하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン【Happy 1023 Day 2021】🌞🕰1023&햇님의 시간여행 클로젯🚪🗝【第5章 お日さまに捧ぐお手紙】

1023DAY / 2021.11.28 Sun

11月も終わろうとしているので、1023 Dayのお祝い映像の記事を書かないと、
あっという間に2022年になってしまいそう。😛
前回紹介した【第4章 Count on me】の記事はこちらです。

하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン【Happy 1023 Day 2021】🌞🕰1023&햇님의 시간여행 클로젯🚪🗝【第4章 Count on me】

🎬 🌞🕰【Happy 1023 Day 2021】1023&햇님의 시간여행 클로젯🚪🗝with 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑

年に一度の1023 Dayだから、この特別な日にジウォンオンニに感謝の気持ちを伝えたらいいなと思って、
第5章は「お日さまに捧ぐお手紙💌」にしました。💗

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑🌞🕰【Happy 1023 Day 2021】
1023&햇님의 시간여행 클로젯🚪🗝 ~ 햇님께 드리는 편지💌

去年の1023 Dayのお祝い映像、星に1023の愛と思いをのせて、
お日さまにビタミン1023を送ったんですが、
ジウォンオンニへのお手紙だから、今年は紙飛行機で送ることに。✉✈

柔らかい感じがいいと思うから、オープニングは水彩風にしました。
「One and Only Hajiwon」のロゴは私のお気に入りの一つです。💗
ちなみにBGMは2CELLOSが演奏した「Perfect」です。🎼
メロディがとてもきれいだから、迷わずこの曲にしました。

オープニングでジウォンオンニがこれまで出演した
ドラマと映画のフィルモグラフィーカードが登場したんですが、
この章でジウォンオンニの作品を振り返りたいと思うから、
お日さまが主演を務めた作品の映像でこの映像を作ることに。🎥🎬✨
ジウォンオンニへのメッセージはもちろん、
映像に登場したジウォンオンニの作品を紹介していきたいと思います。

「星より明るく輝く、香りがする、ビタミンのような女優ハ・ジウォンさんへ」
このスクショはドラマ『学校2』(1999)のワンシーン。📺
不良役ですが、セジンのピュアなビジュアルが好きでたまらない。💗

「いつも素晴らしい演技と素晴らしい作品で
大勢の人々を幸せにしてくれてありがとうございます」
映画『真実ゲーム』(2000)に登場したダヘの鋭い眼差しが実に印象的。👀
ちなみにジウォンオンニはこの作品で大鐘賞で新人女優賞を受賞。✨

「初めてお日さまの演技を見たときの感動は未だに忘れられません」
ジウォンオンニが映画『リメンバー・ミー』(2000)で演じたヒョンジ。
出番はそんなに多くないけど、助演で存在感を放ちました。
ちなみにジウォンオンニは2000年にこの映画で青龍賞助演女優賞と
釜山映画評論家協会賞・新人女優賞を受賞しました。✨

「お日さまが歩く道を一緒に歩いていく1023になって
作品一つ一つをとても大事によく見ています」
ホラー映画『友引忌』(2000)に登場したウンジュ。✨
ホラー映画が苦手ですが、早送りでジウォンオンニが登場したシーンだけ見ました。😁
今度こそフルで見てみたいと思います。💪🏻

ドラマ『秘密』(2000)で意地悪い悪役ジウンを演じたジウォンオンニがこの作品で悪女役を熱演して、
MBC演技大賞と百想芸術大賞(テレビ部門)で新人賞を受賞しました。💪🏻

「お日さまの演技を見て、いつも一緒に笑って、 泣いて、幸せで感動を受けると思う」
続いてはドラマ『人生は美しい』(2001)のヒジョン。
金髪姿のジウォンオンニはいろんな意味で貴重ですね。😌

ドラマ『太陽の誘惑』(2002)のテギョン。
個人的にはこのビジュアルが凄く好きです。💗

「今までお日さまが演じたキャラクターはみんな最高で好きですが」
今年韓国で再上映した映画『ボイス』(2002)、『友引忌』に続いて出演したホラー映画で、
「ホラークイーン」と呼ばれるようになりました。👑
この前にフルで最初から最後まで見たんですが、ジウォンオンニの美しさに魅了されて、
思ったほど怖くなかった。😛ちなみにジウォンオンニが演じたのは、「ジウォン」という役です。💗

イム・チャンジョンさんと共演した映画『セックス イズ ゼロ』(2002)。
正直教育上はよくない作品ですが、ジウォンオンニの切ない涙の演技とエアロビクスシーンは必見!👏🏻
ウニョが見せたあどけない笑顔がとても好きだから、このシーンを使うことにしました。

