ハ・ジウォン映画『担保(담보)』インタビュー⑤「感情をコントロールできず、狂ったような瞬間がありますよね。初めての経験は『茶母(チェオクの剣)」2020.9.28

ジウォンオンニの映画『担保』のインタビュー記事がたくさん上がってきて、
内容によって分類して、整理しましたが、数回に分けてここでお紹介したいと思います。
まずは映画の内容やエンディングに触れるネタバレ記事をまとめてみました。
ネタバレなどが気になる方はご注意ください。⚠️


ハ・ジウォン「感情をコントロールできず、狂ったような瞬間がありますよね。初めての経験は『茶母(チェオクの剣)』
 
「演技をしていると、感情をコントロールできない瞬間があります。 すごく急に入って、アドリブになっておかしくなりそうな···その初めての経験が『茶母(チェオクの剣)』(2003)です。 計算的に流す涙、台詞ではなく、自分も経験したことのない世界に引き込まれるようです。毎回あるわけではないですが、俳優としてそんな時にしびれを感じるね。」

ユン・ジェギュン師団と5回目…特別な家族の深い愛

闇金業者コンビ(ソン・ドンイル、キム・ヒウォン)が借金の担保として引き受けた9歳のスンイ(パク・ソイ)を育てるという内容のこの映画で彼女は中国語通訳者として成長したスンイを演じた。 幼い頃、延辺から韓国に来て借金75万ウォンのせいで母と別れたスンイが大きくなったもう一人の誰かを捜し求めるという数奇な事情。 今夏、映画『ただ悪から救ってください』で先に顔の印を押した子役パク・ソイの幼い頃の分量が主だが、ハ・ジウォンの純度の高い感情演技が大人スンイのシーンごとに没入度を高める。 『茶母(チェオクの剣)』『バリでの出来事』『シークレット・ガーデン』などテレビドラマで「廃人」を量産した感性そのままだ。

「ジウォン、君が泣いたら僕は本当に悲しい」 笑いと涙を誘った映画出世作『セックス イズ ゼロ 』『1番街の奇蹟』から1000万人の映画『TSUNAMI -ツナミ-』まで3本タッグを組んだユン・ジェギュン監督が彼女によく言った言葉だという ユン監督の制作作品を加えると『第7鉱区』、今回の『担保』まで5本目だ。 今回の映画の出演も、製作者であるユン監督が先に提案して実現した。

「この映画が観客にもっとリアルに感じられるように、映画の扉を開閉する役を演じてくれたらどうかとおっしゃって、シナリオをくださいました。 最近はコロナのせいで一人で過ごす場合も多いですが、『担保』に描かれた愛が私には濃かったです。この特別な人々が家族になっていく過程を映画で伝えたかったんです」

20代の大学生の役作り、高校生の演技もするところでした

劇中でお父さんとして出演したソン・ドンイルと実際は11歳差だが、童顔外貌で有名な彼女だ。 映画ではスンイの20代の大学時代から直接演じた。「最初は高校からやってほしいと言われたが、私はどうやって制服を着るんですか。(笑)大学生も難しくて一度断ったが、自然な感情の流れのために引き受けることになったんです。ソン・ドンイル先輩の年齢は最後まで知らなかった。どうせ娘にならなければならないのに、あまりにも現実的なことを計算すると役に立たないから。」

Q. 幼いスンイの感情線を継いで演じなければならなかったが。

「幸いなことに子役パク・ソイが私と似ていてよく合った。 現場でお母さんを探さず、スタッフと仲良く、楽しんでくれて、エネルギーに溢れて。ソイが表現した悲しみと明るさが私のベースに敷かれていたものだったので、不慣れはなかった。 ソン・ドンイル、キム・ヒウォン先輩が現場でバランスをよく取ってくれた。」

