【Dramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)】ショーン・リチャード インタビュー「ハ・ジウォンさんが参加してくれて、心から感謝する」

先日、Dramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)
キャスト&製作者であるショーン・リチャードさんのインタビューを紹介しましたが…

【Dramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)】ショーン・リチャード インタビュー「ハ・ジウォンは生まれつきの俳優」

さきほど新しいインタビューが上がってきたので、訳してみることに。💪🏻


『ドラマワールド』ショーン・リチャードが明かした #ハ・ジウォン #ヘンリー #イ・ジョンジェ #イ・ビョンホン★たち[SSインタビュー①]
『ドラマワールド』で俳優から製作者に跳躍したショーン・リチャードがハ・ジウォン、ヘンリー、イ・ジョンジェなど華麗なキャスティングビハインドを打ち明けた。

韓国ドラマのファンである白人少女がキムチビンタ、憤りのシャワーシーン、そしてキスシーンの終映クリシェが横行した韓国ドラマの世界観に吸い込まれるとしたら? ディズニーとハーストの合弁メディア会社A&Eコリア(A+EKorea)が運営するライフタイムチャンネルの『ドラマワールド』が新鮮な世界観で韓国ドラマファンを魅了した。

2016年にグローバルプラットフォーム「Viki」を通じて公開されたウェブドラマ『ドラマワールド』は、韓流初期の新鮮な世界観でわずかな人気を呼んだ。 続いて5年が過ぎた2021年、ハ・ジウォン、ヘンリー、イ・ボムス、リヴ・ヒューソン、ダニエル・デイ・キムなどをはじめ、華麗な出演陣やイ・ジョンジェ、ハン・ジミン、イ・ジア、サム・ハミントンなど、視線を強奪するカメオたちとして華やかに復活した。 制作から主演まで『ドラマワールド』の再誕生に大きな活躍をしたショーン・リチャードは「一番好きな韓国ドラマクリシェはキムチビンタ」とし、「韓国ドラマはもっと家族らしく感情が深い」と愛情を表した。

彼はまず、ハ・ジウォン、ヘンリー、イ・ジョンジェなど出演を決心してくれた俳優たちに感謝の気持ちを示した。 ショーン・リチャードは「ハ・ジウォンさんに初めて会った時、外国で暮らす友達が『ドラマワールド』を面白く見てくれたと仰ってました。 ハ・ジウォンさんが参加してくれて、心から感謝する」と述べた。

続いて「ヘンリーさんは同胞の親睦グループで親しくなった」とし、「親しい人同士である私的な席でウソン役を提案した。 続いてその次の週に知り合いの息子の1歳の誕生日パーティーで会ったが、『ドラマワールド』シーズン1を見たと聞いた。 それですぐにミーティングを開き、ヘンリーが参加すると言った。(ヘンリーは)本当に情熱的な人で、音楽の天才だ。 中国語、英語、韓国語をすべて得意とするように、音楽も天才のように弾いている」とキャスティングの秘話を打ち明けた。

イ・ジョンジェ、イ・ボムス、ハン・ジミン、イ・ジア、チェ・シウォン、サム・ハミントンなど強力なカメオラインナップについて「BHエンターテインメント所属の家族が多く参加した」と付け加えた。 続いて「イ・ジョンジェ先輩は映画『オペレーション・クロマイト』に出演した。 初めて『ドラマワールド』にカメオ出演されたわけでも全体台本でもなく台本一枚だけ送ってあげたのに、それだけを信じてもらいました。 現場からサングラスを持ってきていただき、監督に似合うサングラスを選んでほしいと言われた」と熱情に満ちた姿を語った。

ショーン・リチャードはイギリス人の父親と韓国人の母親の間に生まれたハーフ俳優で、アメリカのボストン大学で経営学と演技学を専攻した。 彼は「高校時代、演劇を主にやっていた。 大学に通っていた時、両親が演技に反対して経営学を専攻し、演技は同時にした。 卒業後、経営学部の演技をすべて終えたので製作を始めた」と明らかにした。

イ・ビョンホンといとこ同士で知られた彼は、初めて韓国に来てイ・ビョンホンの助けをたくさん受けたという。 彼は「イ・ビョンホンさんが映画『G.I.ジョー』でハリウッドデビュー時にロサンゼルスにいらっしゃった。 僕の演劇に招待をしたが、忙しい兄が見に来てくれた。 公演が終わって震える気持ちで『兄さん、あの演技はどうでしたか』と聞いたら、イ・ビョンホンさんが自分の新人だった時を思い出す』と言った。 あの場面はまだ思い浮かぶ」と述べた。

続いて「イ・ビョンホンさんがハリウッドで活動していたときは、僕が台本練習を手伝ってあげた。 他言語の演技の仕方が違う。 『外国でもこんな演技が受け入れられるか』という質問をよくされたが、『どうせとても上手だった』言いながら、逆に僕が韓国に行った時は僕をたくさん助けてくれた」と話した。 …②に続く

元記事:こちら


『ドラマワールド』ショーン・リチャード「最愛のクリシェ=キムチビンタ、もう一度家族らしく深い感情を」[SSインタビュー②]


ショーン・リチャードはドラマワールドという斬新で挑戦的な物語で俳優から製作者に飛躍した.

