ハ・ジウォンXソン・ドンイル主演映画『担保(담보)』マスコミ試写会 記事まとめ 2020.9.24

昨日、ソウル市竜山区CGV龍山アイパークモールで
映画『担保』のメディア配給試写会が行われて、
ジウォンオンニ、ソン・ドンイルさん、キム・ヒウォンさん、パク・ソイちゃん、
カン・テギュ監督が出席しました。💖

ハ・ジウォンXソン・ドンイル主演映画『担保(담보)』マスコミ試写会 写真まとめ 2020.9.24

トークの内容はネットニュースでも取り上げられたので、
ここで関連記事を紹介したいと思います。💪🏻


「涙が出るケミ」…『担保』ソン・ドンイル X キム・ヒウォン X ハ・ジウォン、 期待してもいい家族映画(総合)[現場の再構成]

「この時局に皆さんの心を溶かす映画になるのではないかと思う」

俳優ハ・ジウォンが新しい映画『担保』についてこのように自評し「温かくてきれいだが、その中には重みもある。 何よりも彼らが家族になっていく過程が感動的だ」と語った。

24日午後、ソウル龍山CGVアイパークモールで、今月29日に公開を控えている映画『担保』(カン・テギュ監督、提供・配給:CJエンターテイメント、制作:JKフィルム、レッドローバー、CJエンターテイメント、映画制作:同)のマスコミ配給試写会が行われた。

この席には演出を担当したカン・テギュ監督からソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイなど映画を作った俳優たちが参加して話を伝えた。 『担保』は昨年4月にクランクインし、7月にクランクアップし、1年後の今年の秋の秋夕連休に合わせて公開されることになった。 カン監督は映画『ハーモニー 心をつなぐ歌』(2010)以降10年ぶりに演出作を出した。

『担保』は闇金業者というキャラクターを用いた家族映画だ。 友達とは、お互いが全部であるドゥソクとジョンベ、お母さんと離れて暮らすことになったスンイの3人がお互いにぶつかりながら、一緒に暮らしていく姿が、かなり胸が熱く描かれている。

この日ハ・ジウォンは「シナリオがとてもよかったので、出演を決めた」とし、「何よりソン・ドンイル先輩と共演してみたかったが、隣に立つやいなや娘になることができた。 キム・ヒウォン先輩と台詞を合わせながらも楽しかった。 お二人と一緒に撮影現場で癒されたような気がする」と語った。 ハ・ジウォンは大人になったスンイを演じた。 子役俳優パク・ソイが幼い年齢にもかかわらず、キャラクタースンイの序盤の感情を正確に掴んだ。

これについてカン監督とソン・ドンイル、、ハ・ジウォンは「現場ですごく心配したが、パク・ソイが集中力を持って、キャラクターの感情線をうまく表現できた」と誉めた。

『担保』は情け容赦ない闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイ(パク・ソイ)を担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられた話を描く。 序盤はコミカルなシーンが目立つが、時間が経つにつれ、人物たちのストーリーが徐々に明らかになり、家族映画の内情が垣間見える。

父親になったドゥソクを演じたソン・ドンイルは「僕はただ僕自身だった」とし、「これまでやってきた父親キャラクターの中で『担保』のお父さんが一番大変だった。 『犬娘』のお父さんとは違う」とし、「『担保』では娘スンイが子供から大人まですべて出てくるからだ。 でも育てる味はあったよ。 ハ・ジウォンが僕の実の娘だったらどんなに嬉しいだろうか。(笑) 特別な娘だったと思う」と語り、特別なケミを作り出した理由を明かした。

キャラクターたちのストーリーが映画の情緒をきちんと作り上げ、結局血の繋がりのない人物たちが家族になった姿は、映画の最大の観戦ポイントだ。 必ず血が混ざってこそ家族になるのではないという事実を映画を通じて感じることができる。

この日、カン監督は「うちの俳優たちはみんな演技が上手だから、特に心配したことはなかった」とし、「ただソイがキャラクターをうまく表現できるか現場で集中した。 心配していたが、うまくやってくれたし、キャラクターを演技でよく見せてくれたので満足している」と話した。

