ハ・ジウォン感謝の挨拶「厳しい時局に劇場を訪れてくださって『担保』100万…感謝」

担保 담보 / 2020.10.11 Sun

去る金曜日、映画『担保』』の累計観客動員数が100万人を突破して、
CJ Entertainmentの公式SNSでジウォンオンニを始め、
『担保』キャストからの感謝メッセージが公開されました。💗💗💗
ネットニュースでも取り上げられたので、ここに記事を貼っときます。


ハ・ジウォン感謝の挨拶「厳しい時局に劇場を訪れてくださって『担保』100万…感謝」

ハ・ジウォンが映画『担保』累積観客数100万人を突破、感謝の挨拶をした。

映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークによると、『担保』は9日午前9時基準で累積観客数100万人を突破した。 今年8月中旬、『コロナ19』の再拡散で映画館街が萎縮した中、9月以後、公開作品の中で唯一累積観客数100万人を突破した。

先月29日に公開された『担保』は公開2日目の秋夕連休初日にボックスオフィス1位になってから10月8日までの9日間、1位の座を守った。

これに対して『担保』の主役たちが直筆メッセージを通じて観客に心からの感謝の挨拶を伝えた。

映画で大人スンイ役を演じたハ・ジウォンは「『担保』を愛してくださった100万観客の皆さん、本当にありがとうございます。 これからも『担保』をたくさん愛してください」と書き込んだ。 ジョンベ役のキム・ヒウォンは「厳しい状況の中で劇場に足を運んでくださり『担保』100万人を作ってくださった観客の皆様に心から感謝いたします」と熱い支持を送ってくださった観客に感謝の気持ちを表した。

一方、『担保』は情け容赦のない闇金業者のドゥソクと彼の後輩ジョンべが踏み倒されたお金をもらいに行ったが、うっかり9歳の「スンイ」を担保として育てるようになってから繰り広げられる作品だ。

元記事:こちら


そして気になる10月10日(土)の観客動員数ランキング…
『担保』は昨日で累計観客動員数が116万人を突破して、
11日連続で1位を獲得しました。👏🏻


【ボックスオフィスIS】劇場を生かした『担保』11日目1位「116万突破」

興行のタイミングをきっちり合わせた。

映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワークによると、映画『担保』(カン・テギュ監督)は10日、8万8480人を動員し、累積観客数116万3838人を記録した。

ボックスオフィスの順位は全体1位で、『担保』は先月29日の公開から30日から11日間、1位の座をたった1度も逃さなかった。 また、公開11日目の9日、累積観客数100万人を突破し、十分な成績まで獲得した。

暖かい家族映画を「担保」する『担保』は情け容赦のない闇金業者のドゥソクと彼の後輩ジョンべが踏み倒されたお金をもらいに行ったが、うっかり9歳の「スンイ」を担保として育てるようになってから繰り広げられる作品だ。

ソン・ドンイルとキム・ヒウォンのブロマンス、ハ・ジウォンの底力、そして子役パク・ソイの存在感が観客を劇場に呼び込み、家族の意味を改めて考えさせ、気持ち良いヒーリングエネルギーをプレゼントした。

もちろん、相変わらずて100万突破に満足しなければならないコロナ19の状況は『担保』に残念な部分として残るしかないが、沈滞した映画館街に再び息を吹き返すようにした『担保』はすでに十分に役割を果たした。

元記事:こちら


11日連続でデイリーボックスオフィス1位の座を固守する『担保』は本当に凄すぎます!
2位との差も凄くて、『担保』はヒットするんだと改めて実感できました。😌

【観客動員数】

9月29日(火)公開初日 67,610人
9月30日(水)2日目 97,712人
10月1日(木)3日目 146,643人
10月2日(金)4日目 177,390人
10月3日(土)5日目 183,318人
10月4日(日)6日目 148,266人
10月5日(月)7日目 46,824人
10月6日 (火)8日目 38,927人
10月7日 (水)9日目 35,488人
10月8日 (木)10日目 39,823人
10月9日 (金)11日目 92,837人
10月10日 (土)12日目 88,485人
累積観客動員数:1,163,843人

10月9日(金)から「ハングルの日」の3連休がスタートして、
初日から好調をキープしてて本当によかった。👏🏻
リアタイの前売り率をチェックしてみてると、今日は24.9%で前売り率も1位!🌟
観客動員数はもちろん、観客の高い評価も増えることを祈ってます!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

投稿者: sunshine1023

sunshine1023

コメントを残す