【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「『ハ・ジウォンが出演する作品なら探して見る』と言われる俳優になりたい」2016.12.16

映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』インタビュー第6弾。💫
『命がけの恋愛』が公開された時、
ジウォンオンニがたくさんのメディアから取材を受けたんですが、
この記事に載ってる写真がとても素敵だから、ここで紹介したいと思います。❤️


『命がけの恋愛』ハ・ジウォン、「『ミッシング:消えた女』のような女性映画、いつでも出演したい」
2016.12.12

俳優ハ・ジウォンが女性映画に対して自分の考えを伝えた。

ハ・ジウォンは12日午後、ソウル鍾路区三清洞某所で行われたTV Dailyとのインタビューで、公開を控えた『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(監督ソン・ミンギュ、製作オーパス・ピクチャーズ)を始め、様々な話を交わした。

14日に公開する『命がけの恋愛』は、ソウル梨泰院を舞台に非公式捜査に乗り出した天然推理小説家ハン・ジェインのスリル満点のコミカルな捜査劇だ。 ハ・ジウォンはハン・ジェイン役を演じ、突拍子もなく愛らしい魅力を存分にアピールした。

『命がけの恋愛』に登場するハン・ジェインは、事件の中心に立ってストーリー全体をリードしていくタイトルロールだ。 劇中で彼女の幼馴染として登場する警察ソル・ロクファン(チョン・ジョンミョン)、FBI要員ジェイソン(チェン・ボーリン)は、彼女と一緒にロマンスを作っていく周辺人物だ。 最近、男優2人を中心にしたバディムービー、または興行パワーのある複数の男優たちが群れをなして出演して、いわゆる「テジュムル」と呼ばれる映画が主流を成したものとは違い、女性が主人公の劇であるわけだ。

ハ・ジウォンはこれについて、引き続き主演俳優の座をこつこつとキープしている女優として、プレッシャーと責任感を感じると話した。「近年、女性映画が多く出ているじゃないか?」とし、「私も女性映画なら、実験的な映画でも、そうではないものにもたくさん出演したい」という願いも伝えた。

最近公開されたオム・ジウォン、コン・ヒョジン主演の女性映画『ミッシング:消えた女(以下『ミッシング』)についての言及も続いた。 ハ・ジウォンは『ミッシング』をまだ見ていない。 多くの女優が地位をキープするには、『ミッシング』のように良い女性映画が引き続き出てくるのではないかと思う。 機会があれば、いつでもこのような映画に出演したいと話した。

元記事:こちら


『命がけの恋愛』ハ・ジウォン「変身、俳優が負わなければならない責任でしょう」 [インタビュー] 2016.12.16

1997年のデビュー以来20年間、俳優ハ・ジウォンはこつこつと自分だけのリズムをキープしながら歩いてきた。 そんなハ・ジウォンが新しい変身に乗り出した。「総合ギフトセット」のようにトントン弾ける魅力を持つ推理小説作家になった彼女に会った。

映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(監督ソン・ミンギュ、製作オーパス・ピクチャーズ)は、ソウル梨泰院を舞台に非公式捜査に乗り出した天然推理小説家ハン・ジェインが繰り広げるスリル満点のコミカルな捜査劇だ。 ハ・ジウォンはハン・ジェイン役を演じ、突拍子もなくやや猟奇的だが、愛らしい魅力が溢れる女性を演じた。

ハ・ジウォンは『 命がけの恋愛』で久しぶりにロマンチックコメディの中の愛らしい女性キャラクターとして戻ってきたわけだ。「必ずしもふんわりとして軽い作品をしたかったわけではない」と口を開いた彼女は「演技に対する渇きがあります。 だから様々なジャンルや新しいキャラクターを演じてみたいと悩んでいたところ、シナリオをもらうことになった。単純なロコ(ロマンチックコメディ)ではなく、スリラーが混ざってて、コシがありながらも2つの感情が共存しますが、魅力を感じました」と話した。

劇中のハン・ジェインは、旬が過ぎた推理小説作家として登場する。 5年前に初めて出した小説が、いわゆる「大ヒット」となって名を馳せたが、その後は次回作が途絶えてしまい、周りからも無視されている状況だ。 そんなハン・ジェインは自分が住んでいる梨泰院で実際に起きた連続殺人事件を次回作の素材にする。 犯人を捕まえるために、警察の助けなしに非公式的に捜査を続けて、やや突拍子もなくはつらつとした人物だ。

ハ・ジウォンは「ハン・ジェインはこれまで私が演じてきたすべてのジャンルの要素を混ぜたようなキャラクター」とし、「スリラージャンルで経験する恐怖に対する感情から、突拍子もなくはつらつとした魅力が混じっていて、そこに推理小説作家という魅力的な職業が加わって、好奇心旺盛で突拍子もない子でした。 そういうところが心を引いた」と述べた。