ハ・ジウォンは「最近実の家族が離れて暮らしたり、家族でない人たちがむしろ親しくなったりするんじゃないか? 私は『担保』の中の家族が愛らしかった」とし、「私はこんな家族を観客に見せたかった」と秋夕映画として推薦した。

『担保』とは、血を分けた家族ではなく、情によって作られた家族のこと。 貧しい人々がおじさんとパパ、娘になり、そのように自分も知らないうちに本当に愛する家族になる。

10年ぶりに演出作を出したカン・テギュ監督が自分のカラーを盛り込み、温かい癒しが必要な観客に家族の意味と希望に満ちたエネルギーを伝える。

元記事:こちら


『担保』ソン・ドンイルが笑わせて、パク・ソイが泣かせて…秋夕には家族映画誌[総合]

映画「担保」が29日公開
ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイ主演

カン・テギュ監督「悪縁が天倫になる物語」
「秋夕を迎えて、家族の意味を思い出したら」

「本当に面白くて楽しいし、あ… 楽しいわけではなく、感動的な映画です。 いい映画なので、たくさん見てください」
『担保』マスコミ試写会でスンイ役パク・ソイ曰く

8歳、れっきとした女優パク・ソイの愛おしさを誰が拒否できるだろうか。

パク・ソイが熱演した映画『担保』(カン・テギュ監督)は老若男女誰でも気楽に見られる「秋夕用」の家族映画だ。

映画は借金をもらいに行った闇金業者「ドゥソク」(ソン・ドンイル)と「ジョンべ」(キム・ヒウォン)が偶然一人の子供を担保にすることになったという設定だ。 ソン・ドンイルとキム・ヒウォンの「次は宝物」、スンイ役はパク・ソイが演じた。 大人のスンイはなんとハ・ジウォンだ。

前作『ハーモニー 心をつなぐ歌』で人間に対する温かい洞察力を立証し、数多くの観客の胸に深い響きを与えたカン・テギュ監督が再び繊細な演出力を発揮した。

2人のおじさんが可愛い子を引き取るという設定自体は、ありきたりな家族映画ではないかと心配だった。 しかし、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、そしてパク・ソイがこの全てを特別に作った。

「悪縁で出会って天倫になっていく過程」は予想外の感動と涙を誘う。 少しずつお互いの距離を縮める彼らの姿を通じて家族の意味を再解釈している。

24日に開かれた『担保』マスコミ試写会及びライブカンファレンスでソン・ドンイルは「今年に入って一番気楽に見られる映画ではないかと思う」とし、「派手なアクション、派手なCG、派手な舞台装置はないが、共感できる身近な話がある。 ユニークだが、温かく話し合おうとする私たちのための映画であり、最も期待作ではないかと思う」と自信を示した。

カン・デギュ監督は「厳しい状況で人々が出会い、憐憫の感情を感じ、天倫まで行く話」とし、「献身して感謝の気持ちを表現する起伏のある作品で、子供が成人になっておじさんたちが老いていく姿を見守ることが『担保』の競争力だと思う」と明かした。

ドラマ『応答せよ』シリーズで「国民のお父さん」に生まれ変わったソン・ドンイルは『担保』で最も「ソン・ドンイルらしい」演技をしたと説明した。 ソン・ドンイルは「『担保』のお父さんが一番大変だった。 子どもの成長期なんですが、自分には子どもが3人いるような感じだ」と語った。

続いて「これまでやってきた『犬娘』の父親とは違った。子供の頃から高校生、大人だから、育てるという味があった。 ハ・ジウォンという俳優が実の娘だったら、どんなに嬉しいだろうか」と冗談交じりに言った。

また「ソン・ドンイルが狂ったように熱心な俳優ではないということを皆知っている。 僕はしっかりしたシナリオに従おうとし、自分に素直になろうとした。 本当にリラックスして演技した」と話した。

