

Lee Myung-Se : C’est ce que j’avais prévu dès le départ. Mais je me posais la question si c’était possible car physiquement c’était très difficile. J’ai donc fait répéter mes acteurs et cela a permis de me rapprocher de ce que je voulais au départ.

イ・ミョンセ:それは最初から計画していたことです。でも物理的に非常に難しいので、それが可能かどうか疑問に思いました。それで私は俳優たちにリハーサルをさせ、それが私が最初に望んでいたことに近づくことができるようになりました。

Avez-vous eu une préparation spécifique pour les combats ?
殺陣のための特別な準備をしましたか?

Ha Jiwon : Mr Lee a toujours demander aux acteurs de garder le mouvement que ce soit en marchant ou en parlant. Donc en dehors de la chorégraphie nous avons appris le tango ou les arts martiaux.

ハ・ジウォン:イ監督はいつも俳優たちに歩いても、話しても、ずっと動いてほしいとリクエストしました。 だから私たちは振り付けのほかにタンゴや武術を学んだ。

Est-il difficile de réaliser un film comme Duelist ou Nowhere to hide (SUR LA TRACE DU SERPENT) ?
『デュエリスト』や『NOWHERE 情け容赦無し』のような映画を作るのは難しいですか?

Lee Myung-Se : En fait les deux films viennent de ma passion pour le mouvement. Dans Duelist, j’ai d’ailleurs diminué le dialogue pour augmenter un peu plus le mouvement et de montrer l’aspect dramatique du récit avec le mouvement. Je pense que j’ai réussi à le faire.

イ・ミョンセ:実は二つの作品とも私の動きに対する情熱から生まれた。『デュエリスト』でも動きをもう少し増やし、動きとともにストーリーのドラマチックな面を見せるために対話を減らしました。 私はそれをやり遂げたと思う。

Pourquoi avoir utilisé autant de ralentis dans le film ?
なぜ映画でこんなに多くのスローモーションを使ったのか?

Lee Myung-Se :: Beaucoup de techniques différentes ont été utilisées pour le rythme global du film.

イ・ミョンセ:映画全体のリズムのために多くの異なるテクニックが使われました。

Pourquoi avoir attendu 6 ans avant d’avoir réalisé ce film ?
なぜこの映画を作る前に6年待ったのか?

Lee Myung-Se : J’ai fait un petit séjour aux USA car j’avais plusieurs propositions. Mais aucun des scénarios ne m’intéressaient vraiment. Il faut savoir que lorsqu’un réalisateur asiatique se rend aux USA, on leur demande de faire des films d’action comme John Woo et je n’avais pas envie de refaire un film comme cela. Par contre j’ai continué à écrire le scénario du Duelist pendant ce temps.

イ・ミョンセ:いくつかのオファーがあったので、アメリカに短い旅をしました。しかし、どのシナリオにも特に興味がなかった。アジアの映画監督がアメリカに行くと、ジョン・ウーのようなアクション映画を作ってほしいと頼まれたことを知っておくべきであり、私はこのような映画を作りたくない。 一方、私はその間ずっと『デュエリスト』の脚本を書き続けた。

Etait-ce difficile de passer de la comédie au drame dans ce film ? Et était-ce difficile d’être à peine méconnaissable dans le film alors que vous êtes très jolie ?
この映画でコメディーからドラマに移るのは難しかったですか?また、あなたがとてもきれいなのに、映画の中でほとんど見分けがつかないのは難しかったですか?

Ha Jiwon : (Rire). Je ne savais pas que j’étais capable de changer de visage moi-même et j’ai été très surprise en voyant les scènes tournées. C’est aussi pour cela que Monsieur Lee refusait souvent de me montrer directement les scènes afin de ne pas me déstabiliser. J’avais donc complètement renoncé à l’idée d’être belle dans le film. J’ai donc joué mon personnage différement par rapport à mes autres films. D’ailleurs avec Monsieur Lee, nous nous sommes appliqués à rendre encore plus moche les personnages.

Quant aux scènes comiques, c’est vrai qu’elles étaient difficiles à faire mais Monsieur Lee avait des idées précises et j’ai donc suivi ses directives avec sérieux mais je ne sais pas si cela a fait rire…

ハ・ジウォン:(笑) 自分で顔を変える能力があるとは知らなかったので、撮影されたシーンを見てとてもビックリしました。それはイ監督が私を動揺させないために、いつも私に直接シーンを見せることを拒否した理由でもあります。だから私は映画の中で美しいという考えを完全に諦めていた。 そのため、私は他の作品とは違うキャラクターを演じました。 実際、私とイ監督は一緒にキャラクターをもっと醜くしようと力を注いだ。

コミカルなシーンについては、難しいのは事実ですが、イ監督は具体的なアイデアがあったので、私は真剣に彼の指示に従いましたが、それが笑いを誘ったかどうかはわかりません。

Si, cela nous a fait rire !
はい、それは私たちを笑わせました!