韓国ドラマのファンである白人少女がキムチビンタ、憤りのシャワーシーン、そしてキスシーンの終映クリシェが横行した韓国ドラマの世界観に吸い込まれるとしたら? ディズニーとハーストの合弁メディア会社A&Eコリア(A+EKorea)が運営するライフタイムチャンネルの『ドラマワールド』が新鮮な世界観で韓国ドラマファンを魅了した。

2016年にグローバルプラットフォーム「Viki」を通じて公開されたウェブドラマ『ドラマワールド』は、韓流初期の新鮮な世界観でわずかな人気を呼んだ。 続いて5年が過ぎた2021年、ハ・ジウォン、ヘンリー、イ・ボムス、リヴ・ヒューソン、ダニエル・デイ・キムなどをはじめ、華麗な出演陣やイ・ジョンジェ、ハン・ジミン、イ・ジア、サム・ハミントンなど、視線を強奪するカメオたちとして華やかに復活した。 制作から主演まで『ドラマワールド』の再誕生に大きな活躍をしたショーン・リチャードは「一番好きな韓国ドラマクリシェはキムチビンタ」とし、「韓国ドラマはもっと家族らしく感情が深い」と愛情を表した。 …①の続き

ショーン・リチャードはハリウッドで俳優として活動した当時もアジアの俳優として限界があることを感じたという。 「ハーフ俳優として限界を感じて製作したと思う。 3年前まではずっとアウトサイダーだと思っていた。 自分が定着できるか悩んだ」としながらも、「しかしハリウッドの方で『Crazy Rich Asian』という映画がヒットした後にシステムが変わった。僕がエンター産業で価値があるんだなと思い、その時からもっと情熱的に走ってきたんだと思います。 今は完全にスタートだ」と力強い抱負を語った。

ショーン・リチャードは韓国ドラマに対する愛情も思う存分自慢した。 彼は「流行に乗るのが韓国の魅力だ。 流行を早くキャッチして視聴者にもっと注目されるようにパッケージングをする。 そのような点を韓国で多く学び、『ドラマワールド』の制作当時、多く盛り込むことができた」と話した。

リヴ・ヒューソン、ジャスティン・チョン、ダニエル・デイ・キムなどハリウッドの俳優たちが撮影のために来韓した時、新型コロナウィルス感染症(コロナ19)の影響でやや萎縮した雰囲気で撮影した点が残念だった」と話した。 「いろいろな俳優が集まったので、もっと楽しめたらよかったのに、安全に撮影しなければならなかったので、静かに家に人を送った」と話した。

一方で「アメリカの俳優たちが初めて韓国に来たときは、大邱(テグ)でコロナ19が拡散していた時なので、(俳優たちは)とても不安そうだった。 ところが、昨年5月中旬、撮影が終わる時は(アメリカでコロナが勃発したばかりなので)ビザを延長させることができるのかと聞いていた。」

また「TVムービー」「百万長者と結婚する方法」などグローバルコンテンツを取り入れたライフチャンネルなので挑戦的で新鮮な素材だったドラマワールドと共に楽しむことができたとし、「ライフタイムチャンネルのおかげでドラマワールドをより大きくすることができた」と話した。

元記事:こちら


ショーンさんは先日紹介したインタビューでジウォンオンニについてこう語りました。💗

「ハ・ジウォンは生まれつきの俳優…
一生演技をしなければならない人。
生まれつきの俳優でありながらもよく笑い思いやりも溢れて楽しく撮影した」

そして今日公開されたインタビューで、
お日さまと初めてお会いした時のエピソードを明かしました。🌞

「ハ・ジウォンさんに初めて会った時、
外国で暮らす友達が『ドラマワールド』を面白く見てくれたと仰ってました。
ハ・ジウォンさんが参加してくれて、心から感謝する」

なんとジウォンオンニのお友達も『ドラマワールド』シーズン1📺を見ていたそうです。😁
ジウォンオンニがゲスト出演するシーズン2が海外で放送されたら、
きっとお日さまのお友達も見てくれるでしょうね。👀

去年『ドラマワールド』シーズン1を見ながら、
ジウォンオンニはこのドラマでどんな姿を見せてくれるのか?と色々想像してたんですが、
今年はやっとやっとテレビで素敵なジウォンに会えて、ファンとして本当に嬉しいです。💕
『ドラマワールド』のおかげで、今まで見たことのないジウォンオンニの姿を見れたので、
改めてショーンさんに感謝します。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す