【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「がむしゃらなお母さん役、やってみたらよかったですね?」2015.1.16

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第13弾。💫


(インタビュー)ハ・ジウォン「がむしゃらなお母さん役、やってみたらよかったですね?」
2015.1.16

俳優ハ・ジウォン(37)が再び演技変身を試みた。 今度はがむしゃらな母親役だ。

ハ・ジウォンは去る14日に公開された映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』でがむしゃらな3人の子供の母親ホ・オンナン役を演じた。『いつか家族に』は俳優ハ・ジョンウが監督と主演を同時に引き受け、ハ・ジウォンと共演した映画だ。

1996年にデビューしたハ・ジウォンが、子供の母親役を演じたのは今回が初めてだ。 去る15日、ソウル昭格洞にあるカフェでハ・ジウォンに会った。 ハ・ジウォンは「実は自信がなかったが、子供の母親役を演じてみたら本当に良かった」と笑った。

◇ 初めての母親役に挑戦…「正直、自信がなかった」

ソ・ヨンヒ(36)、イ・ボヨン(36)、パク・ウネ(37)などがハ・ジウォンと同じ年頃の俳優だ。 彼女たちは皆、子供の母親役を演じたことのある経験者だ。 『いつか家族に』を通じて初めて母親役を演じるハ・ジウォンは同年代の俳優に比べて相対的に遅い時期に人妻の役を引き受けたのだ。

ハ・ジウォンは「今回の作品に出演する前には他の女優たちより子供の母親役を演じる時期が非常に遅いと思わなかった」とし、「これまで私の年齢より幼い役もたくさんこなして、強烈な感じの役もたくさんしたが、実はがむしゃらな役は演じたことがなくて自信がなかった」と話した。

「台本を見ると、自分がうまくできる役がある反面、自信がない役もあるんです。 ホ・オンナン役が私にぴったりの役のようではなかったです。 しかし、監督を引き受けたハ・ジョンウさんが『僕もお父さん役が初めてです。 母親役が特別ではなく、ハ・ジウォンがホ・オンナンを演じるだけ』と話しました。 そうしてアプローチしてみたら、もう少し心を開いて楽に演じることができたと思います。」

まだ結婚もしていない女優の立場で母性愛を表現することは容易ではなかったはずだ。 しかしハ・ジウォンは「子供たちはとても良かった」と笑った。 撮影当時は、母親、お姉ちゃん、叔母さんなど様々な呼び方でハ・ジウォンを呼んだ子役俳優たちが、撮影が終わった後は「お姉ちゃん」と気楽に呼ぶという。

「台本を数十回見て練習して、計算された設定に従ってアプローチしなければならない作品があります。 しかし、『いつか家族に』は、そのようにアプローチしたからといって、うまくいくとは思わなかったのです。 子どもたちと家族のように過ごし、親しく過ごしていたら、現場では本当に自分の思い通りに遊ぶことができた。」

◇ 「『監督』ハ・ジョンウ、現場ではとても格好よかった」

ハ・ジウォンとハ・ジョンウが一つの作品で共演するのは今回がデビュー以来初めてだ。 忠武路を代表する演技派俳優であり、興行保証小切手でもあるハ・ジョンウは、女優の立場では確かに魅力的なパートナーだ。 しかし「監督」ハ・ジョンウなら話が少し違う。 『いつか家族に』は2013年に公開された映画『ローラーコースター』に続くハ・ジョンウの2作目の演出作品である。 ハ・ジウォンとしては、まだ十分に検証されていない新人監督の作品に出演するのが負担だったかもしれない状況。

これに関して、ハ・ジウォンは「シナリオを読んだ時、信頼があった」と述べた。

「『いつか家族に』はセリフが文語体になっている作品です。 そして童話のような作品でもあります。 シナリオを読みながら、面白いながらも洗練された感じを受けました。 そして、ハ・ジョンウ監督がこれを作ったら、とてもよく似合うと思ったんです。 『ローラーコースター』を本当に面白く見たから、そんな信頼があったと思います」

ハ・ジウォンは続いてハ・ジョンウについて「現場ではとても格好良いと感じた」と話した。

「とてもユーモアがあって余裕がある方です。 撮影現場で仕事をしていると、天気が合わない時もあるじゃないですか?しかし、笑いながら余裕を持って対処する姿を見て、とても素敵な人だと思ったんです。 俳優としてはとても賢いので、監督までできるのではないかと思います。」

2人は1978年生まれの同い年だ。 しかし、お互いに名前に「さん」をつけて尊称を使うという。 「お互いにため口を使おうという話はしなかった。 それでも撮影中に映画と演技についての話をたくさんしながら、とても親しくなりました」というのがハ・ジウォンの話だ。

『いつか家族に』にはブラックコメディの『ローラーコースター』で披露されたハ・ジョンウならではのユーモアコードが溶け込んでいる。 劇中、ホ・オンナンが夫ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)の元恋人(元恋人の奥さん)であるソンさん(チョン・ヘジン)と神経戦を繰り広げるシーンが代表的だ。 ハ・ジウォンは、「ハ・ジョンウが監督として行ったディレクションの中で、このシーンに対するディレクションが一番記憶に残っています」と話した。

