【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【第7鉱区(7광구)】インタビュー「毎回大変な挑戦理由は?カタルシスのためでしょう」2011.8.7

おとといと昨日に続き、今日も映画第7鉱区(7광구)
ジウォンオンニのインタビューを紹介したいと思います。🎬


ハ・ジウォン「毎回大変な挑戦をする理由は?カタルシスのためでしょう」
하지원, “매번 힘든 도전 이유? 카타르시스 때문이죠”
2011.8.7

「そのように大変な役を毎回引き受けている理由は何ですか。」

俳優ハ・ジウォンと向き合うと、儀礼的に思い浮かぶ質問だ。

朝鮮時代の女性刑事(ドラマ『茶母(チェオクの剣』)、ボクサー(映画『1番街の奇跡』)、スタントウーマン(ドラマ『シークレット・ガーデン』)に続き、今回は職業群も馴染みのない海底装備マネージャーだ。 作品のためにバイク・スキンダイビングの資格証を渉猟して、寝る時間を除いては全て運動に注ぎ込んだ彼女は、撮影の時は失神を繰り返しながらも、ついにつらいスケジュールを全て消化した。

映画『第7鉱区』(監督キム・ジフン)のインタビュー当日にも次期作である卓球映画『コリア(邦題:ハナ ~奇跡の46日間~)』の決勝戦シーンの撮影のせいで一度失神したという彼女は、いつも「何でもしていれば生きているという感じがする」と笑う。

「大変だが、何かを終えた時のカタルシスのおかげで、ずっと動いていると思う」という「女戦士」ハ・ジウォンから挑戦の理由を聞いてみた。

8月4日に公開される『第7鉱区』は、韓半島南端の7鉱区の大海に浮かぶ石油ボーリング船イクリプス号で繰り広げられる深海怪生命体と隊員の死闘を描いた作品。 劇中のハ・ジウォンは勝負師気質の強い海底装備マネージャーのチャ・ヘジュン役を演じた。

SBSドラマ『シークレット・ガーデン』のスタントウーマン キル・ライムがちらっと見せた女性らしさを完璧に取り除いたチャ・ヘジュンは、まるでハリウッド映画『ソルト』のアンジェリーナ・ジョリーを見ているようだ。

「私を除いた大部分の俳優たちが男たちなので、その隙間でさらに強く見え、大きく見せようと一つ一つ研究をたくさんした」という彼女は「立っている角度からヘアスタイルまで苦心を繰り返した」と伝える。

本来、菜食を好む彼女だが、体を作るために肉もたくさん食べて、短すぎる髪型はむしろカリスマがなさそうに見えて、もう少し伸ばしたりもした。 休む時でも女性的な動作が出てくるのではないか一つ一つチェックして、研究して、作り出したヘジュン役に対してハ・ジウォンは「ブロックバスター女戦士のように素敵な女性を望んだ」と耳打ちする。

アンジェリーナ・ジョリーによく例えられるが、本人はSF映画『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーの姿を多く参照した。

「怪物と戦う女性という面で参考に値する点が多かった」とし、「『エイリアン』を見て怪物をたくさん想像した」ということ。

特に、今回の作品の中の怪物はすべてコンピューターグラフィック(CG)で処理され、撮影の時は仮想の怪物を頭の中で描きながら撮影しなければならなかった。 映画の中の最後を飾る最後の死闘シーンは一人で15日間失神を繰り返し撮影を進行、メガホンを握ったキム・ジフン監督は「ハ・ジウォンが一人で寂しくてつらい戦いを乗り越えた」と聞かせたりもした。


このように至難な過程だったが、一緒にした同僚たちがいたため、撮影現場はいつも和気あいとしていた。 ハ・ジウォンは「良い人たちと一緒にいるということは、いくら体が辛くても耐えられる原動力だな…毎日サプリを飲みながらも前でアン・ソンギ、パク・チョルミン先輩などが毎日笑わせてくれるので、泣きそうになるほど感謝の気持ちが感じられた」としてしばらく目元がしっとりしたりもした。

「女戦士」のイメージで定着したが、たまには至高なメロ映画のキャラクターにも目が行くのではないか。

ハ・ジウォンは「きれいな女性役を引き受けるのも良いが、かっこいい女性を個人的により好む」とし、「いつも強い役を望むわけではないが、不思議にも手が届くシナリオは私がなりたい『かっこいい』女性のようだ」として微笑む。

