【HAJIWON Archive】ハ・ジウォン 映画【ハナ~奇跡の46日間~(코리아)】マスコミ試写会&記者懇談会 2012.4.16

10年前の今日、ジウォンオンニが主演を務める
映画ハナ~奇跡の46日間~(코리아・コリア)のマスコミ試写会&記者懇談会が行われて、
ジウォンオンニを始め、『コリア』キャスト、ヒョン・ジョンファ監督が出席しました。🏓✨


ハ・ジウォンとヒョン・ジョンファが一緒にサウナに入らなかったら
하지원과 현정화가 함께 사우나하지 않았더라면
2012.4.16

俳優ハ・ジウォンが映画『コリア(邦題:ハナ~奇跡の46日間~)』を通じて分断の痛みを痛感した。

16日、ソウル龍山CGVで、「南北統一について考えたことのない私がシナリオを読んで心に響く振動を感じた。 映画を撮ってエンディングでヒョン・ジョンファがリ・プニに『手紙を書くこともできないし、電話することもできないし…』と言う部分がある。 今まで手紙もできないし、電話もできないところはない。 しかし、そのセリフしかできない状況に直面した現実がとても胸が痛かった」と涙声で話した。

「私の心に振動を起こした感動を私より幼い友達はもっと知らないと思う。 多くの方々と私が感じた感動を感じてもらいたい。 二つよりはやはり一つが強いと思った。 映画を通じて小さな統一に対する喜びを感じることができて幸せだった。」

『コリア』は1991年、史上初の南北単一卓球チームの実話を映画化したものだ。 ハ・ジウォンは大韓民国の卓球スター、ヒョン・ジョンファを演技した。 キャスティングの過程でヒョン・ジョンファはハ・ジウォンを積極的に推薦した。

ハ・ジウォンは「初めてその話を聞いてびっくりした。 『なんでだろう?』と思った。 ヒョン・ジョンファ監督は今のキム・ヨナのような当時最高のスターだ。 実在の人物を演技するというプレッシャーがあって、ストレスも溜まり観察もたくさんした」と打ち明けた。

「ヒョン・ジョンファ監督とは最初から親しくなったわけではなく、サウナで会って話しながら似ているということを感じた。 私とあまりにも似たような人に初めて会ったと思うほどだった。 サウナで急速に親しくなった後、『オンニ(お姉さん)』と呼びながら深い話もした。 だから最高になったんだなと思った。 隣で学んだことも多かった」と感謝した。

反面、卓球と親しくなるまでは困難が多かった。 「卓球ラケットの握り方も知らずに始めた。 多くの人々の期待に息が絶えた状態だった。この映画を撮れないと言うほど卓球が好きではなかった。 このように映画を撮れたのは奇跡のようだ」と感激した。

「膝から音がし、座ったり起きたりできないほど、私を含む多くの方々の負傷闘魂があった。 筋肉痛のため眠れなかったりもした。 卓球がこんなに難しいスポーツだということを知った。 『私に合わないのが卓球なんだ』と思ったが、映画を撮ってからは『できないことはないんだ』と思うようになった。 大変だったが、私の胸に響く真心が多くの観客にも伝わってほしい」と願った。

『コリア』はヒョン・ジョンファ、ヒョン・ジョンファのライバルで、国際大会のたびに対戦する北朝鮮のリ・プニのストーリーが土台だ。 南北を代表する2人の選手を中心に、以前まで敵として立ち向かわなければならなかった南北の代表選手たちが同じチームになってから起こる話を伝える。 5月3日公開。

元記事:こちら


『コリア』ハ・ジウォン、「ヒョン・ジョンファ監督とサウナで会って親しくなった」
‘코리아’ 하지원, “현정화 감독과 사우나서 만나 친해졌다”
2012.4.16

俳優のハ・ジウォンがヒョン・ジョンファ監督と会って親しくなったきっかけについて説明した。

ハ・ジウォンは16日、ソウル杏堂洞の龍山CGVで映画『コリア』(ムン・ヒョンソン監督)マスコミ試写会で劇中卓球選手のヒョン・ジョンファを演じた背景と感想などを明らかにした。

ハ・ジウォンの今回の役割はヒョン・ジョンファが直接推薦して実現したものでもある。 これに対してハ・ジウォンは、「最初はびっくりした。 『なんでだろう?』と思った。 最初は首をかしげた」と打ち明けた。

続いてハ・ジウォンは、「今から言うと、ヒョン・ジョンファ監督はキム・ヨナのような最高スターではないか。 実在の人物を演技するというプレッシャーは非常に大きかった。 実はそれなりにストレスも受けて観察もたくさんする時間を持った」とし、「ヒョン・ジョンファ監督とは最初から親しくはなく、サウナで偶然会って話をしてみたら、お互いに似ているということを多く知った」とヒョン・ジョンファ監督と親しくなった過程について聞かせた。

また、「問題に対する解決や考えがあまりにも似ていて、生まれて初めて私と非常に似ている人に会ったという感じがした。 サウナで会って楽になって『オンニ』と呼ぶ」とし、「深い話もたくさんして、なぜ最高なのかということを改めて感じた。 実は隣で学んだことも多く、本当に私たちの映画を初めて製作して終わるまでたくさん苦労してくださった。 改めて感謝したい」とヒョン・ジョンファ監督に感謝のメッセージも送った。

