ハ・ジウォン映画『担保(담보)』インタビュー⑮「もっと多くの人の物語をしたいです」 2020.10.15

ジウォンオンニの映画『担保』のインタビュー、紹介したい記事がいくつかありますが、
最近いろんなことでバタバタしてて、なかなかアップできず…😅
遅くなるかもしれないけど、少しずつアップしていきたいと思います。💪🏻
先日、素敵なインタビュー記事が上がってきたから、先にここで紹介します。


[スタートーク] 「担保」ハ・ジウォン「もっと多くの人の物語をしたいです」

秋の劇場街を映画『担保』が掌握した。 ソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォンと子役俳優パク・ソイが主演を務めたこの映画は、熱い感動と涙を担保しながら、秋夕とハングルの日の連休に熱い愛を受けた。 ハ・ジウォンの選択はやや意外だったが、間違っていなかった。

もうデビュー24年目の俳優ハ・ジウォン。 スクリーンのお出かけも、このようなヒューマンドラマジャンルの映画も久しぶりだった。 これまで時代劇、アクション、ロマンスなどあらゆるジャンルのものを渉猟したのはもちろん、優れた演技力とスター性で認められてきた彼女の選択にはいくつかの疑問が残った。 映画が公開されてから、観客は「ハ・ジウォンの選択が正しかった」と悟るようになった。

◆『担保』に込められた物語…家族、そしてハ・ジウォンの真心

映画『担保』は10月初めの秋夕連休の間、デイリーボックスオフィス1位になり、一気に80万人余りの観客を動員して序盤の興行を記録した。 コロナ19で映画館街がカチカチに凍りついていたところへ吹いてきた薫風のような知らせだった。 消えかかっている韓国映画界の火種を再びつけた主人公がハ・ジウォン、ソン・ドンイルだ。 2人は『担保』で朝鮮族の子供スンイの大人役、お金の代わりに連れてきたスンイの最後まで責任を負うドゥソク役を引き受けて熱演した。

「初めてシナリオを読んだ時の感じが映画にそのまま出て本当に良かったです。 分量のために私の出演が意外だと思った方が多いです。(笑)ユン・ジェギュン監督から『あげたいシナリオがある』と直接連絡が来て、最初から比重や分量も知って始めました。 映画の序盤と最後に登場するスンイが、観客に伝える感情がリアリティを感じさせるように近づいてほしいとお願いされました。私も快くやると言いました。」

映画『TSUNAMI -ツナミ-』で一緒に呼吸していたユン・ジェギュン監督が率いるJKフィルムが製作し、前作『ハーモニー 心をつなぐ歌』でヒューマンドラマをしっかりと描いたカン・テギュ監督がメガホンを取った。 ハ・ジウォンが多彩な作品で独歩的な演技で彼女ならではのキャラクターを描き出したとすれば、今回は映画の感情をより深く豊かにしなければならない簡単ではない役を引き受けた。

「結局、愛についての物語です。 『担保』では、本当に特別な関係の人々が本当の家族になっていきます。 そんな部分がとても新たに近づいてきた感じでした。 最近は家族だけど、遠く離れて暮らす人も多く、さらには関係を絶って過ごす人も多いじゃないですか?そんな面で家族についてもっと考えることができる機会にもなります。 そのような大切さや価値が感じられてよかったです。 家族は誰よりも一番先に私を守ってくれて保護してくれて信じてくれる存在じゃないですか? きっと血が繋がってなくても家族になれると思ったし、それが映画でよく見られるから、一番良かったです」

序盤にハ・ジウォンは大人のスンイ役で劇の幕開けを担当し、流暢な中国語の実力を披露した。 韓中外交長官級会議で通訳を務めるなど、上手な通訳者として登場する。 過去、中国でドラマなどに出演して活躍しただけに、彼女の中国語の実力に多くの関心が集まった。

