【HAJIWON Archive】『君を愛した時間』ハ・ジウォンインタビュー「私たちが知らなかった本当のハ・ジウォン」 2015.8.22

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第14弾。💫


『ノサシ』ハ・ジウォン、私たちが知らなかった本当のハ・ジウォン(インタビュー)
オ・ハナそのままのハ・ジウォンに会う…いつも夢を見る本当の「プリティウーマン」
2015.8.22

「女戦士」ハ・ジウォンが変わった。

ワイヤーに乗って思いっきり空を引き裂く、何倍も体格の差が出る男たちとも激しくぶつかった強いハ・ジウォンはいない。 SBS週末ドラマ『君を愛した時間』(脚本:カイル、演出:チョ・スウォン)のハ・ジウォンは、自分の仕事にはしっかりしているが、恋愛にはいつも失敗する痛みがあり、明るく快活だが涙もろい率直なキャリアウーマンだった。

◆ これはどういうことだ!「強いだけのハ・ジウォン?これがまさに私」

ハ・ジウォンの変身は新しくて新鮮だ。 しかし、ハ・ジウォンの目新しい変身にはまだぎこちなさを感じる視聴者もいる。 びくっと驚いた視聴者たちの反応にハ・ジウォンは『君を愛した時間』の中のオ・ハナの姿がまさに実際の自分の姿だと言う。 ブラウン管の外のハ・ジウォンを置き換えたような素直ではつらつとしたオ・ハナの魅力は、演技ではなく実際の状況そのままだった。

「いつも男らしい役柄、強い役柄ばかり演じてきて。 こういうキャラクターに馴染みのないところもあったんですよ。 しかし、友達はそのままのあなたを見せたらどうするのかと言いました。 話し方やこんな部分はハ・ジウォンそのままです。演技ではなく日常的な部分が多かったです。セリフを言う時も、私の日常の口調で、そのままとんとん吐き出しました。

他のキャラクターや他のジャンルにも挑戦したかったんですが…慣れるでしょう。 慣れたら次の作品でもう一度?(笑) そういう反応が本当に面白いです。私を知っている人たちは『ハ・ジウォンをそのまま見せたらどうしよう』と言いますが、視聴者の方々は適応できないんです。」

『君を愛した時間』はハ・ジウォンにとって楽しい現場だった。 俳優、スタッフとの呼吸も、現代の会社員女性たちの仕事と恋愛に対する悩みをそのまま描いたキャラクターも、ハ・ジウォンにとっては楽しく近付いた。 自分と同年代を生きている女性視聴者に共感を与えることができるという満足感、新しいキャラクターを披露するという挑戦意識はハ・ジウォンに『君を愛した時間』が残したものだ。

「今回のドラマはそのままとても楽しんでいました。 強いキャラクターを演じなければならない時は、『何かを作らなければならないのに』という苦痛とストーリーを抱えて演じなければならないという負担感がありますが、今回の作品は平凡な現代女性の物語、私と似ているかもしれないキャラクター、そのようなことを面白く楽しんだと思います。

私にそんなに強いイメージがあるということを初めて知りました。(笑) 私がそんなに強かったのか、私が強い役柄を本当にたくさん演じたんだな、改めて感じさせてくれた作品です。 これからもジャンルやキャラクターにこだわらず、いろんな姿をお見せしたいと思います。」

◆ ハ・ジウォン、相変わらず挑戦を夢見る「年相応の成熟美を望む」

『君を愛した時間』は当初国内でも熱い人気を集めた台湾ドラマ『イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜』を原作とした脚本と「信頼できる俳優」ハ・ジウォン – イ・ジヌクの出演、『君の声が聞こえる』『ピノキオ』などのチョ・スウォン監督の出演で話題を集めた作品。

しかし、放送直前と放送途中、作家が2回も入れ替わる未曾有の事態に見舞われるなど、作品をめぐる内紛が続き、ドラマの内容も友情と愛情の間の微妙な感情を描いた原作の感情線とは大きくかけ離れ、視聴者と原作ファンから 不満の声が上がることになった。 結局『君を愛した時間』は「俳優たちの演技力の無駄遣い」という冷たい評価の中で6%台の視聴率でみすぼらしく退場した。

しかしハ・ジウォンは「視聴率の数値より体感視聴率が高かった」と撮影しながら感じた体感人気を伝えた。 ハ・ジウォンは「記事に出てくる視聴率よりは体感視聴率が高かった。 苦言をご覧になる方たちは非常に多かった」とし、「撮影現場で会う視聴者の方々だけ会っても、見ていない方はいなかった。 実は、視聴率に左右される性格ではない。 だからそういうのに左右されることはなかった」と述べた。