つらい過程を自ら選ぶことも、今は自分の「人生」の一部だと感じる。

「新人の時はたくさん怒られ、いつも作品のために私の時間もなくて不満も多かった。 『私も自分の時間が欲しい、なぜ私の人生はないのか』という悩みをたくさんしたが、ある瞬間、まさに私が出演した作品の中の人物がまさに私の人生だという気がした」とし、「その時間を誰よりも格好よく生きれば良いという気がして、以前よりさらに没頭することになった」と耳打ちする。

そのためか、これといった作品活動がない時も、今後ある何かのために常に自らを引き締める。

「休む時も水泳、テニス、ピラティス、ウェイトトレーニングなど、ハードなスケジュールを組んで何かを学ぶのに時間を費やしたため、担当運動トレーナーは『無理な日程』と止め、マネージャーも疲れている」という。

しかし、彼女は新しいことを学んで挑戦するのがいつもとても面白い人生の原動力だ。 「まだやったことのない挑戦」を聞くと、「裁縫と料理」という答えが返ってくる。

いつの間にか30代半ばに向かって駆けつける彼女にインタビューの最後に「結婚はないか」という質問をすると、少女のように笑いながら手を振る。

ハ・ジウォンは「まだ人生計画表に結婚はないと思う。 だが、恋愛ほど胸をときめかせる作品があれば、いつでも駆けつける準備ができている」とし、「次期作として『シークレット・ガーデン』の『女キム・ジュウォン』のような役割が入ってくれば必ず一度やってみたい」と返事を変えた。

元記事:こちら


映画『コリア』の撮影の合間に受けたインタビュー!
記事によると、インタビュー当日には決勝戦シーンの撮影があって、
ジウォンオンニが一度失神したそうです。😱
何でもしていれば生きているという感じがする。
大変だが、何かを終えた時のカタルシスのおかげで、ずっと動いていると思う

とジウォンオンニが答えたが、改めてアクションシーンの撮影の過酷さを痛感しました。🥲
それでもジウォンオンニが大変な役やアクションシーンに挑み続ける理由は?
きれいな女性役を引き受けるのも良いが、かっこいい女性を個人的により好む。
いつも強い役を望むわけではないが、
不思議にも手が届くシナリオは私がなりたい『かっこいい』女性のようだ

確かに「ハ・ジウォン」=「女戦士」「アクションシーン」というイメージが定着していたから、
そういう作品のオファーが多いし、ジウォンオンニのイメージに基づいて作られたキャラクターも多いでしょうね。😌
4年前に白紙となったドラマ『プロメテウス』もその一つ。
当時、制作会社が「ドラマの企画段階からハ・ジウォンだけを考えて作られたキャラクターで、
彼女のイメージがそっくりそのまま盛り込まれている。」とコメントしました。
チェ・ウンソというキャラクターに会えることができなくて残念でしたが…🥲

一方、作品の中で演じたキャラクターたちが自分の人生の一部になったと
ジウォンオンニがこのインタビューで明かしました。
新人の時はたくさん怒られ、
いつも作品のために私の時間もなくて不満も多かった。
『私も自分の時間が欲しい、なぜ私の人生はないのか』
という悩みをたくさんしたが、ある瞬間、
まさに私が出演した作品の中の人物がまさに私の人生だという気がした。
その時間を誰よりも格好よく生きれば良いという気がして、
以前よりさらに没頭することになった

「その時間を誰よりも格好よく生きれば良い」という一言がとても印象的で、
今KBSドラマ『カーテンコール』を撮影しているジウォンオンニも
ホテル楽園の総支配人セヨンの人生を生きているでしょう~と思うと、本当にドキドキが止まらない。💕

インタビューの最後に「まだやったことのない挑戦は?」と聞かれると、
ジウォンオンニが…裁縫と料理と答えたが、
ドラマ『君を愛した時間』と『チョコレート』でハナとチャヨンとして挑戦してましたね。😁
2022年、お日さまが挑戦したいことは何でしょうね。
ドラマ『カーテンコール』や映画『雨光』のインタビューで明かしてくれると嬉しいね。💓

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。