Quels sont vos projets ?
あなたの計画は何ですか?

Lee Myung-Se : Je suis en train d’écrire un nouveau scénario un peu le genre d’histoire que faisait Edgar Allan Poe mais je ne peux pas en dire davantage.

イ・ミョンセ:エドガー・アラン・ポーがしていたような新しい脚本を書いていますが、これ以上話すことができません。

Ha Jiwon : Je prépare plusieurs films mais j’aime bien les films mélo dramatiques ou film avec du suspens.

ハ・ジウォン:私はいくつかの映画を準備していますが、メロドラマやサスペンス映画が好きです。

Extrait vidéo :
ダイジェスト映像:

Et encore quelques photos avec votre rédacteur préféré 😉
そしてお気に入りのエディターと一緒に撮った写真もいくつか😉

2006年3月12日 – ドーヴィル

元記事:こちら


イ・ミョンセ監督への質問が多いけど、
作品や撮影スタイルについて作品を掘り下げる質問が多いから、
さすがフランス!と感心しながら、とても興味深く読みました。😌

『デュエリスト』をご覧になった方は分かると思いますが、
決闘シーンはまるでダンスのようで、どのアクションシーンも印象的で、映像が非常にきれいです。💖
その部分について、イ・ミョンセ監督の話を聞くことができてとても嬉しいです。

「リズムは私にとって息のようなものだ。
私たちは愛の感情を感じると息切れすることがある。
そして映画を編集する時の私自身の息づかいでもあります。
私は正反対の要素の調和を求めている。」

というイ・ミョンセ監督のコメントが印象に残るし…
イ・ミョンセ監督は剣で語られるラブストーリーだといつも言っていました。
そして撮影が終わった時、
私はアクション映画よりもメロ映画を撮影したように感じたのは事実です。
デュエリストを他の美術映画と区別するのは、おそらく感情の重要性です。

とジウォンオンニが『デュエリスト』とほかのアクション映画の違いについて語る部分も印象的でした。🌞
さらにナムスンの役作りについて…
最初はイ・ミョンセ監督に振り付けを学んでほしいと言われました。
それは戦いのためだけでなく、私のペースのために必要だった。
監督は映画の中で動きが非常に重要だと主張しました。
だから私たちはたくさんリハーサルしましたが、それは私にとってかなり難しかった。
対話の場合も同じだった。例えば、息もせずに長い対話をしなければならなかった。
その後、それが映画のリズムであることが分かったが、最初は難しかった。
イ監督はいつも俳優たちに歩いても、話しても、ずっと動いてほしいとリクエストしました。
だから私たちは振り付けのほかにタンゴや武術を学んだ。

『デュエリスト』のメイキング映像を見て、一番印象に残ったのは、
相手役である悲しい目を演じるカン・ドンウォンさんとのタンゴの練習シーンでした。💃
本編映像を見ながら、アクションシーンにタンゴを取り入れる発想は本当に凄いなーと思わず感嘆の声を漏らした。

一方、『デュエリスト』ではきれいな姿ではなく、
あえて汚れ役に挑戦したお日さまが撮影裏話についてこう語りました。🌞
自分で顔を変える能力があるとは知らなかったので、
撮影されたシーンを見てとてもビックリしました。
それはイ監督が私を動揺させないために、
いつも私に直接シーンを見せることを拒否した理由でもあります。
だから私は映画の中で美しいという考えを完全に諦めていた。
そのため、私は他の作品とは違うキャラクターを演じました。
実際、私とイ監督は一緒にキャラクターをもっと醜くしようと力を注いだ。

このインタビューを読みながら、最初に思い浮かんだのは、
「女優ってきれいな姿はレッドカーペットだけで見せればいい」というお日さまの一言。✨
ジウォンオンニカッコいい!と心の底から尊敬します。
このエピソードについて語る映像はYoutubeにアップしたので、
ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。👀

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑
【HAJIWON Archive】8th Deauville Asian Film Festival Interview 인터뷰 2006.3.12

学生時代にフランス語を少しだけ独学で勉強したことがありますが、
やはりグーグル先生に頼まないと全編訳せなかった。😅
フランス語→英語→日本語→中国語に訳してみたので、思ったより時間がかかってしまったけど、
読み応えのある内容だから、ぜひ読んでいただきたいです。💪🏻

お日さまのロングインタビュー、もう一つありますが、
2万字を超えるインタビューだから、別の記事で紹介させていただきます。

投稿者: sunshine1023

コメントを残す