【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【第7鉱区(7광구)】インタビュー「心理治療をしたほど私の胸を打った映画」2011.7.29

最近映画【TSUNAMI -ツナミ-(해운대)】のインタビューをいくつか紹介しましたが、
2011年8月4日に公開された映画第7鉱区(7광구)のインタビューも
あまりアップしてないな~と改めて気づいたので、少しずつアップしていきたいと思います。🎬
まずは11年前に公開されたTVデイリーさんの記事を訳してみます!💪🏻


『第7鉱区』ハ・ジウォン「心理治療をしたほど私の胸を打った映画」[インタビュー①]
‘7광구’ 하지원 “심리치료 했을 정도로 내 가슴 친 영화” [인터뷰①]
2011.7.29

ハ・ジウォン(33)は、冗長な言葉が言えない俳優だ。 彼女は言葉の代わりに体ですべてを証明する。 そして、この努力は結局、人々を説得させ、彼女を名実共に最高の俳優にした。

ハ・ジウォンは果てしなく挑戦する。 韓国で最も強い体力を持っているかもしれないと思うほど、休まず多作をする俳優でもある。 それにアクション演技は? 代替する俳優がいないほどだ。 ハ・ジウォンは体で生きる俳優だ。

特にハ・ジウォンは8月11日に公開される3Dブロックバスター映画『第7鉱区』(監督キム・ジフン、製作JKフィルム)で彼女だけが見せられる演技に頂点を打った。 一人で怪物と死闘を繰り広げるシーンでは、実際に心身ともに疲れた人間ハ・ジウォンの姿がそのまま現れる。

「見えない怪物と戦うために、イメージトレーニングをたくさんしました。 映画『エイリアン』の怪生命体を思い出したりもしました。 繊細な心理演技をするのに努力がたくさん必要でした。 視線処理が一番難しかったです。 怪物がまるで観客に襲いかかるような感じを与えたかったんです」

劇中のハ・ジウォンは済州道南端7鉱区の大海原に浮かんでいる石油ボーリング船エクリプスの海底装備を管理するチャ・ヘジュン役を演じた。 ヘジュンはボーリング船で出会った怪生命体と命をかけた死闘を繰り広げることになる。 映画の最後には仲間を皆殺にした怪物と一人で争う。

「ヘジュンは表情と話し方、そしてヘアスタイルと服まですべてが私の考えが反映されて作られた人物です。 なので愛着が大きいです。 最後のシーンでは本当に怪物がいるという気がしました。 同僚たちがいなくて一人で撮影したので、本当に怪物が彼らを殺したようで悪と意地だけが残ったんです」

そのためだろうか。ハ・ジウォンの体と心は疲れ果てた。 エンディングを撮影しながら失神して休息を取るよう勧告まで受けたが、待つスタッフのために休むことができなかった。 皆自分を待っているようで、到底時間を遅らせることができなかった。 透徹したプロ意識が感じられる部分だ。

「怪物を追い払って出てくるシーンで、本当に足の力が抜けたんです。 結局、私一人で生き残ったという虚しさにあまりにも耐えられませんでした。 私の体にヘジュンが入ってきた感じがしました。 作品が終わってからもヘジュンを手放すことができませんでした」

ハ・ジウォンは『第7鉱区』の撮影を終えてドラマ『シークレット・ガーデン』の台本を受け取ったが、あえて読む気になれなかった。 ヘジュンに心を奪われ、キル・ライムに到底心を与えることができなかった。 それほどハ・ジウォンはヘジュンというキャラクターにすべてをつぎ込んだ。

「結局、このままじゃダメだと思って心理治療士を訪ねました。 精神科ではなく心理専門家です。 訪ねて行ったんですが、私に目をつぶってヘジュンを考えてみなさいと言いました。 それで涙が出たんです。 ヘジュンを抱いて撫でてあげました。『よくやった』とヘジュンに言い聞かせると、その時になってようやく心が楽になりました。」

ハ・ジウォンはヘジュンというキャラクターに触れ、涙ぐんだ。 まだキャラクターを手放せない姿が目に見えた。 一人で生き残ったヘジュンを実在の人物のように悲しむ彼女の姿から人間味が感じられる。 いい香りがぷんぷん漂ってきた.

「ところでどうして私はしきりにアクションばかりするのでしょうか。 アクション俳優になろうという考えはないのに、女戦士は韓国ではなかなか見当たらないキャラクターじゃないですか。 だから欲が出ると思うよ。 最近撮影中の『コリア(邦題:ハナ 奇跡の46日間)』も体を使うことが多くて全身が疲れました。 初めてお母さんをつかまえて号泣しました」

しかし、ハ・ジウォンがもう一度身を惜しまず新しい役割に挑戦しそうな気がするのはなぜだろうか。 韓国女優の中でハ・ジウォンほど情熱的で誠実な俳優が他にいるだろうか。 一向に浮かばない 代替不可能な俳優、まさにハ・ジウォンだ。

元記事:こちら


ハ・ジウォン「チャ・テヒョン、『君のせいで男優は仕事がなくなる』というメール」[インタビュー②]
하지원 “차태현,’너 때문에 남자배우 일 없다’ 문자” [인터뷰②]
2011.7.29

俳優のハ・ジウォン(33)は疲れた様子を見せない俳優だ。 人がいつもこんなに終始一貫することができるだろうか。 いつもたくましく情熱的なので、そばにいる人たちにも良いエネルギーを伝えてくれる。

