【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「『いつか家族に(ホ・サムグァン)』を通じて得たもの」2015.2.2

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第31弾。💫


[インタビュー] ハ・ジウォンが『いつか家族に(ホ・サムグァン)』を通じて得たもの
2015.2.2

30代半ばを過ぎて、40代関門に向かっていく女優にとって、「お母さん」という役柄は通過儀礼と同じだ。 イメージとルックスだけで勝負できる20代と違って、30~40代の女優にはスペクトルを広げなければならないというさらに難しい課題が与えられる。

問題はいつ、どのように演じるか。母親役を良いスタートを切ることは,その女優の今後の演技に大きな影響を与える。 そのため、時期とキャラクターは非常に重要だ。

女優ハ・ジウォンが映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』(監督ハ・ジョンウ、製作ドゥタヨン)でデビュー以来初めて母親に扮した。 この作品でハ・ジウォンは3人の息子を持つ母親ホ・オンナンを演じ、心温まる母性愛の演技を見せた。

「避けられないなら楽しめ」という言葉がある。 ハ・ジウォンは文字通りに『いつか家族に』という映画と「ホ・オンナン」というキャラクターを楽しんだ。 最近、SBS芸能スポーツとのインタビューで、「撮影現場に遊びに行くようでした。 まさに楽しく遊んできました」と撮影現場の思い出を思い浮かべた。

「『お母さんの演技をいつ頃しなければならない…』のような考えはしたことがなかったんです。 だから『いつか家族に』のシナリオをもらっても面白いですが、『ホ・オンナン』という役柄には自信がなかった。 私の服ではないという考えだけでした。」

ハ・ジウォンは13年、クリスマスイブの日にハ・ジョンウ監督に会った。 出演を丁寧に断るために出かけたが、ハ・ジウォンはその場でキャスティングのオファーを受け入れてしまった。

「実は、この映画をどのように作るか、あまりにも気になりました。だからその点を尋ねると、ハ監督はいろんな話をしてくれました。 その時、考えが変わりました。 しかし、やりますって言った後も本当に自信はなかったよ」

ハ・ジョンウ監督は自信がないというハ・ジウォンに、「僕も父親役は初めてですよ」と話した。 この言葉はハ・ジウォンに「そうだね。私だけ初めてではない」という楽な考えをさせた。

「監督に子供3人を持つハ・ジウォンではなく、ハ・ジウォンが子供3人いると考えろと言われました。 その話を聞くと、お母さん役に対する 負担感が少し軽くなりましたよ」

ハ・ジウォンは今回の映画の主な撮影地だった全羅南道順天で合宿生活をした。 ハ・ジョンウ監督をはじめ、主要俳優やスタッフらが一緒にする合宿に喜んで参加し、映画への密着度を高めた。

「ドラマを撮影する時、ホテルやモーテルで生活する場合が多いが、今回の映画は山がよく、空気のきれいな韓屋ペンションで一緒に生活しました。元々キャンプのようなものが好きな方なので、今回の合宿はあまりにも楽しかったです。 毎朝澄んだ空気を吸って、宿泊先の前の菜園で育てた有機野菜をおかずに、ご飯も作って食べます。 こんな経験は初めてだったと思います。 それだけでヒーリングされる感じでした」

ハ・ジウォンは撮影が始まってから、ホ・オンナンというキャラクターに深く没頭した。 村の独身男性の心を掴んだ絶世の美女から3人の息子を持つがむしゃらな母親まで、両極端の姿を見せなければならなかったため、外見から演技まで多くの努力が必要だった。

「絶世の美女というイメージの他に、ホ・オンナンのディテールな面が表現されるのではないかと思って、シナリオでは表現されていない部分は想像に任せて表現しようとしました。」

一例として、オンナンの初登場シーンを挙げた。 ハ・ジウォンは「オンナンが絶世の美女ではあるが、1950年代には服やアクセサリーで美貌を誇ることはできない。 工事現場でポップコーンを持って登場する時、外から見える外見よりは、声や笑顔、歩き方で爽やかさを伝えなければならないと思いました。 だからもっと大げさに演技しました。それが初撮影だったが、少し恥ずかしかった」と説明した。

実際、ハ・ジウォンは劇序盤、健康な美しさを発散し、ホ・オンナンというキャラクターを生き生きと作り出した。 苦労して働いてお金を稼ぐ工事現場で、ハ・ジウォンは男たちのビタミンのような存在として強烈に登場した。

文語体のセリフに対する考えも語った。 最初は馴染みがなかったが、慣れていきながら、この映画の魅力に近付いたという。 ハ・ジウォンは「目で読む時は独特で面白かったです。 いざリーディングしようとしたら、 心配だったんです。 感情が完全に表れないかと思って。でも実際にリーディングすると、 とても自然に調和したんです。撮影しながら、文語体のセリフがこの映画を魅力的に仕上げたと思いました。 楽しく演じたと思います」と語った。

