【HAJIWON Archive】「HIGH CUT(하이컷)」Vol.13(2009)Paparazzi Time – HA JIWON インタビュー 「1000万人の恋人、ハ・ジウォン」2009.9.16

香港は最高気温35℃を超える真夏日が続いていて、湿気が多いから、
ジウォンオンニの雑誌をビニール袋に入れてから収納することにしたんですが、
雑誌を整理しながら、久々に2009年に発売された
【HIGH CUT(하이컷)】Vol.13を読み返したら、とても素敵な写真がたくさん掲載されているので、
インタビューと共にここで紹介したいと思います。💪🏻


[ハイカット盗み見] 1000万人の恋人、ハ・ジウォン

①俳優 – 演技観
「俳優だから幸せです。一度も後悔したことがないです。」
「私は代役をあまり使いません。観客に対する礼儀ですから。」

▶堂々とした俳優ハ・ジウォン

グラビア撮影中ずっと「とても面白いです」を連発する。 ぱっと飛び上がるような歩き方が言わなくても、楽しくてたまらないという表情だ。 朝7時半から始まった撮影と午後まで続いたインタビュー、始終笑顔が絶えない。 グラビア写真撮影の3日前から撮影現場に立ち寄り、衣装の選択はもちろん、フィッティング、動線まで「一人で」の完璧なリハーサルを終えた。 この罪深いの完璧主義 。一緒に作業した彼らなら十なら十、彼女に惚れる理由だ。 「茶母(チェオクの剣)」のイ・ジェギュ監督も、「海雲台(TSUNAMI -ツナミ-)」のユン・ジェギュン監督も、「私の愛、私のそばに」のキム・ミョンミンも、「ファン・時に」のチャン・グンソクも俳優ハ・ジウォンを向けた愛情を包み隠さなかった。 「私は俳優だから幸せで、役柄として生きるのが一番楽しいです。 辛い時もありますが、後悔したことは本当に一度もありません。」1997年のデビュー以来13年間、俳優ハ・ジウォンとして暮らした。 19歳の少女が31歳の女優に成長したその歳月の間、恋愛も、失恋も、人生もすべて作品の中で経験した。 「バリでの出来事」「茶母」「ファン・ジニ」「友引忌」「セックス イズ ゼロ」「TSUNAMI -ツナミ-」「私の愛、私のそばに」まで燦爛たるフィルモグラフィが物語るように、ホラー、メロ、アクション、コメディなどジャンルを問わず、スクリーンとブラウン管を一気に捕らえた数少ないワンソ(非常に素晴らしい)女優だ。 演技のためなら決して身を惜しまない「茶母」では剣術を、「ファン・ジニ」では舞踊を、「セックス イズ ゼロ」ではエアロビクスを、「1番街の奇蹟」ではボクシングを、「私の愛、私のそばに」では殮襲を身をもってこなした。

代役を使わない理由を聞くと、1秒で返ってくる返事。 「観客に対する礼儀ですからね」彼女の目がきらきら輝く。「ボクサーだからといって、適当に真似するだけでは、観客たちは騙されないんですよ。 当然ボクサーの体を作りますよ。」根っから挑戦と冒険、学びを楽しむ。 「実は好きでやっているんです。 『ファン・ジニ』の時はダンスが好きで習っていたし、運動も本当に好きだから」アクションシーンが出る台本を見ると、自分も知らないうちに血が騒ぐ。 「誰よりもうまくできそうな気がするんですよ」「茶母」撮影時にスタントが負傷して「私がやりますよ」と手を上げたほどだ。

