ハ・ジウォンとユン・ジェギュン監督、海雲台でなく釜山・南浦洞を訪れた理由

先日、ジウォンオンニとユン・ジェギュン監督が10月24日(土)に行われた
「第25回釜山国際映画祭(BIFF)」のマスタートークに参加されて、
映画『1番街の奇蹟(1번가의 기적)』の生コメンタリー付き上映会の記事を紹介しましたが、
今日も新たな記事が上がってきたので、ここに貼っときます。🎬


ハ・ジウォンとユン・ジェギュン監督、海雲台でなく釜山・南浦洞を訪れた理由

今年、釜山国際映画祭で俳優ハ・ジウォンが訪れた所は海雲台ではなく南浦洞のコミュニティBIFFだった。 コロナ19のため野外舞台行事などが取り消され、国内外の映画関係者が招待されていない状態で、招待作の出演俳優たちがそれなりに観客との対話に姿を現した。

今年の釜山映画祭で、韓国映画の流れを見せてくれる主な公開商業映画の招待作品の場合、俳優よりは主に監督が観客と会った。 一部の監督は直接出席できず、オンラインで会談を終えた。 以前なら時間を割いていたはずの俳優らも、対外的な行事がキャンセルとなり、釜山を最初から訪れていない。

このため、ハ・ジウォンの登場は目立つしかなかった。 女優ハ・ジウォンさんはユン・ジェギュン監督と一緒に2007年の作品『1番街の奇蹟』のマスタートークに参加した。 マスタートークは、映画をライブ解説と共に見るプログラムで、今年はオンラインチャットを活用し、リアルタイムで観客とコミュニケーションを図った。 上映後には観客との会話が続いた。

(後略)

元記事:こちら


釜山国際映画祭(BIFF)は昨日をもって終了しました。🎬
今年はコロナの影響で開会式と閉会式を行わず、映画祭のハイライト、
レッドカーペットイベントも省略されたんですが、
リアタイで観客とコミュニケーションを取ることができるマスタートークが開催されて、
いろんな意味で貴重でしたね。✨

ユン・ジェギュン監督と共に釜山に行って、観客と共に『一番街の奇蹟』を見て、
映画のエピソードを語るジウォンオンニの真摯な熱意が伝わってきました。
お日さまにとっても、マスタートークに参加されたファンにとっても、
かけがえのない貴重な時間だったでしょう。💖

今日も香港で『担保』の先行上映会が行われて、見に行ったんですが、
観客たちのリアクションがあまりにも良くて、
俳優さんたちの感情が客席に伝わったな~と感じながら、
ジウォンオンニも観客のリアクションを見たら嬉しかっただろうと思いました。😊

そしてジウォンオンニの作品を見て、ジウォンオンニが演じる役と共に笑ったり、
泣いたりする時間は私にとって、幸せな時間だな~と改めて実感。🥰
そんな時間を大切にしていきたいと思います。💗

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す