3人の子供を持つ母親に扮して、生活密着型の主婦の姿を見せてくれた。 化粧気のない顔にみすぼらしい身なりをして現実感を高めた。 一番目のイルラク(ナム・ダルム)がホ・サムグァンの子供ではないという事実が知られてから、ホ・オンナンは息子に対する切ない感情を深く表現した。

母親役が自然だったのは、3人の子役俳優たちと長い間一緒にいながら、固い絆を築いたからだ。 ハ・ジウォンは同日のインタビューで、3人の息子について話しながら、ニコニコしていた。

ハ・ジウォンは今回の映画を通じて、演出する俳優と演じる監督と仕事する新しい経験をした。 その結果、ハ・ジョンウ監督に対する厚い信頼が築かれたという。

「俳優出身の監督と仕事しながら、良い所が非常に多かったです。何よりも監督が俳優の気持ちが誰よりもよく分かるということが大きな力になりました。ハ監督は演技と演出の二つを全部こなすのに、大変だったと思いますが、たくさん準備されたようです。 そのため、監督ハ・ジョンウは、現場で余裕が溢れていました。 そんな姿がとてもかっこよく見えました」

監督のハ・ジョンウに対する期待感も打ち明けた。 ハ・ジウォンは「撮影が終わり、監督にこれからもずっと監督を続けて欲しいと本気で話しました。その方の力量とリーダーシップがあれば、監督としても成功するだろうと確信できました」と語った。

ハ・ジウォンは『いつか家族に』という作品で母親役に挑戦できたのは幸運だったと話した。 最初に感じた役柄に対する負担感と演技に対する難しさを振り返ってみたら、俳優ハ・ジウォンの成長に大きな土台になりそうだと話した。

「こんなにきれいな映画で母親を演じることができる私は本当に幸せ者です。 撮影前には本当にできないと思っていましたが、撮影しながらあまりにも早く慣れて、楽しく作業を終えました。 そして映画を見た観客たちがとてもよく似合うと言ってくださって 幸せでした」

元記事:こちら


「イメージとルックスだけで勝負できる20代と違って、
30~40代の女優にはスペクトルを広げなければならないというさらに難しい課題が与えられる」
という記事の冒頭を読んで、「これからはいろんな役に挑戦したい」
というジウォンオンニの気持ちがわかるようになる気がします。
やはりある程度キャリアを積み重ねた女優さんにとって、
演技の幅を広げることは大事ですよね。✨

ところで、『いつか家族に』の撮影は全羅南道の順天市で行われたんですが、
お日さまはホテルではなく、韓屋ペンションでハ・ジョンウ監督を始め、
主要俳優やスタッフたちと共に合宿生活を送っていたという。
ドラマを撮影する時、ホテルやモーテルで生活する場合が多いが、
今回の映画は山がよく、空気のきれいな韓屋ペンションで一緒に生活しました。
元々キャンプのようなものが好きな方なので、
今回の合宿はあまりにも楽しかったです。 毎朝澄んだ空気を吸って、
宿泊先の前の菜園で育てた有機野菜をおかずに、
ご飯も作って食べます。 こんな経験は初めてだったと思います。
それだけでヒーリングされる感じでした

こんなに素敵な場所で撮影が行われたから、
お日さまもリラックスして撮影に臨めたでしょうね。😌
この前に紹介したインタビューでも少し触れたが、
ハ・ジョンウ監督はジウォンオンニのために料理まで作ってくれたという。💗

ハ・ジョンウさんは監督ではなく、俳優でもあるから、
誰よりも俳優の気持ちが分かるという。『いつか家族に』の撮影が終わった後、
ジウォンオンニがハ・ジョンウさんに言った一言…
撮影が終わり、監督にこれからもずっと監督を続けて欲しいと本気で話しました。
その方の力量とリーダーシップがあれば、
監督としても成功するだろうと確信できました

二人の信頼関係がよく伝わってきますね。
機会があれば、二人の共演をもう一度見たいです!😍
一方、ジウォンオンニがインタビューでオンナンの初登場シーンを振り返りました。
オンナンが絶世の美女ではあるが、
1950年代には服やアクセサリーで美貌を誇ることはできない。
工事現場でポップコーンを持って登場する時、
外から見える外見よりは、声や笑顔、
歩き方で爽やかさを伝えなければならないと思いました。
だからもっと大げさに演技しました。
それが初撮影だったが、少し恥ずかしかった

深みのある演技はもちろん、表情や話す声のトーンや歩き方など、
演技の細部に至るまでのこだわりには毎回感心させられます。
このインタビューを読みながら、思い浮かんだのは…
ジウォンオンニと何度も共演したアン・ソンギ先生がガリレオのVTRで話したこと。

先輩の私もいつも学ぶことの多い、うちの素敵な後輩様。
ジウォンみたいな後輩がいてくれて誇らしいです

ハ・ジウォンという女優さんの素晴らしさを改めて実感しました。🥰
そんな素敵な女優さんのファンでいられて本当に誇らしいし、幸せです。💕

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す