【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【パボ(바보)】マスコミ試写会&記者懇談会 2008.2.15

先週も今週もたくさんの『ドラマワールド』の情報が上がってきて、
ジウォンオンニとヘンリーの「Too Good to be True(왜 이렇게 좋아 )」のMVまで見れて、
ファンとしては大満足でした。😌新しい情報が続々とアップされると嬉しいなー!
さて、今日は2008年2月15日に行われた映画パボ(바보)
マスコミ試写会と記者懇談会の記事をまとめてみたいと思います。


ハ・ジウォン、「チャ・テヒョンとの演技、とても幸せだった」
하지원, “차태현과의 연기, 무척 행복했다”
2008.2.15

映画『パボ』(キム・ジョングォン監督・ワイヤー・トゥー・ワイヤー制作)で1年ぶりにピアニスト役としてスクリーンにカムバックした俳優ハ・ジウォン(29)が映画撮影の感想を伝えた。

15日、ソウル龍山区龍山CGVで開かれた映画『パボ』メディア試写会および記者懇談会に出席したハ・ジウォンは「劇中でピアニスト役のため鍵盤を押す指の感じを活かすと同時に、観客が拒否感を感じないように努力した」と伝えた。

人気漫画家カンプルの原作をスクリーンに移した『パボ』は、貧しいが純粋で優しい性格を失わないトースト屋の主人スンリョン(チャ・テヒョン)が片思いしたピアニストジホ(ハ・ジウォン)に10年ぶりに遭遇したことで展開されるラブストーリーをメインストーリーにしたヒューマンドラマ。

作品についてハ・ジウォンは「実は私以外の他の俳優がやっても上手くできる映画」とし、「これまでは他の人よりも上手くできる役や難しい役を選ぶ傾向があったが、この作品は原作漫画の感性がとても良くて好きなように演技した作品」と伝えた。

続いて「演技しながらこれまでは気づかなかった新しい感じをたくさん見つけた、何かを切望して待っていれば訪れてくると思った」と付け加えた。

チャ・テヒョンとの演技呼吸については「一緒に演技する時間がとても幸せだった、劇中のスンリョンの感情線をたどっていけばいい役なのでパートナーとしてうまく呼吸を合わせてくれたことに特に感謝している」と感想を述べた。

映画『同感(邦題:リメンバー・ミー)』『火星に行った男(邦題:天国からの手紙)』のキム・ジョングォン監督がメガホンを取り、チャ・テヒョン、ハ・ジウォンのほか、パク・ヒスン、イ・ギヨンなどが助演で出演した。

元記事:こちら


チャ・テヒョン「ハ・ジウォンの頭からつま先まで全部いい」
차태현, “하지원 머리부터 발끝까지 다 좋다”
2008.2.15

俳優のチャ・テヒョン(32)がハ・ジウォン(30)の全てがいいと好評した。

チャ・テヒョンは15日午後2時、ソウル市龍山区のCGVで行われた映画『パボ』(キム・ジョングォン監督、ワイヤー・トゥー・ワイヤー制作)の試写会および製作発表会で相手役として共演したハ・ジウォンの長所は何かという質問を受けた。

チャ・テヒョンは「(ハ・ジウォンさんが)この映画を出演してくれただけでもうれしい」とし、「ハ・ジウォンさんにお願いしたが、これは原作を見て『OK』という映画を一緒に演じることになった。 頭からつま先まですべていい」と明らかにした。

『パボ』で馬鹿なスンリョンを演じながら感じた点としては「スンリョンというキャラクターがとても可愛らしかった」とし、「僕が演じたキャラクターの中で一番気に入ったし、僕が演技したが、スクリーンで見た時は本当にスンリョンを見ているような感じがした。 何でもない場面で胸が痛む」と告白した。

「スンリョンに会えてとても幸せ、私が感じた暖かい感情や家族の大切さ、家族について人一倍考えられそうな感じが伝わってほしい」と感想を述べた。

チャ・テヒョン、ハ・ジウォン主演の映画『パボ』は、バカのスンリョン(チャ・テヒョン扮)によって周りの辛くて傷ついた人々が人生の希望と温もりを求めていくという内容だ。 28日に公開される。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、「チャ・テヒョンのために 『バカ』を撮ることになった」
하지원, “차태현 때문에 ‘바보’ 찍게 됐다”
2008.2.15

俳優ハ・ジウォン(30)が映画『パボ』(キム・ジョングォン監督、ワイヤー・トゥー・ワイヤー制作)に出演することになったのはチャ・テヒョンだった。

ハ・ジウォンは15日午後2時、ソウル龍山CGVで開かれた映画『バカ』の試写会と製作発表会で「『パボ』の場合は初めてスンリョン役でチャ・テヒョンさんがキャスティングされてから、オッパが私に電話をくれた」とし、「それで原作を見たがとても良かった。 漫画の感性がよすぎて、快く撮りたかった」と語った。

「ジホというキャラクターは私ではなく、他の俳優でもうまくできると思った」とし、「撮影しながら感じたのは、演技をしながら全く新しい感じだった。 シーンごとに感情を区分して演技するのではなく、『パボ』のスンリョンを見て自分の勝手に演技した」と付け加えた。

また「この映画を全部撮って感じたのは、スンリョンは10年間ジホを待つのに何かを切望したり待てば訪れてくると思う」とし、「宇宙の力かどうか分からないが、だから私も何か切実に望むことがあれば叶うと思うようになった。 この映画でもっと確信が持てるようになった」と話した。

