【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「ハ・ジョンウ監督は思いやり屋さん」2015.1.19

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『いつか家族に』(原題:ホサムグァン)のインタビューコレクション第19弾。💫


[インタビュー] 『いつか家族に(ホ・サムグァ)』ハ・ジウォン「 ハ・ジョンウ監督は思いやり屋さん」
2015.1.19

映画『いつか家族に(ホ・サムグァン)』(監督ハ・ジョンウ、製作ドゥタヨン、共同製作ファンタジオ・ピクチャーズ)は、3人の息子のうち、ただ一人目に入れても痛くない長男が私の血ではないという噂が広がり、一生に一度の事件を迎えるホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)の作品だ。

中国作家として初めてジェームス・ジョイス基金を受け取り、イタリアの グリンツァーネ・カヴール文学賞、アメリカのバーンズ・アンド・ノーブル新人作家賞、フランス文学芸術勲章を受賞した世界的な小説家、余華の代表作『許三観売血記』を世界で初めてスクリーンに写した『いつか家族に』は、監督ハ・ジョンウならではののユーモアが加えられ、ユーモア的で再誕生した。 映画の中盤まで笑い続けていたが、涙なしには見られない感動で終わる。 隣人であり、夫、父親としては珍しいホ・サムグァンというキャラクターの独歩的な存在感がハ・ジョンウのうまい演技を通じて一味違った楽しさを保証する。

ハ・ジウォン(36)は、そんなハ・ジョンウの妻であり、町内の最高の美人ホ・オンナン役を演じた。 ホ・オンナンは一度見れば忘れられない魅力で、多くの男性を虜にする最高の美女であり、最高の花嫁候補。ホ・サムグァンとは程遠い結婚生活だが、夫とまるまるとして健康な3人の息子を眺めながら一生懸命に生きている人物だ。

1997年KBSの『修学旅行』『新世代報告書』でデビュー後、映画『TSUNAMIーツナミー』『私の愛、私のそばに』『1番街の奇跡』、ドラマ『奇皇后』『キング 〜Two Hearts』『シークレット・ガーデン』など、スクリーンと茶の間劇場を往復しながら、女優としての独歩的な位置を占めているハ・ジウォンに13日にソウルの八板洞で会った。

ロマンス、コミカル、ホラーなどジャンルを問わず、アクションにもう少し重点を置いたハ・ジウォンは、これまであまりにも体を酷使してきたとも言える。 そんなハ・ジウォンにとって『いつか家族に』はヒーリングの現場だったと。

「舞台挨拶の時もお話しましたが、 本当に幸せに撮影しました。 映画の中にそのまま盛り込まれています。 観客も幸せだったらいいですね。 特に今回は撮影現場の中と外が全部ヒーリングキャンプ場のようでした。 そして俳優で監督だったハ・ジョンウさんは思いやり屋でした。(笑)元々私は作品に先立って『暴風準備』をする方ですが、私よりも『暴風準備』をしてくださる監督に会ったら、必要がなかったんです。普段は直接衣装も準備しますが、今回は監督が準備してくださって、必要ありませんでした。料理も作ってくださって、美味しい店が好きだと言うから、レストラン『ハンティング』もしてくださいました。 俳優なので、繊細な部分までよく分かっておられたと思います。」

ハ・ジウォンは、ハ・ジョンウのそのような思いやりと共に、特有のユーモアセンスも絶賛した。 「こんなにたくさん笑った現場は初めてでした」というハ・ジウォンは「最初からハ・ジョンウ監督として見ていた。 他の作品と比べると、相手俳優と演技のための親密感のため、いたずらもするようになり、気兼ねなく過ごそうとするが、ハ・ジョンウは監督だったと思います。 だから監督のハ・ジョンウに会った時、現場でちょっとぎこちなかった。 しかし、しばらくすると、とても気楽に過ごさせていただいて大丈夫でした」と振り返った。

子役俳優のナム・ダルム(イルラク)、ノ・ガンミン(イラク)、チョン・ヒョンソク(サムラク)も、ハ・ジウォンにとっては撮影現場に行きたくなった促進剤だった。

「本当に可愛かったよ。私が子供達と遊んであげたというよりは、子供達が私と遊んでくれたと言うべきですか? 先に私に近づいてきて、『ゲームしますか?』『どこ行きますか?』と言いながら、近付いてくれたが、ちょうど私のコードでした。 私は実は誰かの面倒を見るのが苦手です。 私『ケア』も出来ないんです。(笑)そのためか、むしろ楽だったと思います。 私は『じゃんけん』が好きですが、 一緒にやろうって言ってました。 小さな子供遊びが好きだから、ちょうどいい友達ができたんです。 毎日ジャンプして写真も撮って、その写真を見ながら笑いました。 ゲームセンターもよく行きました。 撮影が終わると、一緒にバンに乗って、ゲームセンターに行って遊んでいたが、私のそばを守らなければならないと、立っている息子の姿がとても格好よく見えました」

