クォン・サンウ、ハ・ジウォンと18年ぶりの再会…『カーテンコール』出演確定

先日、ジウォンオンニとクォン・サンウさんが2004年に
映画『恋する神父(신부수업)』を撮影していたときの記事を紹介しましたが、
今日はびっくりするニュースが飛び込んできた!!👀


[公式]クォン・サンウ、ハ・ジウォンと18年ぶりの再会…『カーテンコール』出演確定
[공식] 권상우, 하지원과 18년만 재회…’커튼콜’ 출연 확정
2022.6.7

俳優クォン・サンウがKBS新ドラマ『カーテンコール:木は立って死ぬ』出演を確定した中で、ハ・ジウォンと2004年映画『恋する神父』以後18年ぶりに再会する。

クォン・サンウは『カーテンコール:木は立って死ぬ』(以下『カーテンコール』)に巨大財閥グループ後継者ペ・ドンジェ役として合流する。

『カーテンコール』は北から来た時限付きおばあさんの最後の願いを叶えるために亡命した孫を演技するある男の演劇にまつわる人々の話を扱った作品。

クォン・サンウは劇中の巨大財閥グループの後継者ペ・ドンジェに扮する。 ペ・ドンジェはハンサムな外見に些細なこと一つまで貴族の風貌が感じられる生まれつきの財閥。 彼は自分の考えを表わすのに憚りがなく、他人の気持ちを全く配慮しない果敢な言動を日常的にする。 しかし、彼の言葉には、それなりの確固たる論理と確信があり、礼儀がないと言われても、とんでもないという話は絶対聞かない、認めるしかないスタイルの男だ。 ペ・ドンジェは人生においてたった一度、唯一逃してしまったその何かのために揺れることになる。

クォン・サンウはドラマ『飛べ、小川龍』、『推理の女王』などをはじめ、映画『海賊:鬼の旗』、『ヒットマンエージェント:ジュン』、『神の一手:鬼手編』、『探偵なふたり:リターンズ』、『探偵:ザ・ビギニング』などで活発に活動している。 これに対しクォン・サンウが『カーテンコール』でハ・ジウォン、カン・ハヌル、ソン・ドンイル、チョン・ジソ、ノ・サンヒョンなどとどんな演技呼吸を披露することになるか、彼が新しく描いていくペ・ドンジェの話に耳目が集中する。

『カーテンコール』はドラマ『月が浮かぶ川』、『風と雲と雨』、『師任堂(サイムダン)、色の日記』などを演出したユン・サンホ監督と映画『ヒットマンエージェント:ジュン』、『ミッドナイト・ランナー』などを製作したチョ・ソンゴル作家が意気投合した作品である。 本格的な制作に突入した。

元記事:こちら


クォン・サンウKBS『カーテンコール』合流… ハ・ジウォン、カン・ハヌル、ソン・ドンイルと演技呼吸
권상우 KBS ‘커튼콜’ 합류… 하지원・강하늘・성동일과 연기호흡
2022.6.7

俳優クォン・サンウがKBSの新しいドラマ『カーテンコール:木は立って死ぬ』の出演を確定した。

クォン・サンウは最近KBSのドラマ『カーテンコール:木は立って死ぬ』に巨大財閥グループの後継者ペ・ドンジェ役として合流の便りを伝えた。

「カーテンコール」は北から来た時限付きおばあさんの最後の願いを叶えるために帰順した孫を演技するある男の演劇にまつわる人々の話を扱った作品だ。

クォン・サンウは劇中の巨大財閥グループの後継者ペ・ドンジェ役を演じた。 ペ・ドンジェはハンサムな外見に些細なこと一つまで貴族の風貌が感じられる生まれから財閥だ。 彼は自分の考えを示すことに遠慮がなく、他人の気持ちを全く配慮しない果敢な言動を日常的にする。

しかし、彼の言葉には、それなりの確固たる論理と確信があり、礼儀がないと言われても、とんでもないという話は絶対聞かない、認めるしかないスタイルの男だ。 ペ・ドンジェは人生においてたった一度、唯一逃してしまったその何かのために揺れることになる。

クォン・サンウはドラマ『飛べ、小川龍』、『推理の女王』などをはじめ、映画『海賊:鬼の旗』、『ヒットマンエージェント:ジュン』、『神の一手:鬼手編』、『探偵なふたり:リターンズ』、『探偵:ザ・ビギニング』などで活発に活動し、大衆に信頼されるトップ俳優として位置づけられた。

クォン・サンウが『カーテンコール』でハ・ジウォン、カン・ハヌル、ソン・ドンイル、チョン・ジソ、ノ・サンヒョンなどとどんな演技呼吸を披露することになるか、彼が新しく描いていくペ・ドンジェの物語に耳目が集中している。

このようにキャスティングの輪郭が徐々に明らかになり、暖かいメッセージで感動を伝える『カーテンコール』に向けた関心がますます高まっている。 『カーテンコール』はドラマ『月が浮かぶ川』、『風と雲と雨』、『師任堂(サイムダン)、色の日記』などを演出したユン・サンホ監督と映画『ヒットマンエージェント:ジュン』、『ミッドナイト・ランナー』などを製作したチョ・ソンゴル作家が意気投合した作品で、本格的な製作に突入した。

元記事:こちら


記事を見て、思わず「きゃ~~」と叫んでしまいました。😝
まさか18年ぶりにジウォンオンニとクォン・サンウさんの共演が見られるとは!
これは本当に嬉しいサプライズですね。✨
ジウォンオンニとどんなシーンで共演されるのか、とっても楽しみにしてます!💗

今回クォン・サンウさんが演じるペ・ドンジェ…
元々チョン・ヘインさんにオファーした役だそうで、人物紹介を見てみると…👀

「流通チェーンを率いる巨大財閥グループ『サムウ』の後継者。
ハンサムな外見に些細なこと一つまで貴族の風貌が感じられるナチュラルな財閥だ。
自分の考えを表わすことにおいて憚りがなく、他人の気持ちを全く配慮しない果敢な言動を日常的に行う。
しかし、彼の言葉には、それなりの確固たる論理と確信があり、礼儀がないと言われても、
とんでもないという話は絶対聞かない、認めるしかないスタイルの男だ。
人生においてたった一度、唯一逃してしまったその何かのせいで揺れることになる。」

一番気になるのは…
最後の「人生においてたった一度、唯一逃してしまったその何かのせいで揺れることになる」の一言。
ジウォンオンニが演じるセヨンの家族とはどんな交流があるのか、気になって仕方ないです。
本当に豪華キャストだから、もう楽しみでしかないですね。🥰

余談ですが、サンウさんは元々映画『私の愛、私のそばに』で
ジウォンオンニと再び共演する予定だったけど、クランクイン2週間前に
映画制作社と所属事務所の葛藤により、やむを得ず降板することになりました。
今回は『カーテンコール』でお日さまと再び共演することになって本当に嬉しいです。🥰
10月が待ち遠しいですね~💗

【関連記事】

✏️ 俳優クォン・サンウ、KBS新ドラマ「カーテンコール」出演確定=巨大財閥グループの後継者役を熱演

投稿者: sunshine1023

コメントを残す