『部屋の隅1列』ハ・ジウォン、ソウル環境映画祭特集出演…涙を流した理由

来る日曜日、つまり7月12日にオンエアされる
JTBCバラエティ番組『방구석 1열(部屋の隅1列)』
ソウル環境映画祭(SEFF)特集🌱がネットニュースで取り上げられました。🌟


『部屋の隅1列』ハ・ジウォン、ソウル環境映画祭特集出演…涙を流した理由

ハ・ジウォンが『ダークウォーターズ』のインタビューに触れて、涙を流したと告白した。

12日に放送されるJTBCバラエティ番組『部屋の隅1列』は、ソウル環境映画祭の特集が放送され、環境の価値を改めて考える映画『ダーク・ウォーターズ』と『プロミスト・ランド』を再公開する。 これに、ソウル環境映画祭を率いる「エコフレンズ」女優ハ・ジウォンをはじめ、環境財団のチェ・ヨル理事長、イ・ミョンセ監督が共演し、豊かな話を伝える。

事前収録でチュ・ソンチョル記者はハ・ジウォンについて「そのキャラクターになるために自分のすべての情熱を注ぐ俳優として『忠武路の頑固で粘り強い人』というニックネームが付けられたほどだ。 このように環境保護に関心を持つ俳優だということを知ることができて嬉しい」と紹介した。 ハ・ジウォンは「ソウル環境映画祭からエコフレンズの提案を頂いた時、コロナ19やオーストラリアの山火事など環境問題が深刻なことを考慮して、喜んでご一緒しなければならないと思いました」と参加の感想を述べた。 チェ・ヨル理事長は「ハ・ジウォンが環境について声を張り上げるのは、環境活動家が声を張り上げることよりもっと影響力のあることだ」と意義を加えた。

ビョン・ヨンジュ監督は『ダーク・ウォーターズ』に触れ、「20世紀最高のインディーズ監督トッド・ヘインズの作品で、環境素材の映画の中で断然トップだと言える」と絶賛した。 またハ・ジウォンは実在の人物であるロブ・ビロット弁護士について「実際の人物が知りたくてインタビューを調べてみたが、彼の姿から一人で愚直に戦った20年の歳月の跡が感じられ、見るやいなや多くの涙を流した」と尊敬の意を表した。

元記事:こちら


SEFFの公式インスタにも『部屋の隅1列』の予告映像がアップされてて…

 

View this post on Instagram

 

서울환경영화제 특집 방구석 1열 17대 에코프렌즈 하지원! 눈물 흘린 사연은? 🤭 (두둥!) 우리의 에코프렌즈🌿 하지원씨가 서울환경영화제 홍보를 위해 서울환경영화제 특집 방구석1열에 출연하셨습니다👏👏👏 환경재단의 최열 이사장님과 이명세 집행위원장님도 동행했는데요. 다가오는 7/12(일) AM 10:30 jtbc 방구석1열에서 서울환경영화제 특집으로 환경영화 두 편을 소개합니다. 제17회 서울환경영화제 상영작 <다크워터스> 제10회 서울환경영화제 개막작 <프라미스드 랜드> 이번 방송에 소개되는 작품 중 <다크 워터스>는 토드 헤인즈 감독과 배우 마크 러팔로가 의기투합하여 세계 최대 화학 기업 ‘듀폰’의 독성 폐기물질 유출 사건을 영화화한 작품입니다. 지난 3월 개봉 이후, 제17회 서울환경영화제 상영작으로 선정되며 많은 관객들의 이목을 집중시켰습니다. 제10회 서울환경영화제 개막작으로 선정됐던 <프라미스드 랜드>는 천연가스 매장 지역에 파견된 에너지 기업 부사장의 이야기를 통해 개발과 환경 보전의 딜레마를 다루고 있습니다. #얼굴만큼 마음마저 아름다운 하지원 배우님의 선한 영향력!!! 우리도 동참해야지 않겠어요? 😉 수많은 시네필과 사람들에게 환경 영화를 알리는 자리에 우리 모두 귀도 쫑끗 눈도 반짝해요🥰 ✅7/12(일) AM 10:30 서울환경영화제 특집 방구석1열 본. 방. 사. 수 해주실 거죠? 잊지 마시고 캘린더에 쏘옥 넣어주세요~💌 #서울환경영화제 #환경재단 #방구석1열 #jtbc #해와달엔터테인먼트 #하지원 #이명세 #최열 #다크워터스 #프라미스드랜드 #마크머팔로 #환경영화 #시네필