「ハ・ジウォンが何より一番好きです」
本音です。ジウォンオンニが演じた役が全部好きですが、
一番好きなのはやはりハ・ジウォン本人です。🥰
映画『人生の逆転』でジウォンオンニが演じたジヨンがブランコに乗っているシーンは
私の大好きなシーンの一つ。❤️200回以上リピートしたと思います。😁

「私にとって、お日さまの存在自体がとても大きな幸せです」
説明はいらないと思いますが、韓国三大廃人ドラマの一つ…『チェオクの剣(茶母)』(2003)!
言うまでもなく、韓国のドラマ歴史に残る名作です。✨
傷だらけのチェオクを見て、こちらまで心💔が痛くなるから、
幸せそうに笑うチェオクのシーンを使うことに。😌
ちなみにジウォンオンニはこのドラマでMBC 演技大賞で最優秀演技賞、人気賞、ベストカップル賞を受賞した。

「お日さまの演技が見られて本当に幸せです」
こちらも韓国三大廃人ドラマの一つ!『バリでの出来事』
エンディングは何度見ても衝撃的で、泣けてきます。🥲
イ・スジョンを演じたジウォンオンニはこの作品でSBS演技大賞と
百想芸術大賞のテレビ部門で最優秀女優賞を受賞。💖

「ハ・ジウォンという俳優を知れば知るほど本当に魅力的な方で」
映画『愛しのサガジ』(2004)で高校生カン・ハヨン役を演じたジウォンオンニ、
この作品でコミカルな演技が炸裂! 💥このシーンも実にインパクトがあって、
何度見ても爆笑してしまいます。😂

クォン・サンウさんと共演した映画『恋する神父』(2004)。
アメリカ帰りの自由奔放な女の子ボンヒを演じたジウォンオンニのビジュアルは最高に素敵。💫

「演技という本業に全ての熱情を注ぐ姿が本当に尊敬して印象的でした」
私の大好きな映画の一つ、『ふたつの恋と砂時計』(2005)🎬⌛
ジウォンオンニが演じたチャ・ヨンミのピュアさが愛おしくてたまらないし、
物語も凄く好きです。💗

ピュアなラブストーリーの次は…映画『デュエリスト』(2005)!🎬
ナムスン役を演じたお日さまの圧倒的迫力でキレのある
ダンスのようなアクションにググッと引き込まれます。💘
ジウォンオンニの男装姿も格好良すぎますね。✨

「いつも私にとっていい人で、素敵で、尊敬し、誇らしい俳優です」
韓国ドラマの歴史に残る名作『ファン・ジニ』(2006)!
朝鮮王朝時代に実在した妓生を演じるために、伽椰琴(カヤグム)や古典舞踊、
所作、書などの猛特訓を受けて、過酷なスケジュールをこなした。
美貌と芸を誇るファン・ジニになりきったジウォンオンニは
この作品でKBS演技大賞の演技大賞、ベストカップル賞、ネチズン賞を受賞!✨
さらにゴールデンチェスト·アワードで主演女優賞、韓国放送大賞(韓国放送協会)の
今年の放送人タレント部門で受賞。

「自分が怠惰だと感じる度にいつも一生懸命に努力していらっしゃる
お日さまを見ながら力になりました」
ドラマ『ファン・ジニ』とほぼ同時に撮影した映画『1番街の奇蹟』(2007)!
元世界チャンピオンであるピョン・ジョンイル選手から3ヶ月間の特訓を受けて、
代役を立てずに撮影に臨んだ。🥊

チャ・テヒョンさんと共演した映画『バカ』(2008)。
こういう純粋な物語が好きだから、この映画は私のお気に入りの作品の一つ。💗
ジウォンオンニがピアニスト🎹ジホを演じるために、ピアノを猛特訓した。💪🏻
小学校のとき、ツェルニー30番を習っている途中でピアノをやめてしまった。
今回の作品のために基礎から再びやり直し、映画に出てくる曲を練習した。
練習だけしか道はないと思い、ピアノをレンタルし、部屋に置いて毎日のように練習した。
ピアニストの感情を理解するためピアニストのノ・ヨンシムさんに協力してもらった。
鍵盤を叩くときの指先の感じ、クライマックスでの表情といった
細かい部分を表現できるようアドバイスしてもらった
という裏話を明かした。😁

「お日さまも疲れた時、私たちがエネルギーと力になれたらいいですね」
ハワイ映画祭で偶然会ったシン・ヒョンジュンさんの要請で特別出演した映画『最後の贈り物』。(2008)
元々ノーギャラで出演するつもりだったが、映画会社側の誠意で
特別出演料5000万ウォンを現金ではなく車で受け取って、
当時車がなかったお父さんにプレゼントしたというエピソードが印象的。😌