「TSUNAMI -ツナミ-」1000万突破の感想は「目がくらむようだ」という一言だ

「ソル・ギョング先輩も『シルミド』1000万の時は実感が湧かなかったそうです。 通りすがりにおばあさんや子どもたちが挨拶をするとき、1000万の威力を感じます」先輩ソル・ギョングとの共演はやはり最高だった。 「セリフをぱっと投げれば、ぱっと戻ってくるんです。 キャッチボールをする感じ…最高でした」9月末公開予定の期待作『私の愛、私のそばに』ではキム・ミョンミンと息を合わせた。 ルー・ゲーリッグ病(筋萎縮性側索硬化症)の夫(キム・ミョンミン)を守る葬儀指導士ジス役だ。 「茶母」「ベートーベン・ウィルス」で2人の俳優を経験したイ・ジェギュ監督は「火花が散りそうだな」という予言で2人の出会いを祝福した。 名将の予言通り、撮影現場は2人の有名俳優の貫禄と熱情で連日熱かった。 「キム・ミョンミンさんですか?私を見てみんながあくどい人、頑固で粘り強い人だと言うが、私よりひどい人は初めて見た」と舌を巻く。 体を洗ってあげるシーンで、とげのように痩せた体は初めて見た。 驚いていたし、気の毒で、わけもなくすまなかった。 ジスとして生きた3ヵ月、渾身の打ち込みのせいだったのだろうか。 『私の愛、私のそばに』の撮影が終わった後も彼女はしばらくジスから抜け出せなかった。 「しばらく放っておいてください。 このまま私を治めたい」という言葉を残したまま引き籠もっていった。 彼女の好きな運動も、好きだという人もすべて嫌いだった。 「ジスの痛みが胸に深く刺さって動けなかったんです。 本も読んで、一人で考えて心を落ち着かせました。」

② 私生活は?
「私はどこにでもあるクラブに一度も行ったことがありません。 照れくさくて恥ずかしいじゃないですか?」

▶はにかむ女性 ハ・ジウォン

作品に命をかける俳優ハ・ジウォンとして生きてきたせいで、女性ハ・ジウォンとして生きるには限りなく下手な彼女。 「最近になって人間ハ・ジウォンの人生に関心が生じた。 自分自身のためにどうやって時間を過ごすか悩みます。」

カメラの外、女子ハ・ジウォンは生まれつきの模範生だ。 俳優としては珍しく「朝型人間」だ。 帰宅時間は夜10時を超えず、起床時間は朝7時を超えない。「コーヒーが本当に好きです。 最高級のコーヒーマシンを購入したんですよ。 部屋の前に小さなテラスがあるが、窓を大きく開けてモーニングコーヒーを一杯飲めば、世界をすべて自分のものにしたように幸せです。」1日3時間の運動も並大抵のものではない。 「筋肉が発達しやすいタイプなので、主にランニングマシンでストレッチをします。 最近はテニスも習い始めました」ファッションを愛する女優らしくショッピングはあまりしないのかという質問に意外な答えが返ってくる。 「照れくさいからです。ショッピングは主に海外撮影に行く時にします。」 国内ではどこにでもあるクラブに行ったことがない。やはり照れくさくて恥ずかしいからだ。 限りなく堂々としていそうな彼女の口から出てくる照れくさい・恥ずかしいという言葉が新鮮だった。 学生時代,友人は彼女を見て淑やかな良妻賢母を思い出した。デビュー当初には「お前のような優等生の性格では芸能人にはなれない」という悪口まで言われた。「演技力はあるが才能がない」という毒舌も聞こえた。 こうした世間の評価を一気に吹き飛ばしたのはワックスの「オッパ」のおかげだ。 「当時、ワックスお姉さんの社長が振り付けは考えずに、やりたいようにやってみろと言っていました。 舞台に立ちましたが、心臓がドキドキしてフィーリングが合った。 目の色が変わったそうです。 その後はどうなったのか覚えていない」あの日の熱演パフォーマンス以来、論争は姿を消した。

たぶん今日の彼女を育てたのは8割が勝負欲だ。 8年間を共にしたマネージャーのムン・ヨンソン室長との「はした金の賭け」さえ、一度も負けたことがないというからだ。 俳優としての完璧主義と徹底した自己管理も、負けず嫌いから始まったのかもしれない。