ソン・ドンイルは「監督は『ハーモニー 心をつなぐ歌』という映画で興行に成功した経験があり、几帳面なので話もたくさんした。 パク・ソイちゃんが僕たちの100倍も一生懸命演じた。 ハ・ジウォンは初登場から感情演技をしなければならないため、苦労が多かったし、キム・ヒウォンはこれまで見られなかった感情演技で鳥肌が立った。 僕は中心軸に気楽に行って感謝し、すまない気持ち」と打ち明けた。

映画の切り札はまさにパク・ソイだ。この日、イベント会場で明るく笑いながら登場したパク・ソイは、「泣くシーンを生み出したが、監督がずっと来て感情を一緒に掴んでくれて、うまく没入できるようになった」と話し、笑いを誘った。

ソン・ドンイルは「ソイには感情シーンが多すぎたが、それを演じるたびにびっくりした。 キム・ヒウォン、監督と本当にすごいという話をたくさんしてくれた」と褒めた。

ハ・ジウォンは『担保』を通じて、2年ぶりにスクリーンに復帰した。彼女は「良い作品を待っていた。シナリオが良くて、あまりにもきれいで温かい映画だから、出演を決めた」と話した。

それとともに「単に愛らしい映画ではなくて、中には重みのある話がある。重いけど、コメディ的に家族になっていく過程も感動的だった。最近、家族だけど、よく会えなくて、家族ではなくても、どこの家族のようにベタベタして過ごす場合がある。 『担保』のような家族もいることを示していたかった」と付け加えた。

カン監督はハ・ジウォンのキャスティングについて「僕が助監督の時代に二つの作品で演技するのを見た。だから感情演技をどのようにするか少し知っていた。ハ・ジウォンの長所は、説明しなくても目で表現して共感できる。間違いなくキャスティングの最初のに挙げた」と満足感を表わした。

一方、キム・ヒウォンは自分の演技を見て反省した。彼は「率直に言って僕の演技がイマイチだった。若い時はルーズで年を取って、もう少ししなければならないと考えた。若い時とし、年を取っては…本当に難しいんだなと思った。もっと頑張ってしなければならないと考えた」と打ち明けた。

ソン・ドンイルは「君がそう話すと、僕が言い訳のしようがない」と冗談を言った。続いて「子供スンイ、高校生スンイ、大人スンイに成長するにつれて、僕も歩き方も変えて、トーンもますます落ち着くようにした」と説明した。

ハ・ジウォンは「ソン・ドンイルと共演するのが光栄だった。 ぜひやってみたかった。 思いやりもあり、隣に立つ瞬間、自然と娘になった。 本当に父のような雰囲気が出た」と語った。 キム・ヒウォンについては、「シーンについて非常にたくさん話した。 足りない面を満たしながら面白くするために努力した。 二人の先輩と一緒に共演するのもいいが、二人の人間的な姿を見て惚れた。 本当に私の『おじさん』だったら幸せだと思う」と言って笑った。

ソン・ドンイルは「今度は娘ではなく、三角関係を扱った役割をしてみたい」と話し、キム・ヒウォンは「良い考えだ」と冗談交じりで話した。

映画『担保』には強烈なシーンスティーラーが登場する。 他ならぬ俳優のキム・ユンジンとナ・ムニだ。 カン監督は「前作『ハーモニー 心をつなぐ歌』でとてもよくしてくれた。 母に対する感情をよく知っていた。 母性中心の映画で『担保』でも母親の役だ。お母さんをよく表現することができる人。深みのある演技を表現する人。検証された人が必要で、お二人をお迎えすることになった」と感謝の気持ちを表した。

最後にカン・テギュ監督は「最近コロナ19で日常を失いつつ、再整備されている雰囲気のようだ。 映画館で映画を見ると、疎遠だった家族、知人との関係を思い出し、家族の意味を思い出す映画として残されるといい。 秋夕にはあまり集まらないというので、映画を通じて会える時間になればいい」と願いを述べた。

映画『担保』は来る29日に公開される。

元記事:こちら


[総合]ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォン、バク・ソイが保証、笑い・涙・感動『担保』

家族はどのように誕生するのか。 結婚して出産すれば、家族になるのだろうか。 ここに少し特別な家族がいる。 俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイが笑い、涙、そして感動を保障する『担保』家族だ。

