【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【第7鉱区(7광구)】マスコミ試写会&記者懇談会 2011.7.26

先日、映画『海雲台』のマスコミ試写会と記者懇談会などの記事を紹介しましたが、
今日は2011年7月26日に行われた映画第7鉱区(7광구)
記事と写真をまとめてみたいと思います。🎬


『第7鉱区』監督「ハ・ジウォン、失神して、点滴を受けても撮影するんです」
‘7광구’ 감독 “하지원 실신해 링거 맞고도 촬영하겠다고”
2011.7.26

『第7鉱区』のキム・ジフン監督がハ・ジウォンの点滴闘魂を伝えた。

ハ・ジウォンは7月26日往十里CGVで開かれた映画『第7鉱区』(キム・ジフン監督)のマスコミ試写会で映画後半部一人で怪生物体と死闘する部分について「いつも先輩たちと一緒にいて、最後の怪生物体と死闘する時、撮影場で一人で寂しくした」と話し始めた。

続いて「その時は心も寂しくて体も大変でした。 最後のエンディングシーンから歩いてきた時、正気ではなかったです。 ほとんど体も動けず、精神も失って、どのように撮影したのか思い出せないほどです。 足もほぐれた」と話した。

また「監督が横でコンディションの心配をたくさんしてくださって、頑張ってくださいました。 大変だが楽しくできたと思う」とし、「私がいつあんなにかっこよくバイクに乗れるでしょうか。 本当に楽しく撮影しました」と笑いながら付け加えた。

キム・ジフン監督も最後のシーンにまつわるエピソードを聞かせてくれた。 キム・ジフン監督は「30分間、ほとんど台詞なしでハ・ジウォン一人で熱演しているが、監督個人的な感じとして監督も俳優なしでは撮るのは難しいが、俳優も俳優なしでは撮るのは難しいです。 その時、ハ・ジウォン一人で15日ほど一人で徹夜した」と明らかにした。

続いて「昼は点滴を受けて失神したので、一度は撮影を諦めようとしました。 ところが、監督として恥ずかしかった部分がハ・ジウォンが撮影すると言っていました。 その理由がスタッフが待っているためだった」とし、「その時の状態は失神して動けない状態だった。 後半のハ・ジウォンの表情が良かった理由は、実際の怪物と死闘したのが結局、自分との戦いだったようです。 後半部はハ・ジウォンの球が大きいと思います。 ハ・ジウォンがこの映画で中心だったと思う」と伝えた。

一方、『第7鉱区』は韓半島南端の7鉱区、茫々たる大海に浮かんでいる石油ボーリング船エクリプス号で繰り広げられる深海怪生命体と隊員間の死闘を描いた映画です。 アン・ソンギ、ハ・ジウォン、オ・ジホ、イ・ハンウィ、パク・チョルミン、ソン・セビョク、チャ・イェリョンなどが出演した。 8月4日公開です。

元記事:こちら


『第7鉱区』ハ・ジウォンから『シークレット・ガーデン』キル・ライムの影がありますか?
‘7광구’하지원에게서 ‘시크릿가든’ 길라임 그림자가?
2011.7.26

映画『第7鉱区』でチャ・ヘジュンとして出演するハ・ジウォンが先立って披露したドラマ『シークレット・ガーデン』(以下、シガ)のキル・ライム役とキャラクターが重なることに対する感想を明らかにした。

ハ・ジウォンは26日、ソウル城東区杏堂洞往十里で開かれた『第7鉱区』記者懇談会で「シガの前に第7鉱区を先に撮った」とし、「シガの最初のシーンが女優の代役として銃を撃つシーンだったが、第7鉱区のシーンが浮び上がった」と話した。

映画の中でハ・ジウォンは、ボーリング船エクリプス号の上で実感できるバイクアクションを披露する。 これは、シガでスタント俳優のキル・ライムに扮したことに似ている。

また、シガでキル・ライムの父親として出演する俳優チョン・インギは、第7鉱区でもハ・ジウォンの父親として登場し、注目を集めている。

このようなつながりは、シガの作家がハ・ジウォンの第7鉱区のキャラクターをあらかじめ知っていたから可能だったのです。

ハ・ジウォンは「シガの作家が第7鉱区にバイクアクションがあることを知って、ドラマ台本に書いて下さった」とし、「シガが好きな方々はまた別の面白さを感じるのではないかと思う」と伝えた。