アクションが得意で運動が得意で「女戦士」とも呼ばれるハ・ジウォンは難しかった点について尋ねると、「卓球ラケットを握ることも知らず、卓球を始めた。 1日で(卓球を)できると思っていた多くの方々の期待の中で、息切れがしたまま始めた」とプレッシャーを感じていたことを打ち明けた。

「私が(俳優の中で)一番下手でスイングも一番下手だった。 この映画を撮れないと言うほど卓球が好きではなかった。 このように映画を撮ったのは奇跡だ」と付け加えた。

しかし、時間が経つにつれ、本人の考えが変わったとも告白した。 彼女は「映画を終えて『こんなに魅力的な運動があるんだ』と思う。 最初は私にも合わないことがあるんだなと思ったが、今は『できないことはないんだ』という考えに変わった」と話した。

1000万観客を動員した映画『海雲台』からシンドロームを巻き起こしたドラマ『シークレット・ガーデン』まで、ブラウン管とスクリーンを行き来しながら演技力と興行力を誇示してきたハ・ジウォンは今作で最高の卓球スター、ヒョン・ジョンファ役を演じた。 今回は実在の人物という新たな挑戦を繰り広げることになった。

一方、『コリア』は1991年の第41回世界卓球選手権大会、1チームになるのが金メダル獲得より不可能だった史上初の南北単一卓球チーム『コリア』の46日間のビハインドストーリーを描いたスポーツドラマ。 ハ・ジウォン、ペ・ドゥナ、オ・ジョンセ、パク・チョルミン、イ・ジョンソク、キム・ウンス、チェ・ユンヨン、ハン・イェリなどが出演する。 5月3日公開。

元記事:こちら


先月紹介した『コリア』の制作発表会でジウォンオンニが選手団の正装で登場しましたが、
この日は可愛いワンピースでマスコミ試写会に出席しました。💗


当時、『キング~Two Hearts~』を撮影していたので、
この写真を見て、思わず「ハンアだー!💗」と声を上げてしまいました。😁

半身ショットも素敵。📷✨
もう10年も経ったんだな~と時間の早さに驚くばかりです。

私のお気に入りの一枚。📷
ジウォンオンニ表情といい、写真の雰囲気といい、角度いい、何もかもが完璧。💕

記者懇談会が始まる前に、フォトセッションが行われたので、
ジウォンオンニがフォトウォールへ。

フォトセッション!📷
早速ジウォンオンニの試写会ファッションをチェックしてみると…👀
ストラップ柄のドレスが印象的だし、上半身部分のデザインもユニークで素敵で、
こういう可愛らしい雰囲気が好きです。🥰
 

写真を整理しながら、このドレスはハンアが着そうだなーと思いました。😁

後ろはこんな感じです。💖

続いては半身ショット。📷
ハンアの髪型がとても似合うし可愛いですね。💗
ついついドレスのディテールをチェックしちゃいました。👀
 

ドラマ撮影真っ最中のハードスケジュールの中、
映画のプロモなど様々なイベントに参加して、まさになんでもこなせるスーパーウーマン!✨


続いてはペ・ドゥナさんとのツーショット。📷
お二人の衣装の色合いがとてもマッチしてて、本当に最高の『コリア』コンビですね。🏓


先日Gyaoで『コリア』が無料配信されて、半年ぶりに見返したんですが、
お二人とも演技が素晴らしくて、感動しました。💗
『コリア』でお二人の共演が見れて嬉しいです。


クールビューティーのペ・ドゥナさんとラブリーなお日さま。🌞
素敵なツーショットですね。✨


この前に『コリア』のビハインドショットを整理してみたんですが、
ジウォンオンニとペ・ドゥナさんが撮影の合間に撮った写真を見ると、
お二人の仲の良さがとても伝わってきました。😌
機会があれば、ここで紹介したいと思います。💪🏻


『コリア』キャストとヒョン・ジョンファ監督とムン・ヒョンソン監督の集合写真はこちら。📷

ジウォンオンニの世界一可愛いガッツポーズ!💪🏻😁

フォトセッションが終わった後、記者懇談会がスタートして、
ジウォンオンニが作品への思いや撮影の裏話を明かしました。😌
ご存知かと思いますが、ジウォンオンニが最高の卓球スター、ヒョン・ジョンファ役を演じるために、
撮影に突入する3ヵ月前から、ヒョン・ジョンファ監督から厳しいトレーニングを受けました。🏓
ある記事には「ピンポン玉の持ち方すら知らなかった女優が、
6ヵ月以内に国家代表と同じ姿勢とスイングの実力を出すことは不可能なミッションに近かった」と書いた。


普通9-10年間頑張らなければ国家代表になれないのに、
私たちは6ヵ月ぶりに国家代表にならなければならなかった。
その経験をしながら選手たちが本当にすごいし偉大だと感じた


途中でできないと監督と制作陣に宣言したこともあります。
姿勢もぎこちなく、スイングもうまくできず、
膝からは『ピーピー』という音がするほど痛かった。
(卓球が)初めて私に合わない運動だと思ったが、
時間が経つにつれできないことはないなという考えに変わった。
今は卓球が大好きになった



卓球選手を演じるのは、どれほど大変だったのか、私たちには想像がつかないと思いますが、
たくさんの苦労や努力がある中、ブレずに役を演じ切るジウォンオンニを改めて尊敬します。💕
マスコミ試写会が終わった後、VIP試写会が開催したので、別の記事でご紹介します!
最後には愛おしいお日さまの写真をチェックしてみてくださいね。🥰


【関連動画】

🎬 영화 ‘코리아’ 기자간담회[천지TV]

 

投稿者: sunshine1023

コメントを残す