ハ・ジウォン X ヒョンビン主演ドラマ【シークレット・ガーデン(시크릿 가든)】キム・ウンスク作家が明かした本来のエンディング

先日、ジウォンオンニがスペシャルMCとしてバラエティー番組
アラフォー息子の成長日記(미운 우리 새끼)にゲスト出演された時に、
MCであるソ・ジャンフンさんが
「ハ・ジウォン主演のドラマの男性主人公はみんな死んでしまう」というジンクスについて語ったが、
実は韓国ドラマの歴史に残るレジェンドドラマ『シークレット・ガーデン』も
サッドエンドで終る予定だったとキム・ウンスク作家がインタビューで明かしました。


[インタビュー] 今年の作家<ザ・グローリー>のキム・ウンスクインタビュー①
[인터뷰] 올해의 작가 <더 글로리> 김은숙 인터뷰 ①
[專訪] 今年的作家《黑暗榮耀》金銀淑 採訪①

2023.12.15

– 「パリの恋人」の時からあなたが扱った階級の話は現実では不可能なので、ファンタジーだけで可能だという逆説を含んでいるのではないか。 <シークレット・ガーデン>第17話の衝撃的なエンディングが思い浮かぶ。 昏睡状態に陥ったキル・ライム(ハ・ジウォン)の命を救うために快く身を譲ることにした財閥のキム・ジュウォン(ヒョンビン)が雨の中を疾走するのではないか。 階級を越える愛は肉体を明け渡す奇跡を伴わなければ不可能だという意味ではないか。 個人的に「ここでドラマが終われば<シークレット・ガーデン>は傑作になるだろう」と考えた。 (笑)

= 気づいた方も多かったよ。 実は<シークレット・ガーデン>の本来のエンディングはそれだった。 ところが、周りから『パリの恋人2』かと言って、私を引き留めた。 作家が作業に没頭すると視野が狭くなる。 多様な人々にレビューを受けたところ、皆がだめだと、今作家だけが主人公を殺したがっていると私を説得した。 視聴者が愛するキャラクターが悲劇的な最後を迎える無責任なエンディングを出してはならないという言葉に私も気持ちが変わった。 大衆は一緒に笑って泣いて応援したキャラクターたちが幸せになる結末を見たがっていることに気づき、最善を尽くしてハッピーエンドを書いた。 今も私が結末を変えたのは良い選択だと思う。

– <バリでの出来事>最終回のようだったのではないか。 階級と救助は結局、死でなければ克服できないという冷ややかなエンディングになったのだろう。

= 実は私も『バリでの出来事』のエンディングが好きだが、周りの人にさえも話せなかった。

– <파리의 연인> 때부터 당신이 다뤘던 계급 이야기는 현실에서 불가능하기에 판타지로만 가능하다는 역설을 담고 있지 않나. <시크릿 가든> 17회 충격적인 엔딩이 떠오른다. 혼수상태에 빠진 길라임(하지원)의 목숨을 구하기 위해 기꺼이 몸을 내어주기로 결심한 재벌 김주원(현빈)이 빗속으로 질주하지 않나. 계급을 뛰어넘는 사랑은 육체를 내어주는 기적을 동반하지 않으면 불가능하다는 의미 아니겠나. 개인적으로 “여기서 드라마가 끝나면 <시크릿 가든>은 걸작이 될 것”이라고 생각했다. (웃음)

= 눈치 챈 분들도 많더라. 사실 <시크릿 가든>의 원래 엔딩은 그게 맞았다. 그런데 주변에서 <파리의 연인2>냐면서 나를 뜯어 말렸다. 작가가 작업에 몰두하면 시야가 좁아지게 된다. 다양한 사람들에게 리뷰를 받았더니 모두가 안된다고, 지금 작가만 주인공을 죽이고 싶어 한다며 나를 설득했다. 시청자들이 사랑하는 캐릭터가 비극적인 최후를 맞는 무책임한 엔딩을 내면 안 된다는 말에 나도 마음이 바뀌었다. 대중들은 함께 웃고 울고 응원했던 캐릭터들이 행복해지는 결말을 보고 싶어 한다는 것을 깨닫고 최선을 다해 해피 엔딩을 썼다. 지금도 내가 결말을 바꾼 것은 잘한 선택이라고 생각한다.

– <발리에서 생긴 일> 마지막 회 같지 않았을까. 계급과 구조는 결국 죽음이 아니고선 극복될 수 없다는 서늘한 엔딩이 됐겠지.

= 사실 나도 <발리에서 생긴 일>의 엔딩을 좋아하는데, 주변에 얘기조차 꺼내지 못했다.

