終映『車輪のついた家』ハ・ジウォンと共にした最後の挨拶 「また会いましょう」

今夜放送された『車輪のついた家 (바퀴 달린 집)』第12話(最終回)が
ネットニュースで取り上げられたので、ここで関連記事を紹介したいと思います。🚚🏠✨


終映『車輪のついた家』ハ・ジウォンと共にした最後の挨拶 「また会いましょう」[総合]


ハ・ジウォンが『車輪の付いた家』の最後のゲストとして有終の美を飾った。 ヒーリングバラエティ「車輪のついた家」が幕を閉じた。

27日に放送されたtvN『車輪のついた家』ではハ・ジウォン、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ヨ・ジングの巨済島キャンプ記が公開された。

この日、ハ・ジウォンとヨ・ジングはハモの刺身の和え物作りに乗り出した。 天然ケミがたっぷりの時間。 ハ・ジウォンは材料の手入れをする間ずっと質問をするヨ・ジングを見ながら「料理を作る時にこんなにたくさん私に聞いた人は君が初めて」という発言で笑いを誘った。

続いてハ・ジウォンはソン・ドンイルを助けてムルフェを作り、しっかりとしたイメージと相反するお粗末な魅力にキム・ヒウォンは「ハ・ジウォンは僕と似ていると思う」と冗談交じりで言った。 ソン・ドンイルは「絶対ない」と短く一蹴した。

刺身の和え物にムルフェ、牛肉のムンティギまで添えた巨済島(コジェド)のテーブルに、ハ・ジウォンはもちろん、3人の男性も感嘆した。 キム・ヒウォンが「これを食べた瞬間で終わりだ」と賛辞を送ったほどだ。 ヨ・ジングは熱い拍手で幸せを表現した。

そのように巨済の青い夜が深まり、かつて不眠症を告白したハ・ジウォンは「船を降りた瞬間から眠かった。 こういう経験は初めてだ」と不思議そうに語った。

ヨ・ジングはそのようなハ・ジウォンのために、中途半端な手つきで寝床を準備した。 これに対しソン・ドンイルは「ハ・ジウォンだけを気遣うのか」といたずらっぽく口を尖らせた。

翌日、ソンドンイルとキム・ヒウォンは早朝起きて「車輪のついた家」で最後の一日のスタートを切った。 キム・ヒウォンは「もうこの時間が恋しくなる」と言いながら、胸が熱くなる所感をあらわした

ところが、9時になってもハ・ジウォンとヨ・ジングは目覚めず、ソン・ドンイルは「不眠症の子なの?」と当惑した。 遅れて目が覚めたハ・ジウォンに「あんなに不眠症がひどくてどうしよう。 全然眠れない」と冗談も言った。

ハ・ジウォンは起きた後も揺るぎない美貌を誇りながらも、夢うつつの体でギャグを繰り広げることで3人の男性を笑わせた。

最後朝食の準備もハ・ジウォンの役割。「車輪のついたカフェ」がオープンし、ハ・ジウォンは直接空輸した材料で心を込めてベーグルを作ることで腕前を発揮した。 ここにヨ・ジングが直接注いだコーヒーを添えれば「車輪のついた家」流のブランチ完成。

ハ・ジウォンの手作りクリームチーズベーグルに3人の男は歓呼した。 特にキム・ヒウォンは「冗談じゃなくて本当においしい。 僕は元々ベーグルが好きだ」と親指を立てた。

これに対し、ソン・ドンイルは「突然だ。 ベーグルが好きだという言葉を初めて聞いた。僕こそベーグルが好きだ。 1日に2回も食べる」ととぼけた。

一方、『車輪の付いた家』の後続ではユ・ジェソク、チョン・ソミンの『シックスセンス』が放送される。

元記事:こちら


「車輪のついた家」ハ・ジウォンXヨ・ジング流のブランチ→伝統市場ツアー→ソン・ドンイル流の巨済島式晩餐会…ハ・ジウォンに「シーズン2一緒にしよう」

ヨ・ジング、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ハ・ジウォンが巨済島での2日目とともに「車輪のついた家」シーズン1の最後の時間を過ごした。

27日に放送されたtvN「車輪の付いた家」最終回はソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ヨ・ジングとゲストハ・ジウォンが一緒に過ごす最後の一日を描いた。

家族が巨済島で初日を過ごした翌日の朝、家族は波の音を聞きながら朝を迎えた。 真っ先にソン。ドンイルがテントを開けて立ち上がり、その次にキム・ヒウォンが目を覚ました。
彼らは谷の水に足を入れて自然を満喫した。 キム・ヒウォンは海を眺めながら「遠い海は砂のように輝き、ここは石のように光る」と話した。

ヨ・ジングとハ・ジウォンは9時過ぎても眠りから覚めなかった。 ソン・ドンイルは「不眠症の子なのか」と不思議がった。 キム・ヒウォンは「自然に起こそうか」と尋ね、ソン・ドンイルは「私たちの番組の趣旨に合わない」と止めた。

