【第17回ソウル環境映画祭】ハ・ジウォン、キム・ウンスのおすすめ作品を公開

「第17回ソウル環境映画祭(제17회 서울환경영화제)」
広報大使(エコフレンズ)に任命されたジウォンオンニのおすすめ作品が
ネットニュースで取り上げられました。✨


環境映画祭、ハ・ジウォン、キム・ウンスのおすすめ作品を公開

第17回ソウル環境映画祭(組織委員長チェ・ヨル、執行委員長イ・ミョンセ、以下「環境映画祭」)側が、エコフレンズのハ・ジウォン、キム・ウンスのおすすめ作品を23日に公開した。

「コロナ19」拡散で環境問題がいつにも増して重要な話題として浮上している中、第17回ソウル環境映画祭が来月2日に開幕する。 今回の映画祭では「ポストコロナ」時代の中の新しい世界を模索できる多様なジャンルの作品が上映される。

中でも『エコーフレンズ』のハ・ジウォンの推薦映画はリーズ・キャニング監督の『マザーロード』だ。 人や重い荷物を収容できるように設計された大型自転車「カーゴ自転車」の歴史とともに、女性または母親に対する好意的でない社会的視線が表現されている。 これについてハ・ジウォンは「女性に対する偏見に満ちた視線と絶えず闘い、身体の自由を叫ぶ女性の姿を自転車の歴史と結びつけた点が興味深かった」と述べ、環境と女性問題に関心が高い観客に映画を積極的に勧めた。 『マザーロード』は来月2日午後12:10 JTBCチャンネルを通じて放送され、7日と12日にはソウル環境映画祭ホームページ内のデジタル上映館で上映される。

第17代エコフレンズとして活躍中のキム・ウンスは、ソウル環境映画祭の開幕作『Sing Me a Song』について、「クリーンシティのラヤに『スマートフォンとテレビ』ができてから起こる変化を描いたドキュメンタリー」と紹介し、映画の中の興味深い叙事を褒め、映画への推薦を惜しまなかった。 また、記者会見当時、『南極海保護区域指定運動』を描いた映画『Sanctuary』を推薦している。 『ノーカントリー』『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』などに出演した世界的な俳優ハビエル・バルデムと彼の兄弟カルロス・バルデムが参加した作品で、世界最大規模の海洋保護区域設立に関する物語が描かれている。 キム・ウンスの推薦作『Sing Me a Song』は来月2日、8日、12日、そして『サンクチュアリ』は来月3日、10日にそれぞれソウル環境映画祭ホームページ内のデジタル上映館で観覧できる。

その他にもソウル環境映画祭のチェ・ヨル組織委員長とイ・ミョンセ執行委員長は『The Forum』と『The Story of Plastic』をそれぞれ推薦した。 まず、『The Forum』は世界経済について討論するために著名な政治家や企業家、経済学者などが集まる「The Forum(世界経済フォーラム)」の設立者クラウス・シュワフの使命を扱った作品だ。 これに対し、チェ・ヨル組織委員長はこの映画を通じて、「多様な運動家たちの悩みを一緒に感じてもらいたい」と積極的に勧めた。 イ・ミョンセ執行委員長の推薦作『The Story of Plastic』は、あふれる毒性物質で危機を迎えた世界を集中的に捉える作品だ。 これに対し、イ・ミョンセ執行委員長は「プラスチックごみ問題の根本的な原因は何で、どうすれば解決できるか」という映画を疑問が解消されると説明した。 『The Forum』は来月3日、7日、『The Story of Plastic』は来月5日、9日にソウル映画祭のホームページ内のデジタル上映館で上映される。

元記事:こちら


昨日、ジウォンオンニのおすすめ作品の映像を紹介しましたが…

【第17回ソウル環境映画祭】エコフレンズ ハ・ジウォンのおすすめ映画『マザーロード Motherload』

その映像はソウル環境映画祭(SEFF)の公式Youtubeチャンネルでご覧になれます。

🎬 17th SEFF, 에코프렌즈 하지원 영화 추천 ”마더로드’
第17回ソウル環境映画祭 エコフレンズ ハ・ジウォン おすすめの映画『マザーロード』

ちなみにジウォンオンニのおすすめ作品は
『마더로드 Motherload(マザーロード)』という作品で、
7月2日午後12:10 JTBCチャンネルでオンエアされ、
さらに7日と12日にはソウル環境映画祭の公式サイトにあるデジタル上映館で上映されます!
皆さんもぜひチェックしてみてください。🌿👇🏻

🎬 마더로드 Motherload(マザーロード)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す