【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【TSUNAMI -ツナミ-(해운대)】インタビュー 2009.7.21

2009年7月22日に公開された映画TSUNAMI -ツナミ-(해운대)!🎬
いよいよ明日13周年を迎えます!✨これまで紹介する機会がありませんでしたが、
お日さまのインタビューを少しずつ紹介していきたいと思います。💕
13年前の今日公開されたインタビューはこちらです!🌞


ハ・ジウォン「ソル・ギョング-キム・ミョンミン、武林の達人に会ったような喜び」(インタビュー)
하지원 “설경구-김명민, 무림고수 만난 듯한 희열”(인터뷰)
2009.7.21

ハ・ジウォンが気さくな釜山娘に変身した。 映画『海雲台』でハ・ジウォンは無許可の刺身屋を営むヨニ役を演じた。 ハ・ジウォンが釜山方言で演技をするのは今回が初めてだ。 ユン・ジェギュン監督が釜山出身だったため、ハ・ジウォンには抜け穴がなかった。

◆ 「方言の演技を100%やり遂げたかったんです」

「すでに『セックス イズ ゼロ』『1番街の奇跡』を共にしてユン・ジェギュン監督に対する信頼が大きかったです。 出演オファーを受けて快諾しました。 素材だけでも新鮮な衝撃でしたし、ぜひ挑戦してみたかったです。 シナリオも見ていない状態なので、津波に対抗して戦う女戦士役だと思ってたのですが、後で見たら無許可の刺身屋の主人だったんです。 方言を100%完璧にこなせなければならないという考えで大変でした。」

ハ・ジウォンは、「映画で体を使うことにはそれほど困難を感じない」と話した。 『1番街の奇跡』ではボクシングを習うのに苦労し、ドラマ『茶母(邦題:チェオクの剣)』と『デュエリスト』ではアクション演技で苦労した。 しかし、『海雲台』の方言演技だけではなかった。

「方言がとても大変で、何かに縛られているような気がしました。 方言のせいで何もできないと思うほどでした。初撮影の分量は方言のために撮り直しました。 刺身屋の主人ではなくお客様のように見えたんですよ。 それで監督にもう一度撮ろうとお願いしました。 方言を私に教えてくれた方が幸い私と同じ年頃なので友達のように過ごしながら学ぶことができました。」

◆ 「ユン・ジェギュン監督との作業は自分自身に対する発見」

ユン・ジェギュン監督に対する絶対的な信頼について、ハ・ジウォンは2つの理由を挙げた。 一つは真正性で、もう一つはハ・ジウォン自身に対する発見だ。 『セックス イズ ゼロ』では無愛想で突拍子もないキャラクターを作り出すことができるという事実を発見し、『1番街の奇跡』では選手に認められたほどボクシングの才能を発見した。

ハ・ジウォンは『海雲台』を撮影しながら新しい経験をすることができた。 家を離れて海雲台で一人で「一人暮らし」する留学生のような経験を楽しんだ。 海雲台を「第2の故郷」と話す彼女は「海と山があり、空がとてもきれいな海雲台で暮らしたいほど愛するようになった」と話した。 さらに、次の映画も海雲台で撮りたいという。

「毎日月見の丘を走りましたが、ソウルとは本当に空気が違います。 釜山に長く居たので、よく行くグルメ店とスキンケアショップもできました。 ソウルでは買い物もしないのに、海雲台にいながら買い物もよくするので、いつも冷蔵庫に食べ物をしっかり埋めておきました。 外国人留学生が一人暮らしのように楽しみました。」

◆ 「ソル・ギョング-キム・ミョンミン、武林の達人に会ったような喜び」

ハ・ジウォンは最近、自他共に認める演技派俳優2人と一緒に演技する楽しさを楽しめたりもした。 まさに『海雲台』のソル・ギョングと『私の愛、私のそばに』のキム・ミョンミンだ。 2人の俳優に対する感想を聞くと、ハ・ジウォンの手は口より忙しくなった。 言葉で表現しにくい強烈な何かがあったためだ。

