ハ・ジウォン ドラマ【Dramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)】제작발표회 制作発表会 2021.4.2 ~関連記事

4月2日(金)に行われたDramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)の制作発表会!
昨日、フォトセッションの写真をまとめてみましたが、
今日は関連記事をいくつかピックアップして、ここで紹介したいと思います。💪🏻

ハ・ジウォン ドラマ【Dramaworld 드라마월드(ドラマワールド ・韓劇世界)】제작발표회 制作発表会 2021.4.2 ~フォトセッション写真まとめ


「韓流クイーン必要だった」…ハ・ジウォンxヘンリー合流 『ドラマワールド2』Kドラマ魅力グルメ店[総合]

ハ・ジウォンとヘンリーが合流した『ドラマワールド』の新しいシーズン2が韓国で公開される。

2日午前オンライン生中継を通じてライフタイムオリジナルコンテンツ『ドラマワールド』の制作発表会が行われた。 この席には俳優ハ・ジウォン、ヘンリー、ショーン・リチャード、ペ・ヌリ、チョン・マンシク、キム・サヒが出席し、画像でクリス・マーティン監督、俳優リヴ・ヒューソンらが出席した。

『ドラマワールド』は韓国ドラマの熱狂的なファン、クレア(リヴ・ヒューソン)が韓国ドラマの中の世界に引き込まれて起こる出来事を描いたファンタジーロマンスジャンルだ。

2016年、ウェブドラマ形式でネットフリックスで初めて公開された『ドラマワールド』はA&Gネットワークスが制作と投資し、TVチャンネル放送のための13部作ドラマとして生まれ変わった。 韓流スターハ・ジウォンとグローバルアーティストヘンリーが合流して関心がさらに高まっている。 彼らはロマンティックコメディからファンタジーはもちろん、華麗なアクションまですべてのジャンルが盛り込まれたKドラマならではの「クリシェグルメ」を披露する予定だ。

クリス・マーティン監督は「以前から韓国映画とドラマが好きだった。 それにはまってしまい、当時からこのような素材を考えた」と述べた。

ヘンリーは劇中でヴァンパイアと恋に落ちる虎族を演じ、「僕が演じるキャラクターは変わっていた。 人間なんですが、虎に変わる役なので、虎は制作チームでCGを作るのに苦労したし、人間側は私が努力した」と明らかにした。

続いて「3カ月間、本当に一生懸命体を作った。 そのため、画面を見ると、少し違う姿を見ることができる。 そして今度は体だけ作らず、虎なので僕は白いからタンニングもたくさんした。 役柄を楽しんで見ていただければと思います」と話した。

ペ・ヌリと共演したヘンリーは「今回初めて会って初めて共演したが、センスがあってユーモラスで撮影期間が長く感じられなかった。 早く親しくなって呼吸を合わせようと思った。おかげで早く仲良くなったので、楽しく撮影できた」とし、「そしてペ・ヌリさんが発音をたくさん変えてくれた。 最初のシーンを撮る前に座って台本をすべて読んだ。 いろいろ助けてくれてありがとう」と感謝した。

「体作りのために何をしたのか」という質問にヘンリーは「ダイエットプランを作った。 筋肉を鍛えなければならないので、プロテインをたくさん飲んだ。 筋肉サイズを大きくしようと炭水化物を最大限たくさん食べた。 また、元々運動を1日1回長くするが、今回は朝と夜に分けて2回ずつ短くした。 何よりも制作陣が時間を与えてくれたし、体を見せるシーンはできるだけ後ろに固定してくれた」と答えた。

ヘンリーは「韓国で演技がとてもやりたかった。 とても出演したかったが、ちょうどいい機会が来た。 演技できてとても幸せだった。 演技は正式に習ったこともなく、実力不足だったので最善を尽くした」と謙遜な態度を見せた。

これに対しベ・ヌリは「演技経験が少なく歌手としてのイメージが強かったが、とてもセンスよくすぐ聞き取って、私より早くキャッチする能力が優れていた。 言語よりもセンスやキャッチ能力が長所だった」と称賛した。 チョン・マンシクも「ミュージシャンだから音楽の流れを知っている人なので、環境もよくついてくると思う。突然のすれ違いとか大きな音がしないように、1曲を聴いているかのようにうまく流せた」と称賛を惜しまなかった。


ハ・ジウォンは80年代ドラマ『愛は潜伏中 1988』の刑事役を演じるペク・ジウォンを演じた。 彼女は「危険な作戦をしに行ったり、焼酎を瓶で飲んだり、『ドラマワールド』でしか見られないメロがある」とし、「今までご覧いただいた私のファンの方々求める私の姿もありますが、もう少しウィットがあり、おもしろいキャラクターをお見せできる。」とし、「今回のドラマでもアクション演技を期待してもいいと思う」と話した。