Q. 重々しい感情をボタンを押すように適材適所に爆発させていた。

「大変だったのが、最初の撮影が(子供の時に別れた)母に会いに行くシーンだった。 わぁ、本当にひどい、と思った。(笑)カン・テギュ監督がおすすめしてくれた音楽を聴きながら、気持ちを落ち着かせた。キム・ユンジン、ナ・ムニ先輩もその日初めてお会いしたが、やはり大先輩たちなので、目を見て互いに共感するのが早くて思ったほど難しくなかった。」

4年前の父親を亡くして、「お父さん」と呼びながら胸が熱くなる

2016年に父親を亡くしたハ・ジウォンは「いつも父が近くで私を守ってくれると思っている」と話した。 スンイが劇中で「お父さん」と呼んだ瞬間、胸が熱くなったという。

Q. ドゥソク(ソン・ドンイル)との終盤クライマックスシーンは再撮影したという。

「場所の問題で再撮影したんですが、すでに一度吐き出した感情を撮り直すというのは俳優には大変難しい。 やはりテイクを何度か行ったが、体が記憶したことを再び吐き出す感じで、うまくいかなかった。祈りまでしてみたが、結局、このシーンがどのような状況であることを頭からすべて捨てた。一人で宇宙にいるかのように監督がアクションと言えばすぐに一歩踏み出すような状態で演じて、幸いなことにやり遂げた。 初めての撮影の時は悲しむ気持ちで演じたとしたら、再撮影は自分を消してしまって、撮影したのかもっと淡白で気に入った。」

ジョン・ウー監督のアクションノワール『マンハント』(2017)など中華圏映画出演経歴のおかげだろうか。 劇中で中国語の演技が流暢だったというと、彼女は「元々『大家好』しかできない」とし、「中国語の先生の視線処理、声のボリュームを同じように真似した」と笑った。 韓国映画は『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(2016)以来4年ぶりの出演だ。 「何かタイミングが合わなかった」とし、「『担保』で久しぶりに感じた撮影現場の空気が良かった」と振り返った。

怖がっていた悪役、今は自信が付きました

Q. 最近は興行失敗も経験した。作品数が減ったことに対する焦りもあるだろうか。

「悔しくて残念な気持ちはあるが、受け入れる。どの俳優もどの作品がだめだとは思わない。一応最善を尽くして失敗に対しては、観客に共感されていない部分があるんだね、社会的・時期的に振り返ってみる。 焦りを感じる性格ではないが、良い作品にはいつも飢えている。 キャラクターだけ見える自分だけの変身よりは作品自体がもっと重要だ。」

Q. CNNで「韓国のアンジェリーナ・ジョリー」と紹介されるほどアクション俳優として活躍してきた。欲張りなアクションといえば。

「『ジョン・ウィック』のアクションスタイルが好きだから、そういうアクションをしたい。 悪役も好きだ。 昔は私が深くのめり込みすぎるかと思って怖かった。『シークレット・ガーデン』では友達が『ジウォンが同じではない』って、『キル・ライムさん』と呼ばれたほど没入が強い方だ。 でも今は、悪役を演じても自由になれるという自信ができた。」

元記事:こちら


【インタビュー】『担保』ハ・ジウォン「亡くなったお父さんが思い浮かんで 胸が熱くなりました」

「シナリオを読んであまりにも大きい愛の偉大さを感じました。 家族ではない人々が特別な家族になる過程が、どんな愛よりも大きく近づいてきました。」

28日、鍾路区三清洞で会ったハ・ジウォンは、映画『担保』に出演することになった背景をこのように説明した。

29日に公開される『担保』は、闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイを担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描く。

ハ・ジウォンは宝物として立派に育った大人スンイ役を引き受けた。 担保を引き受けることになった2人のおじさんを演じたソン・ドンイル、キム・ヒウォンと一緒に呼吸しながら、観客に感動を与える予定だ。