A post shared by 서울환경영화제 SEFF (@seff.kr) on

ソウル環境映画祭特集『部屋の隅1列』
17代目エコーフレンズ ハ・ジウォン!
涙を流した話は? 🤭
(ドドーン!)

我々のエコフレンズ🌿
ハ・ジウォンさんがソウル環境映画祭のプロモのために
ソウル環境映画祭の特集『部屋の隅1列』に出演しました👏👏👏

環境財団のチェ・ヨル理事長と
イ・ミョンセ執行委員長も同行したが…。

来る7/12(日) AM 10:30
jtbc『部屋の隅1列』でソウル環境映画祭特集で
環境映画2本を紹介します。

第17回ソウル環境映画祭の上映作品『ダーク・ウォーターズ』
第10回ソウル環境映画祭開幕作『プロミスト・ランド』

今回の放送で紹介される作品の中で『ダーク・ウォーターズ』は、
トッド・ヘインズ監督と俳優のマーク・ラファロが意気投合し、
化学企業最大手のデュポンによる毒性廃棄物流出事件を
映画化した作品です。

3月の公開以来、
第17回ソウル環境映画祭の上映作品に選ばれ、
多くの観客の耳目を集めました。

第10回ソウル環境映画祭の開幕作に選ばれた
『プロミスト・ランド』は、天然ガス店舗地域に派遣された
エネルギー企業の副社長の話を通じて、
開発と環境保全のジレンマを手がけています。

#顔ほど心まで美しい女優ハ・ジウォンの善良な影響力!!!
私たちも参加しなければならないんじゃないですか。 😉

数多くのシネフィルや人々に環境映画を知ってもらう場として
私たちみんな耳もチカチカと目もキラキラしてるよ🥰

✅7/12(日) AM 10:30
ソウル環境映画祭特集『部屋の隅1列』
本・放・死・守してくれるんですよね?
忘れずにカレンダーに
スーッって入れてください~💌


SEFFがインスタに上げた動画のキャプションを読んで、
涙を流した話は?ってもしかしたら、
ジウォンオンニが笑いすぎて涙が出たのかな?って思ったんですが…(失礼しました🙇🏻‍♀️)
記事を読んだら、どうやら映画『ダーク・ウォーターズ』に登場した
ロブ・ビロット弁護士のインタビューを読んで感動したそうです。😌

「そのキャラクターになるために自分のすべての情熱を注ぐ俳優として
『忠武路の頑固で粘り強い人』というニックネームが付けられたほどだ。
このように環境保護に関心を持つ俳優だということを知ることができて嬉しい」

というチュ・ソンチョル記者のコメントは嬉しいですね。💗
個人的にはイ・ミョンセ監督とのトークも凄く楽しみにしてます。
そして気になるジウォンオンニのコメント…
ソウル環境映画祭からエコフレンズの提案を頂いた時、
コロナ19やオーストラリアの山火事など環境問題が深刻なことを考慮して、
喜んでご一緒しなければならないと思いました

ソウル環境映画祭の特集でいろんな話が聞けそうで、
ますます楽しみになってきました。😍もちろん本放死守します!💪🏻
先日JTBCのYoutubeチャンネルで予告映像が公開されたので、
まだ見てない方はぜひぜひチェックしてみてください!🌟

ハ・ジウォン【방구석 1열(部屋の隅1列)】第114話 ソウル環境映画祭特集予告映像

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す