「シークレット・ガーデン」で知られる視聴率女王ハ・ジウォン、40代となった気になる今

先週はジウォンオンニが出演したSNL KOREA(SNL 코리아)2話で盛り上がってて、
映画『雨光』が無事にクランクアップを迎えたという嬉しいニュースが飛び込んできて、
本当にテンションが上がりまくった濃い1週間でした。💖
韓国では18日から秋夕の5連休に突入して、
『雨光』の撮影を終えたジウォンオンニもゆっくり休められるといいですね。😌

一方、ジウォンオンニがゲスト出演したドラマ『ドラマワールド』の日本語字幕版が
いよいよ9月24日(金)から衛星劇場でオンエアされます。📺✨
ネットニュースでも取り上げられたので、ここで紹介します。


「シークレット・ガーデン」で知られる視聴率女王ハ・ジウォン、40代となった気になる今
2021.9.19

第1次韓流ブームが吹き荒れた2000年代、出演作の多くが大ヒットを記録した”視聴率女王”ともいうべき存在がハ・ジウォンだ。

演技に歌にアクションにと溢れる才能を発揮し、韓国屈指の人気を誇ってきた彼女だが、43歳を迎える今もなお、カッコよさとセクシーがバランスよく両立するその美貌は健在。そんな彼女の変わらぬ魅力を目の当たりにできるのが、衛星劇場にて9月24日(金)より日本初放送される「ドラマワールド(原題)」だ。

キャリアの早い段階から注目を集めてきたジウォン。2000年代に入ると、ますます色気や気品が増すと同時に、アクションや歌のスキルを磨き上げ、順調に女優としてのステージを切り拓いてきた。

例えば、”バリラバー”と呼ばれる中毒者を続出させた「バリでの出来事」(2004年)や、朝鮮王朝時代最高の芸妓を演じた「ファン・ジニ」(2006年)など、高視聴率作品に相次いで出演。キャリアを積む中で、大人の女性らしいセクシーさや、時代劇クイーンと呼ぶにふさわしい気品も自在に醸し出せる存在に。特に、時代劇で見せる艶やかな魅力は、やがて代表作「奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~」(2013年)の成功へとつながっていく。

一方、「チェオクの剣」(2003年)でアクションの高いスキルも示したジウォンは、ヒョンビンの兵役前最後の作品としても話題を呼んだ「シークレット・ガーデン」(2010年)に出演。ヒョンビンとの一風変わったロマンスや、危険な仕事も厭わないスタントウーマンぶりが、彼女の飾らない魅力を引き出し、日本でもその人気ぶりがさらに加速。さらに、「キング~Two Hearts」(2012年)での北朝鮮女性将校役でも本格アクションを披露するなど、アクション女優としての立場を確固たるものとしていった。


キャリアの過程でさまざまな武器を獲得しながら、視聴率女優として10年以上にわたりトップ女優の地位を守り続けるジウォン。最新作「ドラマワールド」は、そんな彼女の魅力がギュッと凝縮されている。

同作は、韓国ドラマの大ファンである少女・クレアが韓国ドラマの世界に吸い込まれてしまったことから巻き起こるファンタジーロマンス。ドラマの中に入り込む、というメタドラマの面白さに加え、「真実のキスでストーリーが完結する」「登場人物は誰もがカラオケ好き」など”韓国ドラマあるある”が詰め込まれたこの作品。2016年にウェブドラマ形式で公開されたのち、ファンの熱狂的な反応に後押しされて全13話のドラマとして再構築されたという背景を持つ異色のドラマだ。

ジウォンは、劇中ドラマ「愛は潜伏中1988」に登場するペク・ジウォン役を演じている。劇中のキャラクターであるジウォンは、とある組織の制圧を目指す、仕事熱心な刑事。組織の事務所に潜入する作戦の一環としてドレス姿で歌を歌うシーンでは、男たちが考えたお色気作戦に抵抗しつつも、いざ作戦本番となるとタイトなドレスで匂い立つような色気を覗かせる。

さらに、歌手活動も行っている彼女らしく、甘い歌声と伸びやかな歌唱力も披露。組織の親分のみならず、視聴者の目も惹きつけた。「ドラマワールド」ではそのうえアクションも堪能できるとあって、トップ女優ハ・ジウォンのこれまでのキャリアや個性が最大限活かされた作品と言えるだろう。

コケティッシュな魅力を漂わせながらも、男性には媚びず、カッコいい女性像がしっくりハマるジウォン。「ドラマワールド」内の”韓流あるある”を堪能しながら、年齢を重ねた今の女優ハ・ジウォンならではの煌きに注目してみてはいかがだろうか。

【放送情報】

ドラマワールド(原題)
放送日時:2021年9月24日(金)23:00~
※毎週(金)23:00~(2話連続放送)
チャンネル:衛星劇場

元記事:https://hominis.media/category/overseas/post7942/


やっとやっと『ドラマワールド』の記事が上がってきて嬉しい!😍
記事の見出しに惹かれて読んだんですが…

「演技に歌にアクションにと溢れる才能を発揮し、
韓国屈指の人気を誇ってきた彼女だが、43歳を迎える今もなお、
カッコよさとセクシーがバランスよく両立するその美貌は健在。」

というところは頷くしかない。😌
記事の前半ではジウォンオンニがこれまで主演を務めたドラマを振り返ったんですが、
お日さまは現代劇も時代劇も本当に多くのヒット作に出演しただな~と改めて実感しました。💞
しかも作品ごとに新しい挑戦をされて、今まで見せたことのない姿を見せてくれて、
ジウォンオンニの作品を見る度に新たな魅力を発見して、魅了されっぱなし。🥰

『ドラマワールド』が韓国のLifetimeやiQiYiで配信されたときも多くの記事を紹介したんですが、
ジウォンオンニが『ドラマワールド』で演じるペク・ジウォンは、
劇中ドラマ「愛は潜伏中1988」に登場する刑事。

ジウォンオンニが先週『SNL KOREA」に出演したときに「歌手やったことない」と話してたものの、
『ドラマワールド』では「왜 이렇게 좋아 (Too Good to Be True)」という曲の、
Retro Liveソロバージョンヘンリーとのデュエットバージョンを歌い、
『チョコレート』に続き、OSTで甘い歌声を披露しました。🎤
記事に掲載されているスチールカットは初めて見たんですが、
ステージで歌う姿は本当に素敵すぎて、何度見てもドキドキしちゃいます。💞

「『ドラマワールド』ではそのうえアクションも堪能できるとあって、
トップ女優ハ・ジウォンのこれまでのキャリアや個性が最大限活かされた作品と言えるだろう」

と記事に書いてありますが、ジウォンオンニの歌声やアクション演技だけではなく、
ファンにはたまらないセルフパロディもたっぷり堪能できます!
出演分量は多くないものの、記事に書いてある通り、
「トップ女優ハ・ジウォンのこれまでのキャリアや個性が最大限活かされた作品」とも言えるでしょうね。

本編映像だけではなく、メイキング映像も要チェック!👀
いよいよ9月24日(金)から衛星劇場でオンエアされますので、見れる方はぜひぜひご覧ください。📺

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑【드라마월드 Dramaworld ドラマワールド 韓劇世界】衛星劇場 日本版 30秒予告

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す