【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン『第7鉱区』CINE21 インタビュー「女戦士は休まない」 2011.8.8

今年で10周年を迎えた映画第7鉱区(7광구)
先日ジウォンオンニの8000字のロングインタビューを紹介したんですが、
10年前の今日、CINE21という映画サイトにお日さまのインタビューが公開されたので、訳してみることに。💪🏻


[ハ・ジウォン] 女戦士は休まない
[하지원] 여전사는 쉬지 않는다
2011.8.8

「韓国のアンジェリーナ・ジョリー」アクション演技をたくさんしたハ・ジウォンに修飾語が付いたようだ。 以前の「ホラークイーン」に比べれば、かっこいい表現ではないが、間違った言葉でもない。 鋭い刃物で風を切り裂いた時代劇アクションドラマ『茶母(邦題:チェオクの剣)』(2003)や映画『デュエリスト』(2005)を敢えて出す必要はない。 つい最近までハ・ジウォンはボクシンググローブをはめたまま、相手選手に強いパンチを飛ばしていたし(『1番街の奇蹟』2006)、海雲台を襲った巨大な津波から必死に逃げ回っていた(『TSUNAMI -ツナミ-』2009)。 似たような時期に気品を備えた芸者「ファン・ジニ」(ドラマ『ファン・ジニ』(2006))、ルー・ゲーリック病を患っている夫のそばを黙々と守りながら純粋な愛を見せてくれた妻(『私の愛、私のそばに』(2008))も演じたが、ハ・ジウォンの体を惜しまないアクション演技が特に記憶に残るのはなぜだろう(もちろんドラマ『シークレット・ガーデン』の「キル・ライム」はしばらく押し寄せよう)。 もしかしたら、韓国の女優たちが嫌っていたホラーやアクションジャンルに気兼ねなく出演し、演技のスペクトルを広げていった彼女の勇気が、感心したからなのかもしれない。 「アクションがいいという理由で前作を選んだわけではありません。いいシナリオにアクションシーンがあっただけです。『他の女優はやったことないんですが、 私が一回やってみる』っていう気持ちで 挑戦したんです。 反面、『第7鉱区』は1つだけです。 本当に強い女戦士になりたかったです。」

『第7鉱区』のハ・ジウォンは、ボーリング船の海底装備マネージャーであるチャ・ヘジュンを演じる。 チャ・ヘジュンの父親(チョン・インギ)は、ボーリング船で「キャプテン」(アン・ソンギ)とともに石油を探す途中、謎の死を遂げた。 そんな父の後を継いだチャ・ヘジュンの頭の中の考えはただ一つだ。 石油。「海の真ん中で死んだ父の写真を見て『父が見ているだろう』と懐かしみながらも、『石油を探そう!』と目を光らせる女」というハ・ジウォンの表現も誇張ではない。 「監督からヘジュンは学校にも通えないし、ボーリング船で大きな子供かと聞きました。 ほぼ『イカレた人』だから。(笑)もしかしたら、学問もボーリング船の船員から少しずつ学んだかもしれないですよ」確かに健康な女が数奇な事情一つなしに石油一筋で生きることはできないのではないか。

作品ごとに徹底的にに準備していることで有名なハ・ジウォンだが、「強靭な女戦士」になるために必要なものは本当に多かった。 「基本的に1日5、6食を肉で食べながら筋肉をつけ、1日8時間をウエートトレーニングに捧げました。 誰かに言われなくても、スクーター、バイク、ピラティス、テニス、水泳も習いました。 海に親しむために、スキューバはもちろん、タンニングも頑張りました」「韓国のアンジェリーナ・ジョリー」という称号が惜しいほどの自己管理だ。 隣にいたアン・ソンギが「そんなに準備していたから、現場ではそれほど大変ではなかったと思う。 もちろん現場でもハ・ジウォンは絶対遊ばない俳優」と耳打ちするほどだからだ。 徹底的に準備したおかげで、ハ・ジウォンはボーリング船の上でバイクに乗り、怪物の前で少しも後ろに退かないチャ・ヘジュンになることができた。 その点でチャ・ヘジュンとハ・ジウォンはよく似ている。 「決めたことであればただ走るだけです。 否定的な考えをあまりしない方です。 たとえ『第7鉱区』が製作されなかったとしても、大きくガッカリしたり、何か悪いからそうなったとは思いません。 私が決めたことだから。」

「グリーンマット」で怪物を相手にしたハ・ジウォンは最近、「グリーンテーブル」で卓球に熱中している。 1991年、千葉世界卓球選手権に出場した南北単一チームを題材にした映画『コリア(邦題:ハナ ~奇跡の46日間~)』で、ハ・ジウォンは「ヒョン・ジョンファ」役を演じ、リ・ブンヒ役のペ・ドゥナと共に名勝負を繰り広げている。 ほとんど作品ごとに、骨身を惜しまない演技をしているが、疲れていたり大変ではないだろうか。 「『第7鉱区』を撮ってからすぐにドラマ『シークレット・ガーデン』を撮ったけど大丈夫でした。『シークレット・ガーデン』が終わるや否や卓球(『コリア』)をやって。(笑)これが終わったらちょっと休もうと思います」。 さすが大げさに言うことはない。 それがハ・ジウォンだ。