最初にシナリオを読んで多くの涙を流したと明かした彼女は「お父さんが亡くなったので、(作品の中で)お父さんと呼んだ瞬間が特別だった」とし、「スンイのようにお父さんのことが懐かしくもあり、いろんな部分で感動した」と振り返った。

名場面でもおじさんと呼んでいたドゥソクに大人スンイが「お父さん」と呼ぶ瞬間を挙げた。

「私が出てくるシーンを名場面として選ぶのが恥ずかしいですが、シナリオを読んだ時、一番後ろに私が好きなセリフをずっと書きました。スンイが『おじさん』と言う部分にも感動しましたが、初めて『お父さん』と呼んだ時は胸が凄く熱くなりました。 スンイが実のお父さんに会った後、ドゥソクに『お父さん、私を迎えに来て』と言いましたが、そのシーンは一番震える記憶に残る場面です。」

『担保』は目頭を刺激する典型的な家族ドラマだ。 人と人が出会って生まれる変化と人間味を描き出し、感情演技が特に多い。 最初の撮影も母親(キム・ユンジン)と再会するシーンだった。

「母と再会するシーンが初めての撮影だったので、本当に心配でした。 しかし、やはり大先輩たちは違うんですよ。 目を見た瞬間に感情がよく行き交いました。 スンイの立場では、お母さんから連絡が取れなくて久しぶりに会いに行くじゃないですか? 頭の中で判断できる状況ではなかったと思う。 ただ、その瞬間を淡々と表現しようと思いました」

感情を持っていくのも挑戦だった。 幼いスンイ(パク・ソイ)のバトンを受け継いだハ・ジウォンは高校生、大学生を経て社会生活をする立派な会社員まで幅広い年齢層を演じた。

「撮影現場にずっと行くわけではないので、難しい感情演技をどうすればいいのか心配になりました。 ソン・ドンイル、キム・ヒウォン先輩と会話をして呼吸したおかげで、多くの助けを受けました」 幼いスンイを引き受けたパク・ソイちゃんは、「苦労しすぎて申し訳なく、胸が痛いです。 幼い子供ですが、深い感情をうまくこなして感心したりもしますが、胸の痛む感情が大きいと思います。」

父娘役で共演したソン・ドンイルとは初の作品だ。 ソン・ドンイルと作品をご一緒にしたかったというハ・ジウォンは、彼の自然な演技を高く評価して見習いたいと願った。

「今回は娘として共演するようになったが、本当に一緒に作業したかったです。 知らなかったんですが、 私が一番年上の娘だそうです。 ソン・ドンイル先輩は、自然さが強みであり魅力だと思います。映画はフィクションですが、先輩の演技はノンフィクションのような感じがあります。 そういう自然さが大好きで、 一緒に作業してみたかったんです。」

1997年、KBSドラマ『新世代報告書 大人たちは知らない』でデビューしたハ・ジウォンはいつのまにか24年目の俳優になった。TSUNAMI -ツナミ-など1000万人の観客映画はもちろん、多数のヒット作に出演した彼女は、今後は「人の生きる物語」を描いてみたいと話している。

「映画に対する渇きはさらに大きい。 昔は年齢より幼い役をたくさんしたが、今は自分の年齢を表現できる人の物語や役をしたいと思います。 映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』は人をありのまま見せて、ドキュメンタリーのような感じもします。 私も人々の暮らしぶりを自然に見せる作品や役をしたいです。」

元記事:こちら


『担保』ハ・ジウォン「全部出したエンディング、再撮影が一番大変だった」(インタビュー)

俳優ハ・ジウォンが『担保』のエンディングシーンが最も大変な撮影だったと告白した。

ハ・ジウォンは28日午後、ソウル鍾路区昭格洞にあるカフェで行われた映画『担保』(カン・テギュ監督)関連インタビューで共演したたソン・ドンイルについて「自然な雰囲気で吸収されるようによく受けてくださった。 キム・ヒウォン先輩ともたくさん話し合った」と述べた。