俳優チョン・インギが父親の役割を2度引き受けたことに対しては「シガの撮影現場で第7鉱区の父親が現れびっくりした。 縁があると思う」と付け加えた。

一方、『第7鉱区』は済州島南方の海で浮かんでいる石油ボーリング船エクリプス号で疑問の怪生命体が出現し、船員たちと死闘を繰り広げる内容を盛り込んだ。 『光州5・18』を演出したキム・ジフン監督がメガホンを握った。

映画は来月4日公開を控えている。

元記事:こちら


『第7鉱区』ハ・ジウォン、難しいアクション役だけを選ぶ理由は?
‘7광구’ 하지원, 어려운 액션 역할만 선택하는 이유는‥
2011.7.26

俳優ハ・ジウォンがアクション演技を選ぶようになった背景を公開した。

26日午後2時、ソウル杏堂洞往十里CGVでキム・ジフン監督と俳優アン・ソンギ、ハ・ジウォン、オ・ジホ、パク・チョルミンが参加した中で、3Dアクションブロックバスター『第7鉱区』(キム・ジフン監督、JKフィルム製作)のマスコミ試写会および記者懇談会が開かれた。

この日、ハ・ジウォンは「主にアクションが演技をたくさんする。 難しい役割なのになぜ選ぶのか」という質問には、「わざわざ選ぶのではありません。 まずシナリオを見て、観客が面白がって、私が楽しく生きてみることができる人生なのかについて悩み、選んだもの」と答えた。

続いてこの日初めて自分の映画を見た感想についてハ・ジウォンは「私が撮影した映画を初めて見ると戸惑ってよく分かりません。 それで周りにどうかと尋ねる方です」とし、「どうしようもない」と明らかにした。

続いて「その瞬間、最善を尽くして演技するが、いつも残念な点もある。 セット中心に撮影をしたので、空間に合わせて撮影をしました。 それで呼吸を逃した部分があるようで残念です」と率直な本音を打ち明けた。

『第7鉱区』は韓半島南端7鉱区の茫々たる大海に浮かぶ石油ボーリング船「エクリプス号」で繰り広げられる深海怪生命体と隊員間の死闘を描いた映画で、韓国初の純粋な国内技術で作られた3Dアクションブロックバスターです。 8月4日に公開されます。

元記事:こちら


『第7鉱区』ハ・ジウォン「撮影後半部、一人で大変で寂しかったです」
‘7광구’ 하지원 “촬영 후반부, 혼자 힘들고 외로웠다”
2011.7.26

俳優ハ・ジウォンが映画撮影当時、大変で寂しかった本音を打ち明けた。

26日午後2時、ソウル杏堂洞往十里CGVでキム・ジフン監督と俳優アン・ソンギ、ハ・ジウォン、オ・ジホ、パク・チョルミンが参加した中で、3Dアクションブロックバスター『第7鉱区』(キム・ジフン監督、JKフィルム製作)のマスコミ試写会および記者懇談会が開かれた。

この日ハ・ジウォンは「いつも先輩たちと撮影して後半部怪生命体と死闘する時は撮影現場で一人寂しく戦った」とし、「その時は心もとても寂しくて体も大変だった。 最後のエンディングシーンから歩いてくる時は本当に忙しかったです。 それでも監督がコンディションの心配もしてくれて励ましてくれて大変でしたが、楽しく撮影できた」と話した。

続けて「私がいつこんなにバイクに乗ることができますか」と冗談を言って笑いを誘った。

パク・チョルミンもまた「今日映画を見るとハ・ジウォンが本当に苦労した」とし、「ハ・ジウォンが小豆が好きだ。 それで小豆のあるアイスクリームでコミカルな言葉遊びをしながらジウォンを慰めた」と当時を回想した。

