【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【폰(The Phone・ボイス)】インタビュー「ホラークイーンですか? 一人では私が出演した映画も見られないのに…」2002.7.7

先日ここでお知らせした通り、2002年に公開された
ジウォンオンニ主演ホラー映画폰(The Phone・ボイス)のリマスタリング映像が
2021年7月28日(水)からCGVで上映されます

ハ・ジウォン主演ホラー映画【폰(The Phone・ボイス)】7月28日(水)からCGVでリマスタリング映像再上映決定!

『ボイス』の本編映像はまだ見てないけど、
だいぶ前に保存しておいたジウォンオンニのインタビュー記事を読み返してみると、
ここで紹介したい記事がいくつかあるので、訳してみることに。


[映画] ホラー映画『ボイス(原題:フォン)』で初めて主演を務めたハ・ジウォン
[영화] 공포영화 ‘폰’에서 첫 주연맡은 하지원
2002.7.7

「ホラークイーンですか? 一人では私が出演した映画も見られないのに…」

『友引忌』『真実ゲーム』などホラー映画に主に出演し、ホラークイーン(恐怖の女王)のようになってしまった女優ハ・ジウォン(23)がまたホラー映画1本の主演を務め、スクリーンに戻ってきた。 26日に公開予定のアン・ビョンギ監督の新作『ボイス』だ。 『ボイス』とは、ある携帯電話を所有していた人たちが怪電話を受け、次々と死んでいくという内容。 日常の中で最も身近なコミュニケーション手段である「電話機」が恐ろしい悪魔のメッセンジャーになれるという設定が不気味だ。

ハ・ジウォンは劇中で連続殺害事件を追跡する記者役を引き受けた。 映画『ボイス』が11日に開幕する富川国際ファンタスティック映画祭の閉幕作品に決まり、主人公のハ・ジウォンは映画祭の顔「フェスティバルレディー」にも選ばれた。

前作『友引忌』で鳥肌が立つ幽霊役で登場して以降、ハ・ジウォンは今回の映画『ボイス』までホラー、ミステリーの出演がすでに3回目だ。 多くの女優がイメージを「美してきれいに」管理しようとメロドラマを好むが、ハ・ジウォンの行動は異例だ。 もしかしたら自らホラー映画マニアなのではないか?

「私ですか?ホラー映画が怖くて観れません。 私が出演した『友引忌』も何人かで一緒に見たし、 一人で見る時は私の顔がとても怖くて見てて切りました。(笑)最近も家にいて、後ろで誰かが見ているような気がして、急に顔を背けて振り返ったりするんです。」

ハ・ジウォンは今回初めて映画の主人公をしてみた。 彼女は観客の集中を失わないために、あまり体も動かさずに「眼差し演技」をしなければならなかった。 「あまりにも長くまばたきをしなかったので、涙が出てしまいました。 ホラー映画は俳優が瞳をどこに動かすかによって映画の雰囲気が完全に変わるんですよ。」

彼女は1男3女の次女だ。 ほどよく日焼けしたように肌が浅黒い。 本人は「母が妊娠中にジャージャー麺をたくさん食べたからそうなった」と話した。 母親の立場では娘が「ホラークイーン」として浮上するのを嫌がるのではないだろうか?

「うちの母ですか? 『どうせやるなら、本当に怖がらせなさい』って仰ってました。ある程度怖くてはよくやったという話もしません。」

映画の中で不気味な感じを与えていた彼女の眼差しは、実際、目尻ににこにこと愛嬌が溢れていた。 か弱く見える外見の中にセクシーで成熟した表情が隠れているのがハ・ジウォンの魅力。 物静かでおとなしい口調だったが、「今回の映画は、これまで見たことのない刺激的で魅惑的なホラー映画」と強調したときは、顔に自信が満ちていた。

「残忍な血まみれの映画ではなく、冷たく心臓を締め付けてくる心理ホラー物と言いましょうか? 『シックス・センス』や『アザーズ』のように ドラマとどんでん返しもあります。 本当に怖いので、お年寄りや妊婦は気をつけなければならないと思いますよ?」

元記事:こちら


記事に掲載されている写真の画質がイマイチだから、最大限で画質を良くしてみました。💪🏻
ジウォンオンニが24歳の時に受けたインタビュー!✨
『友引忌』『ボイス』を立て続けに出演したジウォンオンニ、ホラー映画が怖くて見れないという。😁
私ですか?ホラー映画が怖くて観れません。
私が出演した『友引忌』も何人かで一緒に見たし、
一人で見る時は私の顔がとても怖くて見てて切りました(笑)
最近も家にいて、後ろで誰かが見ているような気がして、
急に顔を背けて振り返ったりするんです

ジウォンオンニも自分が出演したホラー映画が怖くて、
ほとんど見てないって過去のインタビューで何度も話してましたね。😅
ちなみにジウォンオンニが『ボイス』で人間役、『友引忌』で幽霊役を演じました。👻
一人で見るとやはり怖いよね。💦

このインタビューで個人的に一番興味深いのは、ジウォンオンニが「眼差し演技」について語ること。
あまりにも長くまばたきをしなかったので、涙が出てしまいました。
ホラー映画は俳優が瞳をどこに動かすかによって映画の雰囲気が完全に変わるんですよ

3年前にジウォンオンニがマレーシアのファッション誌「Citta Bella」のインタビュー
女優に一番良い武器は何かという質問に、ジウォンオンニが「目👀」と答えました。
目の演技に定評のあるジウォンオンニ、20代の頃から目の演技を意識していて、本当に凄いな~と思いました。

そして母親の立場では娘が「ホラークイーン」と呼ばれるのが嫌ではないだろうか?という質問に…
うちの母ですか?
『どうせやるなら、本当に怖がらせなさい』って仰ってました。
ある程度怖くてはよくやったという話もしません

ジウォンオンニのお母様も『友引忌』『ボイス』をご覧になったかな?😁
『友引忌』も『ボイス』も早送りで見たが、今度こそノーマルスピードでチャレンジしてみたいと思います。💪🏻

7月28日(水)から韓国のCGVで再上演される『ボイス』のリマスタリング映像!
いつか円盤化されるといいですね!💿高画質で見ると、余計に怖いかもしれないけど。😜

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す