ハ・ジウォンXソン・ドンイルXキム・ヒウォン主演映画『担保(담보)』カン・テギュ監督インタビュー④「ハ・ジウォン、たくましい女性のキャラクターを上手く演じられる姿が好きでした」

担保 담보 / 2020.11.28 Sat

10月上旬に上がってきた記事ですが、
ここで紹介したいカン・テギュ監督の『担保』のロングインタビューがあるので、
訳してみることに。💪🏻


『担保』カン・テギュ監督「子役パク・ソイの涙の演技のために一緒に泣きました」(総合)

先月29日に公開された『担保』(カン・テギュ監督)は秋夕期間中に最も多くの観客が見た映画だ。 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)というハンデキャップにもかかわらず、公開9日目の7日まで、100万人近い観客を劇場に動員した。 公開初日はクァク・ドウォンの『国際捜査』に押され、ボックスオフィス1位でスタートできなかったが、翌日からは逆転し、ボックスオフィスのトップを維持している。

最近、鍾路区三清洞のカフェでNEWS1と会った『担保』のカン・テギュ監督は、「一言でいえば、とても運がよかった」と話し、10年ぶりに新しい商業映画を披露する感想を述べた。

『担保』は踏み倒されたお金をもらいに行って、うっかり9歳のスンイを担保にするようになったドゥソクとジョンべの物語を描くヒューマンコメディ映画です。 『TSUNAMI -ツナミ-』、『国際市場で逢いましょう』、『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』などヒューマンドラマのジャンルを披露した制作会社JKフィルムの新作だ。 『担保』は「誰が見てもJKフィルム」である作品だ。 ドゥソク役のソン・ドンイルとジョンベ役のキム・ヒウォンのコンビプレイが見せてくれる笑いと可愛い子役パク・ソイの愛おしい魅力、大人スンイ役のハ・ジウォンの感情演技が「ハーモニー」を成しながら、「笑わせながら泣かせる」展開を見せてくれます。

「短編や映画以外の映像経験はありますが、長編商業映画は久しぶりです。 そのため、もう少しプレッシャーがありました。前作でデビューした時、多くの観客が応えてくださって、それに対するプレッシャーもあります。 デビューの時よりは、もっと頑張らなければならないというプレッシャーもありますから。長年、現場の空白を感じないように、頭の中にシミュレーションをたくさんしました。」

カン・テギュ監督の前作は、女性囚人たちが結成した合唱団の感動的な物語を描いた『ハーモニー 心をつなぐ歌』(2010)だ。 『ハーモニー 心をつなぐ歌』に出演した俳優キム・ユンジンとナ・ムニは今回の映画『担保』に特別出演して予期せぬ感動を与える。 『ハーモニー 心をつなぐ歌』がそうであるように、『担保』も人間と人間の間に芽生える情と暖かい連帯を描いたものです。

カン監督は「JK師団」と呼ばれてもいいほど、JKフィルムの代表でもあるユン・ジェギュン監督と特別な先輩・後輩の縁を結んできた。 ユン・ジェギュン監督の作品『TSUNAMI -ツナミ-』の助監督を務め、最初の作品 『ハーモニー 心をつなぐ歌』もJKフィルムの作品でした。 また、JKフィルムのもう一つの映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』と『コンフィデンシャル/共助』の脚色も担当しました。 そしてこの 『TSUNAMI -ツナミ-』の縁は、『担保』の主要配役であるハ・ジウォンのキャスティングにも繋がった。

「ハ・ジウォンさんは製作会社だけでなく、僕との関係も格別でした。 僕は『TSUNAMI -ツナミ-』の助監督だけでなく、イ・ミョンセ監督の映画『デュエリスト』の演出部もしてたんですよ。『TSUNAMI -ツナミ-』の助監督を務めていた当時、たくましい女性のキャラクターを上手く演じられる姿が好きでした。 良い思い出があるため、『担保』の中の現在から過去に訪れていく話者の立場である人物としてハ・ジウォンさんをキャスティングすることになりました。」

「運が良かった」と表現するほど、『担保』は「信頼できる」キャスティングが引き立つ作品だ。 特に、主人公ソン・ドンイルのキャスティングは特別な過程を経て行われました。 ソン・ドンイルは当初、JKフィルムが準備中だったSF映画『帰還』にキャスティングされたが、さまざまな理由で『帰還』の製作が延期されたため、ユン・ジェギュン監督の提案で『担保』のシナリオを受けることになった。

「(ソン・ドンイルさんが)『担保』をご覧になって以前提案した映画よりもっと心が引かれるとおっしゃってくださいました。 快くオファーを受け入れてくださいました。 制作陣が、まずソン・ドンイルさんが断ったら、他の人に悩もうと話していた状況でした。 誰もが異見なくソン・ドンイル俳優が演じれば良いと思ったから。」

『担保』で最も重要なキャスティングの一つは主人公スンイの幼い時代を演じる子役俳優のキャスティングでした。 カン・テギュ監督は、「映画撮影直前まで子役が見つからず悩んでいました」と言って、劇的に子役のパク・ソイをキャスティングすることになった過程について明かした。

