【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「これからが始まりだと思います」2016.12.21

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
先日紹介した記事がストックしてあった最後の
『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』のインタビュー記事って書いてたが、
実はアップしそこなった記事を見つけたので、ここで紹介することに。


[SSインタビュー]『命がけの恋愛』ハ・ジウォン 「これからが始まりだと思います」デビュー20年目
2016.12.21

最近再び話題を呼んだドラマ『シークレット・ガーデン』のキル・ライムキャラクターを始め、『奇皇后』、『茶母(チェオクの剣)』、『バリでの出来事』、映画『ハナ ~奇跡の46日間~』、『TSUNAMIーツナミー』などハ・ジウォンは様々な作品で大衆に自分のキャラクターを印象付けた。 強靭なキャラクターを引き受けてきたハ・ジウォンが、今度は真剣さを和らげ、彼女の持つ普段の魅力が漂う愛らしいキャラクターで戻ってきた。

「『奇皇后』を撮影しながら、1年間緊張をほぐすことができませんでした。 これを解消してくれる作品が考えていた頃にシナリオに出会ったようです。次の作品には、何をしようと具体的に決めることはなく、いくつかの作品をしてみたいです。 ジャンルも実験的な映画も、キャラクターも多様なものが好きです。」

映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(ソン・ミンギュ監督)でハ・ジウォンは梨泰院の連続殺人事件を捜査する天然推理小説家ハン・ジェイン役を引き受けた。 過敏性大腸症候群のため、緊張しておならが出るコミカルな設定のハン・ジェインは、2人の男の間でコミカルとスリラーを行き来しながら、2つのジャンルをミックスアンドマッチする。

「壊れるという考えはなかったんです。正直言って、私は家族がいるときもおならをするスタイルでははないです。そんなシーンが自然にコミカルな状況になってくれるじゃないですか?後半にジェイソンとユミカップルたちと結びつくシーンがどのように描かれるか気になりました。 緊張感もあり、コミカルも必要ですが、撮影がシナリオより面白かったです。 オ・ジョンセオッパは多くのアイデアをくれました。」

『命がけの恋愛』はロマンチックコメディとスリラーが融合しただけに、漫画的な設定が楽しめる。 ハ・ジウォンは映画の中でケープを着て、まるで探偵にでもなったかのように事件現場を歩き回る。

「実は映画だから可能な話じゃないですか? 実際なら連続殺人犯を捕まえるためにどうやって捜査をしますか? 本人が探偵のように行動するのが漫画的でありながら。可愛かったです。 ジェインが捜査をするように隠れている動作が、実は普段の私と似ています。 隠れていて家族を驚かせるいたずらも好きで、ケープも普段好きです。 少しずつ残念に思うこともありましたが、本当に楽しみながら頑張りました。コメディが出会う部分が一番新しくて魅力的でした。昔に『セックス イズ ゼロ』で悲しいけど、 分かりがあり、そんな感じがありました。 怖い瞬間なのに、愛という感情が入って。 信じられないほどコミカルに映るものが、新鮮な仕掛けだと思います。」

映画『ブラザーフッド』と『マイウェイ 12,000キロの真実』などのプロデューサーと助監督を務めたソン・ミンギュ監督は、2年間のシナリオ作業を経て『命がけの恋愛』で初の長編演出作を披露した。 ソン・ミンギュ監督は俳優たちと積極的にコミュニケーションしながら、楽しい現場の雰囲気を導いた。

「現場でたくさん準備して俳優の話をたくさん聞いてくださいました。あまりにも愉快だったんです。 コミカルな演技をすべて具体的にディレクションしてくださいました。 キャビネットに隠れて演技する時は、数秒でお腹の痛い表情をして、我慢した後、おならが出る時は世界で一番楽な表情で空を見るように指示されました。(笑)」

2009年、ハ・ジウォンは『TSUNAMIーツナミー』で千万役者に選ばれたが、その後の作品は興行で惜しさを残した。『命がけの恋愛』は当初、中国と同時公開を計画していたが、サード配置の影響で韓中関係が冷え込み、中国での公開は白紙となった。