「全く本来の実力ではないんです。(笑)今回、ちょっと習いました。 劇中のスンイと同じように、長官通訳の方から学ぶことができました。 視線処理や言葉のボリュームやトーンを完璧に真似しようとたくさん努力しました。 子役のソイが非常に多くの部分を担当しなければならなかったんですが、私が本当に悔しくなるほど小さい子供が経験したことと状況が苛酷でした。 ドゥソクおじさんがそれを見て、スンイを心から愛してあげるしかなかったようです。ソン・ドンイル先輩とはあまりにも一つの舞台で演技をしてみたかったんです。 今度娘として会うことになりましたね。(笑)実際にお会いすると、本当に温かくて良い方で、また天真爛漫な子供みたいな面もあって、現場でもいつも楽しく受け入れてくださいました。」

映画の中では幼いスンイが経験することが惨憺たるものでもあるが、実際に現実ではさらに深刻なことも起きる。 ハ・ジウォンは劇中のドゥソク(ソン・ドンイル)とジョンべ(キム・ヒウォン)、スンイの3人は血が繋がっていない家族だが、彼らを深く理解し共感することができたことを打ち明けた。

「ドゥソクがある意味、スンイの父親よりも切ないスンイの境遇をすべて把握しているため、もっと保護してあげて、スーパーマンのように守ることができたと思います。 スンイも可哀想だが、それを経験したことがあって、もっとまっすぐに育ったと思います。 すべての困難を乗り越えることができたのは、ドゥソクやジョンべのようなおじさんが特別な愛をくれたからです。 後でこんな思いもしたんですよ。 ドゥソクおじさんがスンイを守ってくれて、保護してくれたように、スンイも二人のおじさんをお互いに守ってあげた感じですね。 最後にはお互いに必ず必要な存在になってしまうでしょう。 それがまた愛です。 私が生きていく理由の一つになるほど、お互いに特別になるじゃないですか?私に生きる力をくれて守ってくれてお互いがとても大事です。 それが熱く感じられる映画です。」

◆ 胸が熱くなる『家族』の意味…24年目の俳優が進む道は

『担保』では、かなり暗い社会の断面を扱いながらも、過度に重くなく、過度に感情を爆発させない。 終始一貫して淡々と流れる中で涙を流すのはほとんどの観客の役割だ。 「わざと絶対泣かなかった」というソン・ドンイルのように、ハ・ジウォンも事前に感情を決めておいたり、爆発させようとせず、自然に演技したことを打ち明けた。

「最後にドゥソクを見つけて、結局会うシーンが一番胸が熱くなったと思います。 どんな感情や演技を見せてあげなきゃ~と考えず、現場でただ感じたままを表現しました。定型化された悲しみや予想される感情をすべて除いて、白紙の状態でカメラの前から一歩踏み出したようでした。 予測される何かを持って入った時は、すでにあまりにもすべてが偽物のようになる瞬間になるのではないかと心配しました。 すべてのものを下ろすために少し大変なシーンだったが、そうやって撮った記憶があります。 私があまりにもこみ上げて悲しむと逆効果になりそうだったんです。 あまりにも予想可能なことや決まっていることもあるじゃないですか?」

映画ではスンイ役の俳優がハ・ジウォンまで計3人登場する。 小学生時代のパク・ソイ、高校時代のホン・スンヒ、そして大学生から成人になったスンイをハ・ジウォンが演じた。 ハ・ジウォンはこの点について言及し、どのような強い状況よりもスンイの過去が1シーンずつすれ違うシーンが一番ぐっと来たと話した。

「幼いスンイから高校生、大学生へと進む過程が胸が熱くなりました。 モンタージュたちがずらりと登場する部分です。スンイがおじさんの気持ちをすでに理解している娘なので、本当に涙が出ました。 私は本当に両親の言うことをよく聞く娘だったんです。 私にするなという話を一度もしていないんですよ。 それがうちの両親のやり方だったかと思います。 勉強しろと言わないし、そのまま全部信じて任せました。 たった一度だけオーディションを受けに行った時、『あまりにも辛かったらやらなくてもいいよ』と言われたことがあったのですが、それが更に意志を燃やすきっかけにもなりました。 ハハ。その後、もっとオーディションを受けて、だんだん忙しく仕事をするようになりました。」

