【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン インタビュー A to Z ① 「『無限挑戦』8人目のメンバーになりたいよ」2009.7.14

ジウォンオンニの新しいドラマ『カーテンコール』や映画『雨光』が公開される前に、
早く「HAJIWON Archive」のデータベースを整理しなきゃ~と思って、
昔の記事やインタビューを少しずつ整理してますが、
その中でどうしても紹介したいインタビューがあります!🌞
それは13年前の今日、つまり2009年7月14日に公開されたお日さまの「A to Zインタビュー」です。✨
2つの記事があるので、今日は前編をご紹介します!💪🏻


[インタビューA to Z①]ハ・ジウォン、「『無限挑戦』8人目のメンバーになりたいよ」
[인터뷰 A to Z①] 하지원, “‘무한도전’ 제 8의 멤버 탐나요”
2009.7.14

13年目の俳優ハ・ジウォン(31)に会った。 もちろん私たち2人はまもなく公開を控えている韓国初災難ブロックバスター映画である『海雲台』の女優という資格とこれを取材しようとする映画記者の身分で向かい合った。

俳優経歴では山河を一度変化させた彼女であり、また出す作品ごとに俗語で打率が高い「興行俳優」なので、ハ・ジウォンに会う時には儀礼的な話よりは世の中を回る話をするのがインタビューされる人とインタビューする人としても楽しい。

この日もそのような記者の気持ちに気づいたのか、ハ・ジウォンはいきなり『無限挑戦』に対して喋りまくった。 自身が『無限挑戦』の第8のメンバーとしてどうかということだ。

「普段何かに挑戦しようとする欲求がとても強い方です。 だから『無限挑戦』で行ったゲームや様々なイベントを見ると、私もやりたくなるし、また実際にやると上手になります。 1位になる自信があります。 ハハ。」

このシーンだけを見ると、ハ・ジウォンは間違いなく10代の少女の姿だ。 「キャハハ、ホホ」が続き、手を叩いて、相づちを打ってほしいと密かに?圧力を加えるそのような姿から、誰が彼女を31歳の大韓代表俳優として、また婚期が目前に迫る妻子と考えるだろうかと思った。 しかし、彼女はやはりプロだった。 すぐに「少女ハ・ジウォン」から「俳優ハ・ジウォン」に戻り、真剣に記者の質問に真心を込めて答えていたためだ。

これに対し彼女との一時間を越える長い出会いを完全に移す方法を探していた記者は、彼女が話した話をアルファベット「A to Z」で主題語を作って解いてみた。 実際、彼女の話し方を生かそうと努力した記者の苦労(?)を勘案すれば、さらに楽しいハ・ジウォンとのインタビュー、これから始まる。

Advertisement(広告)= 私の健康で正直なイメージが好きなようです。 それに最近焼酎のCMを撮ってから、他の広告を撮る時より体感が大きいです。 私の周りの方々も皆好きで、特にお母さんも本当に喜んでいました。 焼酎のCMが老若男女が好むモデルを選ぶと聞きましたが、本当に私が感じるほど反応が来るので気分がいいです。 実際、私の周りでは他の焼酎を飲んでいても、今回は全部私が広告するブランドに変えたと言われるほどです。(ハハ)私の酒量がそれで少し増えました。 元々本当に少し飲むと思っていたのに、焼酎モデルとして飲めないといけないじゃないですか。 なので、もっと飲もうと思います。(ハハ)

Brogue(方言) = 釜山の方言を使うのに実はすごく大変でした。 他の作品に比べて平凡な釜山娘なので、難しくないと思う方々がいますが、私、個人的には方言を完璧にこなさなければならないのが負担が大きかったです。 撮影中ずっと他の人たちが『ハ・ジウォンは本当に釜山出身ではないか』と思うほど見えることを目標に練習しました。 それで、どこに行っても釜山の方言さえ聞こえたら、耳を澄まして聞いて、見ながら努力しました。 面白いのが、釜山の方々が無愛想じゃないですか。 ところで、私もいつの間にか方言を使いながら見たら、無愛想になりました。話を続けていたら、体もついてくるんです」(ハハ)

