ハ・ジウォン【방구석 1열(部屋の隅1列)】第114話 ソウル環境映画祭特集 2020.7.12 ①

TV テレビ / 2020.07.13 Mon

昨日、ジウォンオンニが🌱第17回ソウル環境映画祭(제17회 서울환경영화제)
広報大使(エコフレンズ)として出演された
JTBCバラエティ番組『방구석 1열(部屋の隅1列)』がオンエアされました。🌟
久々の番組の出演だから、もちろん本放死守しました!💪🏻

こんにちは💗」とあどけない笑顔で挨拶するジウォンオンニ。
キターーーーーー!!🤩待ってましたよー!
この笑顔は最高に素敵。🌟早くもノックダウンされました。(早いっ!)

ID:エコファミリー、ハ・ジウォンです
この日はID:Sunshineではなく、ID:エコファミリーのメンバーとして出演されます。🌿
この美しさは半端ないですね。

『방구석 1열(部屋の隅1列)』正会員の会員証。
『ソウル環境映画祭』を代表するエコメンバーたち。
左は約40年間環境運動を主導した環境専門家チェ・ヨル理事長、
真ん中は1023が愛してやまないお日さま、右は執行委員長を務めるイ・ミョンセ監督。

『部屋の隅1列』は映画を紹介しながら、トークを進めていく番組ですが、
「3人が『部屋の隅1列』に出る理由は?」とMCを務めるチャン・ソンギュさんに聞かれると…

私達は『ソウル環境映画祭』の家族です
先日発表があった通り、ジウォンオンニが
第17回ソウル環境映画祭(SEFF)のエコフレンズに任命されました。🌟

エコファミリーの家族であるチェ・ヨル理事長とイ・ミョンセ監督を紹介して…
ご存知かとは思いますが、イ・ミョンセ監督とは映画『デュエリスト』でタッグを組んでた。💖
大好きなジウォンオンニの作品の一つだから、番組で二人の共演が見れて本当に嬉しかったです。

そして私はエコフレンズ💗
ジウォンオンニの声もはにかんだ笑顔もたまらなく素敵ですね。😌
朝からテンションが上りまくりました。🌟

今、ソウル環境映画が行われています。
アジア最大の環境をテーマにした映画祭は今年からは
オンライン上映で非対面デジタル映画祭へ切り替えになりました


これによりウイルス感染の危険性を遮断し、
炭素削減にも積極的に取り組む映画祭です

と穏やか優しく説明するお日さま🌞、普段は天然ですが、
仕事モードになると、とても真面目でカッコいい!😍

「ハ・ジウォンさんも元々環境に関心が大きかったみたいですね?」
というチャン・ソンギュさんの質問に対して…
『関心が大きい』というような考えより、実際環境の中で暮らしています
とジウォンオンニが答えると…

「おっ…よく避けてくれましたね」とチャン・ソンギュさんにツッコまれて、
「ちゃんと準備されたエコフレンズの姿勢」というテロップが映し出されて、
ジウォンオンニが爆笑。😂😂😂

一方、チュ・ソンチョル記者がここでジウォンオンニのフィルモグラフィーを紹介!🌟
「2000年『真実ゲーム』でデビューしたハ・ジウォン」というテロップ。
ジウォンオンニは1996年にKBSドラマ『新世代報告書 大人たちは知らない』でデビューしたんですが、
初めて出演した映画はアン・ソンギ先輩と共演した『真実ゲーム』。
右のアーティスト写真は本当に素敵ですね。😍

その後、『ボイス』、『セックスイズゼロ』、『コリア(ハナ ~奇跡の46日間~)』、
『TSUNAMI -ツナミ-』、『朝鮮美女三銃士』など多彩な映画に出演し、観客に愛されてる。💖

