【HAJIWON Archive】ハ・ジウォンインタビュー「私たちが知らなかった『ハ・ジウォン』」2015.8.28

「HAJIWON Archive(ハ・ジウォンアーカイブ)」💖
『君を愛した時間』のインタビューコレクション第4弾。💫


[インタビュー①] 私たちが知らなかった「ハ・ジウォン」
2015.8.28

唯一無二のアクション女優、千万俳優、興行保証小切手、俳優ハ・ジウォンには特別さが感じられる。 数少ないスター性と演技力を備えた30代の女優、そして着実に積み上げたキャリアが物語る信頼感。 ハ・ジウォンは責任感のある強靭な俳優だとばかり記憶していた。 作品の中のイメージが強いハ・ジウォンに会った。

ハ・ジウォンのフィルモグラフィーは強い役柄で埋まっている。カリスマ女戦士、天下を揺るがした皇后、おっとりとした聡明な芸者まで男優に劣らない体力と強烈さを要するキャラクターたちを彼女は演じてきた。 そんな彼女が『君を愛した時間』に出会って変わった。

ドラマ『君を愛した時間』(以下、ノサシ)でハ・ジウォンは恋愛は天然、職場では完璧なキャリアウーマンのオ・ハナ役を演じ、30代のOLの仕事と愛について語った。 完璧そのものだと思われるオ・ハナも、近くで見れば不遇な目に遭い、恋愛も自分の気持ちのようにならない平凡な30代のOLだった。

「ハナが婚約破棄した彼と同じ会社に通いながら、彼の結婚式も行ったじゃないんですか? 仕事を辞めることもできるんですが、プライドは捨てて本人ができる行動をすることがちょっと気の毒でした。 私が務めなければならない職場なので、我慢する姿から会社員の哀歓を感じました。」

イメージを軽く変えたせいか、ハ・ジウォンは思いがけない演技力の論議に包まれたりもした。 彼女は「いつもキル・ライムのように太い声を出さなければならないキャラクターに慣れていたと思います。強い役、ボーイッシュな役を演じてきたので、視聴者の皆さんが慣れていなかったのも事実です。 『ノサシ』では演技をしなかった部分がもっと多い。 話し方も実際の私の話し方です。 挑戦を続けていれば慣れるでしょう?」と微笑んだ。

視聴率よりハ・ジウォンが感じた体感人気は高かったという。 そうにもかかわらず遅々として進まないロマンス展開のため「がんになりそう(イライラした)」という不満の声も出た。 『ノサシ』は初期段階から作家交替など内紛を経験した。 ハ・ジウォンが『ノサシ』を手放さずに待っていたということが疑問だったほどだ。 彼女は「台湾の原作の人生に対するセリフが好きだから」この作品を選んだと話した。

難しいストーリーを抱えて演じる時は心が苦しかったというハ・ジウォンは、平凡な現代女性キャラクターを演じながら、楽しさを見つけたと話した。 彼女は「年下男に揺れる瞬間や元彼との破婚などは私が経験したことではないため、周りの友達や姉たちの話をよく聞いてみました。 私の話のようなコミュニケーションを取りたかった」と言いながら、今、私たちの話を作品に溶け込もうとしたと伝えた。

『ノサシ』が注目されたのは、やはりロコ(ロマンス)クイーン、ロコキングのハ・ジウォンとイ・ジヌクの出会いだった。 二人の甘いロマンスは真夏の夜、女性視聴者を眠れなくさせた。 「友達から恋人」になる感情を理解できなかったハ・ジウォンさえ「ウォンみたいな人がいたら、すぐ付き合うべきではないか」と言うほどイ・ジヌクが演じたキャラクターウォンは刹那の瞬間魅力を流した。

「イ・ジヌクさんとは息が非常によく合っていてびっくりしました。 目を見ただけでわかるような気がしました。 まるでこうすると約束したかのように、やり取りの息が合っていたので、演じるのに楽でした。 イ・ジヌクさんがマナーもあり、意外とユーモラスで優しくて、おかげで楽しく撮りました。」

