【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「これよりもっと爽やかなものはない」2015.1.29

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第24弾。💫


【SSインタビュー】『いつか家族に(ホ・サムグァン)』、ハ・ジウォン、これよりもっと爽やかなものはない
2015.1.29

学生時代、テレビの中の俳優コ・ドゥシムの演技に心を捉えられて、ランドセルを背負ったまま、しばらく立っていた。 「どんなエネルギーを持っているからこそ、私をこんなにに鳥肌を立たせたのか」という疑問が頭の中をよぎった。

本当に凄そうに見せながら、人の感情を動かす姿に魅力を感じ、俳優という職業に興味を持ち始めた。 このように一人だけの夢を持っていたこの少女は、いつの間にかコ・ドゥシムと同じ道を18年間歩んでいる。

この少女は、大きくて多くの女優のロールモデルに挙げられるハ・ジウォンになった。 今は「信頼できる」という修飾語まで獲得した立派な忠武路の代表女優だが、未だに心はあの頃のままだ。 相変らず観客を笑わせて泣かせるため、毎作品に渾身の力を尽くしているハ・ジウォンに最近、ソウル鍾路区昭格洞にあるカフェで会った。

◆「いつか家族に(ホ・サムグァン)」絶世の美女+がむしゃらなおばさん・ホ・オンナン 「自分の服じゃないと思って、出演決定は簡単ではなかった」

去る14日に公開された『いつか家族に』(ハ・ジョンウ監督)は、世界的なベストセラー作家、余華の代表作『許三観売血記』を原作とする作品だ。 貧しい男ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ扮)が、町の最高の絶世の美女ホ・オンナン(ハ・ジウォン扮)と結婚した後、11年間他人の子供を育てていたという驚くべき事実を知りながら、起きる話を描いた。

ハ・ジウォンは当初、『いつか家族に』の出演を断る意思を抱き、ハ・ジョンウと初めて会った。初めて引き受ける母親役というプレッシャーよりも、がむしゃらなホ・オンナンの姿に距離感を感じた。 これまで強烈な役割を演じてきたハ・ジウォンだが、荒々しい悪口を気兼ねなく言うがむしゃらな面貌に、自然と「自分とは合わない」という考えしか湧いてこなかった。

「お母さんの役柄は初めてですが、お母さんという点よりも、がむしゃらなホ・オンナンを表現することに自信がなかった。原作でも見れば、悪口も言って、がむしゃらな人物ですが、悪口を言う演技は自然ではなく、何か練習してバレたら、本当に違うでしょう? もちろん面白いですが、私にはこのような部分が私の服ではないという感じを受けました。 台本通りに悪口を言うシーンを練習しましたが、結局、私に合わせて自然に修正されました。」

女優ハ・ジウォンの2015年に初めて変身したキャラクターホ・オンナンは、「私は外見もきれいで、才能も多いから、あなたは本当に恵まれた人です」と原作とは異なり、澄ましながらも愛らしい魅力を持つ姿で目を引きます。 村の最高の絶世美女からホ・サムグァンの積極的な求愛に負け、人知れぬ過去を抱えたまま、彼の妻になるホ・オンナン。 ハ・ジウォンの明るい反転の魅力に期待が集まっている。

「戦争直後、貧しくポップコーンを売っている状況で、どうやって絶世の美人でいられるのかって」と苦労を吐露するハ・ジウォン。 いずれにしても衣装やジュエリー、メイク用品などの使用に制約が伴う時代劇だから、「絶世の美女」という修飾語を巡り、非常に悩んでいた。 工事現場でポップコーンを持って登場するホ・オンナンの姿を、一筋の光のように近寄るビタミンガールと想像しながら、ハ・ジウォンならではのホ・オンナンが完成した。