「武林の達人に会ったような喜びを感じました。 年輪や積んできた深さ、エネルギーがすごい方々じゃないですか。 何かすごい力がぶつかる感じというか。 一緒に演技していると、何かが一緒に回るような気がします。 こんな時に使える単語がなくて本当に残念ですね。 もらう時も、すくって投げる時も、すくっと投げることができるような交感が、私にとって喜びでした。」

ハ・ジウォンはキム・ミョンミンに対して「キャッチ能力が非常に速い俳優」と絶賛した。 キム・ミョンミンの完璧なキャラクター変身に対しても感嘆を示した。 映画の中でしたすさまじい愛のためにその人が見たくなったりもするが、いざ俳優キム・ミョンミンに会った時は映画の中のキム・ミョンミンではなかったということだ。 それはキム・ミョンミンが『ベートーベン・ウィルス』の降魔絵ではないのと同じだ。

彼女はまたソル・ギョングを指して「映画のために生まれた方」と説明した。映画の撮影現場を愛しすぎて、キャラクターのために、すぐ現地人になる俳優という意味だ。 「ソル・ギョング先輩と初めて話したのは、先輩がユン監督とお酒を飲んでいた時に監督が代わって通話した時でした。画面ではカリスマ溢れる方ですが、通話する時は実の兄のようでした。映画のために会いましたが、一生心強いお兄さんができたようです。 たまには私に関するニュースをもっと先に知って伝えたりもしました。」

◆ 「恋愛・結婚?」 映画の中でやった方がいいです」

満31歳の俳優ハ・ジウォンは俳優として自然人として少しずつ成長している。映画現場ではなく日常を楽しみ始めたのもそのような成長の一部だ。家と撮影場だけを繰り返し行き来しながら、現場が一番良かった彼女は、今や個人的な生活を楽しみ始めた。きれいなカフェにもよく行き、知人たちとお茶やワインを飲みながら、おしゃべりをしたりする日常を楽しむようになってから「1年しか経っていない」ということだ。

ハ・ジウォンは恋愛や結婚にいつも関心がなさそうだった。 彼氏と付き合うことに関心がないかと尋ねると、「実際の恋愛ではないが、演技の中で愛しているじゃないか」と反問する。実際、周囲に親しい知人たちが「恋愛をしないから劇中の相手の男性キャラクターにオールインできること」と話したりもするという。 今より20代初めに恋愛に対する好奇心と関心がさらに多かったというハ・ジウォンは「まだもっとやりたいことが多く、私の中に盛り込みたいことも多いので、彼氏がいないと思う」として明るく微笑んだ。

元記事:こちら


映画『海雲台』と『私の愛、私のそばに』で
ソル・ギョングさんとキム・ミョンミンさんと共演されたジウォンオンニ!
お二人との共演について「武林の達人に会ったような喜び」とコメントしました。💜
言うまでもないけど、ソル・ギョングさんとキム・ミョンミンさんはベテラン俳優で、
これほどふさわしい表現はないでしょうね。😌

個人的にはこのインタビューで最も印象に残ったのは、
ジウォンオンニが映画『海雲台』を撮影するときに、釜山で一人暮らししていたときのエピソード。😁
海と山があり、空がとてもきれいな海雲台で暮らしたいほど愛するようになった。
毎日月見の丘を走りましたが、ソウルとは本当に空気が違います。
釜山に長く居たので、よく行くグルメ店とスキンケアショップもできました。
ソウルでは買い物もしないのに、海雲台にいながら買い物もよくするので、
いつも冷蔵庫に食べ物をしっかり埋めておきました。
外国人留学生が一人暮らしのように楽しみました。

海雲台に行ったことある方は分かると思いますが、
海も山もあって、特に月見の丘から見る景色が素晴らしいです。💫
数年前に桜の季節に行ってみたが、桜並木のトンネルがあまりにもきれいで感動しました。🌸
ジウォンオンニも釜山に滞在しながら、留学生の一人暮らしの疑似体験ができて本当によかった。😌

余談ですが、2年前に公開された映画『担保』の一部が釜山で撮影されたそうです。🎬
映画『雨光』もドラマ『カーテンコール』も韓国全土の様々な場所で撮影が行われたんですが、
どんな風景が見れるのか今から楽しみです。🥰

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。