国内では映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(2016)以来4年ぶりにスクリーン復帰だ。 ハ・ジウォンも観客たちの望みのようにもっと頻繁に作品であいさつできることを願った。 なんと24年間演技しながら、これまでやってこなかった演技がほとんどないほどだが、引き続き新しい面を見せるという自信と意志を固めた。 彼女は「今の年齢にできることは確かにあるはず」とし、相変わらず演技への意欲を示した。

「もっと多くの作品で、もっと多くの人の物語をしたい。 機会が来ることを願って、いつも待っています。 まだ挑戦することが残っているのかとおっしゃっていますが、 もっと多くの仕事を期待しています。(笑)キャラクター的なジャンルの映画やドラマもたくさんしましたが、本当に人の物語もする時になりました。 幼い頃に上手くできるジャンルと物語があれば、今の年齢でできることがあるでしょう。 時間が経つと、いつも見てきたものも 変わってくるじゃないですか? 今日見た波と去年見た波が違うようにね。 10年前にした演技でも確かに違うでしょう。 同じようにしたら機械じゃないですか?(笑)常に俳優として留まっているより少しずつでも発展して成長しようと思います。 後輩たちも大目に見てくれて良い話もたくさんしてくれますが、その度にここで躊躇せずにもっとたくさん学んで、もっと手本になればと思います。良い先輩としてしっかりやって、良い道を歩みたいです。」

元記事:こちら


ほかのインタビューで語られていない話も聞けて本当によかった。💓
今回ジウォンオンニが演じるスンイは、韓中外交長官級会議で通訳を務める
中国語の同時通訳者ですが、中国語の実力に多くの関心が集まったという。😁
全く本来の実力ではないんです。(笑)今回、ちょっと習いました。
劇中のスンイと同じように、長官通訳の方から学ぶことができました。
視線処理や言葉のボリュームやトーンを完璧に真似しようとたくさん努力しました。
子役のソイが非常に多くの部分を担当しなければならなかったんですが、
私が本当に悔しくなるほど小さい子供が経験したことと状況が苛酷でした。
ドゥソクおじさんがそれを見て、スンイを心から愛してあげるしかなかったようです。
ソン・ドンイル先輩とはあまりにも一つの舞台で演技をしてみたかったんです。
今度娘として会うことになりましたね。(笑)
実際にお会いすると、本当に温かくて良い方で、
また天真爛漫な子供みたいな面もあって、
現場でもいつも楽しく受け入れてくださいました

ジウォンオンニが実際に中国語の同時通訳に挑戦したわけではないけど、
中国語がペラペラだと思わせるジウォンオンニの演技力が凄いですね。😁
ジウォンオンニがプロモで中国や台湾を訪れたときもインタビューで
中国語を披露したことがありますが、本当に発音がきれいでビックリしました!

ジウォンオンニがインタビューで話した通り、
パク・ソイちゃんが演じる幼いスンイが経験したことがあまりにも苛酷で、
そんな彼女を見たドゥソクおじさんも守ってあげなきゃ~と思うようになったね。😢
ドゥソクがある意味、
スンイの父親よりも切ないスンイの境遇をすべて把握しているため、
もっと保護してあげて、スーパーマンのように守ることができたと思います。
スンイも可哀想だが、それを経験したことがあって、
もっとまっすぐに育ったと思います。
すべての困難を乗り越えることができたのは、
ドゥソクやジョンべのようなおじさんが特別な愛をくれたからです。
後でこんな思いもしたんですよ。 ドゥソクおじさんがスンイを守ってくれて、
保護してくれたように、スンイも二人のおじさんをお互いに守ってあげた感じですね。
最後にはお互いに必ず必要な存在になってしまうでしょう。 それがまた愛です。
私が生きていく理由の一つになるほど、お互いに特別になるじゃないですか?
私に生きる力をくれて守ってくれてお互いがとても大事です。
それが熱く感じられる映画です

