ハ・ジウォン主演ドラマ【バリでの出来事(발리에서 생긴 일)】が韓国EDGE TVで再放送中!

昨夜、フェイスブックでフォローしている韓国食品の通販店が
ジウォンオンニ主演ドラマ『バリでの出来事』の写真をアップしたんですが、
ネットニュースによると、なんと『バリでの出来事』が韓国EDGE TVで再放送されているようです。📺
せっかくだから、先日上がってきたニュース記事を訳してみたいと思います。💪🏻


ドラマ『バリでの出来事』「彼らの恋が始まる! ハ・ジウォン、チョ・インソン、ソ・ジソプ、パク・イェジン出演」
드라마 ‘발리에서 생긴 일’ “그들의 사랑이 시작된다! 하지원・조인성・소지섭・박예진 출연”
2022.1.15

『バリでの出来事』は2004年1月3日から3月7日までSBSで放送された20話の土日ドラマだ。 4人の若者たちの悲しいラブストーリーを描いた作品だ。

制作情報として、チェ・ムンソク監督演出、キム・ギホ作家脚本、登場人物(出演陣)で、イ・スジョン(ハ・ジウォン)、チョン・ジェミン(チョ・インソン)、カン・イヌク(ソ・ジソプ)、チェ・ヨンジュ(パク・イェジン)、パン・ミンヒ(シニ)、スジョン兄(キム・ヒョンボム)、ジェミン母(キム・スミ)、ヨンジュの母(キム・ヘオク)、イヌク母(イ・ミヨン)、チョン・イルミン(キム・イルウ)、秘書(キム・スンウク)などだ。

既存のドラマとは異なり、毎回省略技法などの独特な反転で叙事を独特に表現する演出方式を通じて注目され、悲運の主人公チョン・ジェミン役のチョ・インソンをドラマ界のトップスターにした作品だ。

主演たちがすべて悲劇で終わった最後の結末が、ある意味ではかなり破格だった作品だ。 しかし、ストーリー上、序盤部分と結末部分だけ背景バリだから、バリ島で2つの部分を一度に全部撮影し、韓国でほとんど撮影をしたため、最後まで大きな変化のないロングヘアを維持したハ・ジウォンを除いた男優たちが帰国後の撮影でヘアスタイルを変え、これが繋がりを悪くして視聴者の立場で最も没頭しなければならない結末部分で目立つという話もあった。

ドラマ『バリでの出来事』は平均視聴率26.7%、最高視聴率40.4%を記録し、ストーリー展開や結末、回次情報や放送時間、OST関連アルバムなどまで視聴者の関心を集めた人気作品である。

SBSが紹介するドラマ『バリでの出来事』の企画意図を調べてみよう。

この冬、暖かい南国から伝わる強烈な愛。 華やかな幕の裏にうごめく隠れた欲望の虚像。 声もなく沸き上がる愛の声 世の中に向けて噴き出す心のわだかまりの爆発力。

欲望の果てはどこだろうか。 本当の幸せはどこから来るのだろうか。 私たちは今希望ではなく絶望を追っているのではないだろうか?昔の愛の影を忘れることができない女ヨンジュ。傷ついた男イヌク。 惰弱な霊魂の持ち主ジェミン、あくどい欲望の化身スジョン。お金だけが唯一の価値として残った世の中で、本当に私たちが求めるべき価値は何なのか、4人の若者たちの人生を通じて考えてみる。

SBSが紹介するドラマ『バリでの出来事』の登場人物を紹介しよう。

△イ・スジョン(ハ・ジウォン)

蜂蜜だった子供の頃が嫌だ! 明るい太陽を求めてバリへ。 幼い頃、両親を亡くし、兄のチャンスと苦労して育つ。 小学校時代から事故ばかり起こして歩き回る兄の代わりに、家計をほとんど切り盛りする。

幼い頃から人生に疲れ、努力で夢を叶えるという幻想を早くから捨てたスジョン。 やっと一人の力で大学に入ってみるが、勉強には関心がなく、どうやって一発で人生を逆転させるかという考えだけだ。 それなりにきれいで利口だと思いながら、芸能界に進出するか、でなければ金持ちの男を捕まえるしっかりした夢を見てみるが、芸能界どころか一生にわたって金持ちの男とは見ることもできず、詐欺師のような奴らに矢継ぎ早にやられ、刑務所を自分の家に出入りするような「チンピラ兄」のために、なすすべもなく借金だらけになる。

憂鬱極まりない人生だが、一人でいる時にたまに焼酎を飲みながら涙すること以外は、人前で自分の置かれた環境を現わさないために、いつも無理にでも笑う姿を見せる。

△チョン・ジェミン(チョ・インソン)

ないことはない! 背後が見えない父の陰に。 軍情報機関の要職を歴任した後転役して個人研究所を運営している父。 財閥よりも大きな権力を持っているように見える父親の存在は絶対的だ。 父親をがっかりさせないために、父親が満足するまでジェミンは育ちながら、父親の意思に逆らったことがない。

