【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「彼女にとって大事な『今この瞬間』」2015.1.26

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第14弾。💫


[スターインタビュー]『いつか家族に(ホ・サムグァン)』ハ・ジウォン、彼女にとって大事な「今この瞬間」
2015.1.26

ハ・ジウォン(36)が母親になった。 それも3人の子どもを持つ友達のような母親だ。 世間知らずな夫が気に食わない時もあるが、それでも一緒に家族をしっかり守ろうとする暖かさがあるそんな母親だ。

苦労も挑戦もいとわない俳優のハ・ジウォンに、映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』の母親オンナンは自然な行動のように見える。 しかし、ハ・ジウォンはこの挑戦を最初から簡単に受け入れたわけではなかった。「強い」キャラクターは演じてみたが、「たくましい」キャラクターは演じたことのないハ・ジウォンにオンナンは合わない服のようなものだった。

そんなハ・ジウォンを『いつか家族に』に導いたのは、シナリオに対する好感、そして監督兼主演を引き受けた俳優ハ・ジョンウの一言だった。 「ジョンウさんが私とオンナンがとてもよく似合うということです。 気になりました。 何が私と似合うんだ?(笑)ところが、『いつか家族に』はシナリオを読んだ後、その残像が頭の中に残ったんです。 気になりました。似合わないようなオンナンを私が表現したらどうなっているのかね。」

演技人生初の母親の演技だったが、ハ・ジウォンは徹底したキャラクター分析の代わりに、自然に役柄に溶け込む方式を選んだ。 「母性愛は計算したからといって表現されるものではないでしょう。 だから現場で本当に遊びました。 子供たちとも気楽に過ごしていたら、自然に感情が出ましたね。 最大限に『リラックス』しながら撮りました。 」俳優の気持ちを誰よりもよく理解してくれるハ・ジョンウ監督の配慮、そして多くの先輩俳優たちが一緒にする楽しい撮影現場はドラマ『奇皇后』の徹夜撮影で疲れていたハ・ジウォンにとって大きな「癒し」になった。

映画はタイトルのように、ハ・ジョンウが演じる「ホ・サムグァン」により焦点が当てられている。 作品ごとにいつも主導的に物語を導いてきたハ・ジウォンが、ハ・ジョンウの後押しをする姿には見慣れない。 しかしハ・ジウォンは「最初からキャラクターではなく、シナリオを見て選んだ映画でした」とし、「お母さんという役柄をこんなにきれいな映画でできるのがむしろ幸運でした」と満足感を示した。 アクションのようなジャンル映画で主に活躍したハ・ジウォンに胸温まる感動を伝える『いつか家族に』は自分のフィルモグラフィーで良い記憶と経験として残った。

2000年『真実ゲーム』で忠武路に第一歩を踏み出したハ・ジウォンは、女優としては容易でない挑戦を果敢に消化し、15年余りの長い時間を多くの作品で埋めてきた。 俳優として一つの道を歩む間、辛かったり、疲れたりする瞬間があったはずだ。 しかしハ・ジウォンは「俳優という職業にうんざりしたことは一度もなかった」という。 「役者というのは仕事みたいだという感じがしません。 好きだからするのです。 好きなことをやると、エネルギーがどんどん出てくるわけです。(笑)」

母親の演技まで消化したハ・ジウォンにまた別の挑戦が残っているだろうか。 しかしハ・ジウォンは「未だに悪口演技はまともにやっていない」と笑った。 オンナンのように一人の人生を深く表現できる自然な演技をしてみたいという気持ちも生まれました。 今年も忙しい一年になりそうだけど、だからと言って急ぐつもりはない。 ハ・ジウォンにとって大事なことはまさに「今この瞬間」を楽しむことだからだ。

「私の好きな言葉は『今この瞬間』です。 次の何かを前もって悩むより、今この瞬間を大切にして、感謝しようという気持ちがあります。 そのような気持ちがあって、俳優としても現場をもっと楽しみながら働くと思います。 だから好きな演技をずっとできるんじゃないでしょうか? (笑)」

元記事:こちら


「オンナンは自分の服ではない」ってホ・オンナン役は
自分には合わないと思っていたジウォンオンニの背中を押したのは、
ハ・ジョンウ監督の一言でした。💭
ジョンウさんが私とオンナンがとてもよく似合うということです。
気になりました。 何が私と似合うんだ?(笑)
ところが、『いつか家族に』はシナリオを読んだ後、
その残像が頭の中に残ったんです。 気になりました。
似合わないようなオンナンを私が表現したらどうなっているのかね

自分には合わないと思ってたのに、「よく似合うよ」って言われると、
やはり気になりますね。😁
印象に残るシナリオもお日さまの心をがっちり掴んでた。💕
最初からキャラクターではなく、シナリオを見て選んだ映画でした。
お母さんという役柄をこんなにきれいな映画で
演じることできるのがむしろ幸運でした

ハ・ジョンウ監督のおかげで、母役を演じるジウォンオンニを見ることができて、
ファンとしては本当に嬉しいです。お日さまにとっても、
とてもいい経験になったでしょうね。✨

10代から女優として走り続けたジウォンオンニ、
辛かったり、疲れたりする時があったはず?と言われると…
俳優という職業にうんざりしたことは一度もなかった。
者というのは仕事みたいだという感じがしません。
好きだからするのです。 好きなことをやると、
エネルギーがどんどん出てくるわけです。(笑)

納得しました。好きなことをしてるから、
全く苦にならないし、むしろ元気をもらってます。💪🏻
余談ですが、「毎日ブログを更新して大変じゃないですか?」ってよく友達に聞かれるたびに、
いつも「好きでやってるから大変とか思わない」って答えます。😁
私の好きな言葉は『今この瞬間』です。
次の何かを前もって悩むより、今この瞬間を大切にして、
感謝しようという気持ちがあります。 そのような気持ちがあって、
俳優としても現場をもっと楽しみながら働くと思います。
だから好きな演技をずっとできるんじゃないでしょうか? (笑)

お日さまの誠実で真っ直ぐな生き方、一人の人間として心から尊敬してるし、
女優として活躍されるお日さまの姿をこれからも応援して、
見守って、ずっとついていきたいと思います。💕
だからジウォンオンニ、これからもずっと素敵な演技を見せてくださいね。😁

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す