もちろん楽しい撮影現場だったが、残念な部分も当然存在するものだ。 子供のようなドラマ1本を終えた今、大ヒット作品であれ、大失敗な作品であれ、俳優なら名残惜しさが残らないはずがない。

「台湾の原作を楽しく見ました。 軽くない人物たちの愛や人生に対するセリフがとても良かったです。 私が考えられなかった愛もあるということが、 すごく面白かったです。作品をしながら、原作と同じ方向に行くことはできないと思いました。 それでも韓国に合う『ノサシ』にしたと思います。 もちろん『ノサシ』ならではのケミとか、ロマンティック・コメディの部分が強かったけど、愛に対する部分は惜しいです。 ウォンやハナ以外にも、他の人物たちを通じて見られる愛があればといいなと思ったんです。 大ヒットする作品でも終わったら、名残惜しいのは事実じゃないですか? 今回の作品も名残惜しさは同じです。」

『君を愛した時間』は17年間親しいオ・ハナとチェ・ウォンがどのように友情から愛情に生まれ変わるのかを描いた作品だ。 「友達とは恋人になれない」と考えてきたというハ・ジウォンは、今回の作品を撮りながら、新たな愛の可能性に気付いたという。

「ドラマを通じて、こんな愛もあるということを知っていくと思います。 私は友達が恋人になるのを想像してみたことがないんですよ。 一目惚れして男だと感じて、お互いに知り合いで分かっていながら、好きになれないと思ったけど、ウォンを見ながら私によくしてくれて、共感できる人がどれほどいいのか、知るようになりました。『胸きゅん』だけが愛じゃないんです。 気楽で共感できる人が好きだということに気付いたのです。 私より少し年上のお姉さんたちが、 そういう話をする時は共感できなかったけど、 いいと思います。 もちろん、ウォンみたいな人がいる時の話ですよ。(笑)でも監督は『ウォンはファンタジー』と仰ってました。」

時代劇、アクション、ロマンティック・コメディ、正統メロ(ロマンス)…多彩な作品を通じて視聴者に会ったが、ハ・ジウォンは相変わらず挑戦を夢見る。 私たちが知らなかったハ・ジウォン、そしてハ・ジウォン本人も知らなかったハ・ジウォンに会うため、彼女は今日も時間旅行に出る準備をする。

「作品をするたびにそう思います。 私は全く同じなのに、時間旅行をずっとしている感じ。(笑) いつも年相応の成熟した、似合う演技をお見せしたいです。早すぎるか、ゆっくり行きたくないです。 本当にハ・ジウォンという俳優が時間が経つにつれ、深みがあるという話を聞けるように、いつも発展していきたいですね。なんかもっと知っていく、こういうことはよく分からないです。(笑) ただ発展し続けたいし、学び続けたいし、成熟したいです。 挑戦も怖がらずに。」

元記事:こちら


『ノサシ』ハ・ジウォン 「もっと早く面白かったらよかったのに」
オ・ハナそのままのハ・ジウォンに会う「視聴率より体感人気高かった」
2015.8.20

ハ・ジウォンがドラマ『君を愛した時間』に対する愛情と心残りを伝えた。

ハ・ジウォンは19日午後、ジョイニュース24とのインタビューで「『君を愛した時間』はとても面白く撮った作品」とドラマに対する格別な愛情を示した。

ハ・ジウォンは「16部作が終盤で面白くなって名残惜しかった。 名残惜しかったが、本当に楽しく撮りました」とし、「特に現場が本当に面白かった。 寝ることもできず疲れたが、スタッフや俳優たちは和気あいあいとしていました。 もっと早く面白かったらよかったのに、イライラするところでした」と冗談交じりに笑った。

『君を愛した時間』はハ・ジウォン、イ・ジヌクなどトップ俳優の好演と世界中で人気を得た人気原作にも作家が2回も入れ替わるなど内紛を経験し、予想外の不振の中で6%視聴率とみすぼらしく放送終了した。

これについてハ・ジウォンは「記事に出てくる視聴率よりは体感視聴率が高かった。 苦言を呈ながらもご覧になる方たちは非常に多かった」とし、「撮影現場で出会った視聴者の方々だけ見ても、見ていない方はいなかった。 イライラするとおっしゃっても見てくださったから」と直接感じた高い体感人気を伝えた。

続いて「実は視聴率に左右される性格ではない。 だからそういうのに左右されることはなかった」とし「最近VODやこういうのが多いから、体感視聴率と実際の視聴率と違うではないかと思います」と自分の考えを明かした。

撮影現場や実際の生活で感じた『君を愛した時間』の体感人気は非常に高かったというのがハ・ジウォンさんの説明。 ハ・ジウォンは「ちょっと病院に行ったが、看護師の方々が『ノサシ』はとても面白いですが、もどかしいと仰ってました。 また、空港で撮影したキスシーンが放送された後なので、『これから二人が本格的に何かが始まるようでとても嬉しい』と言いました。」とし、「直接私が聞いたのでよかった。 実はドラマは私がどうにもならない部分があるので、オ・ハナに集中しようと努力した」と最後までキャラクターに対する集中力を逃さないようにした隠された努力を伝えた。