デビュー後、初の母親の演技。 プレッシャーではなかっただろうか。 「撮影前は自分の服ではない感じだった」と振り返ったハ・ジウォンは、「母性愛は練習して出てくるものではないと思いました」と語った。

「プレッシャーはあったが、3人の息子たちにどのようにしてあげるというよりは、ただ親しく過ごした方がよかったと思います」とし、「ずっと子供たちをハグしてあげていたら、本当の家族のように感じられました。 『どうやって演じればいいでしょうか?』とは思わなかった」と当時の現場を描写した。

演技を越えて子供達とコミュニケーションを取ったハ・ジウォンは今も3人の息子と連絡を取っている。 イルラクは会いたいというメールをして、イラクは一人でジャンプして撮った写真を母親に送る。

芸能人ではなかったら、結婚適齢期を少し過ぎたハ・ジウォンは、映画のように3人の息子の母親になりたいと考えたという。

「まだ両親が結婚しろってプレッシャーをかけてきてないです。 うーん…もしお母さんになったら、たくさん遊んであげるママになりたいです。 私の母もエネルギーが溢れています。 私も母のように子供たちにこんな言葉をかけてあげるつもりです。『この時間は過ぎれば、戻らないじゃないですか? 楽しんで』って。(笑)」

演技を楽しむハ・ジウォンの原動力を垣間見た気分だった。

元記事:こちら


この前に紹介したインタビュー記事にも書いてありますが、
ハ・ジョンウ監督のお日さまへの気遣いと気配りは格別でした。
舞台挨拶の時もお話しましたが、 本当に幸せに撮影しました。
映画の中にそのまま盛り込まれています。 観客も幸せだったらいいですね。
特に今回は撮影現場の中と外が全部ヒーリングキャンプ場のようでした。
そして俳優で監督だったハ・ジョンウさんは思いやり屋でした。(笑)
元々私は作品に先立って『暴風準備』をする方ですが、
私よりも『暴風準備』をしてくださる監督に会ったら、
必要がなかったんです。普段は直接衣装も準備しますが、
今回は監督が準備してくださって、必要ありませんでした

『奇皇后』を撮影してるジウォンオンニのために、
『いつか家族に』の撮影現場を空けたときの会議の内容などが盛り込まれている
雑誌『月刊ホ・サムグァン』を作りました。📚
それだけではなく、料理まで作ったり、美味しいお店を探してくれだりして…
料理も作ってくださって、美味しい店が好きだと言うから、
レストラン『ハンティング』もしてくださいました。
俳優なので、繊細な部分までよく分かっておられたと思います

隅から隅までの気遣いが凄いですね。💖
そこまでできる監督さんはなかなかいないから、リスペクトです。👏🏻
そして主演監督務めたハ・ジョンウさんとの共演について…
こんなにたくさん笑った現場は初めてでした。
最初からハ・ジョンウ監督として見ていた。
他の作品と比べると、相手俳優と演技のための親密感のため、
いたずらもするようになり、気兼ねなく過ごそうとするが、
ハ・ジョンウは監督だったと思います。
だから監督のハ・ジョンウに会った時、現場でちょっとぎこちなかった。
しかし、しばらくすると、とても気楽に過ごさせていただいて大丈夫でした

ハ・ジョンウさんのことを相手俳優より監督として見たお日さま、
同い年にもかかわらず、ハ・ジョンウさんのことを「さん」付けて呼んだり、
「監督さん」と呼んでたりしてたそうです。😌
そして子役達とのエピソードについて…
本当に可愛かったよ。私が子供達と遊んであげたというよりは、
子供達が私と遊んでくれたと言うべきですか? 先に私に近づいてきて、
『ゲームしますか?』『どこ行きますか?』と言いながら、
近付いてくれたが、ちょうど私のコードでした。
私は実は誰かの面倒を見るのが苦手です。
私『ケア』も出来ないんです。(笑)そのためか、むしろ楽だったと思います

「ケア」できないと言うものの、
一緒にゲームしたり、じゃんけんしたり、ジャンプしたりして、
撮影が終わっても連絡が取り合ってるという。
子供達にとってもお姉さんのような存在でしょうね。😌
親に結婚の催促でもされたか?って聞かれると…
まだ両親が結婚しろってプレッシャーをかけてきてないです。
うーん…もしお母さんになったら、たくさん遊んであげるママになりたいです。
私の母もエネルギーが溢れています。
私も母のように子供たちにこんな言葉をかけてあげるつもりです。
『この時間は過ぎれば、戻らないじゃないですか? 楽しんで』って(笑)

何年前にジウォンオンニが芸能番組のインタビューでも話しましたが、
結婚は催促されなかったけど、「彼氏ができたら家に連れてきてね」って
お母様に言われたそうです。😌
ジウォンオンニがママになる姿も想像してみると…ニヤニヤしちゃう。😁

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す