「興行は毎作品ごとにうまくいけばいいと思います。 それは全ての俳優がそう思うでしょうが、作品を選ぶ時、必ずしもこれに付いて行くわけではないです。 興行は私の領域を離れることだから、最善を尽くして撮って祈るだけです。 今回は中国での公開が取り消されて残念です。上海映画祭に出品されましたが、当時の反応が良かったです。 だからもっと残念だと思います。」

ハ・ジウォンはいつの間にかデビュー20年目の俳優になった。 これまで彼女は、新人演技賞から主演女優賞、大賞まで、ドラマと映画を行き来しながら最高の座に上り詰めた。 ハ・ジウォンは相変らず演技が好きで、渇きを感じている。 俳優が大好きで、俳優になれて感謝するという彼女は、アクション演技をして、痛くて、怪我をしても、それでもいいと目を輝かせた。

「私はこれから始まるような感じがします。 これまでやってきたことを振り返るより、渇きを感じる時期です。 過ぎた時間を感じられなかったと思います。 個人ハ・ジウォンの人生よりは、作品の中で生きたことが、これまでの時間をぎっしり埋めました。 だから、振り返ると『自分の中にはこの作品があるんだ』と、いろんな作品が思い浮かぶ気がします。 作品を一つ終わらせると、2~3ヵ月の空白があるので、思う存分休めば、また作品がやりたくなります。 回復が早いです。」

『命がけの恋愛』を通じて、ハ・ジウォンは観客たちに人間的でゆるいキャラクターに近づこうとした。 体が解れたという彼女は、「今回をきっかけに、実験的な作品をさらに撮りたい」と話した。

「これまで演技をしてきて、今が一番作品しか考えてないと思います。 映画、ドラマのシナリオを全部読んだが、 幸せな悩みをしています。 どんな作品が私の作品になるか考えているところです。 良い作品があれば、以前のキャラクターと重複してもやってきたんです。 自然に様々なジャンルをすることになりました。 そのことに対する恐れはないと思います。 実はアクションも『茶母(チェオクの剣)』で初めて接しました。当時、アクションを学んだのではなく、新体操のこん棒を学びました。 怖がらない子供みたいに私も楽しく始めたと思います。」

作品に対する情熱がいつにも増して強いというハ・ジウォンは、これからもたゆまず良い作品で大衆の前に立つだろう。 すでに女優として受賞できる賞を全て受賞した彼女だが、良い作品とそれに相応しい評価はいつも渇望している。

「賞はただもらいたいと言ったら恥ずかしいと思うし、本当に良い演技と作品の渇きがあります。 喜怒哀楽を見せる役柄を演じたいです。 それをうまくやった時に下さったらと思います。」

元記事:こちら


『命がけの恋愛』ハ・ジウォン「キャラクターとのシンクロ率? いたずら好きな姿に似てる」(インタビュー)
2016.12.13

『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』主演俳優ハ・ジウォンが映画の中のキャラクターと実際の姿を比較した。

俳優ハ・ジウォンは13日、ソウル鍾路区三清洞で行われたスターソウルTVとのインタビューで、映画『命がけの恋愛』(ソン・ミンギュ監督)を始め、様々な話を交わした。

映画『命がけの恋愛』は非公式捜査に乗り出した天然推理小説家のスリル満点のコミカルな捜査劇だ。 この日、ハ・ジウォンは自分が演じた連続殺人事件を追う推理小説家ハン・ジェイン役について「実は映画だから可能な話だ。 実際なら連続殺人犯を捕まえるために捜査ができないと思います」とし、「本人がまるで探偵になったかのように行動するのが漫画的でありながら、可愛かった」と話した。

ハ・ジウォンは「映画でジェインが壁についてこそこそ歩くアクションが実際、普段の私の姿と似ています。 隠れていて、家族たちを驚かせるいたずらもします。 ジェインが着たケープファッションも実際に好きです」と実際の性格とキャラクターを比較した。

映画に登場するケープファッションについて、ハ・ジウォンは「映画の序盤にはスリラー感を引き出し、ロマンチック・コメディもあるから、真剣に演じながら、ケープを利用して丸い感じを与えるといいと思いました」と付け加えた。