いつからかハ・ジウォンにとって「ハ・ジウォンだから」という責任感が与えられてきた。 演技がうまい俳優だから、16年目の俳優だから、30代を代表する女優だから。 後輩たちにとって手本となる先輩という地位に就き、プレッシャーに思うはずだが、彼女は「私はなんとなくまったく同じです。 この世の中、この時間を旅行しているようです」と余裕の笑みを浮かべた。

「私の願いは、今この年齢に合った成熟した演技をするのです。 視聴者の方々に成熟した姿、深みのある演技をお見せしたいです。 世間知らずかもしれませんが、発展したいし、もっと挑戦したいし、学びたいです。 怖がらずに。」

元記事:こちら


[インタビュー②] ハ・ジウォン「恋愛が勝手になるわけじゃない」
2015.8.28

一人だけのための人生時計があるとしたら、俳優ハ・ジウォンの人生時計は止まったか、逆に進んでいるだろうか。 日が経つほど勢いに乗った美貌と演技力、人望の厚い謙遜な俳優として挙げられるハ・ジウォンが『君を愛した時間』を終えて記者たちとラウンドインタビューを行った。

友達と恋人の間をギリギリ駆け巡りながら「男友達」チェ・ウォン(イ・ジヌク扮)と17年という時間を共にしたオ・ハナで新しい魅力を披露したハ・ジウォンとの率直な一問一答を公開する。

– ネチズンたちのコメントも見るんですか?
心が弱くてコメントは見ないです。ファンカフェだけ入ります。コメントを見て、泣くかもしれないから、絶対に入らない。 いちいち反論できる状況でもないし、体験したくないからといって避けられるわけでもないので、知人たちが見て話してくれることだけ知っています。

– 台湾俳優チェン・ボーリンさんと熱愛説が流れた。
私はチェン・ボーリンさんに一度しか会ったことがないんです。 ところが、写真が偶然の一致のように重なったんです。 キス作品も俳優ハ・ジョンウさんがプレゼントしてくれたパズルだが、まだ完成していない。今度の熱愛説は慌てたというより面白いハプニングだと思います。

– もう恋愛する時になったんじゃない?
しなきゃ。(恋愛が)思い通りになるのではないでしょう。(理想のタイプですか?) 私は明るい人が好きです。 愉快な人。話がよく合って、そんな人がいいです。

– 結婚に対する焦りはないんですか?
はい。結婚はいつするかは分からないけど、します。 両親が結婚しろと押し付けたりはしないけど、母が「今年は結婚もしなければならないのでは?」って1、2回話しました。 周りから「結婚しろ」と迫られたら分かりませんが、私の父は一生私と暮らしてもいいみたいです。 何も言いません。(笑)

– 恋愛細胞の活動量はどうですか?
私はドラマをやるとハマってますから、いつも恋愛細胞が開いています。 現実の中のハ・ジウォンの時間が多くないため、寂しさをあまり感じずに暮らしたと思います。作品ではなく、現実の中の私は努力が必要なんですが、合コンや集まりがあまり好きじゃないんです。

– ハ・ジウォンのバケットリストは?
一応仕事に対する考えが大きいです。 演じたい役が多いから、俳優活動をずっと頑張って続けたいです。 女子ハ・ジウォンとしても格好よく綺麗に暮らしたいし。 思った通りにはいかないようだけど、恋愛も結婚もしなきゃ。 旅行もたくさん行って。 欲張りなら、俳優をしながら幸せなこと以上にきれいな家族ができたらいいですね。

– 次の計画はどうなりますか?
9月中旬から映画の撮影に突入しそうです。もう少しずつ準備している段階です。 映画『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』の初稿を読んだ時は、溌剌として可愛くてミステリーなキャラクターでした。 修正されたシナリオはまだ読んでいません。 ぽんぽん弾けて、とんでもないキャラクターなので、面白そうです。