– 從《巴黎戀人》開始,你所講述的階級故事在現實中是不可能的,所以不是包含了只有幻想中才可能的異論嗎? 我想起了《秘密花園》第17集令人震驚的結局。 爲了挽救陷入昏迷狀態的吉羅琳(河智苑飾)的生命,財閥金洙元(玄彬飾)不是欣然決定獻出自己的生命,在雨中疾馳嗎? 超越階級的愛情不就是意味着沒有交出肉體的奇蹟是不可能實現的嗎? 我個人認爲”如果電視劇在這裏結束,《秘密花園》將成爲一部傑作”。 (笑)

= 也有很多人察覺到了。 其實《秘密花園》原來的結尾就是這樣的。 但是周圍的人都對我說「那不就是成為了《巴黎戀人2》嗎?」並勸阻我。 劇作家埋頭創作,視野就會變狹窄。 我接受了很多人的評論,大家都說不行,現在只有作家想殺掉主角,並說服了我。 聽到觀衆們所愛的角色不能有悲劇性結局這樣不負責任的結局後,我也改變了主意。 意識到大衆想要看到一起笑、一起哭、一起應援的角色們變得幸福的結局,盡最大努力寫下了大團圓結局。 現在也覺得我改變結局是個不錯的選擇。

– 這不就像是《峇里島的日子》最後一集嗎? 階級和救助最終成爲了一個非死不可才能克服的冷清結局。

= 其實我也很喜歡《峇里島的日子》的結局,但連對周圍的人都不敢說。

元記事:こちら


【インタビュー】今年の作家<ザ・グローリー>キム・ウンスクインタビュー②
[인터뷰] 올해의 작가 <더 글로리> 김은숙 인터뷰 ②
[專訪] 今年的作家《黑暗榮耀》金銀淑 採訪② 

2023.12.15

– 事実、『パリの恋人』と『シークレットガーデン』を再び見ながら、当時の女性キャラクターと俳優キム・ジョンウン、ハ・ジウォンの成就が相対的に消えたという点を一歩遅れて悟った。 そのような意味で<ミスターサンシャイン>のコ・エシン(キム・テリ)が見せてくれた進取性とその意味が大衆にも十分に照明された点が良かった。 時代が変わった。

= 以前も女性キャラクターを逃さずにうまく作るために常に努力したが、大衆に反応がさらに来る側は男性主人公だった。 <ザ・グローリー>は女性主人公が復讐をする話なので、相対的に負担を減らしたが、今後する作品で男性と女性キャラクターをどのように扱うべきか悩んでいる。 相変わらず紛らわしい。 私が書いた台詞と状況が最近友達に受け入れられるか点検するために若い作家たちの意見を多く聞く。 例えば男が先にキスするシーンがあるとすれば、それは「暴力」という指摘が会議時間に出てくる。 ところが、相変わらず男がキスをリードする絵が好きな視聴者が存在し、彼らの好みを排除できない。 今の時代に合った基準は何だろうか、毎日勉強している。

– 사실 <파리의 연인>과 <시크릿 가든>을 다시 보면서 당시 여성 캐릭터와 배우 김정은, 하지원의 성취가 상대적으로 지워졌다는 점을 뒤늦게 깨달았다. 그런 의미에서 <미스터 선샤인>의 고애신(김태리)이 보여준 진취성과 그 의미가 대중에게도 충분히 조명받은 점이 좋았다. 시대가 바뀌었다.

= 예전에도 여성 캐릭터를 놓치지 않고 잘 만들기 위해 늘 노력했는데 대중에게 반응이 더 오는 쪽은 남자주인공이었다. <더 글로리>는 여자주인공이 복수를 하는 이야기다 보니까 상대적으로 부담을 덜었지만 앞으로 할 작품에서 남성과 여성 캐릭터를 어떻게 다뤄야 할지 고민하고 있다. 여전히 헷갈린다. 내가 쓴 대사와 상황들이 요즘 친구들에게 받아들여질지 점검하기 위해서 젊은 작가들의 의견을 많이 듣는다. 가령 남자가 먼저 키스하는 장면이 있다고 하면, 그건 ‘폭력’이라는 지적이 회의 시간에 나온다. 그런데 여전히 남자가 키스를 리드하는 그림을 좋아하는 시청자가 존재하고 그들의 선호를 배제할 수 없다. 지금 시대에 맞는 기준이 무엇일까 매일 공부하고 있다.

