【HAJIWON Archive】『君を愛した時間』ハ・ジウォンインタビュー「女優? しわのないきれいな役だけ演じるわけにはいかないでしょう」 2015.9.20

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第11弾。💫


[TFインタビュー] ハ・ジウォン「女優? しわのないきれいな役だけ演じるわけにはいかないでしょう」
2015.9.20

ハ・ジウォン「デビュー20年?いつもその場にいる」

ハ・ジウォン(37)は、特別な説明の要らない俳優だ。彼女の名前を言えば、年齢層を問わず、誰もが作品を一つや二つぐらい思い浮かべる。ロマンチックコメディから時代劇まで、多彩なキャラクターの服を着たおかげだ。成功と失敗に関係なく、絶え間なく挑戦的な、本当に難しく生きる俳優だ。

ハ・ジウォンにとって、最近放送終了したSBSドラマ『君を愛した時間』も挑戦だった。 友人から恋人に発展した男女の物語は日常的だ。ロマンチックコメディもお茶の間劇場ではよくある。 しかし、特別な道だけを歩んできたハ・ジウォンにとっては、逆に平凡さが馴染みのない障壁だった。

ハ・ジウォンは『君を愛した時間』の視聴者の反応を見て改めて自分の演技の色に驚いた。 彼女は「オ・ハナは本当に私と同じような人物だが、それを見て私らしくないと言ったから、面白かったよ」とウハハって笑った。『君を愛した時間』の放送終了後に会った彼女から俳優として、そして30代として、そして恋したい女性として、どんな考えを持っているのかを聞くことができた。

「挑戦が好きです。だからどんなジャンルやキャラクターも選り分けたくないです。すべて演じたいです。これまでファンタジーや時代劇で強いキャラクターをたくさん演じて、明るいキャラクターを演じたかったんです。平凡な恋物語をしてみたかったし、オ・ハナというキャラクターをきれいに表現したい気持ちが大きかったんです。」

「独特な設定を過度に取るものより演じやすかった。 隣に住むお姉さんのような軽くて親しみやすい人物じゃないですか? ほどける日常を見せるのも悪くはないですね。 周りの人たちが『演じなきゃ、そのままのあなたを見せたらどうしよう』と言うほどでした。たまに自分を見せる瞬間が恥ずかしかったけど。 私も家では干物のように楽な服を着て何もしないです。ところが、私がいつも運動して、貧しい境遇で暮らして、土をつけられる演技をするから、オ・ハナを見慣れないという方もいました。『私が強烈な役をたくさん演じたんだな、 そんなに強かったのかな』と感じました。これからはもっと多彩な役に挑戦していくので、慣れてくれることを願います。(笑)」

『君を愛した時間』でオ・ハナ(ハ・ジウォン扮)はチェ・ウォン(イ・ジヌク扮)からひまわりの愛をたっぷり受けた。現実的な状況で自然なコンセプトのキャラクターのおかげで、代理のときめきはより強かった。 イ・ジヌクは甘い眼差しだから、『養蜂業者』というニックネームがつけられたりもした。 このような恋を演じながら、ハ・ジウォンも「友達から恋人へ」発展の可能性に対する考え方が変わった。

「イ・ジヌクとの息は本当に良く合いました。眼差しが半端じゃないんです。 特にオ・ハナと付き合い始めてからは、蜜が落ちたよ。実際の理想のタイプもウォンです。うまく通じるし、気楽じゃないですか?男女の間で友達だったが、恋人に発展できないと思っていましたが、今回変わりました。」

「恋愛細胞はいつも覚めています。しかし、私は(新しい人に出会おうという)努力をしないスタイルだ。『君を愛した時間』では強烈な恋より、イチャイチャな恋物語だったのがもっと楽しくて幸せでした。元々一目惚れする恋が好きだったが、胸が震える恋じゃなくても、よく通じる誰かそばにいた方がいいと思います。」

いつの間にかデビュー20年目、今や後輩の俳優たちがロールモデルとして名前が言及されることもある。 しかし、一度も年齢が制約になるという考えはしたことがない。 むしろ、過去の日々に積み重ねてきた時間がこれからの挑戦も応援する土台だ。

「20代の時にできるメロ(ロマンス)ドラマがあれば、30代もそうです。 メリル・ストリープは 『マンマ・ミーア!』でもときめくロマンスをしてるじゃないですか?逆に30代になって演じれるキャラクターが多いと思います。 生きながら明らかに多くの紆余曲折を経験するから。 女優だからと言って、しわがなくてきれいな役ばかり演じるわけにはいかないでしょう。 しわがあってもその年齢に合った役を演じたいです。」

「デビュー20年目の感想ですか?後輩たちもいるから、もっと素敵な先輩にならなければならないという責任感と緊張感が生まれます。 私はいつもその場にいると思います。ただ、列車に乗っていって、作品にタイムスリップして帰ってきたりするんです。 今は、もう現実の自分を感じる時間です。こんな時間が時には退屈したり、落ち着かなかったりもします。 私はそのままだが、作品の中にハ・ジウォンという俳優は作品が重なるにつれ、もっと成熟し、深みのある俳優にならなければならないのです。」