Destiny(運命)=私は私が大好きです。(ハハ)私のスタイルが誰かに頼るスタイルでもないし。 また、私にはまだ挑戦することが、また征服することがたくさん残っていて、結婚や恋愛はまだのようです。 両親は私をたくさん愛してくれる人なら無条件に良いと言いますが、まだ結婚しなければならないとは言いません。 私ももう恋をしないといけません。 しかし人為的というより運命的な愛を待っています。私は運命を信じます。

Esteem(尊敬)=キム・ソウン、ナム・ギュリ、ハン・イェウォンなど後輩俳優たちが私を見習いたい俳優に選んだんですって? あら、本当にもっと頑張らなきゃ。 後輩たちを失望させないように応じなければなりませんね。(かっと拳を空につき上げた)本当にそうだったら、胸がいっぱいで気持ちいいことです。責任感が生じますね。 もっと立派な俳優として、また先輩として記憶されるために努力しなければならないという気持ちになります。もっと良い作品ともっと新しいジャンルにもっと多くの配役で会いに来ます。

Feeling(フィーリング)=シナリオを選ぶとき、「これだ」という感じがあります。それで、その感じが来たら私はすぐに決めます。 しかもシナリオを読まず、ただその本だけを見て輝く時があります。 俳優たちは感じを持って生きていると言いますが、どうしても感性が敏感だからか、そのような感じがよく合うようです。 選んだ作品は、すべてヒットしました。 実は秘密でしたが、ドラマ『ファン・ジニ』は本当に輝いていました。(笑)『私の愛、私のそばに』も3シーンだけ読んで決めました。 『私のものだ』という感じがするんです。

Infinite Challenge(無限挑戦)=今作への出演を決める際、シナリオも見ないでやると言っていました。 海雲台に津波が来るという設定自体が新しい衝撃であり、また監督に対する信頼も強かったです。 しかし、何よりも一度もやったことのないことに挑戦したかったです。 だから私は『無限挑戦』に出演したいです。(ハハ)私はゲームがとても上手です。 多分『無限挑戦』に出たら私が1位になると思いますよ。 例えば、『刺身屋さんに行って、唐辛子のからしを一つ食べて長く我慢する』とか、『とても辛くて熱いおでんを一番早く食べる』、また『スイカの種を吐いて顔によく落とす』など、時間があるたびに練習します。(ハハ)

元記事:こちら


個人的にはこういうキーワードインタビューが凄く好きだから、
このインタビューを見つけたとき、訳してみないと思いました。😌
13年前、31歳のお日さまの「今この瞬間」のインタビュー、
今年でデビュー26周年を迎えたジウォンオンニがキーワードインタビューを受けると、
どんなことを語ってくれるでしょうね。💗

様々なキーワードの中、個人的に最も印象に残ったのは、
ジウォンオンニが「Feeling(フィーリング)」というキーワードで、シナリオについて語ること。🌞
シナリオを選ぶとき、「これだ」という感じがあります。
それで、その感じが来たら私はすぐに決めます。
しかもシナリオを読まず、ただその本だけを見て輝く時があります。
俳優たちは感じを持って生きていると言いますが、
どうしても感性が敏感だからか、そのような感じがよく合うようです。

出演の決め手になったのは、いつもシナリオだとジウォンオンニが話してたから、
映画『担保』、『雨光』、ドラマ『カーテンコール』への出演が決まった時、
シナリオのどんな部分に惹かれて、出演を決めたのか、いつも凄く気になります。💕

今撮影しているKBSドラマ『カーテンコール』、初めてパク・セヨンの物語を読んだ時、
ジウォンオンニも「セヨンは私のものだ!」と思ってたのかな?🥰
『カーテンコール』にまつわる話、早く聞きたくて仕方ないです。

そしてバラエティ番組『無限挑戦』に出演したいというジウォンオンニ。📺☀️
ゲーム好きだから、『無限挑戦』に出演したら面白そうです。🤭
『無限挑戦』といえば、ハハさんが『命がけの恋愛』の撮影現場を訪れたときのシーンが流れたね。😁

『カーテンコール』や『雨光』のプロモでジウォンオンニがどの番組に出演されるのか、
今から楽しみです!😍明日はインタビュー A to Z 第2弾をご紹介します!お楽しみに!❤️

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。