【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー 、視聴率・スキャンダル・キスシーン… 「すべて答えた」 2015.8.20

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第2弾。💫


[インタビュー]ハ・ジウォン、視聴率・スキャンダル・キスシーン… 「すべて答えた」
2015.8.20

ハ・ジウォン(37)の興行不敗は終わったという。

『シークレット・ガーデン』、『キング 〜Two Hearts』、『奇皇后』などテレビに出たら視聴率と話題性を逃さなかったハ・ジウォンだが、『君を愛した時間』では輝かなかった。

ハ·ジウォン個人の問題ではない。 彼女はいつものように、ドラマの撮影前、高校生の演技のため、筋肉運動をやめて、バレーのストレッチングを受けながら、体を作った。 不惑に近い年齢だったので、制服を着た姿がかなり気にならざるを得なかった。

『君を愛した時間』は始まる前に監督が変わった後、再び戻ってきて作家は2回も入れ替わるなど雑音が多かった。 16話を通して視聴率も6~7%台と低かった。 ハ・ジウォンは精一杯「体感視聴率は良かった」と慰めるが、以前の作品と比べると違う。

19日午後、ソウル三清洞で会ったハ・ジウォンは、すべて意に介さないというように余裕の様子だった。

にっこり笑って「視聴率ですか? 私の周りの人たちはみんな面白いと言っていたんですが」と笑う姿は心配とは程遠かった。 作家のせいにしてもおかしくないが、「私はただ与えられた役だけをうまくこなせばいいじゃないですか? 私のものだけ見ました」とし、「だからといって作家さんと連絡はしません。 プハハハ」と大笑いする。

オ・ハナから抜け出して、オ・ハナを眺めたハ・ジウォンさんの心境はどうだっただろうか。

– ドラマが終わった。 感想が残るはずなんだが。

「序盤より後半に行くほど楽しく撮影しました。 疲れることとは別に現場がとても面白かった。」

– イ・ジヌクとの共演はどうだったのか。

「本当にリハーサルが必要ないほど良かったし、また面白かった。 イ・ジヌクが見た目より人を笑わせる才能があったよ。 おかげで楽しかった。」

– 視聴率が良くなかった。

「それはちょっと皮肉なことです。現場で会った人たちは面白いと言ってくれるが、視聴率は低い。 体感視聴率だけが高かったわけです。 だからといって落ち込むことはなかった。 最近ドラマはテレビだけで見るのではないじゃないか?」

– 体感視聴率は実体がない。

「例えばこんなものです。 サウナやショップに行くと、『ドラマを楽しく見てるよ』って言ってくれる人々が多い。 昔はそんなことはなかった。 『奇皇后』は非常に難しいキャラクターだったためか、なかなか近づけなかったが、今回は違った。 エンディングはどうなるのか、よく聞かれていたよ。」

– 作家の交代もあった。

「私にとって、オ・ハナをどう表現すればいいのか、最も大事でした。 作家が入れ替わったと惜しむ時間がなかった。 ひたすらそのことばかり考えた。」

– 作家と連絡するのか。

「プハハハ。連絡しない。」

– 制服を着た10代からオフィスルックを着た30代まで多彩なキャラクターでした。

「こんなに制服を着た姿がたくさん出るとは思わなかった。 監督は子役を望まなかった。 実はとてもプレッシャーだったが、私の高校時代にタイムスリップすると思いました。『あの時できなかったことを今やる』という考えでもっと楽しくなりました」

– 結局「愛」というハッピーエンドで終わった。

「この作品に出るまでは『男の人の友達』という存在がいないと思いました。 ドラマをしながら、チェ・ウォン(イ・ジヌク)のような彼氏がいたらいいなと思いました。 とてもうまく合って、全部してくれる姿が良かった。 よく通じて、気楽で、時には友達のような恋人のような姿が好きでした。」

– イ・ジヌクとのキスシーンで口を開かずに「鉄壁キス」という言葉までできた。なぜそうだったのか。

「あら、そんなこと知らなかった。(笑)キスシーンを撮る時間がほとんど夜明けでした。 体が疲れているので、覚めてない状態でした。 序盤にキスシーンを撮影したらよかったんですが、残念です」

– 「可愛い演技が寒い」という言葉も多かった。

「悔しいです。普段の姿とあまり変わらないのに、そう見えたなんて残念でした。 これまでの作品で強すぎる姿を見せたそうです。 今回は普段の自分のイメージに気付くようになりました。 リンゴの頭も実際に家でそうしてるのが好きです。」

カバンを2つずつ持つのが目立った。

「リアルに見せたかった。 実際に働く女性たちがノートパソコンを入れたビッグバックとミニバッグを2つ担いで歩いています。 30代女性の現実感のある活動的に働く姿をそのように表現しました。 本当にバッグPPLは絶対ではなかった。(笑)」

– 衣装も「Wanna be(強くあこがれ、それになりたがる)ファッション」に挙げられます。

「今回はそれなりに気をたくさん使いました。 これまで『シークレット・ガーデン』『奇皇后』などまともなファッションを披露することがなかった。 明け方から衣装の試着を始めました。 本当に凄く力を入れました。 1日に15着以上着替えたこともあります。」

– 徹夜撮影が多かったが、体力管理はどのようにしたのか?

