【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【TSUNAMI -ツナミ-(해운대)】インタビュー「韓国で女優として生きる、幸せだ」 2009.7.1

先週からほぼ毎日新しいお日さまが見れて、ファンとして本当に嬉しいです。🥰
今日は新しい情報が上がってこないから、
13年前の7月に公開されたお日さまの映画『TSUNAMI -ツナミ-(해운대)』を
少しずつアップしていきたいと思います。💪🏻


ハ・ジウォン「韓国で女優として生きる、幸せだ」(インタビュー)
하지원 “한국에서 여배우로 살기, 행복하다”(인터뷰)
2009.7.1

ハ・ジウォンは会う作品ごとに夏の朝の強い青々とした生気がある。 『1番街の奇蹟』『あしながおじさん(邦題:ふたつの恋と砂時計)』等では貧困に正面から粘り強く生きる姿があった。

ハ・ジウォンは今回の『海雲台(邦題:TSUNAMI -ツナミ-)』(23日公開)で麻浦船着き場で無許可刺身屋をしているヨニ役を引き受けた。 無許可で商売をしているため、たびたび恥をかくが、いつも明るくて堂々としている。

彼女は今回の作品のために3ヵ月間釜山方言を学び、直接刺身屋を回りながら自分と似た人物を探したりもした。 いつにも増して大変だったが、一方、どの映画よりも楽しかったという。

ハ・ジウォンは実際に粘り強いのかという質問に「実際は家で静かに過ごす性格だ」と答えた。 いや、『1番街の奇蹟』で酒に酔って吐いてたハ・ジウォンが静かな性格だなんて。 彼女の生活と演技に対する率直な考えを聞いてみた。

▶本当に髪の毛を掴んだリアル『海雲台』の撮影現場

「本当に髪の毛掴まれて抜けると思いました。 ユン・ジェギュン監督ならではのリアルさがにじみ出ています。」

彼女が『海雲台』を撮影しながら大変だった点は単純に釜山方言のためではなかった。 ユン・ジェギュン監督ならではのリアルさがにじみ出るシーンを撮影するのが簡単ではなかった。

序盤、商店街繁栄会会長のマンシク(ソル・ギョング扮)の母親の店の前で商売をしているため、髪の毛が掴まれるシーンがある。

「ユン・ジェギュン監督が髪の毛を掴むシーンで手を髪の毛の間に入れて掴まなければならないと注文した。 5~7回撮影したが、本当に痛かった。 ユン監督が掴むふりをしているようだと『もう少し強く』を連発した。」

当時、彼女がマンシクの母親を睨むシーンは、このような現場のリアルさが生きているシーンだと。 簡単ではない過程にもかかわらず、『海雲台』を選んだのはユン・ジェギュン監督との縁のためだ。『セックス イズ ゼロ』『1番街の奇蹟』等を通じて積もった信頼が大きくて、悩まずに選ぶことにした。 彼女の表現を借りれば、『海雲台』は新鮮な衝撃だった。

▶韓国で女優として生きていく方法「幸せです」

ハ・ジウォンはトップの座をしっかり守る俳優の一人だ。 特別なスキャンダルもなく、大きく失敗した作品もない。 観客たちも、映画関係者もハ・ジウォンが選ぶ作品に無言の信頼を送る。 彼女の作品の中で最も観客が入らなかった映画は『人生の逆転』ぐらいだ。 その他には計300万を越える観客を動員して「さすがハ・ジウォン!」という賛辞を受けた。

ハ・ジウォンは「まず、私は幸せだ。 今この瞬間まで明日すぐ演技をしないこともありうるが、本当に幸せだ」と話す。

彼女は過酷なスキャンダルに巻き込まれたことがないので,幸せなのではないかと思った。 頂上から墜落するスキャンダルまたは失敗した作品がないため、「温室の中の草花」のように幸せなのではないかと疑問に思った。

「本当に私がやってないのに、やったように記事化された時、本当に悲しかった。 巨大なスキャンダルや死にたくなるほど大変な目に遭うことがなかった。 しかし、そのような記事を見ながら、もう少し理解してくれればよかったのに。 女優も人間なのに…と思った。 もう少し心を開いてみると、傷つきにくく自由になれるんじゃないかな?」