映画『TSUNAMI -ツナミ-(海雲台)』(2009)
カン・ヨニ役を演じたジウォンオンニは「「今回の映画で、釜山方言のマスターを頑張った。
同じ年齢の友達みたいな方言指導の先生とほとんど生活を一緒にして、
方言を使って、毎日録音しどのくらい上達したかチェックしながら勉強した」
という裏話を明かしました。💪🏻💪🏻

「望むのはただ一つ」
映画『私の愛、私のそばに』(2009)で葬儀屋で働いているイ・ジス 役を演じたジウォンオンニ、
青龍映画賞で主演女優賞と人気スター賞、
百想芸術大賞で女性最優秀演技賞(映画部門)、大韓民国大学映画祭で主演女優賞を受賞。✨
目を閉じて笑うジウォンオンニの横顔が美しすぎて見とれてしまいます。🥰

「お日さまがこれからも健康で幸せに いつまでも演技してくれたらいいな」
SBSドラマ『シークレット・ガーデン』(2010)!
韓国主要ドラマ賞15部門を受賞し、社会現象を巻き起こした傑作と呼ばれるシガで
スタントウーマンキル・ライムを演じたジウォンオンニ、
キム・ジュウォンさんが言った通り、お日さまのアクションにはラベンダーの香りがありますね。💖

「お日さまのおかげで毎日が幸せなファンたちが本当に多いです」
ちなみにジウォンオンニは『シークレット・ガーデン』で、
SBS演技大賞でドラマスペシャル部門女子最優秀演技賞、ネチズン最高人気賞、
十大スター賞、ベストカップル賞を受賞し、2011年のグリメ賞で最優秀演技者賞を受け取った。💗

「なので大変な時は必ずお日さまの後ろに 頼もしい私たちがいることを覚えてください」
映画『第7鉱区』(2011)でボーリング船の海底装備マネージャーチャ・ヘジュンを演じるために、
バイク免許とスキューバダイビングのライセンスを取得。
しかし役から抜け出すのが大変で、心理治療まで受けることになった。🥲

MBCドラマ『キング 〜Two Hearts』(2012)でジウォンオンニが演じた
北朝鮮の特殊部隊の教官キム・ハンア📺北朝鮮なまりが印象的だし、
しっかりした勇ましい姿はもちろん、時には限りなく愛嬌たっぷりの女性に変身して、
愛おしくてたまらないですね。💗ハンアとの共通点について…
人にあまり頼らないタイプですね、特に仕事では。
それに、私は自分で選んだことには果敢に押していくタイプなのですが、
ハンアも南北の和親のために大胆に行動に出ていきます。
そんなところがカッコいいと思いましたね、私よりずっとカッコいい(笑)。
行動から受け取れる印象が、とても似ていると思います。
それと、恋愛について、やや奥手なところも。相手のことを好きでも、
なかなかそれを表現できないところとか
とジウォンオンニがインタビューで語りました。😁

「遠く離れていてもいつでもどこでもキラキラと輝く
お日さまが 歩いていらっしゃる道を一緒に歩きながら」
映画『ハナ 〜奇跡の46日間〜』(2012)で韓国卓球界を代表するヒョン・ジョンファ選手を演じたジウォンオンニ、
キャスティングを推薦した人物は、まさにヒョン・ジョンファ監督本人だった。
ジウォンオンニが卓球選手になりきるために、ジョンファ監督が直接指導し、
4ヵ月間の卓球の猛特訓を受けました。

映画『朝鮮美女三銃士』でジウォンオンニが演じたのは、
過去の秘密を抱えて生きる剣術の達人ジノク。
ジウォンオンニのアクションや男装姿はもちろん、ジウォンオンニのセクシーなベリーダンスも必見です!👀
お日さまもインタビューで「映画を見ると思ったよりも私がセクシーに見えて大満足」とコメントしました。😆

「いつも変わらない気持ちでこれからの作品 お日さまのすべての瞬間を応援します」
MBCドラマ『奇皇后』(2013)!韓国だけではなく、アジアでもブームを巻き起こした。
名も無き高麗の少女からいくつもの苦難を越えて皇后の座に上りつめていく
スンニャンを演じたジウォンオンニは2013 MBC演技大賞で大賞を受賞し、
地上波3社が選んだ今年の演技者賞、人気賞、大賞の3冠を達成しました。✨
撮影期間は約9カ月に及び、1週間のうち5日が徹夜で、寝不足で循環が悪くなったから、
足や頭から血を抜いたという裏話を明かした。🥲

「作品ごとに新しい姿を見せてくれるお日さま」
主演のハ・ジョンウさんが自らメガホンを取った映画『いつか家族に』(2015)、
ジウォンオンニが3人の息子の母親ホ・オンナンを演じた。
「初めての母親役、 感謝の気持ちが大きいです」とジウォンオンニがインタビューで明かした。