「娘時代、絶世の美女だった時は、皆が疲れて大変な時に『ポップコーンを買ってください』という声一つだけでも人々を笑顔にすることができる、ビタミンのような美女を作り上げたかったんです。 清くて清涼な声を出そうとして笑う設定はなかったんですが、わざと演じたらもっとたくさん笑いました。 ホ・サムグァンと結婚した後は、体のラインが現れない、お母さんのように見えて、また映画のトーンに合わせるために、むしろもっと外観に気を使いました。 モンペパンツやTシャツなど衣装をとても厳選して選びました。 お母さんの姿みたいに見えるように、 最大限にナチュラルにメイクもしていません。 また、結婚後には厚かましくて生活感が湧くようにセリフのトーンをもっと速くしました」。

◆ ハ・ジウォン『いつか家族に』期待以上の作品… 「内面演技に自信がついた」

苦労して出演を決めたが、いざ撮影が始まると楽しく遊んだ。 ホ・オンナンの夫、ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ扮)と3人の息子、イルラク(ナム・ダルム扮)、イ・ラク(ノ・ガンミン扮)、サムラク(チョン・ヒョンソク扮)を「私の家族」と思った点が自分をリラックスにさせてくれた。 普段、子役の俳優たちと一緒に過ごす姿が自然に劇に溶け込んだ。 子供達の話が出ると、ハ・ジウォンの口元にお母さんの笑みが自然と浮かんだ。

「結婚を考えるよりも、3人の子供がとても可愛くて、本当に自分の息子だったらどんなに良いのかって思うほどでした。 子供達の面倒を見てあげないとではなく、ただ友達のように過ごしました。 一緒にじゃんけんゲームをしたり、写真も撮って、ポップコーンも取りに行ったり、市内に遊びに行ったりして、とても楽しかったです。 そういえば、私は現場でたくさん笑うことしかしてなかったと思います。(笑) 子供達とは未だにたまに携帯メールのやり取りしながら連絡を取り合っています。」

デビュー18年目にして母性愛の演技に挑戦して話題を集めたが、ハ・ジウォンにとってはこれよりもっと大きな意味を持つ。 1男3女の2番目として、いつも娘の立場だけで親を眺めていたハ・ジウォンは、映画を撮ってから、子供の苦難を眺める母親の気持ちを知るようになった。 イルラクが餃子を求める姿から、昔イルラクと一緒に「餃子食べたい」と思っていたら、今は心が痛く、ただ見るだけで胸が詰まる。

『いつか家族に』を「餃子のようにあつあつ、ふんわりとした映画」と表現するハ・ジウォンからは、気分のいいエネルギーが感じられる。 ホ・サムグァンの村でしっかりと「ヒーリング」されてきたようだ。 おかげで演技に自信もついた。 ハ・ジウォンは「昔は強いキャラクターの作品を主にやってきたが、これからは誰かの人生をもっと深く表現できる演技を、もっとナチュラルな演技をしたいと思います」と話した。

「何か愛する人を送ったり、こんな悲劇で終わる作品は撮影を終えても心が痛むが、幸せなエンディングを迎える作品は後遺症がちょっと少ないです。今回の映画は、なんだかホ・サムグァン家族がそのまま生きているような感じを受けました。 多くの方々が、私のようにこの家族の次のストーリーが気になりますよ。 こまごまとして可愛くて愛おしく見ていただいてそう思います。 最後のシーンを撮る時は幸せで涙が自然と出ました。 『いつか家族に』は私の期待以上の作品でした。」

◆ ハ・ジウォン「スター?人の心を動かす演技者になりたい」

ブラウン管とスクリーンで縦横無尽に活躍するハ・ジウォン。 お茶の間の劇場では『ファン・ジニ』『シークレット・ガーデ』『キング 〜Two Hearts』『奇皇后』など時代劇と現代劇を行き来しながら、演技力はもちろん、作品性まで認められながら連打席ホームランを放った。 しかし、最近スクリーンでの成績はやや残念だ。 2009年、1千万人の観客を動員した『TSUNAMIーツナミー』(ユン・ジェギュン監督)と観客の涙ぐんだ『私の愛、私のそばに』(パク・ジンピョ監督)以降、『第7鉱区』(キム・ジフン監督)、『朝鮮美女三銃士』(パク・ジェヒョン監督)から、同い年の演技派俳優ハ・ジョンウとの初共演で期待を集めた最新作『いつか家族に』まで惜しい興行成績を収めた