ハ・ジウォンと会話をしながら溢れる暖かさに静けさの世界に沈み込むことを感じた。 気さくで溌剌としているだけだと思っていた彼女は「温室の中の草花」ではなく、あまりにも硬い現実の中に根を深く刻んだ強靭な木として近づいてきた。

「正直、危機を感じたことはなかった。 いつもネクストがあったようだ。 今もありがたいのが映画現場が難しいにもかかわらず、今年2本の映画を公開する。 いつも新しい作品を準備しながら期待感に膨らんでいるからだと思う。」

彼女にとって次の作品はいつも1番目だ。 新しい作品でどんな役割を担っても、いつも第一に考えて演技すると強調した。

「いつも変化した姿を見せたいし、観客の渇きを解消してあげたい。 作品の前にわくわくする気持ちでご飯もたくさん食べないようになる。 音楽を直接選曲してみて衣装も買いに行く。」

▶ハ・ジウォンが提案する家で遊ぶ方法は?

実は、ハ・ジウォンはスキャンダルが起きたことがない。 同僚俳優たちと食事やお茶をしてもスキャンダルになりそうだが、特別な噂になったことがない。 彼女の人生は家の多くを占める。家で多くのことを学び、友達と時間を過ごす。 「引きこもりなのかって?」ハ・ジウォンは「家ですることがどれだけ多いか」と強調した。

「朝7時30分に起きてコーヒーを一杯飲み、足浴で一日を始める。 コーヒーが大好きで毎日コーヒーメーカーを磨く。 規則正しい生活が好きだ。 何より学ぶことが大好きで家で多くのことを学ぶ。」

ハ・ジウォンが学んだことは一々取り上げることも難しい。 最も魅力があったのはタンゴだ。

「『デュエリスト』のためにタンゴを学んだ。 ワイン一杯を飲んで低い照明で『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』の『Por Una Cabeza』に合わせて踊った記憶が忘れられない。」

一番大変だったのはボクシングだ。 乗馬などアクティブな運動を楽しむ彼女だが、ボクシングは再び習いたくない運動だ。

「『1番街の奇蹟』を撮りながら、最後の試合シーンで組み合わされた力なく実際に戦った。 相手が鼻血が出たりもした。 本当にハ・ジウォンの拳が強いと言っていた。」

このように学びの楽しさを満喫できるのは、始めれば最後までやるスタイルのためだ。 コンソールサッカーゲームに夢中になったり、外国語の勉強をしたりもした。 最近は声楽とミュージカルの勉強をした。

彼女の知られざる趣味はミニチュアコレクションだ。 「映画や漫画キャラクター、ロボットのようなミニチュアを集める。 直接組み立てることもある。 その子供たち(ミニチュア)を見ていると気分がよくなる。 珍しい品といえば本当に欲しくなる。」

ハ・ジウォンはこれから電子ギターを習う欲張りだ。 最近、ファンに白い電子ギターをプレゼントされたという。 「ワンピースを着て白い電子ギターを弾く姿をファンに見せたい。 一曲を集中的に練習する計画なので、曲の選定に力を入れている」と照れくさそうな笑みを浮かべている。

元記事:こちら


総制作費130億ウォン、『海雲台』主演ハ・ジウォン、「海雲台を襲った津波に鳥肌が立つでしょう」
총 제작비 130억원 ‘해운대’ 주연 하지원 “해운대 덮친 쓰나미에 소름끼칠걸요”
2009.7.1

ユン・ジェギュン監督の『海雲台』(23日公開)は国内初の超大型災難映画だ。 総製作費130億ウォンを投入して海雲台に襲った津波と死闘を繰り広げる人々を捕捉する。 ソル・ギョング、パク・チュンフン、オム・ジョンファら豪華キャストの中心にはトップスターのハ・ジウォン(31)がいる。 町内の青年マンシク(ソル・ギョング)と愛を分かち合う刺身屋の主人役を熱演したハ・ジウォンは「津波も襲えなかった人々の物語」と話した。 1日、ソウル三清洞のあるカフェで彼女に会った。