二人が騒がしく動いている間、ハ・ジウォンが目を覚まし、この音でヨ・ジングも目が覚めた。 ハ・ジウォンは起き上がって間もなく「バランスを取れなかった」とうろたえた。 ハ・ジウォンは「今朝クリームチーズを作ろうとしたが、あまりにも遅く起きた」と話した。

ハ・ジウォンは続いて「贈り物としてあげようとあらかじめ作ってきたものがある。 ジングがコーヒーを入れたら、 私がパンを焼いてあげる」と話した。

ヨ・ジングはハ・ジウォンが持ってきた生豆で生涯初の焙煎に挑戦した。 ハ・ジウォンは「君が焙煎できるというので、持ってきた」と話した。 ヨ・ジングは慌てたが、「やってみる」と言った。

ハ・ジウォンが好きな歌を聞きながら、ヨ・ジングは「夜によく歩く。 そんな時にこんなムードの歌をよく聴く」と話した。 ヨ・ジングは引き続き予熱したフライパンに生豆を投げつけた。

ヨ・ジングは、わき目もふらずに丹念に生豆を炒めた。 ハ・ジウォンは生豆の音に「不思議だ。いいにおいだ」と感嘆した。 ヨ・ジングが生豆を炒めている間、ハ・ジウォンはトマトの手入れをしてキウイを切った。

ハ・ジウォンは自宅で育てたというバジルとミントを取り出した。 ハ・ジウォンはヨ・ジングを見ながら「初めてだが、何かたくさんした人のようだ」と話した。 ヨ・ジングはハ・ジウォンに「濃いコーヒーは好きか」と尋ねた。 ハ・ジウォンが好きな濃いコーヒーになるためには、生豆をもう少し炒める必要があった。

ソン・ドンイルとキム・ヒウォンはカンジャンエビとカンジャンケジャンを探してきた。 カンジャンケジャンを味わったハ・ジウォンは「すごい」と地団太を踏む。

ヨ・ジングは黒くなったコーヒー豆を挽きながら「美味しくならないといけないのに」と心配した。 ハ・ジウォンはお兄さんたちが朝食を長く待つか心配で焦った。 ハ・ジウォンは手作りクリームチーズ5種セットを持ってきた。 牛乳、生クリーム、レモンディルで作ったディルクリームチーズを一番先にベーグルに塗った。

ヨ・ジングが初めて焙煎したコーヒーは、成功の証拠である「コーヒーパン」を見せるほど新鮮だった。

ソン・ドンイルはサーモンのクリームチーズベーグルを味わって「ぴったりホテルでおいしく食べたそんな感じ」と述べた。 キム・ヒウォンは「冗談じゃなくて本当においしい」と親指を立てた。

家族はキウイと桃を乗せたベーグルを食べてからも「これ本当においしい」と感嘆した。 ヨ・ジングは「ミントとバジルは先輩が直接育てたものだという」と付け加えた。 続いて、ヨ・ジングが直接淹れたコーヒーをソン・ドンイルが味わった。

ソン・ドンイルは「君、本当に上手でした」とコーヒーをあまり飲まないキム・ヒウォンにも飲んでみるよう勧めた。 ヨ・ジングは「ヒウォン先輩には申し訳ないが、ジウォン先輩が濃いのが好きだと言っていたので」と話した。 キム・ヒウォンはこれに対し、「ジング、おいしい」とすぐに態勢転換をし、笑いを誘った。

彼らは伝統市場のツアーを終えて、ヨ・ジングが運転する車に乗って家に帰った。 車の中でソン・ドンイルはハ・ジウォンに「シーズン2一緒にやる」と提案し、ハ・ジウォンは「私はいいと思う」と喜んだ。

ソン・ドンイルは、買ってきた材料でメバルの丸揚げとハモのしゃぶしゃぶを完成した。 ハ・ジウォンはメバルの丸揚げを味見し「バター焼きしたようだ」と感嘆し、キム・ヒウォンは「他におかずが必要ない」と言った。

ヨ・ジングは、家族のために肉だけ残るように手入れをした。 キム・ヒウォンは何度も「本当においしい」と感嘆したが、 次に家族はハモを昨日から取った出汁に漬けた。

家族がハモのしゃぶしゃぶを食べて感嘆しながらソン・ドンイルにも勧めた。

ソン・ドンイルは「僕はお前たちが食べるのを見るとお腹がいっぱいだ。 親の心はこういうものなんだ」と語った。 ハ・ジウォンは「食べたことのあるしゃぶしゃぶの中でこれが最高」と言った。 ソン・ドンイルはハ・ジウォンを見て 「ジウォン本当によく食べるね。 きれいな子がたくさん食べる」と満足げに話した。