24日、ソウル龍山区CGVアイパークモールで映画『担保』のマスコミ試写会が開かれた。 この日、生中継で行われた記者懇談会には俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイ、そしてカン・テギュ監督が出席した。 映画『担保』は情け容赦ない闇金業者ドゥソク(ソン・ドンイル)と彼の後輩ジョンベ(キム・ヒウォン)が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイ(パク・ソイ)を担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられた話を盛り込んだ。

ソン・ドンイルはドゥソク役で「お父さん」になっていく人物を見せてくれる。信頼できるソン・ドンイル父性愛の完成版だ。 ソン・ドンイルは「現場の雰囲気がとても良かった」と感動の功を俳優キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイに花を持たせた。

ソン・ドンイルは「よく笑って配慮してくれるハ・ジウォン、バラエティ番組でも一緒だったが、申し分ない無愛想な弟キム・ヒウォン、僕より100倍頑張った子役パク・ソイまで呼吸的な部分は全部思い出になったと思う」と話した。

キム・ヒウォンも「『担保』を通じてもっと親しくなったと思う。 映画が温かい映画なので、人々ともいつも温かい話をたくさんしたそうだ。 そのため、終わってからさらに絆が残っている」と温かさを伝えた。

ハ・ジウォンも違わなかった。 ハ・ジウォンは「撮影現場も映画の一部だと思う。 映画の中では感情が難しいシーンが多かったが、現場では私がもっと癒されたと思う。 撮影を終え、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン先輩たちがお酒とおいしいものもおごってくれて、『担保』の撮影をしに行く日は楽しかった」と当時を振り返った。

9歳のスンイ(パク・ソイ)で出会って、20代を過ぎて大人になったスンイ(ハ・ジウォン)に成長する過程が描かれている。 約20年の時間が映画の中に盛り込まれる。 俳優ソン・ドンイルとキム・ヒウォンは、この時間を「曲がっていく」などとまで演技しながら表現した。

ソン・ドンイルは「僕自身にだけ率直でもいいと思った」と話した。 映画『担保』にはそれだけ俳優ソン・ドンイルの率直な姿が盛り込まれている。 ソン・ドンイルは「スンイの成長によって3段階で考えた。 だんだん歩き方を八の字で歩いて、背中も丸くなって歩いた。 声のトーンも変えて演技した」と伝えた。

ドラマ『応答せよ』シリーズから信頼できるソン・ドンイルの父性愛の演技だ。 ソン・ドンイルは「『担保』のお父さんが大変だった」とし、9歳スンイ、高校生スンイ、成人スンイに会ったことを理由に明かした。 続いて「大変だったが、娘を育てる味は『担保』が最も濃かった。 娘1人だが3人も授かった気分だ。幸せな時間だった」と語った。

(中略)

キム・ヒウォンは「おそらく観客の皆さんがご覧になるとき、本当に心が動く映画だ。 それを確実に保証する『担保』がないようだ。 ただ僕の話を『担保』として信じてほしい」と明らかにした。

ハ・ジウォンは「愛らしくて温かい映画だ。 この時局により胸を熱くさせる映画になるのではないかと思う」と語った。

子役パク·ソイは「『担保』はとても面白くて感動的な映画なので、たくさん見てください。 いい映画ですよ」と愛嬌たっぷりの声で付け加えた。

カン・テギュ監督は「『担保』は厳しい状況に置かれた人々が出会って、お互いに頼り、小さな憐憫の感情がお互い天倫まで行く感情で献身し、感謝の気持ちを表現する、そんな感情の起伏が大きい映画だと話せばいいと思う。 人物が演じる感情の変化がポイントになりそうだ。 その過程で子供が大人になり、大人のおじさんたちが年を取っていく過程でドラマを表現するエネルギーが担保の競争力のようだ」と説明した。

誰が見ても温かい映画だ。 俳優ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォン、パク・ソイらが熱演した映画『担保』は9月29日に公開され観客と会う予定だ。