イギリスとアメリカの貴族学校で貴族のように青少年期を過ごし、名門大学で経営学を専攻した後、ウォールストリートで能力を認められた。 表向きは礼儀正しくマナーのある行動をしているが、皇太子として成長してきたため、自分を支える頭の悪い周りの人々を軽蔑する傲慢さを持っている。 ヨンジュとの結婚を控えて、ヨンジュの父からグループ経営に参加するようにと勧められ、ヨンジュの会社に入って新しい事業を始めて仕事に没頭している。

アキレス腱である父親を除いては人生に何の障害もなかったジェミンにイヌクとスジョンが現われてから、取り返しのつかない旋風の中に吸い込まれるが…。

△カン・イヌク(ソ・ジソプ)

「私の中のすべて!自分だけの楽園を求めてジャカルタへ」 両親の離婚と母親の複雑な男性遍歴、うんざりする貧困、愛情欠乏… 幼い頃から誰にも心を開かずに自分だけの世界を構築していく。 勉強なら勉強、運動なら運動、全ての面で頭角を現すイヌク。 自分を表に出そうともしないが、誰でも自分の世界に入ることを許さない不気味な冷静さのため、いつも周りには誰もいない。

しかし、ヨンジュに出会った後、イヌクは固く閉ざしていた心の扉を少しずつ開き始める。 自分が持っていないすべてのものを持っている彼女を見て、初めて人生が美しいと感じるが、それもしばらくの間、ヨンジュ家の反対にあって、望まない別れをすることになる。

やっと開いた心の扉を前よりさらに固く閉ざしたイヌク。 無気力に生きていたある日、ヨンジュの婚約者であるジェミンが目の前に現れ、彼の内面から眠っていた世の中に対する復讐心と歪んだ欲望が恐ろしく噴出し始めるが…。


△ チェ・ヨンジュ(パク・イェジン)

お金、顔、性格、学歴まで良いのに、恋愛は難しい。 不自由や不足、苦しみ、悲しみ、劣等感といった単語とは程遠い。 顔もきれいで性格もいい上、頭もよく、数百万ウォンの課外授業はしたものの、一流大学に合格して、他の兄弟からにらまれたりもした。

人生に屈曲のない彼女に同じ学校の先輩であるイヌクが現れ、愛と痛みについて少しでも知り、つらい別れも味わう。 強制的にアメリカに送られ、ジェミンと出会ってイヌクのことを忘れようとするが、心の奥底にはいつもイヌクがいる。 しかし、ジェミンとイヌクが同時にスジョンを愛するようになったことを知り、これまで生きてきた人生とはかけ離れた単語を胸に復讐する刀を研ぐ。

<ハ・ジウォン プロフィール/ フィルモグラフィ/ 作品活動>

主演のハ・ジウォンは1978年(45歳)生まれ、檀国大学演劇映画学科を卒業したタレント兼映画俳優だ。 受賞歴として2017年MBC演技大賞ミニシリーズ部門女子最優秀演技賞、2016年スタイルアイコンアワード本賞の他多数がある。

番組としては<ドラマワールド>、<チョコレート>、<ガリレオ:目覚めた宇宙>、<病院船>、<君を愛した時間>、<お姉さんとゴーゴー>、<奇皇后>、<キング 〜Two Hearts>、<シークレット・ガーデン>、<ファン・ジニ>、<茶母(チェオクの剣)>、<バリでの出来事>の他にも多数いる。

映画としては<雨光>、<担保>、<マンハント>、<命がけの恋愛>、<ホ・サムグァン(いつか家族に)>、<朝鮮美女三銃士>、<コリア(ハナ ~奇跡の46日間~)>、<第7鉱区>、<私の愛、私のそばに>、<海雲台(TSUNAMI -ツナミ-)>、<バカ>、<最後のプレゼント>、<セックスイズゼロ1・2>、<1番街の奇跡>、<あしながおじさん(ふたつの恋と砂時計)>、<花嫁授業(恋する神父)>、<私の愛のサガジ(愛しのサガジ)>、<逆転に生きる(人生の逆転)>、<フォン(ボイス)>、<友引忌>、<リメンバー・ミー>、<真実ゲーム>などがある。放送で<ガリレオ:目覚めた宇宙>、<病院船>、<君を愛した時間>、<奇皇后>、<シークレット・ガーデン>、<ファン・ジニ>、<バリでの出来事>、<茶母>、<太陽の誘惑>などがある。

(後略)

元記事:こちら


韓国でお日さまの作品が再放送されるたびに記事が上がってきて、
新たな情報がなくてスルーすることが多いけど、
今回の記事では『バリでの出来事』の裏話や企画意図に触れて、
興味深い内容だから、ここで紹介してみることに。😌

個人的にはお日さまの作品は少なくても10回以上はリピートしてますが、
『バリでの出来事』のエンディングがあまりにも衝撃的だったので、
ほかの作品よりリピート率が低い。😅
『バリでの出来事』でスジョン役を演じる
ジウォンオンニが見せた迫力のある演技が大好きだけど。💗

韓国食品の通販店のフェイスブックにアップされた写真を見てみると、
EDGE TVではきれいな画質で放送されていてビックリ!!!
DVDより画質が良さそうだから、久々にHDバージョンで見返したいなー!😍
いつかNetflixでも配信されますように!🙏

投稿者: sunshine1023

コメントを残す