「元々はドラマでよく見られる女性たちが喧嘩するシーンでした。ドラマを見ると、女性が髪の毛を掴んで喧嘩したりしますよね?でもハ・ジョンウさんが、 私にジャブを飛ばせと言ったんです。 本当のボクシングをするように、『アクション本能』でやってくださいって。 だから涼しくお見せしました。(笑)笑いすぎてNGもたくさん出たんです」

◇ 「演技する時はもっと素直になろうとします」

ここ数年、忠武路では「女優たちの居場所がない」という話が出ている。 興行に有利な男性キャラクター中心の映画が忠武路の流れを主導しているためだ。 女優を前面に押し出した映画はなかなか見当たらない。

これについてハ・ジウォンは「私はアクションもやって、スリラーもやってみて、他の俳優よりは運がいいと思います。とてもありがたいことに今までは『私のやることがない』とは思ってもみませんでした。 ただもっと様々な素材の映画にたくさん出たらいいですね」と述べた。

それとともに「ホ・オンナン役を演じると、これからは誰かの人生についてリアリティーがあって、深く演じてみたいという気持ちになりました」とし、「これまで演じたキャラクターの中には強烈な役が多かったが、これからは自然な役をしてみたい」と話した。

また、「だからと言って、未だに母親の役には自信があるわけではない」と笑ったハ・ジウォンは、「演じるときは、もっと素直になろうとします。 本当の感情で演じろうとします。 演じようと無理やり過去のことを思い出したり、他のことを考えたりすると、涙が出ない」と自分の演技観について打ち明けた。

ハ・ジウォンとハ・ジョンウが印象的な共演を見せた『いつか家族に』は笑いと感動を適切に表現したところで観客から好評を得ている。

「『いつか家族に』を撮影して癒されました」というハ・ジウォンは「周りの方々が映画が好きだとたくさん言ってくださいました。 ⻑い目で見れば、口コミでさらに多くの観客が訪れてくれるのではないかと思います」と話した。

「『いつか家族に』は餃子のようにほかほかして、ふんわりとした映画です。 童話のようで、ファンタジー的な要素もあります。 映画を見てから、胸が詰まって たくさん泣いたという方々がいるんです。 見てもまた見たい映画、いや、10回は見なければならない映画だと思います。(笑)』

元記事:こちら


紺色のワンピースに身を包まれたお日さまは女優オーラ全開でゴージャスですね。✨
『いつか家族に』で演じたオンナンのイメージとは全く違って、
違和感なく役にのめりこめるって本当に凄いだな~と思いました。🥺
同年代の女優さんより母親役を遅い時期に引き受けたと聞かれると…
今回の作品に出演する前には他の女優たちより
子供の母親役を演じる時期が非常に遅いと思わなかった。
これまで私の年齢より幼い役もたくさんこなして、
強烈な感じの役もたくさんしたが、
実はがむしゃらな役は演じたことがなくて自信がなかった

そんなお日さまに自信を持たせたのは、ハ・ジョンウ監督の一言。💭
台本を見ると、自分がうまくできる役がある反面、
自信がない役もあるんです。
ホ・オンナン役が私にぴったりの役のようではなかったです。
しかし、監督を引き受けたハ・ジョンウさんが
『僕もお父さん役が初めてです。 母親役が特別ではなく、
ハ・ジウォンがホ・オンナンを演じるだけ』と話しました。
そうしてアプローチしてみたら、
もう少し心を開いて楽に演じることができたと思います

やはりハ・ジョンウ監督の一言ってとっても大きいですね。😌
初めてタッグを組んだハ・ジョンウ監督についてお日さまはこう語りました。💭
とてもユーモアがあって余裕がある方です。
撮影現場で仕事をしていると、
天気が合わない時もあるじゃないですか?
しかし、笑いながら余裕を持って対処する姿を見て、
とても素敵な人だと思ったんです。
俳優としてはとても賢いので、監督までできるのではないかと思います

ユーモアがあると心に余裕ができて、厳しい状況を皆で笑って乗り切れますね。
そんな人と一緒に仕事できて楽しいでしょう。😌
ちなみにお二人とも1978年生まれですが、
お互いに名前に「さん」をつけて呼ぶという。
お互いにため口を使おうという話はしなかった。
それでも撮影中に映画と演技についての話をたくさんしながら、
とても親しくなりました

そして気になるジウォンオンニの演技観…
ホ・オンナン役を演じると、
これからは誰かの人生についてリアリティーがあって、
深く演じてみたいという気持ちになりました。
これまで演じたキャラクターの中には強烈な役が多かったが、
これからは自然な役をしてみたい。
だからと言って、未だに母親の役には自信があるわけではない(笑)
演じるときは、もっと素直になろうとします。
本当の感情で演じろうとします。
演じようと無理やり過去のことを思い出したり、
他のことを考えたりすると、涙が出ない

前にも言ったんだけど、感情移入して役になりきる
ジウォンオンニの役作りが本当に好きでたまらない。💕
お日さまの演技の中に本当の感情が入って来た感じがするから、
見てるこっちまでドラマの世界に引き込まれますね。😌

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す