【 第25回釜山国際映画祭(BIFF)】ユン・ジェギュン監督、ハ・ジウォンと 一緒に見た『1番街の奇蹟(1번가의 기적)』

先日、ここでお伝えした通り、ジウォンオンニとユン・ジェギュン監督が夕べ、
第25回釜山国際映画祭(BIFF)」のプログラムである「マスタートーク」に参加し、
映画1番街の奇蹟(1번가의 기적)の生コメンタリー付き上映会が開催されました。✨
マスタートークの記事が上がってきたので、ここで紹介したいと思います。💗


【第25回BIFF】ユン・ジェギュン監督、ハ・ジウォンと 一緒に見た『1番街の奇蹟』

キャスティング、撮影秘話など豊富な話
試合場面のリアリティのため、息が合わせなかった
ハ・ジウォン、コロナ時代を語る 涙も

13年前のその映画を映画監督・主演俳優と再び、一緒に見る。

映画『1番街の奇蹟』をユン・ジェギュン監督、ハ・ジウォン俳優と劇場で一緒に見ながらおしゃべりをする場が設けられた。 第25回釜山国際映画祭の中の文化祭りコミュニティBIFF「マスタートーク:ユン・ジェギュン監督」プログラムが24日午後7時から釜山中区南浦洞のロッテシネマ大瀛で開かれた。 この日、現場には『1番街の奇蹟』ユン・ジェギュン監督、主演俳優ハ・ジウォンが直接参加し、キャスティング、撮影秘話など様々な話を観客と分かち合った。

コメンタリー上映会のために、観客たちは映画が始まる前にコミュニティBIFFのアプリの「リップルシネマ」にアクセスした。 観客たちはチャットにリアルタイムで質問を載せ、監督と俳優のおしゃべりや回答をコメンタリートーク受信機を通じて聞きながら映画を鑑賞した。

ユン監督が「映画『1番街の奇蹟』は『浪漫刺客』がつぶれ、4年ぶりにハ・ジウォン俳優を三顧の礼で作った映画」と言うと、ハ・ジウォンは「シナリオが好きでユン・ジェギュン監督を信じて参加した」と答えた。 『1番街の奇跡』はフィルムで撮影した映画だ。 ハ・ジウォンは「最後に撮ったフィルム映画だった。 作業は複雑で難しいが、時には懐かしくなる」とフィルムが回る音を回想した。 「フィルムは二度と撮ることができないので、リハーサルもたくさんしたし、もっと真心が込められたと思う」と話した。

この映画でハ・ジウォンは病床の父親と一緒にボクシングをするミョンランを演じた。 映画に出演する前にボクシングに接したことはないが、ハ・ジウォンは実際にボクシング選手たちに「ボクシングを扱った国内外の映画の中で最もリアルな演技をした」と評価されるほど熱演した。

ハ・ジウォンは「いろんな運動、スポーツを全部合わせて一番大変だったと思う。 女優なのか、ボクサーなのかと錯覚するほど扮装に関心も持てなかった。 最後まで映画を撮ることだけを考えた」と伝えた。 観客はチャットに「俳優ができないことは何ですか」などのコメントを書き込んだ。

ハ・ジウォンはボクサー役のために曲がった姿勢を取った影響で曲がった肩を伸ばすのに7~8年かかったと話した。 ユン監督は「ハ・ジウォンさんがこの映画の後でドラマ『ファン・ジニ』を撮影したが、体の筋肉が多すぎて苦労したそうだ」と笑った。

東洋チャンピオンとの試合場面では、リアリティを生かすために俳優同士で「息」を合わせることなく撮影したという。 ユン監督は「チョン・ドゥホン武術監督が息を合わせると、表が出るから、現場で『ハ・ジウォン攻撃』『乱打』など簡単な指示しかしていなかった」と話した。 映画に使われる10分あまりの分量のため、1週間、試合の場面を撮影した。