ここに監督まで加わった。 「最後のランニングタイムの30分程度をほとんど台詞がなく、一人で死闘する場面を撮影した。 ある日は撮影をやめようと思ったが、ハ・ジウォンスタッフが待っているのに、そうすることはできませんと進行した。 後半部はハ・ジウォンの球が大きいです。 映画の中心だった」と述べ、絶賛を惜しまなかった。

『第7鉱区』は韓半島南端7鉱区の茫々たる大海に浮かぶ石油ボーリング船「エクリプス号」で繰り広げられる深海怪生命体と隊員間の死闘を描いた映画で、韓国初の純粋な国内技術で作られた3Dアクションブロックバスターです。 8月4日に公開されます。

元記事:こちら


映画『第7鉱区』の公開に先立って、11年前の今日、ソウル杏堂洞往十里CGVで
マスコミ試写会と記者懇談会が行われて、ジウォンオンニがアン・ソンギさん、
オ・ジホさん、パク・チョルミンさんと共に出席しました。✨


チューブドレスでマスコミ試写会に登場したジウォンオンニ、
当時映画『コリア(邦題:ハナ ~奇跡の46日間~)』を撮影してたから、
ヒョン・ジョンファ監督の髪型をしてましたね。😁


同じショートヘアですが、ジウォンオンニが演じるヘジュンとヒョン・ジョンファ監督は全く違う雰囲気で、
女優さんってやっぱり凄いと思いながら、カメレオンと呼ばれるのも納得!💫


チューブドレスといえば、ボーイッシュな髪型より女性らしいロングヘアの方が似合うと思いますが、
ショートヘアだからこそ、肩ラインと鎖骨ラインが綺麗に見えますね。😌


ジウォンオンニのアップショットをまとめてみることに。📷
ショートヘアだから、笑うとより一層可愛いよね。🤭
いつもこのあどけない笑顔に癒されます。💞


『第7鉱区』の監督キム・ジフン氏、そしてキャストとの集合写真。📷
アン・ソンギ先生とお日さまの肩を並べて立つ姿が見れてなんだか嬉しいです。💘


片手でファイティンのポーズしてるジウォンオンニは本当に可愛い。😁
『第7鉱区』で演じるボーイリッシュなへジュンとのギャップがたまりません。

私のお気に入りの一枚。📷
お互いを見つめ合うジウォンオンニとオ・ジホさんはもちろん、
アン・ソンギ先生の優しい笑顔も素敵ですね。🥰

ムードメーカーのパク・チョルミンさんのおかげで、
笑い上戸のお日さまの爆笑する姿をたっぷり見ることができました。😁

パク・チョルミンさんのいたずらで、ジウォンオンニも慌てたようで、
恥ずかしそうに両手で顔を隠して大爆笑。😂
アン・ソンギ先生もオ・ジホさんもつられて笑っちゃいましたね。😅

ジウォンオンニが先にパク・チョルミンさんの肩に手をのせますが、
パク・チョルミンさんが突然にジウォンオンニの肩に手をおいて、
あまりにも突然で?さすがにジウォンオンニも慌ててました。😅


お二人の仲の良さが伝わってきたけど、ジウォンオンニがチューブドレスを着てたから、
正直ハラハラしながらこのシーンを見てました。😅💦

フォトセッションを終えてから、キャストが一旦降りたが、
記者懇談会のために再びステージに上がりました。✨

『第7鉱区』の写真を整理しながら、へジュン、ライム、ジョンファ監督、ウンジェの髪型を見比べてみたが、
同じショートヘアなのに、雰囲気が全く違って本当に不思議でした。😌

記者懇談会の写真はこちらです。
まるで愛おしい娘を見つめる父のようなアン・ソンギ先生の優しい笑顔がとても印象的です。🥰

パク・チョルミンさんのおかげでアン・ソンギ先生まで爆笑しました。😅
もちろん我々の笑い上戸のお日さまも。🌞

お日さまとオ・ジホさんのツーショットも素敵だから、ここでまとめてみることに。💞

記者懇談会でジウォンオンニがエンディングシーンの撮影を振り返りました。
いつも先輩たちと一緒にいる。
最後のシーンで一人で怪物と戦うととても寂しかった。
その時は心も寂しくて体も大変だった。
実際、シーンの場面を撮る時は気が気でなかった。
体を動かすことができないほどで、精神も失ってどのように撮影したのか思い出せない。
監督がいつもコンディションの心配もたくさんして、
頑張ってくださって大変じゃないように撮ったし、
バイクももうそれともいつあんなに素敵に乗ってみるかという考えで演技した