ハ・ジウォンが8月11日に公開される3Dブロックバスター映画『第7鉱区』(監督キム・ジフン、製作JKフィルム)で再びアクション演技に挑戦する。 済州島南端7鉱区の大海原に浮かんでいる石油ボーリング船「イクリプス号」で出会った怪生命体との死闘を描いた映画だ。

「3D映画で私の顔を見ることができるというのが本当に惹かれました。 もちろん最初は2Dだったので、必ずしも技術的な面を考慮して出演した映画ではありません。 バイクアクションシーンもあるし、怪物と一人で戦ったり、女優がやったらどうかな?と思いました」

やはり彼女らしい答えだ。 練習に怠けて、撮影現場で知らんぷりをする俳優たちとは次元が違う。 「実は、体も心も大変な映画だったんです。 でも監督に疲れたと言うことが出来ませんでした。 引き受けたキャラクターが強い性格なので、実際にもそんなことを言うことができませんでした」

26日に開かれたVIP試写会にはハ・ジウォンを応援するために数多くの俳優たちが出動した。 多くの俳優たちが映画を見て、メッセージを送ったが、一番記憶に残るのはチャ・テヒョンのメッセージだ。 「テヒョンオッパが『お前のせいで男優たちの仕事がなくなってしまうよ』と言ったんです。 一番気持ちいい褒め言葉でした」

「頑固で粘り強い人」というニックネームにふさわしく、彼女は殺人的なスケジュールにもびくともしない。 マネージャーが先に倒れるという笑い話があるほどだ。 「最近は私が作ったスケジュールに私がたびれる時があります。 休むのが嫌いなので。 何でも最後まで最善を尽くさなければ気が済まないんですが、体が大変ではあります」

『第7鉱区』の撮影現場でも最善を尽くした。 映画のために一度も乗ったことのないバイクのハンドルを握ったのだ。 その上に免許証まで取得した。 「バイクにとても上手に乗らなければなりません。 一度は練習をしてバイクの下に敷かれたりもしました。 幸いにも大けがはなかった」

バイク免許証だけではない。 スキンスキューバ免許証も取得した。 「私はキャラクターに徐々に吸収される方ですが、今回はヘジュンというキャラクターが私の体の中に入ってきた感じがします。 それだけ抜け出すのも大変でした。 まだヘジュンを思うと胸が痛いです」

100億ウォン台を超える作品であるだけに、興行に対するプレッシャーも少なくない。 「プレッシャーがなければ嘘です。 しかも最初の3D映画なので、この作品の成功がとても重要なんです。 でも私は、瞬間を楽しむ方なので。 明日の仕事は明日に任せなければなりません。 残りは観客の分だと思います」

ハ・ジウォンは現在、ムン・ヒョンソン監督の映画『コリア(邦題:ハナ 奇跡の46日間)』を撮影中だ。 1991年千葉世界卓球選手権大会の時、史上初の南北単一チームが優勝した実話をもとにした作品だ。 今回の作品もやはり体が耐えられる限り最大限熱心に撮っている。

「ヒョン・ジョンファ先生が直接コーチしてくださったので、実力がかなり伸びました。 この作品も体が半端なく大変でした。相次いでアクションを3本もするから、涙がにじむほど大変です。 次もアクションですかって? 会社も私の体のことを考えると、他のことをしろと言うんじゃないでしょうか。(笑)」

元記事:こちら


『第7鉱区』の公開に合わせて、ジウォンオンニが映画『コリア』の撮影の合間に
制作発表会やマスコミ試写会に出席したり、様々な取材を受けたりしてました。😌
素敵な写真が掲載されているインタビュー記事もたくさん上がってきたけど、
個人的にはTVデイリーのインタビュー記事が特に気に入ってるから、先に訳してみることに。

『第7鉱区』で演じたヘジュンについて、ジウォンオンニはこう語りました。
ヘジュンは表情と話し方、
そしてヘアスタイルと服まですべてが私の考えが反映されて作られた人物です。
なので愛着が大きいです。

そのためか、エンディングでモンスターと戦うシーンを撮影するときが物凄く大変で、
撮影が終わってもなかなか役から抜け出せなかった。🥲
怪物を追い払って出てくるシーンで、本当に足の力が抜けたんです。
結局、私一人で生き残ったという虚しさにあまりにも耐えられませんでした。
私の体にヘジュンが入ってきた感じがしました。
作品が終わってからもヘジュンを手放すことができませんでした。
局、このままじゃダメだと思って心理治療士を訪ねました。
精神科ではなく心理専門家です。 訪ねて行ったんですが、
私に目をつぶってヘジュンを考えてみなさいと言いました。
それで涙が出たんです。 ヘジュンを抱いて撫でてあげました。
『よくやった』とヘジュンに言い聞かせると、
その時になってようやく心が楽になりました。

このエピソードはジウォンオンニが過去のインタビューやエッセイ、
『サンキュー』という番組に出演したときにも話してたけど、
演じるではなく、役になりきるから、そこまで役にのめり込んでるだと改めて実感しました。😯
そしてジウォンオンニがへジュンを演じるためにどれだけ苦労したかと思うと、
ジウォンオンニの大切な作品を大切に見なきゃ~と思えてきました。💞

最近激務でぐったりしてますが、土日はジウォンオンニの作品を見返して、
ビタミンHJWをしっかり補給しないと!!💪🏻💫

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。