元記事:こちら


【D:現場】『担保』ソン・ドンイルXパク・ソイが見せた家族の再解釈

感動と笑いで武装した「担保」が萎縮した秋夕劇場街を賑わすものと期待される。

24日午後、ソウルアイパークモール龍山CGVで行われた映画『担保』のマスコミ試写会とライブカンファレンスが行われた。 ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォン、パク・ソイ、カン・テギュ監督が参加した。

「担保」は情け容赦ない闇金業者ドゥソクと後輩ジョンベが踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳のスンイ(パク・ソイ)を担保として引き受けて育てることになりながら繰り広げられた話を描いた映画だ。

ソン・ドンイルは劇中で、「がさついても心は温かい」闇金業者ドゥソク役を引き受けた。ドゥソクは、金をもらうために連れてきた小学生のスンイを大人になるまで育てた人物だ。 彼は「シナリオがよく出てきたので、悩まなかった。 自分の年齢に合った役なので、気楽に演じた」と出演理由を明らかにした。

また、30代から70代までのパク・ドゥソクを演じたことについても、「だんだん歩き方を八の字で歩き始めて、背中も時間の流れに合わせて曲がった感じで設定した。 トーンも序盤は荒く、力強い演技を見せたが、後は落ち着いて演技した」と語った。

特にソン・ドンイルは「カン・デギュ監督の『ハーモニー 心をつなぐ歌』が繊細で良かった。撮影前に会って撮ることの話をしていたが、現場でもディテールでされていました。 僕はこの間とても簡単に演技できたと思う」とし、「パク・ソイが私たちに比べて100倍一生懸命やった。 成人するや否や感情演技をするハ・ジウォンもずいぶん苦労した。 ヒウォンも今まで見られなかった感情演技が良かった」と同僚俳優やカン・デギュ監督を誉めた。

キム・ヒウォンは、思慮深いドゥソクの後輩ジョンべを演じた。 キム・ヒウォンは「僕は正直、自分の演技がイマイチだった。 若い頃は動作も早くてだぶだぶだが、年を取ってからは少し遅くしなければと思って動作、口調、表情に変化を与えた。 若い時は度が過ぎたようだ。 映画そのものは温かく出たようだ」と映画を見た感想を率直に述べた。

大人のスンイ役を演じたハ・ジウォンは「映画を見ると幼いスンイが泣くシーンも多く苦労したと思う。あまりにも上手に演じてくれたから、大人のスンイに移る過程で、うまく没頭することができた。 観客を温かくしてくれるヒーリングムービーになりそうだ」と映画を評価した。

前作『ハーモニー 心をつなぐ歌』以降8年ぶりに復帰したカン・テギュ監督は「俳優たちは演技を安定的にやりこなしていたので、心配していなかった。 ただ、ソイが感情をうまく表現できるように、先輩たちや撮影スタッフらが集中した。 ソイが状況認知が早い。 子供の演技を表現すること自体が難しかったが、ソイがよく見せてくれたと思う」と満足感を示した。

また、ハ・ジウォンのキャスティング秘話を伝え、「助監督時代にハ・ジウォンさんとお会いしたが、大人スンイに適した俳優だと思った。 多くの対話をしなくても感情を眼差しでよく伝える。 眼差しで共感を与える力がある」と述べた。

ソン・ドンイルは終始撮影現場の雰囲気が楽しかったと言い、「ハ・ジウォンさんがあまりにも現場でよく笑い、とげのある性格ではない。 誰かを不快させたことは一度もなかった。 ヒウォンちゃんは芸能高校のような弟だ。 非の打ち所がない。 お互いに気を配って撮影した」とチームワークを誇った。

キム・ヒウォンは「今回の映画でもっと親しくなった。映画が温かいので、我々の間でも温かい話をたくさんした。 終わってから心の繋がりが残った」と話し、ハ・ジウォンは「撮影しながら共演するのも良かったが、撮影現場そのものが良かった。 感情が深く難しいシーンが多かったが、先輩がお酒とおいしいものをおごってくれて、撮影現場に行く日が楽しかった」と付け加えた。

カン・テギュ監督は『担保』で疎遠だった家族関係を振り返るきっかけになることを期待した。 カン監督は「コロナウイルス感染症-19(コロナ19)で日常を失い、再整備された雰囲気だ。 今度の秋夕には家族があまり集まらないと聞いた。 映画で家族が少しでも集まる時間になればと思う」と語った。