「助監督たちはずいぶん苦労しました。 結局、最後に製作者のユン・ジェギュン監督が僕の射手でもあるから、彼のところに行ってぶつぶつ言いました。 すると、自分が準備していた作品の子役俳優候補が一人いますが、演技が上手でしたと推薦してくれました。 それで、『担保』のオーディションの時、パク・ソイちゃんを含めてオーディションを見ていた。 多くの子供たちがアカデミーで学んだ千篇一律な演技をやっていました。 他の子供たちにはできないというわけではありませんが、パク・ソイちゃんがその子供たちより自然に感情に集中して伝えました。 オーディションで大人たちの心を動かすのが簡単ではないのに、8歳の子がどうやってそのように表現できるのか驚きました。」

実際、パク・ソイは映画の中で子供らしくないほど自然な演技力を見せて観客を魅了します。 子供ならではの天真爛漫さを見せながらも、その度に見せる適切な感情演技は感嘆を呼び起こすほどだ。 カン監督は子供の母にあの有名な「レ・ミゼラブル」の絵本を渡し、童話の中のコゼットが『担保』のスンイと同じような状況であることを教えることにした。 また、俳優たちの助けを借りて、シーンごとに必要な感情演技ができるように手伝いました。

「(涙のシーンのために会話をする時は)お互いに一番悲しかったことを思い出そうと言いました。 僕は天国にいるお母さんのことを思いながら、涙を作ることができると言うと、ソイは弟を思いながら作ります。 そのようにして作ったシーンがいくつかあるのですが、その中で思い浮かぶシーンは、チャチャチャルームサロンで『おじさん』と言いながら、ドゥソクおじさんと通話するシーンでした。 そのような通話シーンでは、僕がドゥソクになって、この子と通話するシーンで感情を作り出すために一緒に泣きました。」

映画に対する情熱がなければ、簡単に作ることのできないシーンでした。 カン・テギュ監督は、不慣れの撮影現場で既成俳優と一緒に演技をしなければならない子役俳優の苦情を誰よりも理解し、最大限子供の目線で映画と演技に近づけるように努力したと話した。

「既成俳優たちは演技がすぐにできて、お互いがお互いに指摘し合う部分がない。 そして、それを合わせていく過程で撮影を繰り返したりもします。 ところで、子供はそんな経験が全くない。 僕は運といえば運だが、『ハーモニー 心をつなぐ歌』は15ヶ月の子供と表現して作らなければなりませんでした。 その時、スタッフや俳優たちが一丸となって子供のシーンを作りました。 ソイも子供ですから、指導するよりは目線に合わせようと努力した部分があります。 映画の中にこの子をうまく溶け込ませるための努力が、子供の役に立つと思いました」。」

子供だけでなく、監督として俳優たちとコミュニケーションし、説得することもこなさなければならなかったんです。 特に、ハ・ジウォンは劇中で大学生のスンイ役までこなすことに対して断ったが、カン監督の粘り強い説得で大学生の演技をすることに同意したというエピソードを明かし、注目を集めたりもした。

「ハ・ジウォンさんが大学シーンで新入生を演じるのは大変でも、卒業クラスはできるのではないかと思いました。(笑)映画的に若い役ができると思います。20中盤、30代半ばまでできるじゃないですか?ハ・ジウォンさんが大学生から出てこそ、後の内容が途切れることなく表現できるだろうと思い、そうしてこそ幼いスンイがずっとやってきたことをバトンタッチできるだろうという判断からでした。 実際にとてもよくしっかり管理していて、 それほどぎこちなかったと思います。」

10年のタイムを置いて製作されたカン・テギュ監督の2作品は似たようなところを共有する。 特に、コメディ的な要素とドラマ的な要素のバランスがよく合うところは、カン監督ならではの長所だ。カン監督は自分のことをヒューマンドラマの基本的な情緒を持っている人と紹介した。

「個人技を繰り広げるコメディは弱いです。 煽情的で刺激的な苦労物もあまり作れません。 スラッシュのようなジャンルもできません。 経験がないからかもしれませんが、僕は基本的には情緒的に家族の物語をしたいです。 この基本枠の中でジャンルを拡大できそうです。 もちろん他のジャンルにも広げたい気持ちがあります。 ミステリースリラーやアクションドラマにも興味があります。ドラマをベースにしたいろんなジャンルをしてみたいです。」

彼はコメディを演出する時、自分ならではのノウハウについても耳打ちした。

「カメラで状況を粉々にして見せるのではなく、フルショットで撮って、この状況が面白いと確かに反応してくれる人たちも面白いと思います。 コメディはフルショットでカメラを切らずに見せてくれる時、それが笑わせれば成功できるのではないかと思います。」

「JK師団」であるだけに、JKフィルム映画ならではの色についても考えを明かした。

「(JKフィルム作品は)制作する映画のジャンルと似ていると思います。人間的な部分をたくさん強調する、人が生きる物語、庶民の物語を通じて成功した製作会社ですね。 『TSUNAMI -ツナミ-』『国際市場で逢いましょう』の場合、製作会社がヒューマンドラマが持つ波及力を知り、商業映画としての興行コードを分析してよく知っていました。 その間、20本以上の作品を製作し、その中には一歩進んだジャンルとしての試みもありました。 JKフィルムだから、枠に入れているわけではないと思います。 僕も枠の中で遊ぶことは知りませんから。」

