【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「体を張ったギャグ、新鮮ですよ」2016.12.15

⏳「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』のインタビューコレクション第27弾。
お日さまはこのインタビューで恋愛について少し語りました。😊


[インタビュー]ハ・ジウォン「『命がけの恋愛』体を張ったギャグ、新鮮ですよ~」
2016.12.15

俳優ハ・ジウォンはデビュー以来17年間、ドラマと映画でジャンルを網羅しながら、絶え間なく活躍してきた。 2年ぶりに出演した映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』は「体を張ったギャグ』に挑戦して、「ほめられて楽しく」撮った作品だ。

■2年ぶりに新作『命がけの恋愛』公開

殺人事件を追跡する推理小説作家役
優れた武術の実力にコメディを融合させる異色

ハ・ジウォン(38)はまじめな俳優だ。 1999年、ドラマ『学校2』でデビューし、数多くの話題作をに出演し、女優としてアクションジャンルを開拓しただけでなく、メロとロマンチック・コメディ、時代劇にも行き来した。

しかし、このような成功よりもっと目を引くのは、17年間これ!といったスキャンダルに関わらなかったという事実だ。 「徹底した自己管理」と評価されるが、ハ・ジウォンはこう語る。

「遊ぶ時間がないほど一所懸命に働きました。もちろん恋愛もしてみました。 軽く。でも働く時間の方が多かった。 振り返ってみれば、恋愛もたくさんしたようではない。(笑)」

今、ハ・ジウォンはいつになく演技、そして映画への熱望が大きい。 興行収入1000万の映画『TSUNAMIーツナミー』からドラマ『シークレット・ガーデン』、『奇皇后』、『ファン・ジニ』まで多くの話題作を経ても甘んじたくないという。

「幼い頃はキャラクターが中心だった役を演じて、これからは人生の深さを描く、その中を覗き見る演技をしたい。 世の中にはいろんな人がいるんじゃないか?人間味のある人物をより痛く、より悲しく、嬉しく表現できると思います」

そんなハ・ジウォンが新しく出演した映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』(ソン・ミンギュ監督、ビーエーエンタテインメント制作)が14日に公開された。『いつか家族に(原題:허삼관・ホサムグァン)』以来2年ぶりの新作。「スクリーンでより大きな渇きがあります」というハ・ジウォンは今回の映画でロマンス、コメディ、スリラーが入り混じった物語を導く。連続殺人事件を追跡する推理小説作家役だ。

今回の映画でハ・ジウォンはスラップスティックコメディ(ドタバタ喜劇)に近い「体を張ったギャグ」もよく披露する。慣れてる優れた武術の実力にコメディを取り入れた演技が異色だ。 ハ・ジウォンは「体を張ったギャグができるという事実がむしろ新鮮でした」と喜んだ。

「緻密な動作を表現するから、スタッフがみんな『上手、上手』と褒めてくれたよ。その誉め言葉にもっと浮かれました。」

ハ・ジウォンは劇中の2人の男に絡む。 チョン・ジョンミョンとはいざこざして、台湾俳優チェン・ボーリンには恋心を抱く。 ハ・ジウォンは「多くの作品をしてきたが、誰かから愛される役柄を演じた時は実際にも気分がいい」とし、「残念ながら、実際にひと目で理想のタイプを見つけて、恋に落ちたことはない」と話した。

ハ・ジウォンはこれまで多くの青春スターたちとたくさんの作品で恋をしてきた。もしかして、再び共演したい俳優がいるだろうか。 すぐにチョ・インソンの名前を挙げた。 二人は2004年、SBSドラマ『バリでの出来事』に出演した。

「とても若い時に出会いました。少し成熟して再び演技しようと話したことがあります。(カン)ドンウォンも、(ヒョン)ビンもある。(笑) あっ!この3人の俳優と共演したらどうでしょう? 欲張りしすぎるのか?ごめんね、みんな。 ハハ!」

この中でヒョンビンは最近、ハ・ジウォンに「大丈夫か?」というメッセージを送った。 朴槿恵大統領が一時、病院で使った仮名がよりによって彼女らが一緒に演じた『シークレット・ガーデン』のヒロイン「キル・ライム」という事実がニュースで報道された直後だった。

「ニュースで『キル・ライム』という名前を見て信じられなかった。ニュースでその名前を見ることになるとは誰も思わなかった。 周りからずいぶん心配されました。ちょうど映画の製作報告会を数日後に控えた時でした。 人々は私の口を通して語るのを待っているはずだが、所信を持って私の立場を言うのが当たり前でした。」

仮名問題が提起された直後、ハ・ジウォンは製作報告会で「悲しいこと」とし、映画の中の名前は使わないでほしいと明かした。 「かっこいい」性格そのままだ。

「その日のストレスはその日に解消します。 解消方法は様々あります。 好きな香水を付けたり、チョコレートがいっぱい入ったお菓子も好んで食べます。」

元記事:こちら


記事に掲載されている写真の画質があまり良くなかったから、
少し画質を良くしてみました。😌
ベレー帽にロングコート、可愛さが増してますね。💜

デビューから一度もスキャンダルが出てなくて
自己管理を徹底してると言われたジウォンオンニはこう話した。
遊ぶ時間がないほど一所懸命に働きました。
もちろん恋愛もしてみました。 軽く。
でも働く時間の方が多かった。
振り返ってみれば、恋愛もたくさんしたようではない(笑)

仕事が忙しすぎて、恋する時間もないということですね。😌
現実で恋はたくさんしてなかったものの、作品の中では様々な恋愛を経験したね。
多くの作品をしてきたが、
誰かから愛される役柄を演じた時は実際にも気分がいい。
残念ながら、実際にひと目で理想のタイプを見つけて、
恋に落ちたことはない

余談ですが、5年前のファンミーティング
「彼氏としての欠かせない条件は?」と聞かれると、お日さまはこう答えた。
私はユーモアのセンスがあって、
私のことを楽しませてくれる男性がいいですね

さらにどんなプロポーズを受けたいですか?と尋ねられると…
『君は本当にアメージングな女性だね』というセリフですが、
真心のこもった手紙一枚でもいいと思います

シンプルな言葉の方が気持ちは伝わるでしょうね。
5年後の今日、同じ質問をされたら、答えは変わるのかな?😁

そしてこれまでの作品で多くの俳優さんと恋をしてきたが、
また共演したい俳優さんは?と聞かれると、
ジウォンオンニは『バリでの出来事』で共演した
チョ・インソンさんの名前を挙げました。💫
とても若い時に出会いました。
少し成熟して再び演技しようと話したことがあります。
(カン)ドンウォンも、(ヒョン)ビンもある。(笑)
あっ!この3人の俳優と共演したらどうでしょう?
欲張りしすぎるのか?ごめんね、みんな。 ハハ!

チョ・インソンさん、カン・ドンウォンさん、ヒョンビンさん…
この3人の共通点といえば、演技が素晴らしいイケメン。😁
本当にまた共演が見れたら嬉しいですね。💕お日さま…
イケメン3人に愛されるヒロイン役?!でもいいですね。
設定だけでめちゃめちゃ妄想が広がります。😆

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す