【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【第7鉱区(7광구)】インタビュー「アクション大変だよ、お母さんの前でわんわん…それでも惹かれます」2011.8.6

2011年8月4日に公開された映画第7鉱区(7광구)
改めて「HAJIWON Archive」のデータベースを整理してみると、
11年前にジウォンオンニのインタビューがたくさんアップされていました。😌
様々な記事の中でお日さまのロングインタビューを見つけたので、訳してみたいと思います。💪🏻


ハ・ジウォン「アクション大変だよ、お母さんの前でわんわん…それでも惹かれます」
하지원 “액션 힘들어 엄마 앞에서 엉엉…그래도 끌려요”
2011.8.6

「『第7鉱区』で強烈なアクションシーンを撮影して、とても大変で家に帰って泣きました。 私が撮影した後、辛い思いをするから、お母さんがメロドラマだけにしろと言うんです。 でも、ちょっと休んだらアクションを思い出すんじゃないでしょうか?」

ハ・ジウォン(33)。 彼女はブレーキのない俳優だ。映画『海雲台』で1000万観客を突破した主人公になり、SBSテレビ『シークレット・ガーデン』で視聴率と演技力を同時に捉え、最高の全盛期を迎えたが、彼女はなかなか休むことがない。 絶えず作品を探し、キャラクターを追う。 特に女優は、「一度やっても大変だ」というアクション演技だけを選ぶ。

『第7鉱区』も似たような脈絡の作品だ。 またアクションだ。 今回はどのキャラクターよりも強くて爆発力が強い。 強烈で男性的なカリスマを漂わせるチャ・ヘジュンが心の中に閉じこもって、シナリオにそのまま手が行ってしまった。 次の作品を準備しなければならないが、チャ・ヘジュンが頭の中でぐるぐる回ると涙を見せる本当の俳優ハ・ジウォンに三清洞のあるカフェで会った。

今夏最高の期待作として挙げられた『第7鉱区』の特異点は3Dだ。 5年の過程を経て、国内技術で完成した初の映画だ。 3Dのリアリティ番組を生かそうと、スタッフはワンシーンを完成させるだけで3回の撮影を行った。 俳優たちは何もないグリーンマットで演技し、怪獣映画だが、実在してないため、イメージトレーニングで心の中に怪獣を描きながら「一針一針」完成していった。

「本撮影に入る前にコンテがあったので、ある程度予想しながら撮ることはできました。 確かに私にとっても簡単な作業ではなかったですが、楽しく撮影しました。 『第7鉱区』は怪獣をモチーフにしたけど、私たちが怪物を見ることはできないじゃないですか。(笑)しかし、実際の撮影では現場に涼しい雰囲気を演出し、体にエキスを塗りながらリアリティを生かしました。」

『第7鉱区』は最初から3Dで企画された映画ではない。 映画を進行中に変わった。 しかし、ハ・ジウォンは心配よりはワクワクした。 立体感が生きて事実性を高め、観客と一呼吸で演技するというのが良かった。 3Dや4Dでアニメーションをよく観覧するので、彼女にとって新しいことはなかった。

「私の顔を立体感できるように3Dで見ると、もっと満足しました(笑)。 俳優たちもそうですが、現場のスタッフが本当にたくさん苦労しました。 事前に準備しなければならないことが多かったんですよ。 怪獣と俳優の空間活用、照明の位置選定など見えないことまで考えながら撮影しなければならないので、カメラと照明監督の比重が大きかったです。 怪獣が体に触れて風に飛ばされることまで計算しながら撮影しました。 本当に驚き、尊敬しました。」

『第7鉱区』の中のチャ・ヘジュンは内外面が全て強烈なキャラクターだ。 毎日石油のついた作業服だけを着る彼に、女性らしい面貌は目を洗って見つけるのも難しい。 また、石油のボーリング船という場所自体も、チャ・ヘジュンを強くした。 華麗な身のこなしと道具の扱い、男子よりも上手なバイクの実力を育てながら、ハ・ジウォンをそのようにまた自分を捨てた。

「映画でヘジュンの役がとても重要だったので、キャラクターがたくさん生きなければならないと思いました。 女性らしさを節制しなければならないため、ヘアとメイク、衣装のすべてを完璧に直しました。 きれいな女性よりは強靭で素敵な女性に映ることを願って、現場の男性俳優やスタッフのアドバイスを聞きながら男性化されました。 特に後半は台詞なしで進められるため、外的なキャラクターが明確でなければならないと思ったので必要な作業でした。」