久しぶりに軽快な役を演じたハ・ジウォンは「『’奇皇后』を撮りながら、1年近く緊張状態でした。 これを解消したいと思った時、『命がけの恋愛』シナリオに出会った」と出演のきっかけを明かした。

興行に関してハ・ジウォンは「作品に出る度にヒットしたらいいと思います。 だからと言って、作品を選ぶ時は、絶対よく合うと思わないと選ばないです。 いろんな作品がやりたい。 興行は私の領域から外れた部分なので、最善を尽くして撮影し、うまくいくことを願うだけです」と述べた。

元記事:こちら


似た内容の記事ですが、このシリーズの写真が結構気に入ってるので、
ここにアップすることに…この記事では、
ジウォンオンニが『命がけの恋愛』のオファーを受けた際のエピソードを語りました。💬
『奇皇后』を撮影しながら、
1年間緊張をほぐすことができませんでした。
これを解消してくれる作品が考えていた頃にシナリオに出会ったようです。
次の作品には、何をしようと具体的に決めることはなく、
いくつかの作品をしてみたいです。 ジャンルも実験的な映画も、
キャラクターも多様なものが好きです

『奇皇后』の撮影は本当に過酷でしたね。😢
後半はだんだん切なくなって、もう涙なしでは見られない…
泣くシーンが多くてお日さまも大変だったでしょう。
笑えるロマンチック・コメディを撮りたいという気持ちは分からないでもないですね。💖

そしてソン・ミンギュ監督とタッグを組んだことについて…
現場でたくさん準備して俳優の話をたくさん聞いてくださいました。
あまりにも愉快だったんです。
コミカルな演技をすべて具体的にディレクションしてくださいました。
キャビネットに隠れて演技する時は、数秒でお腹の痛い表情をして、
我慢した後、おならが出る時は世界で一番楽な表情で
空を見るように指示されました。(笑)

ジェインのおならシーン…💨
かなり具体的に演技指導してもらったようです。😁

インタビューを受けた当時はデビュー20周年を迎えて、
俳優になれたことに感謝するお日さまは、アクション演技をして、
痛くて、怪我をしても、それでもいいと話し、演技に対する限りない情熱を表した。
私はこれから始まるような感じがします。
これまでやってきたことを振り返るより、渇きを感じる時期です。
過ぎた時間を感じられなかったと思います。
個人ハ・ジウォンの人生よりは、作品の中で生きたことが、
これまでの時間をぎっしり埋めました。
だから、振り返ると『自分の中にはこの作品があるんだ』と、
いろんな作品が思い浮かぶ気がします。 作品を一つ終わらせると、
2~3ヵ月の空白があるので、思う存分休めば、
また作品がやりたくなります。 回復が早いです

ハ・ジウォンより役として生きる時間が長いというお日さま、
作品にまつわる思い出が多いでしょうね。⏳
そしてファンの思い出の中にもお日さまの作品がある。🌞
それはとても素敵だな~と改めて思いました。
これまで演技をしてきて、今が一番作品しか考えてないと思います。
映画、ドラマのシナリオを全部読んだが、 幸せな悩みをしています。
どんな作品が私の作品になるか考えているところです。
良い作品があれば、以前のキャラクターと重複してもやってきたんです。
自然に様々なジャンルをすることになりました。
そのことに対する恐れはないと思います。
実はアクションも『茶母(チェオクの剣)』で初めて接しました。
当時、アクションを学んだのではなく、新体操のこん棒を学びました。
怖がらない子供みたいに私も楽しく始めたと思います

映画『デュエリスト』もドラマ『茶母』も
パン・ハッキの人気コミック『茶母』を原作に基づいた作品ですが、
チェオクとナンスンを演じたジウォンオンニは見事に違う顔見せてくれましたね。👍🏻

役作りのために習い事を始めることはもちろん、トップ女優になっても、
いつも感謝と謙虚な姿勢を忘れないことにはいつも感服させられます。❤️
賞はただもらいたいと言ったら恥ずかしいと思うし、
本当に良い演技と作品の渇きがあります。
喜怒哀楽を見せる役柄を演じたいです。
それをうまくやった時に下さったらと思います

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」、
お日さまにぴったりなことわざですね。😊

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す