元記事:こちら


「車輪のついた家」ヨ・ジングの本当のファンの気持ち「毛布・扇風機」ハ・ジウォンのための特急サービス

ハ・ジウォンに向けたヨ・ジングのファンの気持ちは「本気」だった。

ヨ・ジングは27日に放送されたtvN『車輪のついた家』でハ・ジウォンに対するファンの気持ちを積極的に表現した。

この日の放送ではハ・ジウォンとヨ・ジングが夕食の準備をする姿が描かれた。 ハ・ジウォンが食事を準備するヨ・ジングをじっと見つめながら「本当に上手」とほめたところ、ヨ・ジングはハ・ジウォンの顔も合わせないまま「ここに来てだいぶ上手になった」と照れた。

2人で準備したメニューは、ハモの刺身の和え物だった。 ヨ・ジングは材料の手入れをしながらハ・ジウォンに絶えず質問し、ハ・ジウォンは「私にこんなにたくさん聞く人は君が初めてだ」と言って笑いを誘った。

ソン・ドンイルはハ・ジウォンとヨ・ジングが準備した材料を見ながら「これは野菜和え物じゃない。 これは完全な詐欺だ」と話し、ソン・ドンイルがムルフェを作った。 牛肉のムンティギまで完璧な夕食が用意した。 4人は美味しくてボリュームたっぷりの食事で幸せになり、暴風モッパンを楽しんだ。

夕食後就寝の支度を始めた。 ヨ・ジングは直接ハ・ジウォンが寝るベッドをセットしながら、後ろに倒れる体を張ったギャグを披露したが、すぐ特別な毛布で点数を挽回した。 彼がハ・ジウォンのために特別に毛布を準備したのだ。 ヨ・ジングは「先輩のために準備した」とし、ハ・ジウォンのベッドに入念に毛布を敷き、この姿を見守ったソン・ドンイルは「これまで誰にも敷いてあげなかったじゃないか。 ジウォンにだけにやるの?」とからかった。

ヨ・ジングのサービスはこれにとどまらなかった。 ハ・ジウォンがベッドに横になる姿を見て、扇風機の位置まで調整する特急サービスを続けた。 ハ・ジウォンはヨ・ジングの思いやりに喜び「ありがとう」とあいさつした。

元記事:こちら


「車輪のついた家」ハ・ジウォン、不眠症があるって言ってたけど、 「ディープスリープ」···起床後「恥ずかしい」

ハ・ジウォンが「ディープスリープ」をした。

27日に放送されたtvN「車輪のついた家」にはハ・ジウォンがゲストとして登場した姿が描かれている。

この日ハ・ジウォンは「不眠症でよく眠れない」と明らかにした。 食事後、ハ・ジウォンはヨ・ジングが整理してくれたベッドで眠りについた。

翌日、ソン・ドンイルとキム・ヒウォンは先に起き、ソン・ドンイルは「ジングが淹れてくれたコーヒーを飲みたい」と話していた。 しかし、しばらく経ってもヨ・ジングとハ・ジウォンは起きなかった。

キム・ヒウォンが起こそうとすると、ソン・ドンイルは「そのまま自然に動いて起こそう」とし「不眠症があるって言ったのに、2人ともすごく寝たね」と答えた。

結局、9時過ぎにキム・ヒウォンが声を出し、ハ・ジウォンはやっと目を覚ました。 ハ・ジウォンは照れくさそうに「ふんわりしてよく眠れた」と話した。

元記事:こちら


「車輪のついた家」ソン・ドンイル、ハ・ジウォンにもシーズン2に合流提案…ハ・ジウォン「いいですね」 [バラエティーSCENE]
『車輪のついた家』でソン・ドンイルがハ・ジウォンにシーズン2で一緒にしようと提案した。

27日午後に放送されたケーブルテレビtvNのバラエティ番組『車輪のついた家』でハ・ジウォン、ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、ヨ・ジングは伝統市場を訪問して買い物をした後、家へ帰った。

ソン・ドンイルは運転を続けるヨ・ジングを見ながら、ハ・ジウォンに「もし僕たちがシーズン2をやることになったら、ジウォン、君が運転担当しよう」と話し、ハ・ジウォンは笑いながら「大丈夫か?」と聞いた。

また、ソン・ドンイルは「シーズン2をやることになったら一緒にやる」と自然とハ・ジウォンに提案し、ハ・ジウォンは「私はいいと思う」と答えた。

これを聞いていたキム・ヒウォンは、「どうしてみんな気が合うのか」と笑った。

元記事:こちら


本当に素敵な番組で、ぜひシーズン2をやってほしいし、
ジウォンオンニがレギュラーメンバーとして登場してくれるといいですね。💕
お日さまの手作りのベーグルは本当に美味しそうで、
見た目は申し分ない!『チョコレート』でムン・チャヨンを演じて、
料理の腕も上げたでしょうね。😁

そしてジウォンオンニはこの番組で「不眠症でよく眠れない」と明かしました。
15年前ぐらいかな?ジウォンオンニは不眠症に悩まされたってどこかで言ったことがありますが、
未だに不眠症に悩まされていてちょっと驚きました。😢
でも巨済島で朝9時までぐっすり眠れてよかったね。😁

番組の内容は後ほどじっくり語りたいと思います!お楽しみに!✨

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す