「公開初週の観客数で『トランスフォーマー』を抑えたいです。 ハリウッドの災害映画では味わえないユニークな面白さがありますから。 ハリウッド映画では災難シーンがメインですが、ここでは災難を乗り越えようとする人々の素朴な物語が中心です。 津波は人々が誤解と葛藤を解いて愛に進む手段と言えます。 何よりも誰もがよく知っている海雲台に津波が押し寄せたので、肌で感じる恐怖感はさらに大きいでしょう。 そのイメージだけでも鳥肌が立ちます。」

彼女はユン監督から出演オファーを受けた時、シナリオも見ずにただちに受け入れたという。 海雲台に迫った津波という設定があまりにも興味深かったためだ。その上、ユン監督のコメディ『セックス イズ ゼロ』『1番街の奇蹟』などに出演し、彼のドラマでは真正性を感じたという。

「父が津波で亡くなって苦しい生活を送っている無許可の刺身屋の主人役です。最初は普段通りメイクをしていたら、主人ではなくお客さんみたいだと断られました。 だから、実際の私の顔より黒くメイクして安いTシャツに粗末なスニーカー、タオルとゴム手袋を着用したら、ようやく本物に近づいた。 私とマンシクの葛藤と愛は津波によって新しい転機を迎えます。 人々は死の恐怖の前で真心を表わすものです。」

劇中の離婚夫婦として登場するパク・チュンフンとオム・ジョンファカップルも似たケース。津波研究に狂った学者に扮したパク・チュンフンと一人で娘を育てながら職場に通うオム・ジョンファは7年ぶりに再会するが、津波で生死の分かれ目に立つ。 オム・ジョンファは娘を救出するシーンを撮影していたところ、足の指の骨が骨折し、胸の骨にひびが入った。

「私もマンシクを救うシーンを撮影する時、わき腹にあざができました。 強風機と水鉄砲を動員して水流を浴びせる中、片手で電柱にぶら下がったまま、もう片手でマンシクを救うシーンでした。 マンシク役のソル・ギョングさんが全身を乗せて私の手を引っ張ったせいで全身が裂けるかと思いました。 水槽セットで水に流されるアクションシーンを撮るシーンでは、私よりエキストラ出演者の苦労が大きかったでしょう。 」

実は巨大な津波のシーンは、韓国とアメリカの特殊効果チームが動員され、コンピューター・クラフィック(CG)で処理された。

「想像だけで演技しなければならないのが難しかったです。 津波がどこまで来ているのか分からず、スタッフに繰り返し聞いてみなければなりませんでした。 カメラマンをはじめスタッフも同時に感じてこそ実感できますから。 」

彼女は30歳を過ぎたが、結婚計画はまだないと言った。 自分に満たさなければならないことが多く、しなければならないプロジェクトも度々できているため、考える暇がないという言い訳。

元記事:こちら


これまで様々なお日さまの作品のインタビューを紹介してきたんですが、
映画『海雲台』のインタビューはあまり紹介したことないと思って、
少しずつアップしていけたらと思います。💪🏻

昔のインタビューを訳しながらふと思ったのは、『海雲台』の撮影エピソードはもちろん、
インタビューを受けた当時のお日さまの心境や「今この瞬間」を知ることができて凄くいい。💕
実際は家で静かに過ごす性格だ。
家ですることがどれだけ多いか?

とインタビューで話したジウォンオンニ、
3年前にヘワダルチャンネルで公開された動画でも「実は私はインドア派の女性」と話してたよね。😁
そういうブレないところが凄く好きだ~とインタビューを訳しながら改めて思いました。💗

一方、家での過ごし方について…
朝7時30分に起きてコーヒーを一杯飲み、足浴で一日を始める。
コーヒーが大好きで毎日コーヒーメーカーを磨く。 規則正しい生活が好きだ。
何より学ぶことが大好きで家で多くのことを学ぶ

コロナで家に引きこもる時間が多くて、ジウォンオンニもこの2年間、
自分と向き合う時間が増えたという。😌コロナ以降、生活環境も大きく変化すると思いますが、
今年はKBSドラマ『カーテンコール』を撮影したり、新作映画『雨光』の公開も控えているので、
2022年はある意味再始動ですね。💪🏻

近い将来、お日さまがドラマや映画のインタビューで
今の心境や『今この瞬間』を語ってくれると嬉しいな~🥰

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。