【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【第7鉱区(7광구)】インタビュー「アン・ソンギ先輩にひるまないよう強くにらみました」2011.7.31

ついに7月最終日!🌞
今月は仕事もプライベートも忙しかったけど、新しいお日さまがたっぷり見れて本当に幸せでした。🥰
3ヶ月後、いよいよテレビでセヨンに会えると思うと、本当にドキドキが止まらないです。💗
セヨンとナムミが登場する前に、引き続きタイムスリップして、
昔のインタビューを読み返したいと思います。今日は11年前に公開された第7鉱区(7광구)
お日さまのロングインタビューをご紹介します!💪🏻


第7鉱区』ハ・ジウォン「アン・ソンギ先輩にひるまないよう強くにらみました」(インタビュー)
‘7광구’ 하지원 “안성기 선배에게 기죽지 않으려고 강하게 노려봤죠”(인터뷰)
2011.7.30

暴雨が降った28日午後、ソウル三清洞のあるカフェで俳優ハ・ジウォンに会った。 笑顔で落ち着いて挨拶を交わした後、シナモンが追加されたカフェラテ一杯を頼んだが、既存に考えていたハ・ジウォンの姿とは全く違って見えた。 ここには映画『第7鉱区』の怪生命体と死闘を繰り広げる女戦士チャ・ヘジュンもドラマ「シークレット・ガーデン」でヒョンビンを魅了したキル・ライムもいなかった。

ハ・ジウォンのイメージは一言で断定するのは簡単ではない。 成熟して雰囲気のある感じとはまた違う感じだ。 一人がこんなに多様な魅力を持つことができるだろうか。 彼女のカフェラテから漂う甘いシナモンの香りのように、ハ・ジウォンには何か妙な惹きつけがある。

ハ・ジウォンはどんな俳優、そしてどんな人だろうか?

1999年、ドラマ『学校2』で不良女子高生としてデビューしたハ・ジウォンは、スクリーンに舞台を移し、『真実ゲーム』(2000)でスターファンクラブ会長に扮し、刑事アン・ソンギと演技対決を繰り広げた。 その後、01年には歌手ワックスのミュージックビデオに出演し、華やかなダンスと一発芸で魅力を発散した。

『デュエリスト』(2005)では巧みに刀を操る朝鮮女性刑事、『セックス イズ ゼロ』ではセクシーで清純なマドンナ、続いて『私の愛、私のそばに』(2009)ではキム・ミョンミンと胸が痛く切ない愛を分かち合った俳優として、ジャンルにこだわらず、多彩なジャンルで活動してきた。

今回は『第7鉱区』を通じて海洋怪生命体と死闘を繰り広げる女戦士ヘジュンで観客を訪ねる。 国内初の純粋な韓国技術で作られた3D映画であり、100億台のブロックバスターだ。 期待せざるを得ず、その期待を一身に受けている作品だ。

私の姿が3Dで出るなんて、本当にワクワクしたよ!

「むしろ周りの方々が心配しています。 たくさん期待してくれてプレッシャーがあります。 低予算でもなく、初めての3Dブロックバスターの女戦士というキャラクターですから。」

プレッシャーもあったが、期待とときめきがより大きかった。 実は、最初は3Dではなかったが、途中で変わったという話を聞いて、ハ・ジウォンはさらに喜んだ。

「映画『アバター』を見ると、彼らと一緒にいるようではないですか? 第三者の立場としては、3Dは感動も大きく、その空間に一緒にいるような特有の感じと雄大さがあると思います。 ところで、私の姿が3Dで出るからとても嬉しかったです。(笑)また、私たちの技術で作ることに対する挑戦と自負心が芽生えました」。

そのため、作品に入る前からハ・ジウォンはキャラクターを完成させるために力を入れた。 映画の中で「ヘジュン」というキャラクターが完璧に見えなければならないという監督のアドバイスにヘアスタイル、メイク、衣装などから作業服を着た時に力があるように見せるための歩き方と立っている姿勢まで気を使った。
 
「今回の映画は最初からキャラクターが完成されなければならず、怪物との対決の構図でも負けてはならないという考えでたくさん努力しました。 ヘジュンは掘削船で幼い頃から育てられた子なので、女としての着飾る方法も知らなかったし、勉強をしたのかも未知数でした。 そんなことを念頭に置いて、きれいな女性よりは素敵な女性として怪物に立ち向かって戦っても弱く見えないように努力しました。 見えない怪物と死闘を繰り広げなければならないので、映画『エイリアン』を見ながら、彼に対する感じと感情も勉強しました。」

それだけではない。今度の映画のためにバイクとスキューバダイビング資格証まで取った。 バイクに乗った経験が全くなかったが、ハ・ジウォンは「絶対できそうだ」という考えで、ヘジュンのキャラクターに合わせてタイトなスケジュールを組んだ。 おかげで本人が組んでおいたスケジュールにとても大変で疲れたりもしたと打ち明けた。