血が繋がっていなくても、強い絆で繋がれた家族になっていく、
お互いに必要不可欠な存在となっていく過程に胸を打たれますね。💗
一方、ジウォンオンニが『担保』で最も胸が熱くなるシーンについてこう語りました。
最後にドゥソクを見つけて、
結局会うシーンが一番胸が熱くなったと思います。
どんな感情や演技を見せてあげなきゃ~と考えず、
現場でただ感じたままを表現しました。
定型化された悲しみや予想される感情をすべて除いて、
白紙の状態でカメラの前から一歩踏み出したようでした。
予測される何かを持って入った時は、
すでにあまりにもすべてが偽物のようになる瞬間になるのではないかと心配しました。
すべてのものを下ろすために少し大変なシーンだったが、
そうやって撮った記憶があります。
私があまりにもこみ上げて悲しむと逆効果になりそうだったんです。
あまりにも予想可能なことや決まっていることもあるじゃないですか?

偽りのない感情だからこそ、見る人の心を動かすことができるでしょうね。😌
先日公開された『担保』の4分ハイライト映像で、
スンイが小学生から大学生になるまでのシーンが流れたんですが、
ジウォンオンニがインタビューでこのシーンについてこう語りました。
幼いスンイから高校生、大学生へと進む過程が胸が熱くなりました。
モンタージュたちがずらりと登場する部分です。
スンイがおじさんの気持ちをすでに理解している娘なので、本当に涙が出ました。
私は本当に両親の言うことをよく聞く娘だったんです。
私にするなという話を一度もしていないんですよ。
それがうちの両親のやり方だったかと思います。
勉強しろと言わないし、そのまま全部信じて任せました。
たった一度だけオーディションを受けに行った時、
『あまりにも辛かったらやらなくてもいいよ』と言われたことがあったのですが、
それが更に意志を燃やすきっかけにもなりました。 ハハ。
その後、もっとオーディションを受けて、
だんだん忙しく仕事をするようになりました

小学生から大学生に成長したスンイのシーンのカメラワークが凄く気に入ってて、
初めて見たときは凄く感動しました。映画用語では「モンタージュ」と言うんですね。😮
勉強になりました。「するな」「勉強しろ」と親に言われたことがないというジウォンオンニ、
子供の頃から模範生でしょうね。「あまりにも辛かったらやらなくてもいい」と言われたら、
「さらに意志を燃やすきっかけになった」というのもジウォンオンニらしい。😁

インタビューの最後にジウォンオンニが演技についてこう語りました。
もっと多くの作品で、もっと多くの人の物語をしたい。
機会が来ることを願って、いつも待っています。
まだ挑戦することが残っているのかとおっしゃっていますが、
もっと多くの仕事を期待しています。(笑)
キャラクター的なジャンルの映画やドラマもたくさんしましたが、
本当に人の物語もする時になりました。
幼い頃に上手くできるジャンルと物語があれば、
今の年齢でできることがあるでしょう。 時間が経つと、
いつも見てきたものも 変わってくるじゃないですか?
今日見た波と去年見た波が違うようにね。
10年前にした演技でも確かに違うでしょう。
同じようにしたら機械じゃないですか?(笑)
常に俳優として留まっているより少しずつでも発展して成長しようと思います。
後輩たちも大目に見てくれて良い話もたくさんしてくれますが、
その度にここで躊躇せずにもっとたくさん学んで、
もっと手本になればと思います。良い先輩としてしっかりやって、
良い道を歩みたいです

凄くいい話が聞けて本当に嬉しかった。🥰
韓国を代表する女優さんになっても、謙虚な姿勢を忘れずにいられて、
学んで挑戦して進化していく姿は本当に素晴らしい。💖
ジウォンオンニが愛される理由ってまさにこれだと思います。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す