続いてソン・ドンイルの「犬娘」に合流することになったことについて、「実はソン・ドンイル先輩の娘になりたいというよりは、一緒に演技をしたいという気持ちだった。だからとても良かった」とし、「実際にお会いしてみると、温かくて良い方です。 あどけない子供のような姿があったので、撮影現場で楽しく受け入れてくださった」と感謝の気持ちを伝えた。

またハ・ジウォンはエンディングシーンの撮影が一番大変だったと明らかにし「お父さんと会うシーンは悲しみや予想する感情を抜いて白紙状態の感じで撮影した。 予測する感情から入ると、にせ物のように作られる瞬間が嫌いで、すべてをさしおいて臨んだ」と説明した。

続いて「再撮影をしたシーンだ。 演技のためではなく、場所のようなもののために撮り直した。 一度吐き出したんですが、またしなければならないということが俳優にとって大変なことだ」とし「ただ演じるだけでいい状況ではなかった。 それで祈りながら空けることに集中した。 何も考えていない状態で淡々と撮影したため、無事にうまく撮影できた」と話した。

『担保』は情け容赦ない闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイを担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描いた映画だ。

ハ・ジウォンは宝物としてよく育った同時通訳者の大人スンイ役を演じ、子役俳優のパク・ソイと2人1役を消化した。 『担保』はハ・ジウォンの5年ぶりの国内スクリーンカムバック作でもある。

『担保』は29日に封切られる。

元記事:こちら


【インタビュー】『担保』ハ・ジウォン 「私たちの人生は映画よりももっと映画みたいじゃないですか」

「『本当にこのような特殊な関係の人たちが集まって家族になった場合があるだろうか?』と思うほど『担保』が気になって興味深かった。 私たちが生きている世界は映画よりもっと映画みたいじゃないですか。」

28日、ソウル三清洞のカフェで会ったハ・ジウォンが5年ぶりに国内スクリーン復帰作として映画『担保』を選んだ理由をこのように明かした。

29日に公開を控えた映画『担保』は闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイを担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられる話を描いた作品だ。

ハ・ジウォンは『担保』でドゥソク(ソン・ドンイル)とジョンベ(キム・ヒウォン)の心からの愛と献身で成長した大人スンイを演じ、熟練した感情演技で劇の深みを加えた。 俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォンと今まで見たことのない特別な家族愛を披露し、子役のパク・ソイとは2人1役を演じ、「ケミストリー」を誇る。

『担保』はハ・ジウォンが韓日中の合作映画『マンハント』(ジョン・ウー監督)以来2年ぶりにスクリーンカムバックで話題を集めた。 久しぶりに映画を通じて観客に会う彼女は「緊張する」と緊張した様子を見せた。

映画は、血の繋がりのない主人公3人が、極端な状況の中でも、結局家族になっていく。 この過程で観客の涙腺を刺激する話が主で、ハ・ジウォンは自分が引き受けた役を十分果たした。 しかし、感情シーンに対してはプレッシャーを吐露したりもした。

「感情的なシーンがたくさんプレッシャーになりました。 撮影する時、簡単ではありませんでした。 私が毎日撮影現場に行って、続く感情ではなかったので、バランスを合わせるのが大変でした。 感情がさらに極限状況に達した時は、むしろ頭の中を白紙状態にして撮影に入ります。 すべての記憶を消してしまう、すごく大変な過程ではありますが、そうしないと自然な感情が出てこないんです。 私に催眠をかけるように白紙状態にします。 悲しい感情シーンなのに、悲しいと思わずに撮影に入るんです。 私のアプローチの方法がそんな感じです。」