映画の中のハ・ジウォンのアクションシーンは、どの映画よりも圧倒的だ。 転がって転んだり割れたりすることを数えきれないほど繰り返す。 ハ・ジウォンは映画のためにバイクの資格まで取った。掘削船で生まれ育ったヘジュンが頼れるおもちゃはバイクだったので、中途半端な運転実力でとんでもなかったというのがその理由だ。

「生半可に見えるのが嫌だったんです。 観客もヘジュンと同化してバイクに乗ること自体が慣れていたかったです。 また撮影する時、危急な状況が出たらダメじゃないですか。 身につけて完全に吸収したかったです。 資格証を取ってバイクに乗ってツアーも通ったんだけど。(笑)バイクの下敷きになったこともあります。 動線が合わなくてバイクが私を押しました。 スタッフが驚いて駆けつけて取り出してくれました。」

インタビューが中盤に達した時、ハ・ジウォンは楽しくチャ・ヘジュンの話をしていて、突然涙を見せた。 大変だった記憶が次々と浮かび上がるように息を止めた。 映画がそんなに大変だとは思わなかったという彼女。特に最後に一人で怪物と死闘するシーンが一番記憶に残ると静かに言葉を続けた。

「戦わなければならないのにリアクションをする対象がないのでとても大変でした。 イメージトレーニングでずっと想像していたら、実際の怪物がいるような気もしました。 多分ヘジュンは最後に意地と悪だけが残ったと思います。 ヘジュンのことだから、私も現場で痛いという一言も言わずに最後まで耐えました。 体調も最悪でした。 結局、撮影後に涙が出ました。」

ハ・ジウォンは相次いでアクションジャンルだけにこだわった。 それで今は「アクション女」という呼称もよく似合う。 彼女の努力と情熱に現場ではハ・ジウォンに対する称賛が続く。 試写会後、同僚たちの祝賀メッセージも相次いだ。 チャ・テヒョンは、「ハ・ジウォンのおかげで、むしろ男性俳優たちはどんなアクションをしても目立たないと思う」と冗談交じりの挨拶をした。

「私はアクションではなく作品とシナリオ、キャラクターの3つが好きでやったのですが、両親は嫌がります。 一日はとても大変で、母の前で泣いていたんですが、母が大変ならメロドラマだけやれと言われました。(笑)もちろんメロも本当にやりたいです。 深い内面の感情で観客の心を揺るがすシナリオがあれば、すぐに選ぶと思います。」

ハ・ジウォンは厳しかった。 返事は少しずつ低い声で続けたが、彼女の声にはいつにも増して力が溢れていた。 自分に対する信頼と映画に対する信頼が彼女を作った。 自らも厳しくなって演技したいという彼女は、大先輩のアン・ソンギの前でも怯まなかった。 カメラの前では先輩だという考えを捨てた。

「アン・ソンギ先輩と3作目の作品を一緒にやりましたが、最初とはずいぶん変わりました。 今はお互いに冗談を交わすことができる仲になりました。 演技しながら先輩とは思いません。 気後れしそうだったので、目を避けずに最後までまっすぐ(目を)合わせました。 先輩がよく受け入れてくださって後輩だが思う存分演技しました。 本当にいい先輩なので、似たいんですが、私はまだ後輩たちを励ますことができる先輩ではないようです。 とても難しいです。(笑)」

彼女はジャンルの境界がない。 独歩的なアクション女王の座につくまで、メロドラマやコメディ、ホラー物を行き来しながら華麗なフィルモグラフィーを築いた。 やはり厳しいハ・ジウォンだったから可能だった。 体をたくさん使ったり大変なシーンがあるのは重要な選択基準ではなかった。 映画の与える幸福、それが一番大きかった。

「映画の最終決定は私がしますが、周りの人とたくさん相談する方です。 いろいろなことが合致しなければなりませんが、私の意志はもちろん1位です。 新人の時は会社からやらされた作品もありますが、今はそうではありません。 アクションをたくさんやったからか、もう体を使わなくても響きのある映画を選びたいですね。」