最後にソン・ドンイルは「今年一番気楽に見れる映画だ。 華やかなCG、アクション、舞台装置はないが、温かい会話ができる映画だ。 今年の最も期待作が『担保』だと思う」と述べた。 『担保』は29日に公開される予定だ。

元記事:こちら


『担保』の公開に合わせて、インタビューも記事もたくさん上がってきたが、
新たなエピソードが聞けて本当に嬉しかった。
似た内容の記事だが、それぞれに気になるエピソードがあって、
全部訳してみることにしました。💪🏻

出演のきっかけ、ドンイルさんとヒウォンさんとの共演について、
ジウォンオンニはこう語りました。
良い作品を待っていた。シナリオが良くて、
あまりにもきれいで温かい映画だから、出演を決めた。
ソン・ドンイルと共演するのが光栄だった。 ぜひ共演してみたかった。
思いやりもあり、隣に立つ瞬間、自然と娘になった。
本当に父のような雰囲気が出た。
キム・ヒウォン先輩と台詞を合わせながらも楽しかった。
シーンについて非常にたくさん話した。
足りない面を満たしながら面白くするために努力した。
先輩たちと一緒に共演するのもいいが、お二人の人間的な姿を見て惚れた。
本当に私の『おじさん』だったら幸せだと思う

ドンイルさんも私の好きな俳優さんの一人だから、
やっとやっとジウォンさんとの共演を見ることができて本当に嬉しかった。💖
一方、ドンイルさんもジウォンオンニを絶賛しましたね。😌

「ハ・ジウォンが僕の実の娘だったらどんなに嬉しいだろうか(笑)特別な娘だったと思う」
「ハ・ジウォンさんがあまりにも現場でよく笑い、
とげのある性格ではない。 誰かを不快させたことは一度もなかった 」

「今度は娘ではなく、三角関係を扱った役を演じてみたい」って
ドンイルさんが話してたそうです。😂

そしてカン・テギュン監督はジウォンオンニのキャスティングについてこう語った

「僕が助監督の時代に二つの作品で演技するのを見た。
だから感情演技をどのようにするか少し知っていた。
ハ・ジウォンの長所は、説明しなくても目で表現して共感できる。
間違いなくキャスティングの最初のに挙げた」

読みながら思わずうなずきました。
言うまでもなく、ジウォンオンニの目の演技力は本当に素晴らしい。✨
目の動きがとても繊細で感情の表現も豊かで、
いつも目で語りかけるような演技に引き込まれます。😍

そして撮影現場を振り返ると…
撮影現場も映画の一部だと思います。
映画の中では感情が難しいシーンが多かったが、
現場では私がもっと癒されたと思います。
撮影を終えて、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン先輩たちが
お酒とおいしいものもおごってくれて、
『担保』の撮影をしに行く日は楽しかった

『担保』はドラマ『チョコレート』とほぼ同時期に撮影されて、
ハードスケジュールで撮影もとても大変だったと思いますが、
『担保』の撮影現場で癒されたようで本当によかった。😌

最後には『担保』について…
愛らしくて温かい映画だ。 単に愛らしい映画ではなくて、
中には重みのある話がある。重いけど、
コメディ的に家族になっていく過程も感動的でした。
最近、家族だけど、よく会えなくて、家族ではなくても、
どこの家族のようにベタベタして過ごす場合があります。
『担保』のような家族もいることを示していたかった。
この時局により胸を熱くさせる映画になるのではないかと思います

いい話が聞けて本当に嬉しかったし、ますます見たくなってきました。😌
マスコミ試写会の記事だけではなく、『担保』の関連記事もたくさん上がってきたので、
少しずつ紹介していきたいと思います。💪🏻

【関連記事】

✏️ 【PHOTO】ソン・ドンイル&ハ・ジウォン&キム・ヒウォンら、映画「担保」マスコミ試写会に出席

✏️ 【フォト】ハ・ジウォン主演『担保』メディア試写会

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す