ヘジュンが胸の奥深くに刺さって心理治療を受けました。

映画の後半からはハ・ジウォンが一人で怪生命体と立ち向かって戦う。 撮影中ずっと心の中で怪物を想像してきた。 ある瞬間、本当にいるような感じだった。

「一人で残ってみると、本当に寂しくて、悔しく歯ぎしりがしました。 怪物を殺さなければならないという考えだけでした。 このような状況で痛いという言葉が出なかったんです。 ボーリング船の作業服を着て怪物と死闘するヘジュンに痛いという言葉は似合わないからです」。

「最後に怪物が死んでいく姿では『お前は何の罪があるのか』という気がしました。 深海層は触れてはならない部分ですが、人間が怪物を作り出し、人間が殺すじゃないですか。 バイクに座って怪物を見る時は殺さなければならないという気持ちだけでしたが、後で何の罪があるのかと思いました」。

このように胸の奥にヘジュンが刺さるとは思わなかったというハ・ジウォンは寂しく死闘を繰り広げる状況でドラマ『シークレット・ガーデン』の台本を受け取った。 どうしても読めない、いや読まれなかった。

「心理的に助けてもらえる先生に会いました。 目を閉じてヘジュンを思い出してみたら、同僚たちが死んでいて、その横に私が倒れていました。 『ヘジュンを起こしてお疲れ様』と慰めてくれました。 その言葉が必要だったようです。 いっそう楽になりました。」

当時を振り返りながら、ハ・ジウォンはしばらく涙ぐんだ。 この映画が私にここまで浸透するとは思わなかったという彼女の言葉から切なさと真心のこもった愛情が見えた。

苦労しながら撮った映画のおかげだろうか。 同僚俳優たちから女優としては異例の挨拶をたくさん受けた。 まさに「きれいだ」ではなく「かっこいい」という言葉。 特にチャ・テヒョンは「お前がこうすれば男優たちはどうするのか」と言ったとし、ハ・ジウォンは明るく笑った。 本当にヘジュンを無事に見送ったような気さくな姿だ。

アン・ソンギ先輩にひるまないようにもっと強く演技しました

「2000年の初作品『真実ゲーム』ではアン・ソンギ先輩にあえて話しかけることもできませんでした。 2作目の『デュエリスト』という映画を撮りながら対話を始め、現場で一緒に楽しむことができました。 優しい性格です。 ソーセージも焼いてくれて、現場の楽しさを教えてくれた方です。 『第7鉱区』が3回目の出会いです。」

ハ・ジウォンは7年ぶりに再び呼吸を合わせたアン・ソンギに対して、「心強い力を与えてくれる先輩であり、ムードメーカー、友人であり父親のようだ」と言って、しきりに親指を立てた。 しかし、演技する時だけは尊敬する先輩ではなく、同僚俳優としてむしろ強くしたという。

「演技をする時は先輩の目をもっと強く合わせてひるまないようにしました。 劇中で激しい対決構図を表現しなければならないからです。 現場ではとても良いです。 先輩を見ながら『私も後輩たちに良い先輩になろう』と思います。 でも、まだどうすればいいのか分からなくて『ファイト』だけを叫んでいます。(笑)」

観客に変わった面白さを与えることができる3Dに怪物が登場し、韓国初の技術で作られたということがわくわくして誇らしいというハ・ジウォンは、結果は観客の役割だと淡々と話した。

熱心に撮っただけに後半作業を通じて怪物が観客に飛びかかる予定であり、怪物の気持ちよさとディテールも生きて、さらに質の高い作品が出てくるだろうと自信を示した。 ハ・ジウォンは撮影前からできるだけ努力を尽くしてきた。 もう観客たちが見逃すことだけが残った。

現在、ハ・ジウォンはムン・ヒョンソン監督がメガホンを取った映画『コリア(邦題:ハナ 奇跡の46日間)』の撮影に真っ最中だ。 今回の作品でハ・ジウォンはヒョン・ジョンファ役に扮し、最近卓球に夢中になっている。 「後で記者との卓球対決はどうか」という質問にも、やはりハ・ジウォンらしく自信を示し、「OK」と叫んだ。

これからどれだけ観客を魅了させることができるだろうか。 彼女の望み通り、アン・ソンギほど良い先輩になれるだろうか。 数日間、激しい暴雨が降った後には明るく晴れた日差しが見られるように、ハ・ジウォンが身を惜しまず努力しただけに、彼女の未来も明るく輝くのではないかと思う。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「『第7鉱区』を撮りながらバイクに敷かれて終わりだと思いました」
하지원 “7광구 찍으며 오토바이에 깔려 끝이구나 생각했어요”
2011.7.29