記憶に残る役について「『シークレットガーデン』の中でも財閥が登場し、貧しい女性ととてもいざこざして恋に落ち、他のドラマでは出生の秘密が出てくる。 個人的にドラマワールドシーズン1で一番面白かったシーンがキムチ平手打ちだった。 シーズン1のあのシーンをとても印象深く見た」と笑った。

ハ・ジウォン撮影現場の雰囲気について「エネルギーが良くてとても幸せだった。 ドラマワールドの魅力なら、Kドラマは海外でも人気が高い。その理由は、ドラマにすべて含まれている。 Kドラマを楽しんでくれる海外ファンや韓国ファンたちは、より楽しめるだろう」と話した。

続いて「私も俳優だが、ドラマを見ると『あの世界に行きたい』というファンタジーや想像をする。 そんなところも面白いと思う」と語った。

『ドラマワールド』の魅力について、ハ・ジウォンは「韓国ドラマの魅力がよく盛り込まれていて、すごいカメオの方々が出演する。韓国ドラマの魅力の美味しいお店」とし、「メロ、アクション、ファンタジーなど、『ドラマワールド』でしか見られない魅力が込められていて、興味深かったし、私の配役の名前がジウォンだったよ。非常に妙だった。 自分自身を演じているような気がして、さらに心が惹かれた」と出演理由も公開した。

ショーン・リチャードは「デビュー前から『シークレット・ガーデン』が全世界的にホットなドラマだった。 だからわざわざジウォンという役割を使ってしまった。 結局ハ・ジウォンが出演することになって感動的で光栄だ。 韓流ファン向けのドラマなので、韓流クイーンに出演してほしいと思っていたが、本当にハ・ジウォンさんが出演してくれてありがたかった」と話し、ハ・ジウォンさんは「私を見て使った役名だとは知らなかった」と笑った。

クリス・マーティン監督は「これまで韓国で演出したかった。」とし、「だから韓国でもアメリカでもない中間のものを探したかった。 こういう作品をぜひやらなければならないと思った」と語った。

続いて「引き続き韓国で活動したいし、23歳のときから韓国で演出する夢を見た」とし、「今も5作品ぐらい準備しているが、3~4つが全部韓国の作品だ。 サスペンス、コメディ、アクションをはじめ、大統領選挙の話もある。 ユニークで面白い作品になるだろう」と語った。

「韓国の作品もたくさん見るか」という質問に監督は「『復讐者に憐れみを』、『地球を守れ!』も見たし、ポン・ジュノ監督も大好きだ。 最近はネットフリックスで映画『スペース・スウィーパーズ 』も観た」と大きな愛情を示した。

リヴ・ヒューソンは「韓米合作ドラマなので、ドラマが持つ多様な文化と言語が混ざる制作環境だった。 このドラマをよく理解している方々が参加してくれて幸運だった」と話した。

「韓国作品に出演する計画はあるか」という質問に、「もちろんだ」と快く答えた。

チョン・マンシクは「パロディではなくオマージュとして見てほしい。 ドラマをよく見る外国人に親しみやすく、1つのドラマを一緒に見ながら楽しんでいるということを見せる装置が興味深かった」と付け加えた。

一方、『ドラマワールド』はライフタイムチャンネルで2日午後11時30分に初放送される。

元記事:こちら


『ドラマワールド』、ハ・ジウォンも認めた「韓国ドラマ魅力グルメ店」[総合]
(中略)

ドラマの中でカリスマ溢れる刑事ジウォン役を演じたハ・ジウォンは『ドラマワールド』を選択した理由について「シーズン1を見た時、私もびっくりした」とし、「韓国ドラマが愛される魅力が面白く表現された。 すごいカメオの方々も出演した。だから面白かった」と話した。

彼女は「『ドラマワールド』は韓国ドラマの魅力おいしいお店だ。 本当に『ドラマワールド』でしか見られない魅力がある」と観戦ポイントを公開した。 また、「私の配役の名前がジウォンだが、何か妙だった。 自分を演じる気持ちも強かった」と明らかにし、作品への期待を一層膨らませた。 また、「視聴者は暖かさを感じられると思う」とし、癒しと笑いを得られることを願う気持ちを伝えた。