「他の作品ではどんな演技や姿を見せてくださるのか楽しみです」
ドラマ『君を愛した時間』(2015)!
ジウォンオンニが演じたのは、仕事に恋に奮闘する34歳のキャリアウーマンオ・ハナ。
これまで戦ってきた強いイメージとは全く違う、明るくて愛らしい魅力を放った
ハナのファッションも話題になりました。😌

「ワクワク、ときめく気持ちで 女優ジウォンさんと女優ナムミさんに会えるのを待ってます」
映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(2016)🎬
スランプに陥っている推理小説作家家ハン・ジェインを演じたジウォンオンニが
この作品でコミカルな演技を披露した。劇中の衣装は自分で買いに行ったり、
自分の服も着たり、 周りのお姉さんから借りたりもしたという。

デビュー後、ドラマ『病院船』(2017)で初めて医師役に挑戦したジウォンオンニは
実力派外科医ソン・ウンジェ役を完璧に演じるために、解剖学の本を直接購入して、
臓器を一つ一つ描きながら学んだり、バナナを使って毎日のように手術の縫合の練習をしたりして、
「俳優ではなく本当の医師として見てほしい」とコメント。
『病院船』は全編巨済島で撮影が行われたので、撮影で数か月コジェ島で暮らしたお日さまは
「本当に巨済島に引越しした気分」とインタビューで話してました。🚢
ちなみにジウォンオンニはこのドラマでMBC演技大賞でミニシリーズ部門女子最優秀演技賞を受賞。

「1023がこの宇宙で一番愛するお日さま」
中国・香港・台湾・日本・韓国の5ヵ国が共同制作した映画『マンハント』(2017)。
ジウォンオンニが演じたのは、女殺し屋レイン。
ジョン・ウー監督の作品で女殺し屋が登場するのは、本作が初めてで、
ジウォンオンニが披露したキレのあるアクションは、ジョン・ウー監督も絶賛した。
「撮影している間はハ・ジウォンではなく、女性版チョウ・ユンファとして見てたんだ」と
ジョン・ウー監督がインタビューで明かした。

「いつまでもお元気で幸せでいてください」
JTBCドラマ『チョコレート』(2019)。
料理で人の心を慰める火のように暖かいイタリアの世界料理大会出身の実力派シェフ
ムン・チャヨンを演じるジウォンオンニは役作りのために、
ベーキング、イタリアン、韓国料理を習い、レストランで厨房の補助として実習した。
十日間の研修期間中に直接料理を学び、パスタも作ったし、オーダーまで務めたという。
ちなみにこの作品は韓国だけではなく、ギリシャでも撮影が行われました。🎬

ドラマ『チョコレート』とほぼ同時に撮影した映画『担保』(2020)。
ジウォンオンニが演じたのは、大人になったパク・スンイ。
「初めてシナリオを読んで多くの涙を流した。『担保』を見ながら、
観客も深く共感できるだろう。この時代に本当に必要な映画」とジウォンオンニが語った。
一方、この作品でお日さまと初めて共演したソン・ドンイルさんは
「ハ・ジウォンさんがカット後も涙が止まらない。思い切り泣くようにして、
少し経ってから再開するほど作品に没頭する俳優だ」という撮影エピソードを明かした。

「100年、1000年、10000年、ずっと愛してます」
ジウォンオンニの最新作品であるドラマ『ドラマワールド』シーズン2(2021)。
お日さまが演じたのは、知られざる過去を持つドラマワールドのヒロイン「ジウォン」を演じた。
「ジウォン」役について…
すごく面白いキャラクターですよ。
とても強いですが、『ドラマワールド』でしか見られないメロがありますよ。
今までご覧いただいた、私のファンたちが気に入ってくれたと思う
そんなジウォンの姿もありますが、もう少しウィットがあって、
面白いキャラクターをお見せできるのではないかと思います
とジウォンオンニが制作発表会で語りました。
『シークレット・ガーデン』や『キング 〜Two Hearts』のセルフパロディシーンも話題になりました。💞

ジウォンオンニへのメッセージはここまでですが、
最後のシーンはジウォンオンニの名前と彼女が演じた役の名前でハートのロゴを作ってみました。💗
「ハ・ジウォンもハ・ジウォンが演じた役も大好き」という思いを込めて。😌

ジウォンオンニに捧ぐお手紙なので、しっかり作らないといけないと思って、
1週間かけて作りました。お日さまのフィルモグラフィーの時間旅行はいかがでしたか?🎬
1023 Dayのお祝い映像を作りながら、ジウォンオンニの作品を見返したんですが、
ますますハ・ジウォンという女優が好きになりました。🥰
そしてファンになれたことに本当に本当に感謝しています。💗

ジウォンオンニはこれからの作品でどんな姿を見せてくれるのか本当に楽しみです。
これからもついていきます!💪🏻

投稿者: sunshine1023

コメントを残す