一方、ハ・ジウォンは9月中旬から次回作の映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』の撮影に突入する。 『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』は『君を愛した時間』の中の恋人ハ・ジウォン-イ・ジヌクが再び息を合わせる映画で、『君を愛した時間』の原作『イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜』の主人公チェン・ボーリンの出演で話題になった作品だ。

元記事:こちら


『君を愛した時間』で演じたオ・ハナ役を振り返ると…
いつも男らしい役柄、強い役柄ばかり演じてきて。
こういうキャラクターに馴染みのないところもあったんですよ。
しかし、友達はそのままのあなたを見せたらどうするのかと言いました。
話し方やこんな部分はハ・ジウォンそのままです。
演技ではなく日常的な部分が多かったです。セリフを言う時も、
私の日常の口調で、そのままとんとん吐き出しました。
他のキャラクターや他のジャンルにも挑戦したかったんですが…
慣れるでしょう。 慣れたら次の作品でもう一度?(笑)
そういう反応が本当に面白いです。私を知っている人たちは
『ハ・ジウォンをそのまま見せたらどうしよう』と言いますが、
視聴者の方々は適応できないんです

実は最近初めて『君を愛した時間』を見た友達も
「ジウォンさんが演じたハナがあまりにも可愛くてビックリした!
ライムとはまた違う愛おしさがあっていいですね」と言いました。😁
今回のドラマはそのままとても楽しんでいました。
強いキャラクターを演じなければならない時は、
『何かを作らなければならないのに』という苦痛と
ストーリーを抱えて演じなければならないという負担感がありますが、
今回の作品は平凡な現代女性の物語、私と似ているかもしれないキャラクター、
そのようなことを面白く楽しんだと思います

ジウォンオンニはこれまで強い役を演じてきたから、
「今回も強いハ・ジウォンが見れるでしょう!」と期待してる人が多いかもしれないが、
ファンにとってはどんな役もお宝ですね。💓
私にそんなに強いイメージがあるということを初めて知りました(笑)
私がそんなに強かったのか、私が強い役柄を本当にたくさん演じたんだな、
改めて感じさせてくれた作品です。
これからもジャンルやキャラクターにこだわらず、
いろんな姿をお見せしたいと思います

最近ドラマや映画を見ながら、
もしこの役がジウォンオンニが演じたら?って想像したりしてワクワクドキドキ。
これからはどんな姿を見せてくれるのか、ファンとしては本当に楽しみですね。💕
一方、ハナを演じて、恋愛に対する考え方も変わったという。
ドラマを通じて、こんな愛もあるということを知っていくと思います。
私は友達が恋人になるのを想像してみたことがないんですよ。
一目惚れして男だと感じて、お互いに知り合いで分かっていながら、
好きになれないと思ったけど、ウォンを見ながら私によくしてくれて、
共感できる人がどれほどいいのか、知るようになりました。
『胸きゅん』だけが愛じゃないんです。
気楽で共感できる人が好きだということに気付いたのです。
私より少し年上のお姉さんたちが、 そういう話をする時は共感できなかったけど、
いいと思います。 もちろん、ウォンみたいな人がいる時の話ですよ。(笑)
でも監督は『ウォンはファンタジー』と仰ってました

うんうんって思わず監督の一言に頷きました。😂
こんなに誠実で一途な男が果たしてこの世に存在するのだろうか?って
『君を愛した時間』を見ながら思ったんですが、
ハナのために尽くしたウォンはやはり素敵ですね。💖

時代劇、アクション、ロマンティック・コメディ、正統メロなど
様々なジャンルに挑戦してきたジウォンオンニにとって、
作品を撮ってる時は時間旅行。⌛️
作品をするたびにそう思います。
私は全く同じなのに、時間旅行をずっとしている感じ(笑)
いつも年相応の成熟した、似合う演技をお見せしたいです。
早すぎるか、ゆっくり行きたくないです。
本当にハ・ジウォンという俳優が時間が経つにつれ、
深みがあるという話を聞けるように、いつも発展していきたいですね。
なんかもっと知っていく、こういうことはよく分からないです。(笑)
ただ発展し続けたいし、学び続けたいし、成熟したいです。
挑戦も怖がらずに

韓国を代表するトップ女優になっても、向上心を忘れず、
いつまでも学び続けて挑戦していくジウォンオンニはやはりカッコいいですね。
どんどん演技の幅が広くなるお日さまの活躍をこれから楽しみにしてます。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す