「いつもヒットするわけじゃないし、うまくいく作品もあるし、ちょっと微妙な作品もあるじゃないですか? 興行が不振な時はもちろん、残念です。 でも天気のように人生がいつも穏やかではいられないじゃないですか? この時、『スランプ』ということを考えたことはないです。このようなことが私を苦しめるかもしれませんが、この時間は私がもっと大きなことを乗り越えるためにある時間ではないかと考えながら、ポジティブに受け入れる方です。 私は後悔はしないです。 私に来たチャンスにすべて感謝するだけです。」

今この瞬間も感謝する。 偶然のチャンスで俳優になった後、オーディションを通じて堂々と主人公の座を自分のものにした。 ハ・ジウォンとしては思いもよらなかったことだ。 ハ・ジウォンは「私が世間に知られるのがとても不思議でした。 主人公になるとは想像もしなかった」と話し、演技者として第一歩を踏み出した当時を振り返った。

「俳優として多くの作品を演じながら、私の中に気づかなかったことに、逆に知ることになりました。 ホラー映画も見られないのに、ホラーものにキャスティングされ、アクションに接してからはもっと好きになりました。スターになりたくて芸能人になったのではないです。 私は本当に人の心を動かす俳優になりたかったです。また願いがあるとしたら、メリル・ストリープが中年になっても、『マンマ・ミーア』でジーンズを履いて、初々しい愛を表現するように、還暦、70歳になってもメロ(ロマンス)演技をするつもりです。 そのためには、『さわやかな人』であればいいと思います。 観客にとっても一緒に作業する人たちにとっても、一緒にいると気分がよくなるそんな人です。」

元記事:こちら


「絶世美女」ハ・ジウォン「オッパ~私と焼酎一杯?」 (いつか家族に) [SSフォト&トーク]
2015.1.19

名前だけでときめくハ・ジ・ウォン、『いつか家族に(ホ・サムグァン)』でスクリーンドアを再び叩きます!

去る14日、ハ・ジョンウ監督の映画『いつか家族に』の公開日にハ・ジウォンがSSTVに会いました。 ハ・ジョンウは監督兼主演「ホ・サムグァン」役を演じました。 ハ・ジウォンはホ・サムグァンの妻「ホ・オンナン」役で熱演しました。 スクリーンの中の彼女は、水を吸い上げる美貌で見る人を感嘆させるのに十分でした。 演技は言うまでもないオプション~

少し遅い時間。寒い天気にもかかわらず、野外撮影を仕方なく(?)要求したんですよ。名不虚転女戦士だということでしょうか?「あ、寒い~」という言葉が終わるやいなや、自然なポーズが出てきました。 短い時間の撮影にも頑張って取り組む姿勢にプロの香りが感じられました。 撮影の最後に、「くすんだ」天然化粧品の香水も直接手渡すセンスが発揮されました。

それでは、今から彼女のラブリーな「面白くて可愛い魅力」の中に浸ってみます~!

ただ立っていてもグラビア~

私はハ・ジウォンです。 ハ・ジ・ウォン!

魅力にハマるのに1秒で十分!

ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)の妻、オンナンの上品な笑顔~

映画のように「ホ・オンナン、路上ランウェイ一発!」

寒いと言っていた彼女は。いつそうしたのかというように、路上ランウェイで三清洞を焦土化しました。 和気あい、ゴマ粒の笑顔を浮かべてね~通りすがりの通行人に挨拶したり。余裕が溢れていました。 だから愛さずにはいられません。 あ~

写真集1冊出しましょう!