複雑な感情シーンが多くて大変だったが、撮影現場はハ・ジウォンにとって「ヒーリングそのもの」だった。

「現場も映画の一部だと思います。 撮影するシーンは大変でしたが、現場の空気はヒーリングでした。 風の吹く野外に座ってモニタリングし、コーヒーも飲んで話もして。 その空気がとてもリラックスして癒されました。 現場で撮影するのではなく、外でもスタッフや俳優たちが待っている瞬間までも、映画の一部だと思って、大いに楽しんでいる。 それがすごく重要だと思います。 今回はとても良い先輩たちとご一緒できて、私が学ぶことも多かったし、特別なヒーリングでした。」

映画は幼いスンイ、高校生スンイ、成人になったスンイで、3人の俳優が演じた役を演じる。 ハ・ジウォンは成人スンイを演じ、子役が土台を作ってくれた感情をスムーズに保つべきだった。 特に、幼いスンイを演じた子役のパク・ソイについては、自分と似ているところがあって、かえって楽だったと話した。

「(パク)ソイは、同じキャラクターを引き受けたことはさておき、似ている所が多い。子供なのに、現場で母親を探さず、スタッフたちとよく遊びました。 明るくてポジティブなエネルギーが溢れています。 私も現場が好きで、性格的にもベースが似ていて、ソイが先に撮った分量を見て、先輩たちとたくさん話をして、バランスをよく合わせてくれました。 高校生として出てくる子は、監督が私に似たような俳優をオファーしたので、それがまた良かったです。」

劇中でハ・ジウォンはソン・ドンイルと父娘の仲で描かれる。 実際の年齢で言うと父にあたる人物ではないが、本物の父娘関係のように格別に感じられる。

「ソン・ドンイル先輩と作品で共演したかった。先輩が私にとってお父さんになる過程は大変ではなかった 先輩は誰でも娘になるほど自然にお父さんになってくれるじゃないですか? 先輩の存在感そのもので、空気まで父親と娘で自然に作られました。 それが先輩の大きな長所だと思います。 私をとてもよく導いてくださったので、 それで娘になることができたと思います。 実際にはあどけない子供のような姿のエネルギーがあります。 それでもっとよく合ったのではないかと思います。」

大人スンイを演じるハ・ジウォンは、劇中で20歳を過ぎたばかりの大学生の姿まで、直接演じ、注目を集めた。 彼女は童顔の容姿を誇り、自然と大学生の顔へと溶け込んでいった。 しかし、最初は大学生の演技を拒否したという。

「最初は拒否しました。 監督がずっと説得して、結局私が説得されました。 大学生から私が感情を導いていけば、スムーズにつながると説得されたんです。 仕方なく演じたんです。(笑)スタイリストチームが、最大限大学生らしく若く見えるようにしてくれました」

『担保』にはスンイの母と祖母で俳優のキム・ユンジンとナ・ムニがそれぞれ特別出演する。先輩俳優らとの共演を通じ、後輩俳優として刺激を受け、感情演技をさらに引き出すことができたと、ハ・ジウォンは説明した。

「キム・ユンジンさんと再会するシーンが私の初めての撮影でした。 だから一回感情を引き出すのが簡単ではなかったんです。 監督が悲しい音楽をかけてくれて、私はその音楽を聴きながら、感情をもっと感じようと努力しました。 そして撮影に入ったんですが、 キム・ユンジン先輩が本当にすごいと思いました。 先輩の目を見たらすぐに交感が出来て、本当に母と娘の感情が上がってきました。 心配していたことよりも順調に撮影できました。 ナ・ムニ先生やキム・ユンジン先輩のおかげで状況に没頭して感情を表現することができました。」

『担保』を通じて新しい家族の形に接したハ・ジウォン。 彼女も家族に対する考え方や概念が変わったのだろうか。

「『家族は何だと思う?』という質問をこの映画を通して受けました。 私が思う家族は私を近くで守ってくれて、保護してくれる人だと思います。 もちろん血の繋がりがなくても。 最近家族ですが、近くで会えずに過ごす人も多いじゃないですか?家族ではありませんが、本当に、本当に私を守ってくれたら、それが家族ではないかと思います」。