「元々作品に出る3ヶ月前からスポーツ選手のように体を管理します。 ただ、今回は高校生の演技をしなければならないので、6ヵ月間筋肉運動をしなかった。 高校生なのに筋肉があると変じゃないか? バレエの先生が歩かないようにしてと言ったので、歩かなかった。 その代わり、ストレッチングを 凄く頑張りました。体重はそのままだが、筋肉量が大幅に減りました。」

– チェン・ボーリンと熱愛説も出た。

「本当に一度しか会ってなかった。 映画のために韓国で会ったのが最初で最後でした。」

– 同じ写真を組み合わせたように載せていたけど。

「ネチズンがすごいと感じました。 一般の人たちもそうすれば、似たような写真が多いのではないか? 写真をうまく編集したと思います。 熱愛説を深刻に受け止めていないです。

– 実際の理想のタイプはどうなるのか?

「一目惚れしないと男のように見えなかったが、今回のドラマをしながら友達が恋人になるかもしれないと感じました。 実際にも私にすべてしてくれる人と恋愛したいです。 また面白い人が好きで楽しくなければならない。 大事なのは気楽だが、ときめかなければならないです」

– 最後の恋愛はいつなのか。

「本当にだいぶ経ちました。 ぴったり何年とも言えないほどずいぶん経ちました。」

– 「ハ・ジウォン=アクション俳優」というイメージが強い。

「元々アクションが好きです。 今回の作品を選んだのも、これまで強いキャラクターをたくさん見せたので、違う姿を見せたかったです。 アクションはすごく大変です。 見るからにはどうか分からないが、実際の力は強くないです。 アクションをする理由は若干代理満足もあります。」

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォンを愛する時間
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「気持ちよく」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「グラビアみたいに」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「愛らしい笑顔」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「ジーンズのグラビア撮影中?」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「歳月逆行する美貌」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「美しいという言葉しか」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「まさに女神ですね」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「美しい笑顔」
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]愛らしいハ・ジウォン
2015.8.19

元記事:こちら


[フォト]ハ・ジウォン、「君を愛した時間」
2015.8.19

元記事:こちら


予告した通り、ドラマ『君を愛した時間』のインタビュー記事を少しアップしていきたいと思います。💪🏻
写真がとても素敵だから、この記事を訳してみることにしたんですが、
記者のド直球な質問にイラッとするのは否めない…😓
それでも大人な対応をしたジウォンオンニは本当に偉いですね。💗

作家陣の交代とか色々あって、『君を愛した時間』の視聴率は芳しくないものの、
ファンとしては普通のキャリアウーマンを演じるジウォンオンニを見ることができて、
とても新鮮だと思いました。💕本人もインタビューで言ったんだけど…
今回の作品を選んだのも、
これまで強いキャラクターをたくさん見せたので、
違う姿を見せたかったです。

お日さまはこれまで強い役柄をたくさん演じてきたから、
むしろ本人に近い役が見たいし、個人的には美しいハナが見られて大満足。😌

ところで、『君を愛した時間』で制服姿で登場するシーンも多かったが…
こんなに制服を着た姿がたくさん出るとは思わなかった。
監督は子役を望まなかった。 実はとてもプレッシャーだったが、
私の高校時代にタイムスリップすると思いました。
『あの時できなかったことを今やる』という考えでもっと楽しくなりました

子役ではなく、本人にやってほしい!という監督さんのリクエスト。
ジウォンオンニが『いつか家族に』のインタビュー
制服姿を見せることに対して悩んでたと明かしたんですが、
高校時代にタイムスリップした気分で回想シーンを演じたという。😌

一方、『君を愛した時間』がオンエアされた時に、
ハナのファッションがネットでも話題になりましたね。✨
今回はそれなりに気をたくさん使いました。
これまで『シークレット・ガーデン』『奇皇后』など
まともなファッションを披露することがなかった。
明け方から衣装の試着を始めました。 本当に凄く力を入れました。
1日に15着以上着替えたこともあります

何度も言ったんだけど、ハナのファッションは毎回の楽しみです。🥰
何でもきれいに着こなせて本当に凄いです。
韓国ドラマは撮って出しになることが多いから、
撮影で徹夜することも珍しくないけど、どのように体力管理をしたのか、気になりますが…
元々作品に出る3ヶ月前からスポーツ選手のように体を管理します。
ただ、今回は高校生の演技をしなければならないので、
6ヵ月間筋肉運動をしなかった。 高校生なのに筋肉があると変じゃないか?
バレエの先生が歩かないようにしてと言ったので、歩かなかった。
その代わり、ストレッチングを 凄く頑張りました。
体重はそのままだが、筋肉量が大幅に減りました

役作りも体作りも妥協を許さず、
自分のベストを常に尽くす姿は本当に格好よくて素敵ですね。😌
そして気になるジウォンオンニの理想のタイプ…
一目惚れしないと男のように見えなかったが、
今回のドラマをしながら友達が恋人になるかもしれないと感じました。
実際にも私にすべてしてくれる人と恋愛したいです。
また面白い人が好きで楽しくなければならない。
大事なのは気楽だが、ときめかなければならないです

一緒にいて楽しくて気楽な人がいいってジウォンオンニが
過去のインタビューでも話したけど、やはりときめき💕も大事ですね。😁
ハナに尽くすウォンみたいな男はなかなかいないと思いますが、
ジウォンオンニもそんな素敵な人に出会えるといいですね。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す