映画だけではなく、『茶母(チェオクの剣)』、『ファン・ジニ』、
『シークレット・ガーデン』などで多彩な役柄でドラマまで完璧キープ。

さらに!青龍映画賞、百想芸術大賞など、様々な賞を総なめしながら、
当代最高の俳優として『忠武路の頑固で粘り強い人』というニックネームが付けられた。💫

「名実共に大韓民国代表俳優」✨
フィルモグラフィーの紹介を聞きながら、
照れ笑いしたジウォンオンニが愛おしすぎますね。😍

そして照れすぎて手で顔を隠した。😂😂😂
このとてつもない可愛さにメロメロ。💖

「忠武路の頑固で粘り強い人」というニックネームが付けられたお日さま、
なぜ?ってチャン・ソンギュさんが尋ねると、チュ・ソンチョル記者が…

「『コリア(ハナ ~奇跡の46日間~)』で役柄を演じる時もそうだし、
『デュエリスト』でも素敵なアクション演技を披露する時も、
本当にそのキャラクターになるために自分のすべての情熱を注ぐ、
そんな俳優だから、そんなハ・ジウォン俳優が
今回の環境映画祭のエコフレンドとして参加されると聞いて、物凄く楽しみです。
このように環境保護に関心を持つ俳優だということを知り、嬉しいです。」

とコメント!
余談ですが、個人的には『デュエリスト』のこの殺陣シーンが一番気になってます。
ジウォンオンニの顔の輪郭の美しさが際立ってます。😍

ジウォンオンニのファンとして、この話が聞けてこの上なく嬉しいですね。💞

チュ・ソンチョル記者のコメントを聞いて…
ありがとうございます💗
と照れながらペコリとお辞儀をしたジウォンオンニ、いつからそんなに可愛いの?😍
(↑ずっと目がハート❤️になってる)

一方、チェ・ヨル理事長が30年間使ってきた木製コップを紹介。
「紙を使わない」とチェ・ヨル理事長が言ったら…

ところで、名刺を貰ったんですが、紙でできていましたよね?って
チャン・ソンギュさんがツッコむと…
チェ・ヨル理事長の隣の方が手で顔を隠して…😳

下を向いて声を押し殺しながら…爆笑🤣🤣🤣
ズバリ言ってもいいですか?リアクションが最高。✨😁
笑いこらえられないよね。😂😂😂

ちなみにチェ・ヨル理事長の名刺は再生紙でできたという。
チャン・ソンギュさんのツッコミのおかげで、
ジウォンオンニの素敵な笑顔を見ることができました。💖
月目なっててかわいいー!😍

この笑顔を見て、最初に思い浮かんだのは…
ジウォンオンニが描いたスマイル。🙂
やはりこれはジウォンオンニの自画像ですね。😁🎨

思わず可愛い連発しちゃいました。💕
やはりこの笑顔は最高の癒やしであり、最強のビタミン。😌

昨日の番組では『ダーク・ウォーターズ』と『プロミスト・ランド』
という映画が紹介されたんですが、その映画を見たジウォンオンニの感想は?

いずれもホラー映画を見ているような感じでした。
一番驚いたのは2人の方が制作にも参加して、
俳優としても参加したじゃないですか?


そのためか、映画を見ている間中、
その映画自体のリアリティーと俳優たちの演技も
とても印象深かったと思います


私も同じ俳優の立場として

『本当にそんな勇気があるのか?』と考えながら、
ちょっと反省もするようになって


その二人の俳優に大きな感動だったと思います
と感想を述べました。😌

ジウォンオンニのトークの分量は多くないけど、
誰のトークにでも真剣に耳を傾けて頷いてるジウォンオンニが印象的です。😌

イ・ミョンセ監督と目が合って微笑むジウォンオンニ。😍

時折見せた柔らかな笑顔もたまらなく素敵ですね。🥰

最初に紹介されたのは、映画『ダーク・ウォーターズ』。
主演を務めたマーク・ラファロさんは直接制作まで参加されたそうで、
普段はSNSでも環境保護のメッセージを発信するとジウォンオンニが紹介しました。
まさにエコハルクです💗
ちなみにマーク・ラファロさんはマーベル映画でハルク役を演じたんです。

ジウォンオンニとイ・ミョンセ監督、
もし二人がまたタッグ戦で組む機会があったらいいな~ってこの番組を見ながら思いました。😌

環境事故で多くの人が命を落としたという話を聞いて、
眉間にしわを寄せたジウォンオンニ、この真剣な表情が印象に残りました。
環境問題は意外と語られていないから、この番組から学ぶことは実に多い。😌

記事は長くなってしまいましたので、
続きは別の記事で紹介させていただきます。💪🏻

つづく…

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す