ハン・ジェインというキャラクターを生かすため、直接服まで空輸するほど、キャラクター設定に熱意を持っているという。 「作品に入っていくと、毎回周りの状況をチェックする」という彼女は「衣装コンセプトからシーンに似合う音楽を探すとか本当に好きです。 監督や美術チームと一緒に会議をして、最も良いものを見つけるために努力します」と話した。 一例として、劇中にハン・ジェインが着たケープとベレー帽は、私設探偵の雰囲気を最大化するためのハ・ジウォンだけのアイテムでした。 彼女は「監督が必ずかゆいところに手が届いてくれたようにとても喜んでくれた」と誇りを感じた。

ハ・ジウォンは、劇中の2人の男とそれぞれ違う呼吸を合わせる。 チョン・ジョンミョンは、劇中でハン・ジェインの長年の友人ソル・ロクファン役で登場し、台湾スター、チェン・ボーリンは、ハン・ジェインの周りをぐるぐる回る秘密に満ちたFBI要員を演じ、三角ロマンスを繰り広げる。

ハ・ジウォンは2人と一緒だった撮影現場を振り返りながら、感謝を伝えた。 チョン・ジョンミョンについては「ソル・ロクファンというキャラクターを一生懸命に研究して、楽しく作ってくれました。おかげで演技の息がぴったり合う俳優と一緒に面白い作業ができてうれしかった」とし、「演技をする時に最も大事なのは相手との呼吸だと思います。 チョン・ジョンミョンとは互いの感情をやり取りしながら、作業を面白く続けることができました」と話した。

チェン・ボーリンは台湾人にもかかわらず、よく通じる部分があったという。 「チェン・ボーリンは英語が上手で、英語で会話を交わしたが、韓国語も学ぼうと一生懸命に努力しています」とし、「意外にいたずらっ子のような姿があって、現場の雰囲気が和気あいあいとしていた」と称賛が続いた。 ハ・ジウォンは「作品の中でも、英語でコミュニケーションを取らなければならないので、やや難しい感じがあったが、数年間学んできた英語を使う機会でした」と冗談交じりに話した。

このように新しい人々と新しい作品を通じて、新鮮な姿を披露したが、ハ・ジウォンは相変わらず変身に渇きを覚えると言う。「周りから結婚の話が出て、いつかはしなければならないと思うけど、今は結婚を考えていない。 ただ他の作品を演技し続けたいだけです」と演技に対する渇きを訴えた。 大きな変身より作品ごとに小さな変化でも「意味のある」変化を見せたいというハ・ジウォンだ。

「変身しなければならないというのは、俳優としての責任だと思います。1歳ずつ年を取れば取るほど、変化の中で成熟さまで備えなければならないという責任感が湧いてきました。 もっと努力して、ファンたちに様々な姿を絶え間なくお見せしたくて、観客に『ハ・ジウォンが出演する作品なら探して見る』と言われる俳優になりたいです」

元記事:こちら


[TDインタビュー+] ハ・ジウォン「ユニークな雰囲気の女神」
2016.12.18

俳優ハ・ジウォンは最近、ソウル鍾路区三清洞某所で行われたTV Dailyとのインタビューでポーズを取っている。






映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(監督ソン・ミンギュ、製作オーパス・ピクチャーズ)は、ソウル梨泰院を舞台に非公式捜査に乗り出した天然推理小説家ハン・ジェインが繰り広げるスリル満点のコミカルな捜査劇だ。 ハ・ジウォンはハン・ジェイン役を演じ、突拍子もなくやや猟奇的だが、愛らしい魅力が溢れる女性を演じた。

元記事:こちら


[TDインタビュー+] ハ・ジウォン「終始一貫した美貌、自己管理のマエストロ」
2016.12.18






元記事:こちら


[TDインタビュー+] ハ・ジウォン「クローズアップを呼ぶ実物美貌」
2016.12.18






元記事:こちら


最近『命がけの恋愛』のインタビュー記事を訳して、
無性に『命がけの恋愛』を見たくなってきたから、昨夜少し見返したんですが、
やはりジウォンオンニのコミカルな演技が最高でした。😌

ジウォンオンニが劇中で着たケープとベレー帽は、
なんとジウォンオンニの私物!!
おととい紹介したインタビューでジウォンオンニも
役作りするために、自分で服を買いに行ったり、
私服を着たり、周りのお姉さんたちから服を借りたりしたと話しましたね。😁

ジェインの編み込みスタイルがチャヨンに似てるけど、
キャラクターの雰囲気が全く違って、本当に凄いな~と改めて思いました。
大きな変身より作品ごとに小さな変化でも
「意味のある」変化を見せたいというジウォンオンニ…
変身しなければならないというのは、
俳優としての責任だと思います。1歳ずつ年を取れば取るほど、
変化の中で成熟さまで備えなければならないという責任感が湧いてきました。
もっと努力して、ファンたちに様々な姿を絶え間なくお見せしたくて、
観客に『ハ・ジウォンが出演する作品なら探して見る』
と言われる俳優になりたい

JTBCドラマ『チョコレート』がオンエアされる前に、
韓国のネットコメントを少し覗いてたが、
ハ・ジウォンが出演するドラマだから、絶対見る!
というコメントも少なくなかった。💖ファンとして本当に嬉しいです。😌
次の作品が待ち遠しいです!✨

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

コメントを残す