カンプル漫画を原作にした映画『パボ』は、バカスンリョン(チャ・テヒョン)によって周りの辛くて傷ついた人々が人生の希望と温もりを求めていくという内容だ。 28日に公開される。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「チャ・テヒョン、可愛くて頭を撫でたい」
하지원 “차태현 귀여워서 머리 쓰다듬어주고파”
2008.2.15

俳優ハ・ジウォン先輩チャ・テヒョンとの親交を誇った。

新しい映画『パボ』(キム・ジョングォン監督/製作ワイヤー・トゥー・ワイヤフィルム)で一緒に息を合わせたハ・ジウォンとチャ・テヒョンは実の兄妹以上に近づいた。

二人は15日午後2時、ソウル龍山CGVで行われた映画『パボ』メディア試写会および記者懇談会でも和気あいあいとした姿を見せた。

ハ・ジウォンは「チャ・テヒョンさんが映画撮影中にずっと可愛くて、後をついて行きながら頭をなでたいほどだった」と2歳年上のチャ・テヒョンを弟のように扱い、会場を爆笑させた。

ドラマの中でチャ・テヒョンは27歳だが、たどたどしい言葉遣いと身振り、明るい笑みを持った「バカ・スンリョン」を演じた。 映画の中でもハ・ジウォンは、時にはスンリョン(チャ・テヒョン扮)のお母さんのように、時には友達のように優しくして母性愛的な姿を見せたりもした。

ハ・ジウォンは「チャ・テヒョンさんがスンリョンさんのように私の前に現れて本当に幸せだった、いつも休んでいる間も退屈しないように面白い話をたくさんしてくれていつも楽しかった」と話した。

『パボ』でハ・ジウォンは「バカスンリョン」(チャ・テヒョン扮)の心に大切な思い出をプレゼントして偏見なく抱くジホ役を演じる。

『パボ』は、星のように輝く純粋な馬鹿27歳のスンリョンの美しい物語を描いたヒューマン映画で、28日に公開される。

元記事:こちら


記事にアップされた写真のクオリティーがあまりよくなくて、少しレタッチしました。😌
まずは記者懇談会のフォトセッションの写真です。📷
前回紹介した制作報告会、ジウォンオンニはパステルパープルのふわふわドレスで登場したんですが、
この日はオフショルダーのミニワンピースで登場しました。✨


黒髪でピュアな感じが好きでたまらない。😍
映画『パボ』はもちろん、Rain(ピ)と共演したミュージックビデオ
ラブストーリー Love Story(러브 스토리)」のビジュアルも凄く好きです。💗

きれいな画質の写真を見つけたので、ここに貼っときます。📷

続いてはチャ・テヒョンさんとのツーショット。
ジウォンオンニが記者懇談会と制作報告会でも話したんですが、
チャ・テヒョンさんがスンリョン役でキャスティングされてから、
お日さまに連絡して、「一緒にしよう」とオファーしたそうです。😌
 

テヒョンさんも記者懇談会で
「(ハ・ジウォンさんが)この映画を出演してくれただけでもうれしい。
ハ・ジウォンさんにお願いしたが、
これは原作を見て『OK』という映画を一緒に演じることになった。
頭からつま先まですべていい。」
とお日さまを絶賛しました。🥰



テヒョンさん、パク・ヒスンさんとのスリーショット。📷



『パボ』の監督はジウォンオンニが出演した
映画『同感(邦題:リメンバー・ミー)』の監督であることは今回初めて知りました。😅


フォトセッションを終えた後、記者懇談会が始まり、
ジウォンオンニを始め、『パボ』キャストが作品のエピソードについて語りました。
ジホ役について…
実は私以外の他の俳優がやっても上手くできる映画。
これまでは他の人よりも上手くできる役や難しい役を選ぶ傾向があったが、
この作品は原作漫画の感性がとても良くて好きなように演技した作品

と語りました。ジホはピアニストですが、
ジウォンオンニが演じてきたキャラクターの中では割と普通の女性だな~と思いました。😌
原作漫画に惹かれて、オファーを受けたという。💗


この映画を全部撮って感じたのは、
スンリョンは10年間ジホを待つのに何かを切望したり待てば訪れてくると思う



宇宙の力かどうか分からないが、
だから私も何か切実に望むことがあれば叶うと思うようになった。
この映画でもっと確信が持てるようになった

ジウォンオンニのコメントがとても印象に残り、グッときました。💕
切ない物語ですが、スンリョンからジホへの一途な思いがとても伝わってきて、
感動せずにはいられないですね。🥲

個人的には一番気になるはテヒョンさんとの共演エピソード。😁
チャ・テヒョンさんが映画撮影中にずっと可愛くて、
後をついて行きながら頭をなでたいほどだった。
チャ・テヒョンさんがスンリョンさんのように私の前に現れて本当に幸せだった、
いつも休んでいる間も退屈しないように面白い話をたくさんしてくれていつも楽しかった

この前にお日さまとテヒョンさんのインタビューを見返したんですが、
お二人のやりとりが面白くて、仲の良さがとても伝わってきました。💗



続いてはマスコミ試写会の写真です。📷
ジウォンオンニの細長い足に目が釘付け…👀


映画が上映される前に、舞台挨拶が行われました。🎬
テヒョンさんとの共演について…
一緒に演技する時間がとても幸せだった、
劇中のスンリョンの感情線をたどっていけばいい役なのでパートナーとして
うまく呼吸を合わせてくれたことに特に感謝している



ネットニュースに掲載されている写真を見てみると、
ジウォンオンニはこの日、キャストとマスコミと共に『パボ』を鑑賞したそうです。🎬
冬になると、無性に『パボ』を見返したくなりますが、
その前はメイキング映像やインタビューをチェックしたいと思います。😌

 

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。