– 事實上,在重新觀看《巴黎戀人》和《秘密花園》時,我才意識到當時女性角色和演員金正恩、河智苑的成就相對被抹去了。 從這個意義上講,《陽光先生》的高愛信(金泰梨飾)展現的進取心及其意義也受到了大衆的充分關注,這一點很好。 時代變了。

= 以前也爲了不放過女性角色,一直努力打造好角色,但是大衆反應更大的是男主角。 《黑暗榮耀》講述的是女主角復仇的故事,雖然相對減輕了負擔,但是正在考慮在今後的作品中如何演繹男性和女性角色。 仍然混淆不清。 爲了檢查我寫的對白和情況是否被最近的朋友們接受,經常聽取年輕作家的意見。 假如說有男人先接吻的場面,會議時間就會有人指出那是”暴力” 但是依然有觀衆喜歡男人主導接吻的畫面,不能排除他們的偏好。 每天都在學習符合現在時代的標準是什麼。

元記事:こちら


去年ここでこのインタビューを紹介しようと思っていたが、
いろんなことでバタバタしてて、アップし損ないました。
ちょうどジウォンオンニがスペシャルMCとして出演された
【アラフォー息子の成長日記(미운 우리 새끼)】
「ハ・ジウォン主演のドラマの男性主人公はみんな死んでしまう」という話が出てきたので、
ここでご紹介することに…

『シークレット・ガーデン』第17話のエンディング…
ジュウォンが事故から意識が戻らないライムを助手席に乗せ、雨の中へ突進するシーンですが、
キム・ウンスク作家によると、それは『シークレット・ガーデン』の本来のエンディングだった。🥲

🎬 시크릿가든 17회 |シークレットガーデン 17話| 秘密花園 第17集

シガはたぶん100回以上見返したんですが、第17話は何度見ても切なくて、胸が締め付けられます。💔💔
特に自ら犠牲になって、ライムを生かすジュウォンが号泣しながら、
ライムに手紙を書くシーンは見る度に号泣しちゃいます…😭
自分がライムの人魚姫になることを決意したジュウォンの気持ちを思うと、
本当に胸が張り裂けるほど悲しいですね。💔💔
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、第17話のサブタイトルは「人魚姫の選択」でした。

昏睡状態に陥ったライムをお姫様抱っこして、
もう一度入れ替わるつもりで病室から連れ出したジュウォン…
撮影中に何度もNGを出してしまったけど、BGMを聴きなたら見ると、やはり切ない…🥲

ライムを助手席に乗せ、天気予報を見ながら雨が降るところまで移動したジュウォン。

「どんな奴も愛さないで··· 一生俺のことだけ思いながら一人で暮らせ。
チェ・ウヨンともあまり親しくならないで。 それは近親だよ。
俺の人生で一番利己的な選択になるだろうが··· 社会指導層の選択だから尊重してくれ。
いつも格好良かったキル・ライム···これからも絶対格好良くいろよ。
おまえにすごく会いたくなると思うんだけど。 
愛してるよ··· 愛してる···」

ジュウォンからライムへの最後のメッセージ…💌
本当に涙なしでは見られないですね。😭😭😭
ジウォンオンニが病室シーンを撮影したときにぐっすり寝てたってオスカーを演じる
ユン・サンヒョンさんがシガの特番で明かしたけど、たぶんこのシーンも?!🤭

雷雲に向かって車を走らせたジュウォン…
初めてこのシーンを見たときに本当にジュウォンにつられて号泣するほど悲しかったから、
もしこれがシガのエンディングだったら、胸が張り裂けてしまうかも…💔💔💔
だからキム・ウンスク作家を説得した方々に改めて感謝致します。
シガがサッドエンドで終わってしまうと本当に勿体ないから。🥺

ちなみにシガの特番でこのシーンが名場面ランキングの5位にランクインして、
ジウォンオンニもこのシーンについてこう語りました。
Q.一番記憶に残るシーンは?
一番切なくて悲しくて 美しくてそうだったと思います

そして気になるお姫抱っこのNGシーン…🤭🤭🤭

その時は序盤だから軽いと言っておいて
↑第1話のお姫抱っこシーンですね。🤭

後半の抱っこシーンで重いって
↑第17話のお姫抱っこシーン🤣

相手役のヒョンビンさんの証言を聞いてみましょう。🤭
「人が力を抜いたらもっと重くなりますよ~」

「そのシーンはライムが全く動きがない状態で 持って行かないといけなかった部分なので」

「そのせいでちょっと重かった。ハ・ジウォンさん自体が重くはありません」
だそうです。🤭🤭🤭

去年手術を受けてから、久しぶりにシガを一気に見返したけど、
本当に何度見てもときめいて、夢中になってしまう名作だし、
ジウォンオンニとヒョンビンさんの演技は本当に最高だな~と改めて実感しました。💕
この記事を書きながら、無性にシガのメイキング映像とNGシーンのDVDを見返したくなってきました。🤭
『雨光』のナムミと『Jアパート訪問教師殺人事件』の新しいキャラクターが登場する前に
ジウォンオンニの作品を復習したいと思います。🥰

投稿者: sunshine1023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です