元記事:こちら


最近ジウォンオンニの作品のブルーレイやDVDを整理してたら、
ジウォンオンニは本当に様々なジャンルや役に挑んできたな~って改めて気付きました。✨
どの役もそれぞれの魅力があって、同じ人が演じたと思えないほど役作りが素晴らしい。💖
挑戦が好きです。
だからどんなジャンルやキャラクターも選り分けたくないです。すべて演じたいです。
これまでファンタジーや時代劇で強いキャラクターをたくさん演じて、
明るいキャラクターを演じたかったんです。
平凡な恋物語をしてみたかったし、
オ・ハナというキャラクターをきれいに表現したい気持ちが大きかったんです

言われてみれば、こういう平凡なラブストーリーはジウォンオンニの
フィルモグラフィーでは珍しいかもしれない。😌
強いキャラクターもカッコいいけど、どちらかというと、
個人的にはお日さまが演じる明るいキャラクターが好きです。🥰
独特な設定を過度に取るものより演じやすかった。
隣に住むお姉さんのような軽くて親しみやすい人物じゃないですか?
ほどける日常を見せるのも悪くはないですね。
周りの人たちが『演じなきゃ、そのままのあなたを見せたらどうしよう』
と言うほどでした。たまに自分を見せる瞬間が恥ずかしかったけど。
私も家では干物のように楽な服を着て何もしないです。
ところが、私がいつも運動して、貧しい境遇で暮らして、
土をつけられる演技をするから、オ・ハナを見慣れないという方もいました。
『私が強烈な役をたくさん演じたんだな、 そんなに強かったのかな』と感じました。
これからはもっと多彩な役に挑戦していくので、慣れてくれることを願います。(笑)

ライムとかハンアとか、割と作り込まれた役が多くて、
芯の強い女性のイメージが強いから、
ありのままの自分を見せる役というのはいろんな意味で貴重ですね。❤️
続いては相手役を演じたイ・ジヌクさんとの共演について…
イ・ジヌクとの息は本当に良く合いました。眼差しが半端じゃないんです。
特にオ・ハナと付き合い始めてからは、蜜が落ちたよ。
実際の理想のタイプもウォンです。うまく通じるし、気楽じゃないですか?
男女の間で友達だったが、恋人に発展できないと思っていましたが、
今回変わりました

『君を愛した時間』のメイキング映像を見たけど、
ジウォンオンニとイ・ジヌクさんは撮影の合間にもふざけてて、
撮影現場はいつも笑い声で溢れて楽しそうですね。😌
そして恋愛について…
恋愛細胞はいつも覚めています。
しかし、私は(新しい人に出会おうという)努力をしないスタイルだ。
『君を愛した時間』では強烈な恋より、
イチャイチャな恋物語だったのがもっと楽しくて幸せでした。
元々一目惚れする恋が好きだったが、胸が震える恋じゃなくても、
よく通じる誰かそばにいた方がいいと思います

年を重ねて恋愛観も変わってきますね。😌
お日さまは悲しい恋をしてる役や貧しくて辛い役が結構多いし、
見てるこっちまでもらい泣きしちゃいますが、
『君を愛した時間』は最初から最後まで泣かずに楽しく見れました。💗
こういうラブストーリー、ぜひまたやってほしいです。😁
20代の時にできるメロ(ロマンス)ドラマがあれば、
30代もそうです。 メリル・ストリープは 『マンマ・ミーア!』でも
ときめくロマンスをしてるじゃないですか?
逆に30代になって演じれるキャラクターが多いと思います。
生きながら明らかに多くの紆余曲折を経験するから。
女優だからと言って、しわがなくてきれいな役ばかり演じるわけにはいかないでしょう。
しわがあってもその年齢に合った役を演じたいです

ジウォンオンニがエッセイ集『今この瞬間』を読んで、
最も印象に残ったのはこの言葉。💗
여배우니까 언제나 예뻐 보여야 한다는 강박관념은 없다.
나는 여배우이기 이전에 배우다.
사람들이 보면서
내 연기에 몰입할수 있는 모습이
배우로서 가장 아름다운 모습이라고 생각한다.
(女優だから、いつもきれいに見せなければならないという強迫観念はない。
私は女優である前に俳優である。
人たちが見ながら、私の演技に没頭できる姿が
俳優として一番美しい姿だと思う
)」

ジウォンオンニのこの言葉に心動かされて凄く感動しました。
ドラマを見て、こんなに女優さんの演技に惹かれるのは初めて。💖
綺麗な役しかやらない俳優もたくさんいると思いますが、
お日さまはどんな役も自分のものにして、体当たりで挑んで本当に格好よくて素敵!✨
デビュー20年目の感想ですか?
後輩たちもいるから、もっと素敵な先輩にならなければならないという
責任感と緊張感が生まれます。 私はいつもその場にいると思います。
ただ、列車に乗っていって、
作品にタイムスリップして帰ってきたりするんです。
今は、もう現実の自分を感じる時間です。
こんな時間が時には退屈したり、落ち着かなかったりもします。
私はそのままだが、作品の中にハ・ジウォンという俳優は作品が重なるにつれ、
もっと成熟し、深みのある俳優にならなければならないのです

お日さまの演技に対する情熱が伝わってくるし、
ファンになれてよかったとしみじみ思います。😌
ジウォンオンニは今度どんな作品に時間旅行に出かけるのか、
ワクワクドキドキです。💕

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す