元記事:こちら


『ドラマワールド』ハ・ジウォン→ヘンリー、Kドラマ魅力グルメの華麗な帰還[総合]
『ドラマワールド』はハ・ジウォンとヘンリーの合流で国内で大きな話題を集めた。 ヘンリーは『ドラマワールド』出演を決心した理由について「平凡ではないので魅力的だった。 ファンタジーの演技もしてみたかったし、ファンタジー、メロ、アクションもすべてあった。 ご覧になっている方々が、 退屈しないだろうと思った。 変身するという点でとてもやりたかった」と答えた。

ハ・ジウォンは「シーズン1が驚くほど韓国ドラマの魅力を面白く表現された。とても面白く見た。『韓国ドラマの魅力のおいしいお店」のようだ。 メロ、アクション、ファンタジーのすべてが『ドラマワールド』でしか見られないようで魅力的だった。 配役の名前も『ジウォン』なので妙だった。 だから心にひかれた」と伝えた。

ハ・ジウォンは80年代ギャング映画『愛は潜伏中1988』の強靭で高慢な刑事ペク・ジウォン役を演じた。 ハ・ジウォンは「ペク・ジウォンはとても面白いキャラクターだ。 刑事なのに危険な作戦をしに行って、焼酎をボトルで飲む。 キャラクターが強靭なのにメロもある。 もう少しウィットのあるキャラクターをお見せできると思う。 アクション演技も期待してほしい」と説明した。

最後にハ・ジウォンは「作業自体がとても面白かった。 とても暖かい方々と一緒に過ごした。 そのエネルギーを視聴者の方も感じるだろう。 今大変という方々が多いが、『ドラマワールド』を観ながら笑い、癒されてほしい」と願いを語った。

元記事:こちら


制作発表会で気になっていたことについて色々語ってくれて本当に嬉しいです。
気になる「ペク・ジウォン」の由来!ジウォンオンニがオファーを受けてから、
オマージュとして「ジウォン」と役に名付けたのかな?って思いきや、
『シークレット・ガーデン』が大ヒットしたから、
「ジウォン」という名前を使うことになったってショーン・リチャードさんが明かしましたね。😁
この裏話を聞いたジウォンオンニも…
私を見て使った役名だとは知らなかった
と言ってたら、「恥ずかしかったから言わなかった」とショーン・リチャードさんが答えたそうです。😆

別の記事によると、ジウォンオンニが演じるペク・ジウォンは
1980年代ギャングドラマ『愛は潜伏中1988』に登場する強靭で高慢な刑事で、
クレアと共に巨大な組織に潜入する作戦を繰り広げる中でも、
緊張感などは焼酎で吹き飛ばしてしまうキャラクターで
ショーン・リチャードさんが演じるパク・ジュンが一目ぼれした人物だそうです。😁

iQiYIで放送されたシーズン1を見返したんですが、
ジウォンオンニが演じるジウォンはパク・ジュンの新しいドラマ『愛は潜伏中1988』のヒロインを務めるようです。
シーズン1といえば、ジウォンオンニのお気に入りのシーンはなんとキムチ平手打ち。😂😂😂
あのシーンは本当に面白くて、夕べ見たときも爆笑しちゃいました。
ショーン・リチャードさんによると、あのシーンを撮影したときは相当寒かったのに、
5回も撮影したらしいです。😁

一方、ジウォンオンニの大ファンであるクリス・マーティン監督が
お日さまののキャスティングの理由について…
「韓流を代表する俳優が必要だったし、ハ・ジウォンが適役だった」
とコメントされたそうです。💓これは本当に嬉しいです。😌

もう一つの記事でジウォンオンニが撮影現場を振り返りながら、
作品に込めた想いについて語りました。
一緒に共演した俳優たちとのエネルギーが本当に良かった。
だから撮影現場が本当に幸せだった。 現在、K-コンテンツが海外で愛されているが、
この作品は韓国ドラマで愛される部分をすべて盛り込んでいる。
特に、作業する時に感じた良いエネルギーを視聴者にも伝えたい。
コロナ19で皆さん大変な時期を過ごしているが、
『ドラマワールド』を観ながらヒーリングして幸せを見つけてほしい

コロナでジウォンオンニに会えなくて寂しいけど、
テレビでお日さまの作品を見ることができて、これほど嬉しいことはないでしょう。
昨日行われた制作発表会でジウォンオンニがいろんなことを語ってくれたので、
ぜひチェックしてみてください。💫

🎬 하지원 Ha Ji Won ハ・ジウォン 河智苑【드라마월드 Dramaworld ドラマワールド 韓劇世界】
제작발표회 制作発表会 Press Conference 2021.4.2

時間があれば、後ほど制作発表会の内容を紹介したいと思います。💪🏻

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す