【하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン公式Instagram】and then none were sick 이근민(イ・グンミン) 2022.4.30

ジウォンオンニ、約束した通り、今日もインスタを更新しました。🥰💗
キャプションによると、ジウォンオンニがイ・グンミン作家の個人展
そして誰も病気にならなかった(And then none were sick)に行かれたようです。🎨

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hajiwon1023がシェアした投稿

and then none were sick 이근민 @spacek_korea
(andthennoneweresickイ・グンミン@spacek_korea)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hajiwon1023がシェアした投稿


 

この投稿をInstagramで見る

 

@hajiwon1023がシェアした投稿



ソウル大学で洋画を専攻したイ・グンミンの個展
「そして誰も病気にならなかった(And then none were sick)」について調べてみると…
この個展を紹介する記事を見つけました。👀


✏️ スペースKソウル、イ・グンミン個展。「そして誰も病気にならなかった」
스페이스K 서울, 이근민 개인전..’그리고 아무도 아프지 않았다’

コーロンの文化芸術分かち合い空間「スペースKソウル」で今年初の展示会として画家イ・グンミンの個展を開いた。

「そして誰も病気にならなかった(And then none were sick)」というタイトルで開催される今回の展示会で、イ・グンミンは境界性人格障害という自身の病理的経験をもとに制作した絵画とドローイング31点を披露する。

加工されていない幻覚を芸術的に具現化した彼の作品は、破片化した身体と臓器、そして簡単に把握できない隠喩的な形状に満ちている。

(後略)

元記事:こちら


ご覧の通り、今回の個展で展示されているのは、
イ・グンミン作家が描いた内臓の絵だそうです。
2001年、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)と診断されたイ・グンミン作家は、
治療過程で経験した幻覚を作品の始まりであり、究極的な素材にすることになったという。😌

2枚目の写真にジウォンオンニが登場。✨
2か月前にもインスタにサムスン美術館Leeumの写真をアップしてくれたが、
今回は作品だけではなく、顔を見せてくれて本当に嬉しいですね。💗
イ・グンミン作家をバックに撮影されたこの写真もいい感じ。✨
絵を見ながら、最初に思い浮かんだのは、『病院船』でウンジェが描いた内臓のイラストでした。👩🏻‍⚕️
この写真を見ながら、ウンジェも「そして誰も病気にならなかった」という個展のタイトルが気になって、
見に行ったのかな?と想像したりして…😁

仕事柄でよく内臓の写真や解剖図を見るけど、
イ・グンミン作家が描いた抽象絵は思ったよりリアルで生々しいから、
初めてジウォンオンニがアップした写真を見たときは、
医学書の解剖図や医者さんのスケッチかと思ってました。😮
人間の体の内部(内臓)とか見るの慣れてない方はビックリしちゃうかもしれないけど、
解剖図とアートを融合することは凄いなーと思いました。

コロナで閉館した香港の美術館も先週久々に再開したので、昨日会社を休んで見に行ったけど、
抽象絵を見ながら、「ジウォンオンニもこの作品が気に入るもしれない~」
とテンションが上がりました。🎨✨😁
ドラマ『カーテンコール』の初撮影がもうすぐ始まるから、
ジウォンオンニがクランクインする前にリフレッシュできたようでなにより。😌
撮影が始まる前にゆっくり休めるといいですね。💪🏻

投稿者: sunshine1023

コメントを残す