元記事:こちら


[フォト] ハ・ジウォン、彼女だけの必須条件? 清純+美貌+愛嬌
2015.8.26

俳優ハ・ジウォンが『ザ·スター』とのインタビューを控えてポーズを取っている。

ハ・ジウォンは最近終了したSBS週末特別企画『君を愛した時間』(脚本チョン・ドユン、演出チョ・スウォン)で自分の主観が強く、かつ挑戦的なマーケティングチーム長であり、17年間友情を築いてきたウォニ(イ・ジヌク扮)との愛を成してハッピーエンドを迎えた。

一方、ハ・ジウォンをはじめイ・ジヌク、ユン・ギュンサン、チュ・スヒョン、シン・ジョングン、ソ・ジュヒ、イ・ジュスンなどが出演した『君を愛した時間』は8月16日を16話限りで終了した。 『君を愛した時間』は2011年台湾の人気ドラマ『イタズラな恋愛白書』を原作とした作品だ。











元記事:こちら


[フォト] ハ・ジウォン、出演作ごとにヒットする彼女の輝く美貌
2015.8.26










元記事:こちら


記事の見出しに惹かれて読んでみると…素敵な写真が満載!✨
ジウォンオンニの素敵な笑顔に癒されますね。💖
これまら強い役をたくさん演じてきたジウォンオンニが
30代の現代女性に挑戦してみると、見慣れないという声もありましたが…
いつもキル・ライムのように太い声を出さなければならない
キャラクターに慣れていたと思います。強い役、ボーイッシュな役を演じてきたので、
視聴者の皆さんが慣れていなかったのも事実です。
『ノサシ』では演技をしなかった部分がもっと多い。
話し方も実際の私の話し方です。 挑戦を続けていれば慣れるでしょう?

ジウォンオンニが演じたオ・ハナ、演技ではなく、素の部分も見せたという。😌
確かにジウォンオンニとハナは共通点が多いですね。💞
そして一問一答のインタビューで、ネチズンたちのコメントを見ますか?と聞かれると…
心が弱くてコメントは見ないです。ファンカフェだけ入ります。
コメントを見て、泣くかもしれないから、絶対に入らない。
いちいち反論できる状況でもないし、
体験したくないからといって避けられるわけでもないので、
知人たちが見て話してくれることだけ知っています

匿名だから大丈夫って思って、心ない言葉をネットに平気で書き込む人たちが増えていて、
それを見て心折れる人もたくさんいるはずだが、
正直そういうコメントは見る価値もないと思うし、批判や中傷に向き合う必要ないと思います。
要するには、自分を守ることも大事です。💪🏻

一方、もう恋愛する時になったんじゃない?と尋ねられたら…
しなきゃ。(恋愛が)思い通りになるのではないでしょう。
(理想のタイプですか?) 私は明るい人が好きです。 愉快な人。
話がよく合って、そんな人がいいです

見た目も大事ですが、やはりいつも明るくて一緒にいて楽しい人がいいですね。😌
そしてお日さまの恋愛細胞の活動量は?
私はドラマをやるとハマってますから、いつも恋愛細胞が開いています。
現実の中のハ・ジウォンの時間が多くないため、
寂しさをあまり感じずに暮らしたと思います。
作品ではなく、現実の中の私は努力が必要なんですが、
合コンや集まりがあまり好きじゃないんです

生活も仕事も充実しててあまり寂しくないけど、
やはり好きな人ができたら恋愛したいでしょう。😌
このインタビューではバケットリストについて語ったんですが、
気になるハ・ジウォンのバケットリストは?!
一応仕事に対する考えが大きいです。 演じたい役が多いから、
俳優活動をずっと頑張って続けたいです。
女子ハ・ジウォンとしても格好よく綺麗に暮らしたいし。
思った通りにはいかないようだけど、恋愛も結婚もしなきゃ。
旅行もたくさん行って。 欲張りなら、
俳優をしながら幸せなこと以上にきれいな家族ができたらいいですね

実に素敵なバケットリスト!💖
『いつか家族に』に出演するまで結婚について考えたことがなかったって
ジウォンオンニがインタビューで言ってたんだけど、今は考えるようになりましたね。
女優として活躍しながら、素敵な家庭を築くことができたらいいですね。
お日さまのバケットリストがすべて叶えられますように。🥰

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す