③ 恋愛と結婚は?
「合コンや無理に作られた席は嫌いです。 いまだに恋愛をよく分からないです。」

結婚以外にすべてが成し遂げたような彼女に最近話題になったチャン・グンソク、テギョンなど年下の男性たちの恋心を耳打ちすると、「『私の愛、私のそばに』試写会に招待しなくちゃ」とハァハァと笑う。 「恋愛はときめきだと思うよ。年齢や条件は重要ではないです。 合コンや無理に作られた席は嫌いです。 私は運命を信じます。 二人をつなぐ、見えない縁があると信じています。」恋愛と結婚についてゆったりとしていて、かつ確固たるものだ。 「男に関心が高かったり、必要であれば、とっくに探し出しているでしょう。 「20代初めには27歳ぐらいになれば恋愛を分かるようになると思いました。 でもいまだによく分かりません。 親しいお姉さんがそうなんです。 作品に情熱を降り注ぐため、胸に本当の愛を残しておく場がないのではないかと」それにもかかわらず、31歳の女性ハ・ジウォンが最近したいこと1位は「恋愛より旅行」だ。 「一つ一つ年を取りながら俳優として、女性としてもっと深まり、広くなりたいです。そこで下した結論! 今年中に一人で旅行に行くつもりです。」危ないから駄目だというマネージャーの心配げな目つき、愛情に満ちた小言が続く。 「いまに見ていろ。私、必ず行きます。 先輩たちが『世の中が違うように見える』と強くお勧めしたんです。 私を空けて完全に新しくなって戻ってくるんです」「私の愛、私のそばに」感覚がいい、連打席千万の俳優が誕生するのではないかという別れの挨拶を兼ねた励ましの言葉に「本当ですか?それでは必ずおごりますよ」とにっこり笑う。 俳優として、女として力強い彼女の幸せな人生旅行を応援する。 Bon Voyage!

元記事:こちら


「1000万人の恋人、ハ・ジウォン」と題したHIGH CUT Vol.13に掲載されているインタビュー、
仕事へのこだわり、プロ意識、プライベート、恋愛、結婚など色々語ってくれて、
本当に読み応えがあって実に素晴らしい。✨
30代のジウォンオンニのインタビューで、本当にいい意味で変わらない部分もあって、
ブレない芯があって、読みながら「ジウォンオンニらしくてカッコいい~」と思いました。💕😍

私は代役をあまり使いません。観客に対する礼儀ですから
恋愛はときめきだと思うよ。 私は運命を信じます。
二人をつなぐ、見えない縁があると信じています

というところが一番印象に残りました。😌
とても素敵なことを言ってたな~と読みながら思いました。💖

ほかのニュース記事にも素敵な写真が掲載されていますので、ここに貼っときます。👇🏻
どちかというと、ロングヘア派ですが、個人的にはこのヘアスタイルが凄く気に入ってます。
とても爽やかでよく似合ってて、『シークレット・ガーデン』に出演する前のインタビューですが、
ライムを思い出しますね。🥰

余談ですが、HIGH CUT Vol.13に掲載されている特集は
Paparazzi Time – HA JIWONと題して、
ジウォンオンニの一日をカメラに収めた写真がたくさん掲載されています。📷

ニュース記事には掲載されていない素敵な写真が満載!✨
せっかくだから、いくつかピックアップして、ここで紹介したいと思います。😌
まずはこの写真!朝10時、ブランチを楽しむジウォンオンニ。🍽️
このあどけない笑顔が素敵ですね。

昼2時、おしゃれな格好でお散歩に行くお日さま。🌞
サングラスがよく似合ってます。😎

昼4時半、ラフな格好で運動するジウォンオンニ。
ライムを思い出させられる一枚です。📷

昼5時半、全身黒ずくめのコーディネートで会議に向かうお日さま。🌞
自然に格好良さが滲み出ていい感じ。✨

「ハ・ジウォンの一日」をテーマにして撮り下ろしたグラビア写真。
どんな姿も最高に素敵ですね。💖いつかまたお日さまの一日を密着する特集が見れたらいいな~😌

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す