ハ・ジウォンは「監督から少しでも太ってほしいと言われたが、運動量があまりにも多すぎて、1日6~7食を食べたのにもっと痩せた。 監督に53キロは入ると嘘をついた」と話した。 ユン監督は「当時ハ・ジウォンさんをとても苦労させて、ファンに悪口をたくさん言われた」と謝罪した。 観客はコメント欄に「悪質な書き込み、悪質な書き込み、悪質な書き込み」「悪口悪口悪口」などセンスのある書き込みで「ファンの心を込めた抗議」の意を伝えた。

苦労したが、映画の中のミョンランはしっかりとしたボクサー水準の強いパンチを披露した。 東洋チャンピオンとの試合場面で、相手選手がハ・ジウォンのパンチに鼻血が出た。 屋台でピルジェ役のイム・チャンジョンが一発殴られる場面でも、「しっかり一発やろう」というイム・チャンジョンの話の通りに殴り、イム・チャンジョンの顔にあざができた。

ハ・ジウォンは一番大変だった場面として、寝ていて起きて吐くシーンを挙げた。 水1.5リットルを飲み、「ドンウォンまぐろ」を2缶食べて、実際に吐いたという。 ユン監督は「試合の場面をしっかり撮りたくて欲張ったようだ。 久しぶりに見ると恥ずかしい部分が多い。 本当に良い映画を作りたいという当時の切実さも感じられる」と話した。 ハ・ジウォンは「今日また見たら『この映画がこんなに良かったのか』という気がする」と感慨を明らかにした。

一方、コメンタリー上映では他の出演俳優についての話も交わされた。

映画でハ・ジウォンの父親役はチョン・ドゥホン武術監督が演じた。 ユン監督は「当時、俳優の中でボクシングをそれほどできる人がいなかったので、先輩にそのままやらせてほしいと言われた」と話した。 撤去同意書をもらいに来たピルジェの上司である金部長役のキム・ヒウォンは、この映画がデビュー作だ。 キム・ヒウォンは、イム・チャンジョンとハ・ジウォンに暴行を加える場面で非常に緊張したという。

また方言兄妹で「相性ぴったりのケミ」を見せた子役俳優パク・チャンイク、パク・ユソンに対する称賛も相次いだ。 ユン監督は「兄のイルドン役オーディションでパク・チャンイクと最後まで競り合った子役俳優がヨ・ジングだった。小学校4年生なのに演技が上手だった。 ところが、イケメンすぎてイルドン役に合わないと思った」と語った。

コメンタリー上映に続き、短い観客との対話が行われた。 ここでハ・ジウォンは「(コロナで)大変な時期に今この時間がとても大切で緊張する」と話し、突然涙を流した。 彼女は「俳優としてもっと良い作品で皆さんにまた会える時間を持ちたい。 もっといい俳優になりたいと思う」と語った。

ユン・ジェギュン監督は「『1番街の奇跡』を通じて裕福でない人々、貧困について語りたかった。 貧乏など映画の中のさまざまなものが個人的経験から出たものだ。 突然のハッピーエンドは映画を憂鬱に終わらせたくなかったからだ」と話した。 彼は封切りを控えている映画『ヒーロー』について「冬に(封切り)しようと思ったが、『コロナ』のため冬に封切りするか、来年に延期するかが決まれば(正確な時期を)分かるだろう」と伝えた。

元記事:こちら


生コメンタリー付き上映会なんて滅多にないから、
参加できるファンが羨ましすぎます。😊コロナで釜山に行けなくて残念でしたが、
マスタートークに参加された方々のレポートや記事を読んで、
『1番街の奇蹟』の裏話をたくさん聞けて本当に嬉しいです。💕

『ファン・ジニ』と『1番街の奇蹟』はほぼ同時に撮影したので、
午前にボクシング、午後には舞踊を習わなければならなくて、
実際にボクシングを始めた練習生みたいに
縄跳びやシャドーボクシングの練習を黙々とこなしたという。

