『チョコレート』ハ ・ジウォン、世界で一番悲しいモッパン「視線強奪」

夕べ放送されたJTBCドラマ『チョコレート』👩🏻‍🍳🍫第11話
ジウォンオンニが披露した演技がネットニュースで取り上げられました!✨


『チョコレート』ハ ・ジウォン、世界で一番悲しいモッパン「視線強奪」

『チョコレート』俳優ハ・ジウォンが、悲しいモッパンを披露した。

3日に放送されたJTBC金土ドラマ『チョコレート』第11話で味覚を失ったシェフの悲しみを全身で表現し、没入度を爆発させた。 この日の放送でムン・チャヨン(ハ・ジウォン)は、和えたキムチの味に何の味も感じられず、大きく挫折した。 続いて、様々な食べ物を売る「食べ物通り」で、どんな匂いも嗅げない自分の姿に惨憺たる思いがした。 室内屋台の中に入って、スンデ炒め、タッパル、ビビン麺など刺激的な食べ物を注文したムン・チャヨンは、食べ物を食べたくても到底飲み込めないことに悲しみを現わした。

その後、ムン・チャヨンはチョコレート店に向かい、チョコレートを噛みながら味を吟味した。 「チョコレートも味が分からないんじゃないですか?」というイ・ジュン(チャン・スンジョ)の質問にムン・チャヨンは、過去のデパート崩壊事故でチョコレートを食べて生き返ったエピソードを淡々と告白したのだ。 「嗅覚を失って味覚を失っても、このチョコレートはどんな味か分かっています」と自分を引き締めた。 自分にチョコレートを渡して亡くなった恩人の存在を明らかにし、悲しい目つきで没入度を押し上げた。

結局、シェフとしての役目がなくなったと判断したムン・チャヨンは、イ・ガンに「キッチンをやめるつもりです」と最後の挨拶を伝えた。 当惑したイ・ガンはムン・チャヨンに患者のマイケル・が問い合わせた「すいとんだが、すいとんではない食べ物」だけ作って出てほしいと頼み、直後、2人の「落ち着かないなキッチンライフ」が始まった。 ワンタンとジャガイモオンシムを作っていたムン・チャヨンは料理の間中、自分を見守っているイ・ガンの視線と不自然な行動に「キッチンからちょっと出てください!」と感情を爆発させた。

イ・ガンが外に出る途中、幼い頃莞島のドングおじさんの訃報が伝わり、電話に出たイ・ガンは当惑した表情で外に向かった。 この時、イ・ガンが酒を飲んだことに気づいたムン・チャヨンは、状況を把握した後、「莞島まで私が代理させていただきます」と言って車に乗り込み、まだ固まっているイ・ガンがムン・チャヨンを眺める姿で劇が終了した。 エプロンも脱げないまま、イ・ガンのために積極的に乗り出したムン・チャヨンの魅力が最大限にされた瞬間だった。

ハ・ジウォンはこの日の放送を通じて愛らしい人間味と押し寄せてくる屈辱感とイ・ガンに爆発してしまった感情に心配な心まで、正反対の感情を立体的に表現して劇を操る吸入力をプレゼントした。 さらに、キッチンで繰り広げられたイ・ガンとの「深きモーメント」をはじめ、莞島での新たな敍事を予告した。

元記事:こちら


絶望の中、味覚も嗅覚も失ったチャヨンが市場を歩き回って、
スンデやビビン麺を食べてむせてしまったシーンは本当に切ないですね。😢
チャヨンがイ・ガン先生にエプロンをかけるシーンはもちろん素敵ですが、
イ・ガン先生の車に乗り込んで、
「ワンドまで私が運転します!」というチャヨンもカッコいい!💖
今夜放送される第12話も楽しみにしてますー!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す