俳優ハ・ジウォンが映画『第7鉱区』(キム・ジフン監督、JKフィルム製作)のアクションシーンを撮影しながらバイクに敷かれたことがあると打ち明けた。

ハ・ジウォンは28日、ソウル三清洞のあるカフェで行われたTVレポートとのインタビューで「撮影前にアクションシーンが多くて元々武術チームに学ぶことにしたが、その前に時間がもったいないと思ってバイクを先に習った」と話を切り出した。

彼女は続けて「バイク試験場に行って、免許も取り、ツアーも回りながら、一人で一つ一つ学んだ。 劇中のヘジュンは趣味がバイクレースだ。 姿勢や全ての面でバイクに乗ることに慣れていなければならないので、親しみを感じるために本当に趣味のように楽しもうと努力した」と話した。

目のくらむ事故も経験した。 ハ・ジウォンは「バイクに乗って怪物にはねられ、全力疾走しながら後ろにある怪物をそっと振り返る状況で転んで、足がバイクに敷かれた事故があった」として当時の状況を回想した。

彼女は「それでもよくやったと感じたのは、撮影中に事故を感知した時、バイクを長期間練習した結果、危急状況に対処する能力が生じ頭より体が先に反応した」とし、「スタッフたちも皆驚いたが幸いにも大きく負傷しなかった」と付け加えた。

『第7鉱区』は韓半島南端7鉱区の茫々たる大海に浮かんでいる石油ボーリング船エクリプス号で繰り広げられる深海怪生命体と隊員間の死闘を描いた映画で、韓国初の3Dアクションブロックバスターだ。 ハ・ジウォンをはじめ、アン・ソンギ、オ・ジホ、パク・チョルミン、チャ・イェリョン、ソン・セビョクなどが出演する。 8月4日公開。

元記事:こちら


ハ・ジウォン、魅力的太ももを超えて「戦士の太もも」…1日8時間運動「アメージング!」
하지원, 꿀벅지 넘어 ‘전사벅지’…하루 8시간 운동 ‘어메이징!’
2011.7.31

俳優ハ・ジウォンがいわゆる「戦士の太もも」というニックネームを得た。

ハ・ジウォンは来月4日公開の3D映画『第7鉱区』で怪生命体と死闘を繰り広げるボーリング隊員ヘジュン役を演じた。 アクション演技が大部分を占めるこの映画撮影のために長い準備期間を持った。

ハ・ジウォンは激しいもみ合いに備えて、1日8時間水泳とウェイトトレーニングを並行した。 またヘジュンの趣味でもあるバイクを上手に乗り、スキューバダイビングとバイクの資格を取った。

ハ・ジウォンは「ボーリング隊員という職業特性上、腕と足に小さな筋肉などが多いと判断し、筋肉を増やすことに重点を置いた」とし、「体格が小さい方なので、筋肉さえなければ、アクションに力が抜けて見えるのではないかと思ってウエートトレーニングに注力した」と伝えた。

『第7鉱区』は韓半島南端7鉱区の大海原に浮かんでいる石油ボーリング船「エクリプス号」で繰り広げられる深海怪生命体と隊員間の死闘を描いた映画で、8月4日公開予定だ。

元記事:こちら


囲み取材だから、昨日アップしたインタビュー記事と内容が重なった部分もありますが、
この記事にしか掲載されてない内容があるし、
アン・ソンギ先生とのエピソードが聞けて本当に嬉しいです。🥰
2000年の初作品『真実ゲーム』では
アン・ソンギ先輩にあえて話しかけることもできませんでした。
2作目の『デュエリスト』という映画を撮りながら対話を始め、
現場で一緒に楽しむことができました。 優しい性格です。
ソーセージも焼いてくれて、現場の楽しさを教えてくれた方です。
『第7鉱区』が3回目の出会いです。心強い力を与えてくれる先輩であり、
ムードメーカー、友人であり父親のようだ

最後の一言がとても印象に残りました。
ジウォンオンニは映画『真実ゲーム』、『デュエリスト』、『第7鉱区』で
アン・ソンギ先生と共演したことがあるから、
お日さまにとって、アン・ソンギ先生は先輩であり、父親のような存在でもありますね。😌

4年前にジウォンオンニが『ガリレオ:目覚めた宇宙』に出演したとき、
アン・ソンギ先生がお日さまへのビデオレターでこう語りました。

「先輩の私もいつも学ぶことの多い、うちの素敵な後輩様。
ジウォンみたいな後輩がいてくれて誇らしいです。」

アン・ソンギ先生から後輩への愛情がとても伝わってきて、
私もこの映像を見ながら、もらい泣きしました。🥲
機会があれば、もう一度お二人の今日が見れたら、もう悔いはないでしょうね。💗

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。