ありふれた休暇さえ行ったことがないほど、映画にはまったハ・ジウォン。 インタビューの最後、この俳優の最後の夢が気になった。 ハ・ジウォンはしばらく考え込んで淡々と話す。

「今この瞬間を楽しむ方です。 私がやっていることだけに一生懸命集中するのです。 数十年後にこのようになるというビッグピクチャーはありますが、一瞬一瞬の出来事についてそれほど心配はしません。 まだ生きていない日々が多いじゃないですか。 もっと年を取ったらもっと余裕を持ってお見せできるんじゃないでしょうか。 むしろそのような日々が待ち遠しいです」

元記事:こちら


11年前の今日、このロングインタビューがアップされました。✨
当時、映画『コリア(邦題:ハナ ~奇跡の46日間~)』を撮影していたのに、
プロモに参加したり、インタビューを受けたりして、
一体どうやって超多忙なスケジュールをこなしていたのか気になって仕方ないです。😮
「女戦士」というより「スーパーウーマン」!💪🏻

先日、映画『海雲台』のインタビューで、
ヨニが災難に立ち向かって戦う女戦士のキャラクターだと期待していたが、
シナリオを受け取ってから、無許可の刺身屋の主人だと分かり、「ガッカリ」したというジウォンオンニ、
映画『第7鉱区』で正真正銘の女戦士を演じましたね。😁

ジウォンオンニは過去のインタビューでも「アクションが好きだから、
わざわざアクションシーンのある映画を選んだのか?」と聞かれたんですが…
私はアクションではなく作品とシナリオ、
キャラクターの3つが好きでやったのですが、両親は嫌がります。
一日はとても大変で、母の前で泣いていたんですが、
母が大変ならメロドラマだけやれと言われました。(笑)
もちろんメロも本当にやりたいです。
深い内面の感情で観客の心を揺るがすシナリオがあれば、
すぐに選ぶと思います。

お日さまのお母様のアドバイスに一票!😁
本格的に1023になったばかりの頃、ジウォンオンニの作品はもちろん、
メイキング映像もたくさん見たけど、本当にドキドキハラハラしながら、
アクションシーンのメイキングを見てました。😱
下手したら大怪我するかもしれないから…

一方、作品のオファーについて…
映画の最終決定は私がしますが、周りの人とたくさん相談する方です。
いろいろなことが合致しなければなりませんが、私の意志はもちろん1位です。
新人の時は会社からやらされた作品もありますが、今はそうではありません。
アクションをたくさんやったからか、
もう体を使わなくても響きのある映画を選びたいですね。

ジウォンオンニがこれまで選んだ作品は、シナリオや役に惹かれて出演を決めたでしょうね。😌
そういう裏話が聞けて嬉しいです。
そして昨日アン・ソンギ先生がお日さまを「すばらしい俳優」と絶賛するインタビューをアップしましたが、
ジウォンオンニもインタビューでアン・ソンギ先生との共演について語りました。💕
アン・ソンギ先輩と3作目の作品を一緒にやりましたが、
最初とはずいぶん変わりました。
今はお互いに冗談を交わすことができる仲になりました。
演技しながら先輩とは思いません。 気後れしそうだったので、
目を避けずに最後までまっすぐ(目を)合わせました。
先輩がよく受け入れてくださって後輩だが思う存分演技しました。
本当にいい先輩なので、似たいんですが、
私はまだ後輩たちを励ますことができる先輩ではないようです。
とても難しいです。(笑)

11年が経って、今はすっかり素敵な先輩になったでしょうね。😌
インタビューの最後に「お日さまの最後の夢」と尋ねられたお日さま…
今この瞬間を楽しむ方です。
私がやっていることだけに一生懸命集中するのです。
数十年後にこのようになるというビッグピクチャーはありますが、
一瞬一瞬の出来事についてそれほど心配はしません。
まだ生きていない日々が多いじゃないですか。
もっと年を取ったらもっと余裕を持ってお見せできるんじゃないでしょうか。
むしろそのような日々が待ち遠しいです

ズバリ言ってもいいですか?ジウォンオンニかっこいい!✨
はい、そんなカッコいいジウォンオンニが本当に大好きです。💕
11年前に描いたビッグピクチャーというか、当時の未来予想図はどのくらい実現しているのか?
ちょっと気になりますね。😌

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。