こうやって座ってるのに惚れないんか?

フッ~唇で温めてあげようか?

きゃっきゃきゃっきゃきゃっきゃ!

やっぱり絶世美女! グラビアフォース炸裂「焼酎一杯?」

カフェに入るハ・ジウォンさんを 一度呼んでみました。

ピリピリ~はい?! 絶世の美女!

絶世の美女、風のように去って行く!きゃっきゃ!(100回も回してみた彼女の魅力)

どうしてこんなに完璧なんだろう!

『いつか家族に』は1960年代の韓国を背景に、天下太平、不意打ち、かっとなったホ・サムグァン(ハ・ジョンウ扮)が絶世の美女妻(ハ・ジウォン扮)と3人の息子を儲けながら、ぶつかる一生の危機を扱ったコミカルなヒューマンドラマです。 「許三観売血記」が原作!

ハ・ジョンウ、ハ・ジウォンをはじめ、チャン・グァン、イ・ギョンヨン、チョン・マンシク、チョ・ジンウン、キム・ソンギュンなどの助演がたくさん出演。 (ハ・ジウォン本当に美しく写ります)

元記事:こちら


素敵な写真が満載💕インタビュー記事はもちろん、
ビハインドカットが掲載されている記事と記者さんのコメントも実に面白かった。😁
リラックスしたお日さまのナチュラルな姿をたくさん見れて幸せです。
学生時代にコ・ドゥシム先生の演技を見て…
どんなエネルギーを持っているからこそ、
私をこんなにに鳥肌を立たせたのか

と人の感情を動かす姿に魅力を感じ、
俳優という職業に興味を持ち始めた少女もいつの間にか
韓国を代表するトップ女優になりましたね。😌
昔は強いキャラクターの作品を主にやってきたが、
これからは誰かの人生をもっと深く表現できる演技を、
もっとナチュラルな演技をしたいと思います

その後、『君を愛した時間』のオ・ハナ、『病院船』のソン・ウンジェ、
『チョコレート』のムン・チャヨンを演じて、
それぞれの役の魅力を余すことなく見せてくれたジウォンオンニ、
スターより人の心を動かす演技者になりたいという。😌
俳優として多くの作品を演じながら、
私の中に気づかなかったことに、逆に知ることになりました。
ホラー映画も見られないのに、ホラーものにキャスティングされ、
アクションに接してからはもっと好きになりました。
スターになりたくて芸能人になったのではないです。
私は本当に人の心を動かす俳優になりたかったです

ジウォンオンニが演じるキャラクターはもちろん、
お日さまが演技や作品への愛と誠意が感じられるところが本当に好きです。😊
ひたむきに演技や表現の幅を広げる努力を惜しまない、
物事に真摯に向き合うジウォンオンニの姿が格好よくて、とても誇らしいです。💘
また願いがあるとしたら、メリル・ストリープが中年になっても、
『マンマ・ミーア』でジーンズを履いて、初々しい愛を表現するように、
還暦、70歳になってもメロ(ロマンス)演技をするつもりです。
そのためには、『さわやかな人』であればいいと思います。
観客にとっても一緒に作業する人たちにとっても、
一緒にいると気分がよくなるそんな人です

ジウォンオンニと共演した俳優やスタッフだけではなく、
この記事を書いた人もどうしてこんなに完璧なんだろう!とお日さまを絶賛しましたね。😁
温かみある優しさ、太陽のように周りを明るくする元気さ、
何でも全力で取り組んで何倍も人より努力する真面目
姿勢、
その人柄素敵人たち集めてるでしょう。💫

「還暦、70歳になってもメロ(ロマンス)演技をするつもりです」
という一言が嬉しいですね。私にとってもジウォンオンニは元気の源だから、
おばあちゃんになっても素敵な演技を見せてくださいね。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す