元記事:こちら


[アン・ソンギ、ハ・ジウォン、オ・ジホ] 先輩と後輩の幻想的な呼吸
[안성기, 하지원, 오지호] 선배와 후배 환상의 호흡
2011.8.8

『第7鉱区』アン・ソンギ、ハ・ジウォン、オ・ジホと共にした5人の物語

アン・ソンギ「誠実さについていけるものはないでしょう。 ジウォンは『真実ゲーム』の時一緒だったから、本当に10年以上見てきたんだけど、見れば見るほど頼もしい。」
ハ・ジウォン「私はいつもただ先生だけを真似しました。 台本を左側に置けば私も無条件に左側に置き。(笑)後輩俳優たちにとって教科書のような俳優ですね」
オ・ジホ「まあ、僕は2人に比べれば映画俳優としてはかなり後輩です。 映画の中の男たちの中で、私が一番体がいいのに、ずっとじっとしていなくてはいけなくて。(笑)お二人を見るだけでも楽しい現場でした」

「国民俳優」アン・ソンギとハ・ジウォン、オ・ジホが『第7鉱区』で会った。 アン・ソンギとハ・ジウォンは『デュエリスト』など様々なシーンですでに呼吸を合わせており、オ・ジホはどうにかその中で自分の居場所を取り戻そうと必死になっていた。 事実上、映画の現場で皆実体のない怪物と戦わなければならなかっただけに、話すことも多かった。 リアルなアクションをしなければならなかったため、銃器はもちろん、バイクまで肉体的消耗にも耐えなければならなかった。 まるで父親と娘、あるいは長年の地元の友人のような気持ちで会ったからこそ、孤独なボーリング船での死闘を楽しむことができたのだろう。 『マトリックス』のワンシーンのようにスタイリッシュに、そして『第7鉱区』でレッドカーペットを歩く浮ついた表情で彼らが再び出会った。

元記事:こちら


これまで様々な作品でキレのあるカッコいいアクションを披露してきたジウォンオンニ、
このインタビューでアクションシーンの多い作品を選んだ理由を語りました。
アクションがいいという理由で前作を選んだわけではありません。
いいシナリオにアクションシーンがあっただけです。
『他の女優はやったことないんですが、 私が一回やってみる』っていう気持ちで 挑戦したんです。
反面、『第7鉱区』は1つだけです。 本当に強い女戦士になりたかったです

出演の決め手はやはりシナリオですね。📖
それでも『第7鉱区』では強い女戦士になりたいというジウォンオンニ、
本当に最初から最後までカッコいい姿を見せてくれました。💖
そんな強い女戦士を演じるために、ジウォンオンニが陰でこつこつと努力したことは…
基本的に1日5、6食を肉で食べながら筋肉をつけ、
1日8時間をウエートトレーニングに捧げました。
誰かに言われなくても、スクーター、バイク、ピラティス、テニス、水泳も習いました。
海に親しむために、スキューバはもちろん、タンニングも頑張りました

そんな彼女を見た大先輩アン・ソンギさんも
「そんなに準備していたから、現場ではそれほど大変ではなかったと思う。
もちろん現場でもハ・ジウォンは絶対遊ばない俳優」とジウォンオンニを絶賛しましたね。✨
このインタビューで一番印象に残ったのは、
チャ・ヘジュンとよく似ていると言われたときにジウォンオンニが言った一言。
決めたことであればただ走るだけです。否定的な考えをあまりしない方です。
たとえ『第7鉱区』が製作されなかったとしても、大きくガッカリしたり、
何か悪いからそうなったとは思いません。私が決めたことだから

やると決めたら全力疾走!💨
どんな時でもブレず、ポジティブでいられるジウォンオンニは本当にカッコいいですね。💕
この部分を読みながら、思い浮かんだのは、お日さまが撮影している映画『雨光』。
『雨光』はコロナで撮影が延期されたり、資金繰りが難航したりしてたから、
制作が白紙になったら悲しいな~と心配してたが、キャストが1年間待った末にクランクインできて、
本当にこれほど嬉しいことはなかった。🥲

「誠実さについていけるものはないでしょう。
ジウォンは『真実ゲーム』の時一緒だったから、
本当に10年以上見てきたんだけど、見れば見るほど頼もしい」

というアン・ソンギさんのコメントも最高の褒め言葉。🥰
これは本当に嬉しいです。フォーマルファッションを着たお日さま、アン・ソンギさん、
オ・ジホさんのスリーショットはもちろん素敵ですが、
革ジャンで撮ったこの写真もカッコいいですね。✨

『雨光』が公開されるとき、怒涛のインタビューラッシュを楽しみにしてもいいかな?😍
撮影エピソードはもちろん、裏話もたっぷり聞きたい!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す