【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー『君を愛した時間』ハ・ジウォンだからこそ特別 2015.8.28

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第3弾。💫


[インタビュー] 『君を愛した時間』ハ・ジウォンだからこそ特別
2015.8.28

大切な人たちとの貴重な時間を過ごすように、ハ・ジウォンは作品のために使った時間を徐々に送っていった。

最近、ソウル市鍾路区三清洞にあるカフェで女優ハ・ジウォンがSBSドラマ『君を愛した時間』の放送終了後のインタビューを行った。

ハ・ジウォンは『君を愛した時間』を通じて今まで見せてきた強い女戦士イメージではなく、軽快で明るいオ・ハナ役を消化した。 「挑戦が好きだから、ジャンルやキャラクターの選択において『これはだめ』ということはない。 私がファンタジーや時代劇、強い役柄をたくさん演じたので、軽いキャラクターをいつもやってみたかった。 ファンタジーではなく平凡な恋物語のようにね」とオ・ハナという人物を選んだ理由について説明した。

「オ・ハナは、軽くて親しみやすい、隣に住みそうなお姉さんのような平凡な人じゃないですか? ここに私が独特な何かを設定してキャラクターを過度に描くより、そのまま解けた自分の姿を自然に見せるのも悪くはないと思いました。 そうしているうちに、本来の私の姿を見せる瞬間があって、時々恥ずかしいほど気楽な状態で演じました。」

オ・ハナは平凡だ。 しかし、これまで強い演技を多く見せてくれたハ・ジウォンが平凡なオ・ハナを描き出し、特別さが加わった。 親しみやすいが、ただ平凡ではない、そんなオ・ハナを表現するために、ハ・ジウォンは自分自身、本来の魅力を加えた。

「土埋もれて運動して、刀を持ち上げることは、大衆が望む以前の劇的な要素が多いハ・ジウォンかもしれないが、これも私にとっては挑戦だったと思います。 むしろ、ご覧になっている方たちの立場では、私が表現するハナの平凡な姿には馴染みがないと感じられるかもしれません。 だから『今までの私が強すぎたのかな?』と疑問に思ったりもするし。(笑)これからも様々な役柄に挑戦していくので、少しずつ慣れていきたいです。」

彼女は20代と現在、ロマンスに対する時の変化については、「メリル・ストリープが大好きです。 映画『マンマ・ミーア!』でサスペンダー パンツを履いて演じる姿が愛おしかった。 私もメリル・ストリープのようにその年齢に合ったメロ(ロマンス)を演じたい」と答えた。 彼女の答えには年齢による役柄の限界に対する漠然とした恐れは見当たらなかった。

「むしろもっと演じれる役柄が多いと思います。 20代の時よりもっと人生を経験して、紆余曲折が多かったはずですから。 人生について知っていることがもっと多いじゃないですか? 私は年を取るにつれて表現できる役柄が 『多い』 という期待感を持っています。女優だからといって、しわがなくてきれいだけできるのではないじゃないですか?(笑)」

メリル・ストリープについての話に国内で似たような俳優がいるのかと聞くと、ハ・ジウォンは「私が初めて演技者になりたいと感じたのは、テレビの中のコ・ドゥシム先輩の姿を見た後でした。 先輩の演じる姿に鳥肌が立って涙が出ました。 その頃の私は『一体あの方はどんな力があるからこそ、こういう風に見る人を感動させることができるのか』と思って、凄いと思いました。 未だに尊敬しているが、まだ(コ・ドゥシム)先輩と作品をしてみたことがない」と残念な気持ちを語った。

「私をロールモデルとして挙げてくれる後輩たちを見ると、感謝すると同時に責任感が随分伴います。 後輩の方々にもう少し素敵な先輩にならなければならないという責任感。 もっと緊張するようになると思います。 先輩になっていくから、私はそのままだが、作品の中でハ・ジウォンという俳優は作品が積もっていくにつれ、もっと成熟して深みのある俳優にならなければならないと感じたんです。それでこそ、後輩の方々がずっと私をロールモデルとして挙げてくれるのではないでしょうか?(笑)」

ハ・ジウォンはいつの間にかデビュー20年を迎えるようになった。 しかし、これから見せる演技がもっと多いと期待していた彼女は、演技に対する欲に劣らず、作品に対する愛と責任感も十分だった。 ハ・ジウォンは「『君を愛した時間』も確かに私が選んだ作品でした。 自分が選んだことにおいては後悔せずにやります。 いずれにせよ私の選択だから」とし、一つの作品を締めくくる時間を持つことについて話した。