カン・テギュ監督の次回作はまだ決まっていません。 10年ぶりに見せてくれた『担保』が良い成績を出しているだけに今後も自分だけの暖かい世界を拡張していく作品として戻ってくることが期待されます。

「またデビューする気持ちです。助監督から再び監督になった時、多くのことが変わりました。 見方も変わり、映画を見る私の眼目も変わりますし。時間が流れたので、そこに僕なりに個人的な時間の拡張も見せる必要があるし、単なる家族ドラマ以上の反響があってほしいという望みもあります。 社会的に疎外される家族がいるじゃないですか?血縁でなくても多文化家庭や家族のように受け入れることのできる、そんな、説明しがたい家族たちがいますよね。 互いに支え合い、助け合い、盲目的に信じて、お互いに共感するのが家族ではないか、そのようなメッセージの側面に伝わってほしいと思います。」

元記事:こちら


『担保』を見てから、監督のインタビューを改めて読み返すと、
なるほど!ってなりますね。パク・ソイちゃんが演じるチビスンイの涙シーンのために、
ソイちゃんと一緒に悲しいことを思い出して、一緒に泣くという
カン監督は本当に優しい心を持つ素敵な監督さんだな~と思いました。💗

ソイちゃんはもちろん、ジウォンオンニの涙の演技にも
心が揺さぶられて、何度見ても涙が自然と出てきました。🥲
カン監督はこのインタビューでもジウォンオンニのキャスティングについて話した。

「ハ・ジウォンさんは製作会社だけでなく、僕との関係も格別でした。
僕は『TSUNAMI -ツナミ-』の助監督だけでなく、
イ・ミョンセ監督の映画『デュエリスト』の演出部もしてたんですよ。
『TSUNAMI -ツナミ-』の助監督を務めていた当時、
たくましい女性のキャラクターを上手く演じられる姿が好きでした。良い思い出があるため、
『担保』の中の現在から過去に訪れていく話者の立場である人物として
ハ・ジウォンさんをキャスティングすることになりました。」

『TSUNAMI -ツナミ-』、『デュエリスト』で縁を結んで、
そして今回『担保』でタッグを組んだカン監督とジウォンオンニ。🎬
カン監督がメディア配給試写会でも話してたんですが…

「僕が助監督の時代に二つの作品で演技するのを見た。
だから感情演技をどのようにするか少し知っていた。
ハ・ジウォンの長所は、説明しなくても目で表現して共感できる。
間違いなくキャスティングの最初のに挙げた」

ジウォンオンニの演技がとても繊細で、
特に目で語りかけるような演技にはいつも引き込まれます。💗
『担保』でもジウォンオンニの真骨頂が発揮されてて、
ファンとしては本当に嬉しいです。🥰

ジウォンオンニは元々大学時代のスンイを演じるのに抵抗があって、
断ろうとしてたんですが、カン監督に説得されました。

「ハ・ジウォンさんが大学シーンで新入生を演じるのは大変でも、
卒業クラスはできるのではないかと思いました。(笑)
映画的に若い役ができると思います。
20中盤、30代半ばまでできるじゃないですか?
ハ・ジウォンさんが大学生から出てこそ、
後の内容が途切れることなく表現できるだろうと思い、
そうしてこそ幼いスンイがずっとやってきたことを
バトンタッチできるだろうという判断からでした。
実際にとてもよくしっかり管理していて、 それほどぎこちなかったと思います。」

香港でも『担保』の記事がたくさん上がってきたんですが、
ハ・ジウォン 42歳童顔女神 大学生役でも違和感ゼロ
という記事が多かった。😁

大学生演技について、ジウォンオンニがインタビューでこう語りましたね。❤️
大学生の演技のために衣装にかなり気を使いました。
私が大学に通っていた時、背負うバックパックなどを使って
大学生の雰囲気を出そうと努力しました。
実は大学生設定に強く反対しました。
しかしカン監督が『スンイ』が大学生から引っ張っていくと、
感情がスムーズになると思ったので、仕方なく演じました。 ハハ。
ところが、後で監督がこう言ったんですよ。
『スンイ』が大学4年生の卒業生クラスだったんです。
スタッフは誰も知りませんでしたが、監督一人だけが知っていた秘密でした

ジウォンオンニが別のインタビューで明かしたんですが、
最初は高校時代から演じてほしいって監督に言われたそうです。(笑)
最初は高校からやってほしいと言われたが、
私はどうやって制服を着るんですか。(笑)
大学生も難しくて一度断ったが、
自然な感情の流れのために引き受けることになったんです

高校生役はさすがに無理があると思いますが、
ジウォンオンニが演じた大学時代のスンイは本当に愛おしくて、
違和感がないから、凄く好きです。😌

大学生役を断ろうとしたジウォンオンニを粘り強く説得してくれたカン監督に改めて感謝。💫
最後には私のお気に入りの大学時代のスンイを貼っときます。😁

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す