124万突破 ソン・ドンイルXハ・ジウォン 『担保』ボックスオフィス 12日連続1位

担保 담보 / 2020.10.12 Mon

ネットニュースでも取り上げられたんですが、
映画『担保』は「ハングルの日」連休も絶好調キープ!
昨日で累計観客動員数が124万人を突破して、12日連続で1位を獲得しました。👏🏻👏🏻👏🏻


124万突破 ソン・ドンイルXハ・ジウォン 『担保』ボックスオフィス 12日連続1位…2位『アンヒンジド』

124万観客を突破した映画『担保』が『アンヒンジド』、『グリーンランド』などを抜いて12日連続ボックスオフィス1位になった。

ただ、まだ映画館はコロナ19(新型コロナウイルス感染症)の影響による被害が続いている。 特に、劇場観客数を見ると、前年同月比で急激に減少し、低迷が続いている。

映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークの集計結果によると、、11日、ソン・ドンイル-ハ・ジウォン-キム・ヒウォン-パク・ソイ主演『担保』は7万7481人の観客を動員し、累積観客数124万1313人とボックスオフィス1位を記録した。

『担保』に続きボックスオフィス2位はラッセル・クロウ主演の『アンヒンジド』(8万8807人)が、3位は災害ブロックバスター『グリーンランド』(30万2977人)が、4位はクァク・ドウォン-キム・デミョン-キム・ヒウォン-キム・サンホ主演の『国際捜査』(51万7914人)が、5位はクリストファー・ノーラン監督の新作『テネット』(187万8888人)が占めた。

(中略)

一方、ソン・ドンイル-ハ・ジウォン-キム・ヒウォン-パク・ソイ主演『担保』は情け容赦のない闇金業者「ドゥソク」と彼の後輩「ジョンべ」が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳の「スンイ」を担保として育てるようになってから繰り広げられる話を描いた映画だ。

『担保』は全国映画館で絶賛上映中。

元記事:こちら


『担保』ハングルの日連休1位ing 124万突破…2位は『アンヒンジド』

映画『担保』(カン・テギュ監督)が12日連続1位になり、ハングルの日連休のトップを守った。

映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークによると、『担保』は11日、7万7,481人を集めて1位となった。 また映画は今月9日から11日まで総勢25万8,789人を動員した。 累積観客数は124万1,313人。

この日の2位は『アンヒンジド』が1万8,530人、累積8万8,807人を記録した。 3位は1万975人が見た『グリーンランド』だった。 累積観客数は30万2,977人を動員した。

『担保』はハングルの日だった今月9日に9万2,834人、10日に8万8,474人、11日には7万7,476人の観客を動員し、1位を守った。

今年9月29日の秋夕前に公開された『担保』は、闇金業者とその後輩が踏み倒されたお金を受け取りに行ったが、うっかり9歳の子供を担保として育てるようになってから繰り広げられる話を描いた作品だ。 俳優のソン・ドンイル、ハ・ジウォン、キム・ヒウォンらが出演し、『ハーモニー 心をつなぐ歌』のカン・テギュ監督がメガホンを、興行名家のJKフィルムが製作に乗り出した映画だ。

元記事:こちら


昨日は「ハングルの日」連休の最終日ですが、
デイリー観客動員数は77000人ぐらい。公開2週目にして興行は12日連続で1位!✨

【観客動員数】

9月29日(火)公開初日 67,610人
9月30日(水)2日目 97,712人
10月1日(木)3日目 146,643人
10月2日(金)4日目 177,390人
10月3日(土)5日目 183,318人
10月4日(日)6日目 148,266人
10月5日(月)7日目 46,824人
10月6日 (火)8日目 38,927人
10月7日 (水)9日目 35,488人
10月8日 (木)10日目 39,823人
10月9日 (金)11日目 92,837人
10月10日 (土)12日目 88,485人
10月11日 (日)13日目 77,481人
累積観客動員数:1,241,313人

損益分岐点である170万人まであと46万人ぐらいですから、
このままロングランすると、170万人も達成できそうですね。😌
今週もファイティン!💪🏻💪🏻💪🏻

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す