1996年、KBSドラマ『新世代報告書 大人たちは知らない』でデビューしたハ・ジウォンはデビュー25年目を迎えた。 1千万映画『TSUNAMI -ツナミ-』をはじめ、ドラマ『茶母(チェオクの剣)』『バリでの出来事』『シークレット・ガーデン』などのヒット作を出した彼女は、「信頼できる俳優」と呼ばれることについて「まだ恥ずかしい」と手を横に振った。

「最近余裕があるので、俳優生活よりも本当の自分自身について考えるようになりました。 いつも作品の中でのキャラクターはどんな人生を送り、毎日そんなことを考えて生きてきたんですが、本当に自分が好きなものは何か考えながら落ち着いてきました。 これからも良い作品で姿をお見せしたいし、そんな機会がたくさん来たらいいなと思います。 特にいろんな人たちが生きる物語を演じたいです。」

元記事:こちら


長い記事ですが、どれも読みごたえがあって、訳してみることにしました。💪🏻
個人的に一番印象に残ったのは、
「感情をコントロールできず、狂ったような瞬間があります」という見出し。
演技をしていると、感情をコントロールできない瞬間があります。
すごく急に入って、アドリブになっておかしくなりそうな···
その初めての経験が『茶母(チェオクの剣)』(2003)です。
計算的に流す涙、台詞ではなく、自分も経験したことのない世界に引き込まれるようです。
毎回あるわけではないですが、俳優としてそんな時にしびれを感じるね

この記事を読みながら、ジウォンオンニの女優魂の凄さを改めて感じました。💖
演技が終わっても感情を抑えられず、ずっと泣いてるほど役にのめりこめて、
本当に凄いと思います。✨作り出した感情ではなく、本当の感情だからこそ、
見る人の心を動かすことができるでしょう。😌

さて、本題に戻ります…
ジウォンオンニが『担保』で初めて撮影したシーンは、
なんとスンイがお母さんとの再会シーンでした。😮

大変だったのが、最初の撮影が(子供の時に別れた)母に会いに行くシーンだった。
わぁ、本当にひどい、と思った(笑)
スンイの立場では、お母さんから連絡が取れなくて久しぶりに会いに行くじゃないですか?
頭の中で判断できる状況ではなかったと思う。
監督が悲しい音楽をかけてくれて、
私はその音楽を聴きながら、感情をもっと感じようと努力しました。
キム・ユンジン、ナ・ムニ先輩もその日初めてお会いしたが、
やはり大先輩たちなので、先輩の目を見たらすぐに交感が出来て、
本当に母と娘の感情が上がってきました。
心配していたことよりも順調に撮影できました。
ナ・ムニ先生やキム・ユンジン先輩のおかげで状況に没頭して感情を表現することができました

スンイの母と祖母を演じたのは、キム・ユンジンさんとナ・ムニさん。
最初の撮影なのに、再会シーンを撮らなければならなくて、感情を引き出すのが大変という。💦

そしてドンイルさんとのクライマックスシーンも撮り直して、
一度吐き出した感情をもう一度演じなければならなくて、とても大変だったという。
場所の問題で再撮影したんですが、
すでに一度吐き出した感情を撮り直すというのは俳優には大変難しい。
やはりテイクを何度か行ったが、体が記憶したことを再び吐き出す感じで、
うまくいかなかった。祈りまでしてみたが、
結局、このシーンがどのような状況であることを頭からすべて捨てた。
一人で宇宙にいるかのように監督がアクションと言えばすぐに一歩踏み出すような状態で演じて、
幸いなことにやり遂げた。 初めての撮影の時は悲しむ気持ちで演じたとしたら、
再撮影は自分を消してしまって、撮影したのかもっと淡白で気に入った