5か月間、ジウォンオンニにボクシングを教えた
元世界チャンピオンのビョン・ジョンイル氏も
「今すぐにでもアマチュアボクシングの試合に出場できるほどの実力者」
と語りましたね。😌実際にはジウォンオンニに各々舞踊とボクシングを教えた人々は、
「気持ちだけでも弟子としてほしい」と評価するほどと話しました。
いろんな運動、スポーツを全部合わせて一番大変だったと思う。
女優なのか、ボクサーなのかと錯覚するほど扮装に関心も持てなかった。
最後まで映画を撮ることだけを考えた。
監督から少しでも太ってほしいと言われたが、
運動量があまりにも多すぎて、1日6~7食を食べたのにもっと痩せた。
監督に53キロは入ると嘘をついた

一番大変なシーンは?と聞かれると、ジウォンオンニは吐くシーンを挙げました。
初めて『1番街の奇蹟』を見たとき、まさか本当に吐くとは!ってビックリしました。😲
吐くシーンを撮るために、水1.5リットルを飲んで、「ドンウォンまぐろ」を2缶食べたという。

「当時ハ・ジウォンさんをとても苦労させて、ファンに悪口をたくさん言われた」
とユン・ジェギュン監督が明かしたら、マスタートークに参加されたファンが
アプリのリアルタイムチャットに「悪質な書き込み、悪質な書き込み、悪質な書き込み」
「悪口悪口悪口」とファンの心を込めた抗議をしたらしいです。😁

余談ですが、『1番街の奇蹟』の撮影が終わった後、
ジウォンオンニがユン・ジェギュン監督にちょうど3分だけ自身のスパーリングパートナーと
実際にスパーリングをやってみろということもした。 当時の記事はこちらです↓


ハ・ジウォン、監督に女ボクサーと競技をけしかけて「代理満足」

「アクパリ(悪欲)」ハ・ジウォンが『復讐血戦』に成功した事が一足遅く知られた。
ヒューマンコメディー『一番街の奇蹟』で女ボクサーのミョンラン役を担当しハ・ジウォンは、去年の撮影期間に実感あふれる映像のために、およそ40時間ボクシングシーンを撮影させたユン・ジェギュン監督に復讐した。ユン・ジェギュン監督は去年の追いこみ撮影の時に起きたエピソードを聞かせてくれた。
「ハイライトのボクシング競技シーンをおよそ40時間撮影した後、OKサインが出るとハ・ジウォンが突然私をリングへ引き上げたんです。では次に実際の女性ボクシング選手とスリーラウンドだけスパーリングをしなさいと勧めるんですよ」

ユン監督はハ・ジウォンの突然の提議に「どうして男が女を殴れるんだ」「私は元々スポーツができる方だから、あの女性選手が怪我をすることもある」と大口を叩いてコッソリと避けようとした。しかし今まで撮影をしながら積もった(?)ものの多いスタッフたちがじっとしていなかった。皆が合意してユン監督をリングに立たせたのだ。

「リングに上ると目の前が真暗になりました。ゴングが鳴ってスパーリングを始めたが、打たれまくって、わずか3分でダウンしてしまったんです(笑)。皆てとても通快なのか拍手しながら笑ってましたね」
ユン監督はリングに上がった後はハ・ジウォンの努力と苦労を実感していた。「ただ見ていた時は大変そうに見えませんでしたが、1分だけ跳ねても足が震えます。40時間倒れずに撮影を終えたハ・ジウォン(Hajiwon)がどれほど凄い女優かを今更悟ったんです」と言いながら賞賛を惜しまなかった。ハ・ジウォンの血の汗が滲む『一番街の奇蹟』は全国の映画館街に興行の熱風を起こしている。

元記事:こちら


記事によると、上映会が終わった後、観客とのトークセッションが行われて、
ジウォンオンニが感極まって涙を流しました。😢
(コロナで)大変な時期に今この時間がとても大切で緊張する。
俳優としてもっと良い作品で皆さんにまた会える時間を持ちたい。
もっといい俳優になりたいと思う

ジウォンオンニのコメントにグッときました。💕
マスタートークに参加された方が
「ジウォンがどれほど映画に愛情を持っていて、どれほどファンたちに会いたがっていたのか
如実に感じられた」というコメント付きでSNSに動画を上げました。😊
こんなに素敵な人のファンになれて本当に幸せです。これからもずっとずっとついていきます。👣

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す