ジウォンオンニがエッセイや『サンキュー』に出演したときも話してたけど、
『第7鉱区』を撮影した後、へジュンから抜けることができず、心理治療まで受けましたね。😢
 
一方、なぜいつも難しい作品だけを選ぶのかという質問に…
わざとではない。 最初に見るのはシナリオであり、
2番目に考えるのは観客の立場で、
一度酸っぱく生きてみるに値する役なのかについて考えてみると、
そのような躍動的な作品をすることになると思う


ご存知かと思いますが、『第7鉱区』は『シークレット・ガーデン』の放送後に公開されたけど、
実は『第7鉱区』を先に撮影したんです。🎬
観客はおそらく『キル・ライム』を連想すると思う。
しかし、私は逆だ。『第7鉱区』
キャスティングされてから、
『シークレット・ガーデン』のキル・ライムを演じたので、
むしろキル・ライムを演技する時『チャ・ヘジュン』がたくさん思い出された



ドラマ『シークレット・ガーデン』が先に放映されたが、
昨年9月『第7鉱区』を先に撮影した後、ドラマ撮影に臨んだ。
『シークレット・ガーデン』の
前に『第7鉱区』のキャラクターを先に演じた。
映画の中でバイクアクションがあるという事実を知って、
ドラマ作家がわざわざドラマでバイクシーンを書いてくれた


『シークレット・ガーデン』で最初のシーンが女優の代役を演じるシーンだが、
映画を撮りながら撮影したシーンがオーバーラップした。
むしろキル・ライムを演技しながらヘジュンを思い出した。


シガといえば、へジュンのお父さんもライムのお父さんもチョン・インギさんが演じたんです。😌
ある日、ドラマの撮影現場に『第7鉱区』のパパが来てびっくりした。
ドラマを撮る時、本当により身近なパパとして撮影したと思う。
キル・ライムのパパが『第7鉱区』のパパとして出てくるので、
『シークレット・ガーデン』ファンは映画を見ながら、
また別の面白さを感じることができるだろう

はい、まさにその通りです!
ちなみにチョン・インギさんとジウォンオンニは映画『担保』でも共演したんですが、
久々にお二人の共演シーンを見て、テンションが上がりまくりました。💓


記者懇談会では眩しい笑顔を見せてくれたが、実際にエンディングシーンを撮影したとき、
体も心も疲れて、気を失って倒れて、入院することになりました。😢
休まなければならないほど疲れた状態だったが…
待っているスタッフがいるから、何とか撮影をしなければならない。
正直エンディングシーンはどのように撮影したのか思い出せないほど大変だった。
失神して倒れたが、スタッフと同僚たちが撮影現場で待っているのに、
じっと横になっているわけにはいかなかった

と撮影を続けた。そんな彼女を見たスタッフとキャストたちは感動して、
キム・ジフン監督は「申し訳ない気持ちになると同時に感動した」とコメントしました。🥲


そして『第7鉱区』の続編を制作するなら、出演するつもりがあるかという質問に…
アクションが体もつらいが、楽しくて面白い。
『第7鉱区』第2弾『第8鉱区』が出てくるならば、
バイクアクションではなく新しいアクションをしてみたい

『第7鉱区』の続編はなんと…『第8鉱区』🤣🤣🤣
記事を訳しながら、思わず爆笑してしまいました。😂
 

ジウォンオンニが記者懇談会で終始愛おしい笑顔を見せてくれました。🥰
記事を訳しながら、去年SNL KOREAに出演したときの『第7鉱区』ネタを思い出しましたが、
ジウォンオンニだけではなく、1023もあのシーンを見て本当にスッキリしました。😌

最後はこの写真で締めくくります!💕
皆さんもジウォンオンニの素敵な笑顔に癒されて、素敵な一日をお過ごしくださいね。🌞

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。