別の記事によると、撮り直したシーンはエンディングシーンで、
スンイがお父さんに会うシーンだそうです。
演技のためだけではなく、場所の問題で撮り直したという。
お父さんと会うシーンは悲しみや予想する感情を抜いて白紙状態の感じで撮影した。
予測する感情から入ると、にせ物のように作られる瞬間が嫌いで、
すべてをさしおいて臨んだ

ジウォンオンニが演じる感情シーンが多くてとても苦労したって
ドンイルさんもインタビューで話してたね。😢
感情的なシーンがたくさんプレッシャーになりました。
撮影する時、簡単ではありませんでした。
私が毎日撮影現場に行って、続く感情ではなかったので、
バランスを合わせるのが大変でした。 感情がさらに極限状況に達した時は、
むしろ頭の中を白紙状態にして撮影に入ります。
すべての記憶を消してしまう、すごく大変な過程ではありますが、
そうしないと自然な感情が出てこないんです。
私に催眠をかけるように白紙状態にします。
悲しい感情シーンなのに、悲しいと思わずに撮影に入るんです。
私のアプローチの方法がそんな感じです

演技の話が色々聞けて本当に嬉しかった。💖
撮影はとても大変だったが、撮影現場では癒されたという。
現場も映画の一部だと思います。 撮影するシーンは大変でしたが、
現場の空気はヒーリングでした。 風の吹く野外に座ってモニタリングし、
コーヒーも飲んで話もして。 その空気がとてもリラックスして癒されました。
現場で撮影するのではなく、外でもスタッフや俳優たちが待っている瞬間までも、
映画の一部だと思って、大いに楽しんでいる。 それがすごく重要だと思います。
今回はとても良い先輩たちとご一緒できて、
私が学ぶことも多かったし、特別なヒーリングでした

一方、ジウォンオンニが選んだ名場面は…
私が出てくるシーンを名場面として選ぶのが恥ずかしいですが、
シナリオを読んだ時、一番後ろに私が好きなセリフをずっと書きました。
スンイが『おじさん』と言う部分にも感動しましたが、
初めて『お父さん』と呼んだ時は胸が凄く熱くなりました。
スンイが実のお父さんに会った後、ドゥソクに『お父さん、私を迎えに来て』と言いましたが、
そのシーンは一番震える記憶に残る場面です

記事を読みながら、ウルッと来たから、映画館で見たら号泣する自信があります。😭😭😭
シナリオを貰ったとき、読みながら泣いたという
ジウォンオンニの気持ちが分かるような気がします。

『担保』ではパク・ソイちゃんが幼いスンイ、ジウォンオンニが大人スンイを演じたが、
高校生スンイを演じたのは、ホン・スンヒという若手女優さん。✨
本人のインスタで二人のおじさんとの写真がアップされたので、ここに貼っときます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

영화 #담보 작년 여름🍃

홍승희(@sxungxhee)がシェアした投稿 –

卒業式のシーンかな?ジウォンオンニに似ててキャスティングされたという。
確かに笑顔がジウォンオンニによく似てますね。😌
記事によると、最初は高校時代のスンイもジウォンオンニに演じてほしいって監督に言われたそうです。
最初は高校からやってほしいと言われたが、
私はどうやって制服を着るんですか(笑)大学生も難しくて一度断ったが、
監督がずっと説得して、結局私が説得されました。
大学生から私が感情を導いていけば、スムーズにつながると説得されたんです。
仕方なく演じたんです。(笑)スタイリストチームが、
最大限大学生らしく若く見えるようにしてくれました

そういえば、『チョコレート』でも制服を着たチャヨンが一瞬登場したが、
やはり40代になって、普通は制服を着るのに抵抗がありますよね。😅
それでも大学生スンイを演じてくれて嬉しいです。
ジウォンオンニは童顔だから、全然オッケー!💓

記事を読めば読むほど見たくなります!
本当に日本と香港公開日が早く決まるといいな~

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す