「これまで演じた作品が時には私の意志とは関係なく演じた作品もあったが、すべての作品は全て大切です。 全部私の子みたいです。 また私が『君を愛した時間』を演じながら、 3ヶ月間とても幸せに暮らしました。 そのためにもとても大事です。 私もそれなりにこの作品を離す前に整理する感じがして、思ったより本当に良かったです。」

自分が引き受けたハナというキャラクターのために悩み、研究した時間の跡が見えた。 撮影に臨む間、幸せを届けてくれた作品を見送る時間にも愛情がにじみ出た。 時間が経つにつれ、より多くの魅力を見せるこれからの時間がより期待される俳優、『君を愛した時間』ハ・ジウォンだった。

元記事:こちら


読み応えのある記事で見出しも写真も素敵だから、ここで紹介することに。✨
『君を愛した時間』でジウォンオンニが演じたオ・ハナ、
これまで演じた強い女性とは違って、仕事に恋に奮闘するキャリアウーマンですが、
この役を選んだ理由についてこう語りました。💗
挑戦が好きだから、ジャンルやキャラクターの選択において
『これはだめ』ということはない。 私がファンタジーや時代劇、
強い役柄をたくさん演じたので、軽いキャラクターをいつもやってみたかった。
ファンタジーではなく平凡な恋物語のようにね

「アクション見たい!」「カッコいいハ・ジウォン見たい!」
という方も少なくないと思いますが、個人的には普通のキャリアウーマンを演じて、
今までとは全く違った姿見せてくれたジウォンオンニがとても魅力的だと思うし、
勝手に親近感を感じます。😌
オ・ハナは、軽くて親しみやすい、
隣に住みそうなお姉さんのような平凡な人じゃないですか?
ここに私が独特な何かを設定してキャラクターを過度に描くより、
そのまま解けた自分の姿を自然に見せるのも悪くはないと思いました。
そうしているうちに、本来の私の姿を見せる瞬間があって、
時々恥ずかしいほど気楽な状態で演じました

『君を愛した時間』のハナも、『チョコレート』のチャヨンも、
どこかで素のジウォンオンニが見えたりして、ファンとしては本当に嬉しいです。💕
一方、ジウォンオンニはメリル・ストリープが大好きで、
メリル・ストリープのようにその年齢に合うロマンスを演じたいという。
年齢による役柄の限界についてお日さまはこう話した。😌
むしろもっと演じれる役柄が多いと思います。
20代の時よりもっと人生を経験して、
紆余曲折が多かったはずですから。
人生について知っていることがもっと多いじゃないですか?
私は年を取るにつれて表現できる役柄が 『多い』 という期待感を持っています。
女優だからといって、しわがなくてきれいだけできるのではないじゃないですか?(笑)

「年齢に応じて役の幅も狭まる」と思う人もいるかもしれないけど、
ジウォンオンニが言った通り、年齢を重ねると、
人生の経験値を上げて人間性に深みを増して、役者としての幅も広がっていくと思います。💕

学生時代にコ・ドゥシム先輩の演技を見て、
「先輩の演技にどんな力があって、こんな風に人の心を動かせるのか?」と気になって、
俳優になろうと決めたお日さま🌞は、
今は多くの後輩からロールモデルとして名前が挙げられる大先輩になりましたね。🥰
私をロールモデルとして挙げてくれる後輩たちを見ると、
感謝すると同時に責任感が随分伴います。
後輩の方々にもう少し素敵な先輩にならなければならないという責任感。
もっと緊張するようになると思います。 先輩になっていくから、
私はそのままだが、作品の中でハ・ジウォンという俳優は作品が積もっていくにつれ、
もっと成熟して深みのある俳優にならなければならないと感じたんです。
それでこそ、後輩の方々がずっと私をロールモデルとして
挙げてくれるのではないでしょうか?(笑)

常に謙虚でいられる姿勢、本当に素晴らしい。
多くの後輩達に慕われる理由が分かりますね。😌
一方、お日さまは女優として自分の作品についてこう語りました。
これまで演じた作品が時には私の意志とは関係なく演じた作品もあったが、
すべての作品は全て大切です。 全部私の子みたいです。
また私が『君を愛した時間』を演じながら、
3ヶ月間とても幸せに暮らしました。 そのためにもとても大事です。
私もそれなりにこの作品を離す前に整理する感じがして、
思ったより本当に良かったです

自分の作品は自分の子供のように大切だと思うジウォンオンニ、
蔭では計り知れない苦労と努力があったはず…
作品ごとに役作りに努力を惜しまない姿は本当に素敵ですね。💖
そんな素敵な女優さんのファンになれて幸せで誇らしい。😌

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す